カテゴリ:ROOM-G〈グランパシフィックホテル〉 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

PROJECT ROOM-G《ジオン編》+α


連邦仕様のリビングルームから繋がる扉を開けると、そこは、ジオン仕様の寝室になっています。
フォト



《ジオンルーム編》

こちらは、寝室(ジオン)側の扉。
フォト



壁面にはシャア・アズナブル。
この寝室は、ジオンルームではあるものの、かなりシャア仕様になっています。
フォト



ドアノブが、こちら側からだと開けづらく、少々不便でした。
フォト



この寝室側にも廊下から通じる入口があります。




順序立てて記録していくために、一度、正面の扉から入り直します。
フォト



連邦ルームと同じく、扉は外側までジオン仕様にカスタムされています。
フォト



フォト



カードキーもジオンルームの物は、赤いジオン仕様です。
フォト



扉を開けると、足下にはジオンマークの編み込まれた絨毯が広がっています。
フォト



こちらも、連邦側と同じくジオン仕様にアレンジされています。
フォト



部屋に入ってすぐの所にクローゼットがありますが、その外側にはガウの写真が飾ってあります。
右下に小さく『PHOTO by CharAznable』とクレジットされているので、木馬を追いかけて地球に降下した後、ガルマと合流する際に撮影した物ではないでしょうか。
フォト



部屋に入った印象を再現するため、再度、遮光カーテンを閉めて撮影します。
フォト



左側にバスルーム、右側にクローゼット。


そして、奥がベッドルームになっています。
フォト




部屋の広さはリビング(連邦)側とほぼ同じで、窓も当然同じ位置にあります。
フォト



右側に机やテレビが並んでいます。
フォト



その右側壁面には、連邦側同様に壁一面のイラスト(CG)が広がります。
(詳細は後記します)
フォト



左側に見えている赤い扉を開くと、連邦仕様のリビングルームが広がっています。
フォト



カーテンの側にはテーブルセットがあります。
フォト



ガラスの内側にジオンマークが施され、このガラスはテーブルに固定されています。
フォト



カーテンを開けると、大きな影が外光を遮っています。
フォト



ザクが部屋の中を覗き込んでいます。
これも、ガンダムフロントで使われているCGのザクです。
フォト



遠くから見た方が、本当にザクが覗き込んでいるように見えます。
フォト



窓側からベッドルームを一望した光景。
フォト



リビングルームもなかなかの充実ぶりでしたが・・・
ベッドルームの装飾品は、量も内容もかなりのボリュームです。
フォト



展示品は多いのですが、センス良く配置されているので雑多な印象は受けません。
フォト



フットスローもROOM-G仕様になっています。
プリントではなく、刺繍されていてホテルの品格を目と肌で感じられます。
※これを持ち帰ってしまった人がいるらしく、当然、ホテル側は追跡をしたそうです。
フォト



ベッドの足元にもROOM-Gの為に用意した真紅のシーツが広がっています。
フォト



連邦との色違いでは無く、ジオン仕様にデザインされたラッピングになっていました。
フォト



クッションはジオンマークになっていますが、これはリバーシブルになっていて、裏側は連邦マークになっていました。
(スタンダードタイプの連邦ルームでは連邦マークを表にセットされていました)
※このクッションを購入したいというリクエストは多く頂いているそうです。

