2009年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

No.82/2009年最後の潮風公園観測


No.34までは原寸大ガンダム立像が完成するまでの状況観測日記
No.61で《GREEN TOKYOガンダムプロジェクト》は終了。
No.79で解体作業終了。
大きな3つの流れは全て終了しましたが、この原寸大ガンダムにまつわる情報が続く限りは、この観測日記も更新し続けます。

12/26 土曜
晴天の昼下がり


今年は、ほぼガンダムの年だったと行って良いほどにガンダム濃度の濃い一年だった。
20周年の時とは比べものにならないほどの盛り上がりを見せ、日本中に30周年の高まりが響き渡っていた。
そして、それを日本に留まらず世界にまで波及させたのは、原寸大ガンダムの大きな功績ではないだろうか。

あと一週間と経たず、ガンダム30周年の年は終わってしまう。
来年の7月からは東静岡駅前での10ヶ月間に亘る長期の再展示も決まった。

今年を締めくくる意味でも、潮風公園で最終観測をしないわけには行かない。

実は、最終観測は2010年7月11日(一般公開が始まった1年後)と決めていたのだが、静岡での原寸大ガンダム再展示が2010年7月ということなので、もしかすると、その公開初日を7月11日に合わせてくるのではないかと推測した。


フジテレビからの撮影。
フォト



まだ、ガンダム展示の跡は大きく残っている。
フォト



最後にこの場所から撮影をしたのは観測日記 No.79で、解体工事終了直後だった。
その時と比較し、掘り返した土壌は周囲と馴染んでいるものの、人為的な芝の再生作業は行われていない様子。
だが、ガンダムが立っていた中央付近には芝が自然に再生するなど、自然の強さを感じ取ることが出来る。


フジテレビから潮風公園へと向かう道。
フォト



そして、何万人もが足を止めた横断歩道も、いまは人の影を見かけることはほとんど無いぐらいに静まりかえっている。
フォト



多くの遠征者が夜を明かしたであろう駐車場も空いている。
フォト



あの暑い日射しから逃げ込んだレストハウスも、今は時間が止まったように静まりかえっている。
フォト



広場は、一見するとガンダムの痕跡はほぼ消えてしまったように見える。
それでも私が撮影をしている間だけでも、ガンダム跡地に向けてシャッターを切っている物の姿を数名見かけた。
せめて、この夏のイベントを記念したモニュメントでも建っていれば、ある程度の集客にはなったのではないだろうか。
フォト



一見、全てがなかったかのように見える広場だが、よく見ると、まだこの夏の跡がはっきりと残っている。
企業・協賛ブースの跡がくっきりと見える。
フォト



レストハウス側の出入り口となっていた付近も、まだ芝の再生が完全ではなく、うっすらと土の色が見えている。
フォト



広場横の出入り口からガンダムに向かうルートに敷かれていた青いプレートの跡は、いまでも残っている。
フォト



飲食コーナーがあった場所では、まだコンテナの跡が残っている。
ブロックの上なので、すぐに消え去ってしまうかと思っていたので意外だ。
フォト



公園の売店では「あつあつおでん」が売られるようになり、否が応でも、あの感動の日々が、もう過去の出来事だと言うことを思い知らされてしまう。
フォト



撮影のために踏み込んでいた茂みの中も、すでに冬になっていた。
フォト




最終観測を終えて・・・

公園へ向かう道も…広場に到着してからも…あまりにも静かすぎた。
賑わっていたガンダム在りし日の様子を思い浮かべながら広場へ向かうと、巨砲で撃ち抜かれたような寂しさに打ち抜かれてしまう。
これが荒廃した跡地ならば、それなりに心の中で区別も出来るのだろう。
ところが、緑は豊かで空は青く澄み渡り・・・
ガンダムが立っていないと言うこと意外は、何も変わっていないという点が寂しさをより一層強調してしまっている気がする。

この場所に立っていたガンダムは、来年の7月から静岡で再展示が始まる。

実際の組み立て作業の着工は、今年と同じならば4月に入った頃からの開始かと思うのだが、2度目ということもあり、また組み立て終了後の調整作業も初回ほどかからないとすれば、4月の後半からなのではないかと思っている。

また、周囲環境は住宅までも、さほど遠くはない。
公開期間も10ヶ月という長期間と言うことも考えると、この潮風公園で行ったような大がかりな演出は行われないのではないだろうか。

もしかすると、解体していた時点ですでに静岡での展示が決まっていたのではないだろうか。もしくは、設置場所は決まっていなかったにしろ、再度組み上げられたガンダムの扱いが決まっていたのではないだろうか。(演出は潮風公園のみ…と)

それを見越した解体の内容だったのでは無いだろうか。

だからミストの設備は不要になるということで、ミストの設備は破壊してしまったのではないだろうか。

ただ立っているだけの立像展示なら調整も必要ないため、組み立て作業は5月のGWを過ぎた頃から開始でも間に合いそうな気がする。

その時に書く日記のタイトルは何にしようか・・・


スポンサーサイト

総括01/昼夜の演出を9方向から動画撮影した総括

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
Comment (-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。