カテゴリ:ガンダムソング関連 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ガンダムLIVE EXPO(展示物)

2016年6月12日(日)

タイトル:ガンダムLIVE EXPO ~ジオンの世紀~
福井晴敏さんと隅沢克之さん脚本によるライブイベントで『赤の肖像』にミュージシャンによるライブを差し込んだ内容です。

場所:パシフィコ横浜 国立大ホール

時間:昼 開場13:00/開演14:00  夜 開場17:30/開演18:30
(昼は会場が1時間早まりました)

出演:池田秀一/潘めぐみ/森口博子/米倉千尋/MIQ/石田 匠/菊地成孔/ICI a.k.a.市川 愛/Aimer

価格:全席指定 5,800円(税抜)



今回はご招待頂いているので会場の2時間前にのんびりと到着。
LIVE EXPO 1

途中にこんな説明が・・・
LIVE EXPO 2

入場待機、物販待機、パンフレットのみ購入待機の3パターン。
LIVE EXPO 4

一番混雑する物販で待機人数20人程なので、のんびり来て正解でした。
LIVE EXPO 16

外からでも、展示物の一部が見えていましたが・・・
LIVE EXPO 14

撮影禁止マークだらけで意気消沈。
LIVE EXPO 12

開場時間の1時間前ともなると、さすがに長蛇の列が出来上がっていました。
LIVE EXPO 34

グッズの一覧。
LIVE EXPO 35

当日券売り場は、建物の真裏です。
LIVE EXPO 31

招待席の受付も同じく建物の真裏ですが、開場時間の12時になっても何も準備がされていません。
LIVE EXPO 32

招待客とプレスの受付は13時からでしたが、更に遅くなり13時10分頃になり、やっとパスとチケットを受け取れました。
LIVE EXPO 101


ここからは、会場内の内容です。
(写り込んだ撮影禁止内容はぼかしています)

2014年の「ガンダムUC FILM & LIVE」と似たレイアウトになっていますが、あのときよりは少し規模が小さい気がします。
LIVE EXPO 167

正面はこちら。
LIVE EXPO 146

LIVE EXPO 147

LIVE EXPO 207

かなり控え目な関連グッズ展示。
LIVE EXPO 125

LIVE EXPO 126

LIVE EXPO 127

LIVE EXPO 129


撮影スポットでしょうか。
LIVE EXPO 150

LIVE EXPO 209


物販では澤野さんとAimerさんのサイン色紙付きCDが販売されていました。
LIVE EXPO 37

サンダーボルトのBlu-ray受付もしていましたが、特筆すべき事も無し。
こちらは開場前の様子。
LIVE EXPO 29

撮影禁止は入口側に固まっています。

〈撮影禁止の複製設定画〉
ファースト(12点)、Z(15点)、ZZ(7点)、0080(11点)、0083(11点)、08小隊(12点)、逆シャア(20点)、F91(9点)、サンダーボルト(30点)。なぜかVは無し。

〈撮影禁止の複製原画〉
CD、DVD、Blu-rayのパッケージや記念行事のキービジュアル等、ガンダムインフォでカウントダウン投稿されていた物の数々。

正面から見た、これらブロックの左右側面と裏側は全て撮影禁止。
LIVE EXPO 211


最初の撮影禁止ブロックよりも奥には撮影可能の展示があります。
こちらが表側で「UC」と「サンダーボルト」の展示。
LIVE EXPO 142

裏側は「THE ORIGIN」と「鉄血のオルフェンズ」
LIVE EXPO 164

それらの間には、8月3日から銀座で開催される『GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN展』のポスターが。
LIVE EXPO 189



【展示物:ガンダムUC】
LIVE EXPO 141

LIVE EXPO 73

LIVE EXPO 74

LIVE EXPO 198

LIVE EXPO 76

LIVE EXPO 77

LIVE EXPO 78

LIVE EXPO 200

LIVE EXPO 80

LIVE EXPO 201

LIVE EXPO 82

LIVE EXPO 83

LIVE EXPO 84

LIVE EXPO 137



【展示物:鉄血のオルフェンズ】
LIVE EXPO 165

LIVE EXPO 50

LIVE EXPO 51

LIVE EXPO 52

LIVE EXPO 53

LIVE EXPO 54

LIVE EXPO 55

LIVE EXPO 56

LIVE EXPO 57

LIVE EXPO 58

LIVE EXPO 60

LIVE EXPO 62

LIVE EXPO 63



【展示物:サンダーボルト】
LIVE EXPO 140

LIVE EXPO 191

LIVE EXPO 87

LIVE EXPO 88

LIVE EXPO 89

LIVE EXPO 193

LIVE EXPO 92

LIVE EXPO 194

LIVE EXPO 94

LIVE EXPO 195

LIVE EXPO 96

LIVE EXPO 196

LIVE EXPO 98

LIVE EXPO 139




THE ORIGIN】
LIVE EXPO 134

LIVE EXPO 183

LIVE EXPO 47

LIVE EXPO 170

LIVE EXPO 48

LIVE EXPO 181

LIVE EXPO 64

LIVE EXPO 180

LIVE EXPO 66

LIVE EXPO 178

LIVE EXPO 68

LIVE EXPO 177

LIVE EXPO 70

LIVE EXPO 130



撮影可能ブロックの奥(展示エリアの最後尾)には、カウントダウンで紹介されていた原画(複製では無く実物)が展示されていましたが、こちらの撮影禁止。
LIVE EXPO 100