フォト



枕元にはジオンの旗が掲げられています。
ザビ家の額に挟まれたジオンの旗を仰ぎ見ていると、畏怖すら感じてしまいます。
フォト



まさに一点物の素晴らしい存在感があります。
フォト



フォト



裏側を見ても、しっかりとした作りであることが分かります。
フォト



ベッド周りに並べられている展示物を見ていきます。
フォト



一面に赤を敷き詰めた壁面は全てシャア・アズナブルです。
フォト



フォト



フォト



フォト



枕元にはザビ家が並んでいます。
フォト



キシリア・ザビ
フォト



ガルマ・ザビ
フォト



ギレン・ザビ
フォト



ドズル・ザビ
フォト



デギン・ザビの額が無いままに、ランバ・ラル
フォト



ベッドの足元に位置している机やテレビ、そしてその対語の大きなCGイラスト。
ガンダムフロント東京で使われているCGです。
フォト



フォト



フォト



フォト



柱の影のちょっとしたスペースには、シャアが酒場で掛けていたサングラスが飾られていました。
フォト



机周りにも、非常に多くのガンダム要素がちりばめられています。
フォト



ジオンルームなので、電話機もジオン仕様にラッピングされています。
フォト



フォト



連邦がアナハイムだったのに対し、ジオンはツマイド社のロゴです。
フォト



机の上には、ホテルからのご案内が置かれています。
こんな何てこと無いモノまでがROOM-G仕様です。
フォト



フォト



引き出しの中にはガンダムのマニュアルを模したファイルが置かれていました。
フォト



宿泊で役立つ各種情報をファイルしてある定番のファイルです。
フォト


表紙には『OPERATION V』の文字が書かれています。
この手のコンセプトルームで何よりも優先すべきは世界観と言うコトを良く理解した「分かっている人」の仕事が見て取れました。

二流ならば、ここにホテルや宿泊プランの名前などを書いてしまう事でしょう。


ファイルを開くと、この宿泊での目玉商品が載っていました。
この部屋の宿泊客だけがオーダー出来るルームサービスメニューです。
フォト



裏側には、英語のメニューがあります。
フォト



ファイルの巻末には、絵はがきや封筒が入っています。
(これら、まとめて後記します)
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



アンケート用紙も同じ引き出しに入っていたので、最後に記入しておきました。
フォト



記入前の状態。
フォト



裏面にも記入欄があります。
フォト



ゴミ箱は、同じくROOM-G仕様。
フォト



このホテルの客室には似つかわしくないラフなゴミ箱ですが、世界観の為に会えて用意したのかと思うと、改めてホテル側の本気を感じます。
フォト



連邦側のゴミ箱と並べて見ました。
フォト



部屋の隅には、連邦ルームと同じくディスプレイがあり、シャアザクヘッドが展示されていました。
フォト



こちらは、シャア専用携帯に付属していた充電スタンドを作り込んだモノです。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



入口側に目線を戻し、水回りなど見ていきます。
フォト



こちらの部屋にも給湯スペースがあります。
その下のジオンマークの扉の中は冷蔵庫が収まっています。
フォト



入口のガウ写真と同様に、シャアが撮影したと思われる写真が飾られています。
フォト



ジオンにおいてはシャアが撮影したというコト自体が価値あることなのでしょう。
フォト



ROOM-G特製のコースターが使われています。
フォト



フォト



給湯スペースよりも入口側にはクローゼットがあります。
フォト



扉は、ジオンルームに合わせた色に変えられた仕様になっています。
フォト



フォト



ROOM-G特製の紙袋が2枚。
フォト



洗濯物などを入れるためと思われるビニール袋も3枚。
フォト



スリッパなどは普通のホテルのモノでした。
フォト



クローゼットの向かい側はバスルームです。
フォト



フォト



フォト



壁面には、大河原さんが描かれたイラストが飾られています。
水中用MSのイラストを選んでいるセンスの良さは流石です。
フォト



こんなところのタイルまでがジオンルームに合わせて赤く変えられています。
フォト



バスローブは、ホテル標準のモノ。
フォト



浴槽とは別にシャワールームとトイレもあります。
フォト



トイレはシャア専用。
フォト



シャワールームには、名ゼリフが多数書かれています。
「はかったな、シャア」の文字で自分の身長がはかれるというダジャレのようなことまで、全力で取り組んでくれています。
フォト


スタンダードルームも同じ仕様になっていますが、台詞が違います。
文字も黒一色だけでした。
フォト



スペシャルタイプのシャワールームはシャアに特化した台詞になっているようです。
フォト



洗面台の片隅にはアメニティーの入った籠が置かれています。
フォト



ジオンルームなので、全てジオン仕様のデザインになっています。
数量はこちらも人数分が用意されています。
フォト



コンセントもジオン仕様。
フォト



浴槽から見上げた景色です。
大河原さんのイラストを眺めながら入るお風呂は格別でした。
フォト



シャアと同じように髪を乾かします。
フォト



ベッドサイドにも電話機があります。
フォト



なんと、モーニングコールまでROOM-G仕様にカスタマイズされていました。
フォト



こちらも、受話器の内側にはジオンのマークが貼られている細かな演出がされていました。
フォト



試しにモーニングコールを設定してみます。
フォト


受話器を上げると「ジーク・ジオン」の声が聞こえてきます。
ギレン・ザビの演説が既に始まっています。
(合間には、兵士達のジオンコールが入っています)

ジーク・ジオン!
目覚めよ、国民!
我が忠勇なるジオン軍兵士達よ、あえて言おう、朝であると!!
明日の未来のために
我がジオン国、国民は起きねばならんのである!
ジーーーク、ジオン!