届いていたお花たち。
LIVE EXPO 184

LIVE EXPO 185

LIVE EXPO 187

LIVE EXPO 188


2回の公演を終えて物販が締め切られた時点でのグッズ売れ行き状況。
LIVE EXPO 210


内容のレポは、ガンダムインフォなどで詳しいものが上がると思うので割愛します。

多数のカメラが入っていたので、何かしらのカタチで公開されるのではないでしょうか。
(という希望はありますが、2009年のSeoul-Gも撮影はしていても未発表です)






スポンサーサイト

逆襲のシャア&ガンダムUC、SONYハイレゾ体験会

2014年10月4日(土)13:00〜

ソニーストアにて
「逆襲のシャア」「ガンダムUC」とコラボした限定ウォークマン『U.C.0093 to U.C.0096 Ver.モデル』の発売を記念し、オリジナルサントラのハイレゾ音源体験会が開催されました。

場所は銀座ソニーショールーム(大阪や名古屋でも順次開催)


体験会では、限定ウォークマンへのプリインストール音源が初公開となるハイレゾ音源を試聴する事が出来ます。

その他、
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア オリジナルサウンドトラック完全版」
「機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック 4」

などを、数百万円相当の機材で構成されたシアタールームで聴くことができます。


また店舗内では
「逆襲のシャア」と「ガンダムUC」のプロモーション映像の上映。
アフレコ台本、絵コンテなどの特別展示。
コラボモデルの展示やSONY最新ハイレゾ対応ヘッドホン等の試聴も実施。


【開催日】
銀座 ソニーショールーム(各回8名)
 10月4日(土) 13:00~14:00 / 15:00~16:00
 10月5日(日) 13:00~14:00

ソニーストア 名古屋(各回8名)
 10月11日(土) 13:00~14:00
 10月18日(日) 13:00~14:00 / 16:00 ~ 17:00

ソニーストア 大阪(各回15名)
 10月4日(土) 17:30~18:30
 10月5日(日) 17:30~18:30
 10月10日(金)17:30~18:30