これが繰り返し流れ、起こしてくれていました。


電話の傍に置かれているメモも、見落としがちですがROOM-G仕様になっていました。
フォト




 ジオンルームの内容はここまで。


では、ROOM-Gに宿泊した人だけが注文出来る特別なルームサービスについて。
《ルームサービス編》

SPECIAL ROOM SERVICE
『スレッガー中尉のグランバーガー Ver.PROJECT ROOM-G』


オーダーから30分程で届きました。
フォト



もちろん、ホテルスタイルのルームサービスです。
フォト



『黒い三連星フロート』(1,000円)
その内容はコーラとチョコアイスが3個(自作するようです)
フォト



コーラを注ぎ・・・
フォト



アイスを3つ入れます。
フォト



アイスがコーラの炭酸と反応して、次々と泡立ちこぼれていきます。
フォト



チョコアイスが沈んでしまい、表から見えているチョコアイスは1個と半分。
メニューに有るようなチョコアイス三連星は再現不可能(できるのかな?)
フォト



『黒い三連星』の感想ですが・・・あまり良いモノではありませんでした。

キャラモノメニューと言うモノは、素材に特徴は無くても、アイデア次第で固有のキャラを再現できているから、受け手もその気になって楽しめるのです。

お店側が作り上げた作品がキャラモノメニューになるのです。

「素材はニンジンや大根」と分かっていても、それにアイデアと手間を加えることで「ガンダムのシールド」に見えてくる食のエンターテイメント。
お店側が「イメージ」という無形の価値を乗せて送り出し、お客も「イメージ」という無形の商品を受け取る、それがキャラモノメニューだと思います。

この『黒い三連星』の様にパーツをバラした状態で提供され、自分で組み立てるメニューでは夢と遊びが無い・・・と感じてしまいました。


『シャア専用ローズヒップティー“赤い彗星”』(800円)
3種のフルーツシロップが加えられ、甘い飲み物になっていました。
フォト



そしてメインの
『スレッガー中尉のグランバーガー Ver.PROJECT ROOM-G』(2,480円)
バンズに塗られているマスタードが連邦マークになっています。
フォト



素材の全てが分厚くて揃えられています。
フォト



脇に添えられたグリーンのシェノバマヨネーズソースは、スレッガー中尉が特攻をかけたビグザムをイメージしているそうです。
フォト



試しに、スレッガー中尉の食べ方を真似してみましたが・・・
上記した様な素材の分厚さや大きさもあり、とてもかぶりつくことは出来ませんでした。
フォト



中身の具材はとても美味しく、ハンバーグはステーキを食べているように肉感がたっぷりあり、ベーコンも存在感で負けていませんでした。

ただ・・・
スレッガー中尉が食べていたハンバーガーとは別物で、ナイフとフォークを使っていただく、ホテル品質のハンバーガーでした。
「スレッガー中尉」の名が付いていれば、誰でもラフに食らいつきたくなるかと思いますが、それが出来ないのでは、いくら上質でも意味が無いと私は思うのです。
注力するポイントを間違っているのでは無いでしょうか。


『黒い三連星フロート』以外は、価格に見合う美味しいフードでした。
ただ、キャラモノとしてはズレが有るように感じてしまいました。
フォト



このハンバーガー、実はROOM-Gの為に開発したモノではありませんでした。
ホテル内『カフェレストラン エルベット』で提供されていたメニューの流用でした。
小物から客室まで、随所に注がれていた熱意からすると、唯一、ルームサービスがガンダムからはズレていて勿体ない印象でした。(味と品質は最高でした)
フォト




最後は、アメニティーなど持ち帰ることが出来る小物類の個別撮りです。
ここまでの内容と、多少重複する物も有ります。
《オリジナルグッズ編》


連邦ルームのテーブルに、この様なカードが置かれています。
フォト



持ち帰って良いグッズが書かれています。
客側も安心して持ち帰ることが出来る、良いアイデアかと思います。
フォト



『箱ティッシュ』
各部屋に1個ずつの合計2個。
フォト


裏側の、ティッシュとしての注意書きも、デザインはガンダム風。
フォト


アムロマーク
フォト


シャアマーク
フォト



『コースター』
各部屋に2種が3枚ずつの合計12枚。
フォト


アムロマークコースター3枚、連邦マークコースター3枚。
フォト


シャアマークコースター3枚、ジオンマークコースター3枚。
フォト



『メモ用紙』
フォト


持ち帰れるのはメモ紙だけです。
フォト



『ゲストカード』
フォト


カードキーのケースです。
リビングと寝室にそれぞれ有るので、2枚持ち帰れます。
フォト


ROOM-Gオリジナル絵柄になっています。
フォト



『カードキー』
連邦とジオンのカードが人数分用意されています。
フォト



『ガンダムフロント東京入場引換券』
グッズとは違いますが、引き替えするためのカードも特製です。
引き替えてしまうと回収されてしまうので、引き替えませんでした。
フォト



これは持ち帰れませんが、机の引き出しの中に入っていたファイル。
フォト


以下、このファイルに入っているグッズには(F)印を付けます。

『A4サイズのメモ用紙(F)』
(小さいのはベッドサイドのハガキサイズのメモ用紙)
フォト



『ポストカード 2枚(F)』も、このファイルに入っています。
フォト



『封筒 2枚(F)』
フォト


表にはROOM-Gのロゴ。
フォト


裏には、左にシャアマーク。
フォト


右にアムロマーク。
フォト



『タグシール(F)』
シールのデザインはコースターと共通ですが、枚数は各1枚。
フォト


フォト


フォト



クローゼットに入っていた2点。
フォト


『紙袋 2枚』
フォト


フォト


フォト


窓からシャアが覗いています。
フォト



『ランドリーバッグ 3枚』
フォト


フォト


フォト



リビングのテーブルの上に置かれていた2点。
フォト



『フェイスタオル 2枚』
フォト



『スポーツタオル』
フォト



以下、アメニティセットです。
スタンダードタイプでは、2名宿泊で〈連邦仕様〉と〈ジオン仕様〉が1点ずつ。
宿泊している2名が、それぞれどちらかの仕様を使う事になります。
使用しなかったとしても、宿泊した2名がそれぞれ連邦とジオンを持ち帰ることが出来ず、おのおの、どちらを持ち帰るか決める必要があります。

スペシャルタイプでは、連邦ルームに人数分、ジオンルームに人数分が用意されているので、宿泊した人は、それぞれ連邦仕様とジオン仕様の両方を持ち帰ることが出来ます。


『アメニティポーチ 連邦仕様 2個』
フォト


『アメニティポーチ ジオン仕様 2個』
フォト



『ボディタオル 連邦仕様 2個』
フォト


『ボディタオル ジオン仕様 2個』
フォト



『シャワーキャップ 連邦仕様 2個』
フォト


『シャワーキャップ ジオン仕様 2個』
フォト



『ヘアブラシ 連邦仕様 2個』
フォト


『ヘアブラシ ジオン仕様 2個』
フォト



『入浴剤(バスフレグランス) 連邦仕様 2個』
フォト


『入浴剤(バスフレグランス) ジオン仕様 2個』
フォト



『ヘアバンド 連邦仕様 2個』
フォト


『ヘアバンド ジオン仕様 2個』
フォト



『髭剃り 連邦仕様 2個』
フォト


『髭剃り ジオン仕様 2個』
フォト



『歯ブラシ 連邦仕様 2個』
フォト


『歯ブラシ ジオン仕様 2個』
フォト


これら、アメニティはパッケージがROOM-G仕様になっていますが、中身は通常品で、連邦もジオンも共通です。
また、宿泊者に限り3,000円で1名につき1セットのみ、追加購入が可能でした。