大阪のみ、予約不要で当日現地へ・・・となっていますが、この手のイベントは事前確認が肝心です。




まずは展示物から(店内での撮影許可も当然取っています)
ハイレゾ体験_01


体験会は2日間ですが、展示期間はまた違っています。
ハイレゾ体験_02



ハイレゾ体験_04

ハイレゾ体験_27

ハイレゾ体験_06


右側は、限定モデルの展示。
ハイレゾ体験_09

ハイレゾ体験_10

ハイレゾ体験_11

ハイレゾ体験_16

ハイレゾ体験_17

ハイレゾ体験_18


左側は、パッケージとブックレットの展示。
ハイレゾ体験_20

ハイレゾ体験_21

ハイレゾ体験_22

ハイレゾ体験_23

ハイレゾ体験_24

ハイレゾ体験_25



少し離れた場所に、製品以外の特別展示がされています。
ハイレゾ体験_40


既に見慣れた感のありますが、それでもほれぼれする美しさの肖像画。
ハイレゾ体験_83

ハイレゾ体験_84


逆襲のシャアとガンダムUCニ分けて展示してあります。
ハイレゾ体験_29


右側は『ガンダムUC』
ハイレゾ体験_31


episode1・2の録音台本。
ハイレゾ体験_33

ハイレゾ体験_37


同じくepisode1・2の劇場パンフとED曲のシングル。
ハイレゾ体験_35

ハイレゾ体験_36


左側は『逆襲のシャア』
ハイレゾ体験_44


逆襲のシャア、録音台本。
ハイレゾ体験_39


しかし、当時の資料が少ないのでしょうか・・・ガンダムUCの絵コンテがこちら側に展示してあります。
ハイレゾ体験_46

ハイレゾ体験_47



更に離れた場所で、ハイレゾ対応のオーディオと並んで、カーディアスの肖像画が展示。
ハイレゾ体験_51

ハイレゾ体験_52




このフロアの受付にも、後ろのスペースを利用してガンダム関連の飾り付けがされています。
ハイレゾ体験_53

ハイレゾ体験_54

ハイレゾ体験_56



こちらが、体験会を行うオーディオルーム。
ハイレゾ体験_59


早く来すぎたようで、まだスタッフさんも居ません。
ハイレゾ体験_60


奥のモニターには、本日の予定が映し出されています。
ハイレゾ体験_63

ハイレゾ体験_64


オーディオルーム内にはソファーが8席。
ハイレゾ体験_66


アンケートも行われていました。
ハイレゾ体験_67


こちらの機材で再生。
総額200万円を越えるオーディオシステムと説明されていました。
ハイレゾ体験_68

ハイレゾ体験_69


自席からは、4Kプロジェクターによる映像がこのように見えています。
ハイレゾ体験_70


体験会が始まりました。
内容は、それぞれの作品から3曲を再生した合計6曲の試聴。
ハイレゾ体験_71

ハイレゾ体験_72


ハイレゾ音源としてはCDや配信で提供されていない楽曲も3曲含まれていました。
その6曲には映像はありません。

他、澤野さんがパリのクリニュー美術館で収録してきたPVの視聴。
逆襲のシャア、初期トレーラー映像の上映。
ガンダムUC 全エピソードのPVを繋げた映像の上映など、ありました。


上映中は撮影するワケにも行かないので、これらは終了後、スタッフさんにお願いをして撮らせて頂きました。

今回ののハイレゾ音源体験会用に組み合わせた内容で、版権元のチェックも得ている公式画像です。
ハイレゾ体験_73


これだけでもポストカードにして貰いたいぐらい。
ハイレゾ体験_75



試聴中、再生する楽曲や作品についてスタッフさんからの解説がありましたが、ガンダムの専門用語も含め、非情にスムーズな言葉運びでした。
ご本人もガンダムが大好きで、この日のために朝からepisode7を見返して来たそうです。


30分程の体験会でしたが、ガンダムでは非常に珍しく有意義なイベントでした。


アニロックエンパイア/otarokTVで告知


2012年6月27日(水)



7月14日に開催される『AniRockEmpire(アニロックエンパイア)』
鮎川麻弥さん:Zガンダム 前期オープニング・エンディング
新井正人さん:ガンダムZZ 前期オープニング・エンディング
ひろえ純さん:ガンダムZZ 後期オープニング・エンディング
MIQ さん:ガンダム0083 後期オープニング・エンディング
それに、若手なアニソンミュージシャンとして
谷本貴義さん(ドラゴンボール改やゲキレンジャーなど)

この5名でお送りする、ほぼガンダムづくしなライブが開催されます。


これの告知を兼ねたライブ配信をUstreamで行いました。


収録は都内某所。
私は少しだけ遅れて新井さんと合流。


万が一、私が行けなかった場合に、収録に必要な物品は郵送してあります。
収録の際に背景として使う横断幕も、その内のひとつです。
フォト




鮎川麻弥さんも到着し、打合せ始まりました。
フォト




打合せの後、新井正人さんと鮎川麻弥さんは声出しのリハーサル。
(もともとこの日に歌う予定はありません)
フォト




フォト




  ーーー 22時になり配信開始 ーーー



冒頭の10分は桜咲千依さん(声優)の告知やトーク。
配信開始16分頃、やや押し気味で新井さん、鮎川さん登場。
フォト




富野さんに確認を撮りに行ったときのお話しでは、鮎川さんが身振り手振りで富野さんの様子を再現。

実はゼータのオープニングとエンディングは逆の予定だったなどの秘話をお話ししてくれました。
フォト




トークの中心は新井さんへ。
フォト




ガンダムの楽曲を歌う前のアーティスト活動のお話しもされていました。
『ダイアリー』や『パル』時代のお話しも少々。
(あれ? オメガトライブの名前が出ていませんでしたね)
フォト




ここで、7月14日のライブを感じさせるような生演奏。
新井さん、鮎川さんの2人で『永遠にアムロ』披露。
フォト




予定時間を少し過ぎて、お二人の出番は終了。
フォト



 (ここまで、シャッター音が出ないようにiPhoneで撮影)


配信終了後、告知用の写真撮影。
フォト




フォト




記念に写真、撮って頂きました。
一眼の入った鞄はスタジオに中だったため、仕方なくiPhoneで撮影。
残念ながらピントがぼけていますが、良い記念になりました。
フォト




鮎川さんとも2ショット撮影。
間近で拝見していても、驚くほどのお美しさです。
フォト



そして、私は終電ギリギリで帰宅。


こういう場でお手伝いをしていると、普段の生活や仕事では学べないモノが得られて勉強になります。




この日の配信内容は、こちら視聴できます。
お二人の出番は、開始16分後からです。



『AniRockEmpire(アニロックエンパイア)』

昼と夜の2回公演ですが、サンライズ仕切りのSoul-Gとは違った、フリーなスタイルのライブになると思うので、昼夜2回見ても楽しめるライブになるかと思います。


チケットは、e+にて「アニロック」と検索!(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。