客室から小物まで、非常に見所の多いROOM-Gです。
細大漏らさず記録しようとすると、睡眠時間を削るぐらい時間が必要でした。

少しでも時間が空けば、コックピットに座ってニヤリとしていました。
眠る時間も勿体ないと思える内容でした。


宿泊費は、同ホテルの同クラスの客室と比べても大差は無いそうです。
オリジナルグッズ分が付加されている程度の価格増に留まっているそうです。

とは言え、安くは無い宿泊費ですが、価格に見合った満足感は得られました。


是非、スタンダードルームも連邦とジオン、両方も利用してみたいと思います。


後ろ髪を引かれつつ、チェックアウトの時間ギリギリの11時まで、部屋に居座ってしまいました。
フォト

スポンサーサイト

PROJECT ROOM-G《連邦編》


2012年8月30日(木)~31日(金)


実物大ガンダムの立つダイバーシティ東京から遠方に見えるホテル。
『グランパシフィック LE DAIBA』
フォト



潮風公園を見下ろせる立地から、2009年に実物大ガンダムが潮風公園に初お目見えした際には、ガンダム用の宿泊プランまで用意されたホテルです。
フォト




ここに、ガンダムとして初のコンセプトルーム『PROJECT ROOM-G』が登場。


宿泊プランは2種類(いずれも禁煙ルーム)

〈スペシャルタイプ〉広さ 84 ㎡
 全1室。
 2つのデラックスルームを内扉でつなげたコネクティングルーム。
 リビングルームは連邦軍仕様になっており、ベッドルームはジオン仕様。

〈スタンダードタイプ〉広さ 42 ㎡
 連邦軍ルーム1室、ジオンルーム1室の、合計2室。
 デラックスツインルームがベース。
共通してチェックイン:16時、チェックアウト:11時になっています。


どちらもガンダムをテーマにした部屋となっていますが、大きな違いは“内装”です。

スペシャルタイプは、2部屋を内扉で繋げたレイアウトになっているので、各部屋で連邦とジオンの両方が楽しめる構成になっています。
また、絨毯や壁紙など、内装全てがガンダム仕様となっており、工費だけで数千万円かかっています。

スタンダードタイプは、額やクッションなど、容易に設置できる物がガンダム仕様になっています。
その手軽さから、繁忙期には最高で8室(通常2室)まで増やす事も可能となっていて、今でも予約可能となっています。
ただ、スタンダードタイプは連邦ルームになるか、ジオンルームになるかは選ぶことが出来ないので、宿泊するまではどちらのルームか分かりません。
(残り1室のような状況だと、どちらの部屋が残っているかを聞くことは出来ます)


 【予約受付:2012年6月11日(月)~ 】
 【宿泊開始:2012年6月29日(金)~ 】

 【販売予定価格】(いずれも1名料金)
   スペシャルタイプ:2名利用時 26,000円~ 3名利用時 25,000円~
  スタンダードタイプ:2名利用時 13,500円~ 3名利用時 12,500円~
  ※ 利用は2名からで、一人で宿泊の場合も2名分の料金がかかります。


この価格は最低価格なので、休日前や大型休暇時には、更に跳ね上がります。
確認できている最高値は・・・
   スペシャルタイプ:最高額 39,100円
  スタンダードタイプ:最高額 26,600円


高額ですが、スペシャルタイプは予約可能な2月までが全て完売しています。
(現在2月までの受付ですが、それ以降もホテル側は続けていきたいそうです)


ちなみに、宿泊する方に限った隠し技として・・・
事前にお願いをしておけば「ショールーム」という名目で自分が宿泊するのとは違う部屋を見せてもらうことが出来ます。
その際の時間はホテル側の都合に合わせる必要があります。
(撮影などは一切出来ません)



私は、14時半からの30分間、スタンダードタイプを見せてもらいました。
見せていただいたのは連邦ルームでした。


そして16時にチェックインを済ませ、予約していたスペシャルタイプの部屋へ。
《連邦ルーム編》
フォト



スタンダードタイムは他の客室と同じ扉に〔ROOM-G〕とだけ書かれていましたが、スペシャルタイプは扉の外側までガンダム仕様となっています。
フォト



特製のカードキーを使います。
フォト



フォト



扉を開けると、最初に見えるのはこの光景です。
フォト



入口脇にカードを挿し、照明を点けます。
こんなところまで連邦仕様になっています。
フォト



扉の内側も、もちろん連邦仕様。
フォト



マチルダ・アジャン
フォト



ブライト・ノア
フォト



改めまして、扉を開いて見える光景(カーテン開けました)
フォト



フォト



マチルダさんの言葉が迎えてくれています。
(青い部分はプレートになっています)
フォト



マチルダさん等身大パネルは、展示用の様なスチレンボード製ではなく塩ビ板のような堅い材質で作られています。身長は不明ですが、女性としては平均的なサイズかと思います。
フォト



部屋に入ってすぐ足元の絨毯には、連邦マークが編み込まれています。
こんなところから、いきなり内装にお金がかかっています。
フォト



入って右側には給湯スペースやトイレなどの水回りが集中しています。
フォト



ティーセット。
フォト



グラスの下に敷かれたコースターもROOM-G特製になっています。
フォト



給湯スペースの置くには鏡が貼られて・・・と思って見てみると
フォト



鏡を利用して『1/400 ソーラ・システム』が再現されていました。
ちょっとしたアイデア勝負ですが、遊び心があって楽しい演出です。 
フォト



サラミスが飛んでいました。
フォト



給湯スペースの置くには、クローゼットがあります。
フォト



開くと、中にはカツ、レツ、キッカが居ました。
フォト



この中に入って遊んだり写真を撮ったり、いろいろ楽しめました。
フォト



給湯スペースの向かい側に位置している洗面室&お手洗い。
フォト



フォト



洗面台の済みにはアメニティの揃った籠があります。
ROOM-Gオリジナルのアメニティが人数分用意されています。
こちらは連邦ルームなので全て連邦柄です。
フォト



ここだけでは無く、部屋全てのコンセントや電源スイッチがガンダム仕様のデザインでラッピングされています。
フォト



ウォシュレットのフタには、アムロのパーソナルマークが描かれています。
フォト



アムロ専用トイレの様なので、使用する際は心で一礼して使います。
フォト



では、居室部分へと進んでいきます。
フォト



フォト



かなりゆったりとしたスペースを使ったリビングになっています。
天上から壁面、絨毯に至るまでがガンダムをイメージした内装へとカスタムされています。
フォト



時計回りに、室内を見て回ります。


左手には実物サイズのガンダム頭部のイラストが描かれています。
静岡ホビーフェアで壁面に描かれていたモノや、ANAのガンダムジェットに描かれていたモノと同じデータを使用しているようです。
フォト



ゴミ箱まで連邦仕様の雰囲気のモノが用意されています。
フォト



あらためて、ゴミ箱や椅子をどけて撮影。
フォト



身長170cmの私が並ぶとこんな感じ。
フォト



座って独り占めして眺めるなんて、贅沢な楽しみかたもできます。
フォト



実物大ガンダムフェイスの並びには、ガンダムのコックピットが再現されています。
フォト



昔からイベントを巡業しているモノでは無く、この部屋のためだけに作り付けられている新作コックピットです。
フォト



ガンダムに乗り込んだと思って楽しむも良し、シミュレーターだと思って楽しむのも良し。
フォト



壁側にはコックピット内モニターを再現したプリントがされています。
ガンダムフロントの映像で使われているCGのザクです。
フォト



パネルも設定通りに作ってあります。
フォト



パネルラインは黒い線が引いてあるのでは無く、実際に凹んで影が落ちています。パネルを開いてメンテナンスが出来るんじゃないかと思えます。
フォト



操作パネルよりもやや下、膝の高さ付近に・・・
フォト



このコックピットの説明書きがあります。
雰囲気を壊さないように内容も場所も控え目です。
フォト



フォト



ひとつだけ、実際に機能するスイッチがあります。
カチッと押すと・・・
フォト



なんと、計器類が発光するのです。
実際に座れるコックピットは多々ありますが、発光する計器類は初めてです。
フォト



アニメ通りの簡単な作りになっていて、テレビで見ていたそのままが目の前にあります。
フォト



ターゲットスコープも稼働させて遊ぶ事が出来ます。
フォト



スコープ自体は樹脂製ですが、アームは金属で作られていて、非常に頑丈です。
フォト



こちらも、余計なディティールアップはされておらず、良い意味で、アニメそのままの作りになっています。
フォト



遊んでみます。
フォト



スコープの位置は、丁度良い高さです。
フォト



簡単ではありますが、実際にのぞき込めるようになっています。
フォト



フォト



夜に計器類の照明だけ付けていると、暗い宇宙の世界観まで楽しめそうです。
フォト



フォト



フォト



フォト



レバーは左側のみ。
親指位置にあるトリガー(?)はカチカチッとだけ押せますが、何も機能はしません。
フォト



ここにも「動きません」と書かれています。
かなり頑丈に取り付けられているので、うっかり力を入れたとしても壊れるようなことはありません。
フォト


全体的に、かなり頑丈に作られていて、多くの宿泊客が使用しても品質を保てるようになっています。

数ある実物大コックピットの中でも、これはホテル品質と言って良いのもでは無いでしょうか


ただ・・・
引いた場所から見ると、部屋の片隅でポツンとしてしまい、少し寂しさが漂いますが、没頭すれば問題有りません。
フォト



こちらの壁側だけでも見所が満載のROOM-Gです。
フォト



コックピット意外にも、もうひとつの見所があります。
フォト



2009年にYahoo!限定で販売された1/60ガンダムです。
プラモでは無く『建築物としての実物大ガンダム』の検討用として作られた1/30ガンダムがあり、そのレプリカとして作られたモノです。
フォト



今まで現物を見る場所も機会も無かったので、これは貴重です。
フォト



フォト



塗装は実物大ガンダムと同様の塗料がされており、光沢感や塗膜の厚さがプラモとは全く違っています。
フォト



フォト



フォト



フォト


これの元となった1/30モデルは、現在、ガンダムフロント東京(有料ゾーン内)に展示されています。


ガンダムが見つめる先には大きな窓が有り、そこには・・・
フォト



ホワイトベースが飛んでいます。
フォト



窓ガラスにホワイトベースが貼られています。
スタンダードタイプでは、違った機体が貼られています。
 連邦ルーム=ミディア×3機
 ジオンルーム=ガウ×1機

フォト



この貼ってあるモノも良く出来ています。
光を透過するシートが使用されており、夜になると、このホワイトベースだけが白く浮いてしまうこと無く、上手く、外の暗闇に馴染んでいました。
フォト



6階なので、それほど眺望は良くありません。
これが、見えていた景色のほぼ全てで、もちろん実物大ガンダムは、どう頑張っても見えません。
フォト



フジテレビのイベントが見下ろせていました。
フォト



部屋の中央にはテーブルセットがあります。
椅子も、ROOM-Gに合わせた色の生地が張ってあります。
フォト



テーブルの上には、ROOM-G特製のタオルと、箱ティッシュが置かれています。
フォト



連邦ルームでも、ジオンルームでも使えるリバーシブルです。
フォト



フロアガイドまでが連邦仕様という念の入れようには驚きました。
フォト



ジオンルーム用には、ジオン仕様のフロアガイド。
フォト



窓側から見たリビングルーム。
フォト



もう片側の壁面には、ガンタムフロント東京のキービジュアルが。
フォト



この壁の向こう側は寝室(ジオンルーム)です。
フォト



ソファを移動させて見ました。
フォト



フォト



ソファに寝転がってガンダムと同じポーズで向かい合うも良し・・・
フォト



ガンダムを背後に独占する贅沢感を楽しむも良し、です。
フォト




リビングを時計回りに観察し、ほぼ一周しました。
フォト



電話はテレビの横にあります。
フォト



テレビの横には間接照明のスイッチです。
フォト



もちろん連邦仕様になっています。
フォト



電話機まで連邦仕様にラッピングされています。
受話器にはAEのアナハイムマークがありました。
フォト



受話器を持ち上げると、連邦マークが隠されていました。
遊び心が細かすぎて驚かされました。
フォト



フォト



フラウ・ボウと、ミライ・ヤシマ
フォト



フォト



フォト



こちらは、ハヤト・コバヤシ、カイ・シデン、スレッガー・ロウ。
フォト



天井に目を向けると、照明までが連邦マークで飾られていました。
フォト



フォト



寝室へと繋がる扉には、連邦のモノと思われる警告リボンが張り巡らされています。
扉の向こう側はジオン勢力下なので、当然の厳重さです。
フォト




フォト



フォト



扉には〔Frontline(最前線)とプレートが貼ってあります。
フォト



では、最前線の扉をくぐります。
フォト



扉の向こうは薄暗く、日中でもグッスリと眠れそうな寝室になっています。
フォト





連邦ルーム編はここまで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。