2010年05月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/週代わりザビ家(ドズル)


夕方からGUNDAM Cafe行ってまいりました。

(毎回「○○回目」と書いていてもキリがないので、今回から、カフェに行った日をタイトルに書くことにしました)

今週も今日で最終日だというのに、まだ『ザビ家の晩餐』の週変わりメニューが注文できていません。

今週も何度か行っているのに、早々に売り切れになってしまっていました。

私が到着する直前に売り切れてしまったこともありました。

今日を逃してしまうと、ほぼ一ヶ月後まで出会えないメニューなので、確実に抑えられるよう、ランチタイム終盤から入店していられるような時間にカフェに向かいました。


15:30
オープンから一ヶ月以上が経過するというのに、さすが日曜日です。
カフェ前の路上も賑わっています。
フォト



平日は比較的購入しやすくなっているガンプラ焼きですが、今日はそれなりに並んでいるようでした。
フォト



列は駐輪場の出入り口まで伸びていますが、ランチタイムは回転が速いので1時間ほどで入店出来ました。
フォト



注文カウンターの奥には「緊急告知」がされています。
フォト


大佐&少佐カードを持つ者のみが注文できるフードメニュー。
いよいよ、6月1日から提供開始されるようです!!


今日も大佐グラスでコーラを飲もうかと思っていたのですが、珍しいことにコーラが売り切れてしまっているようです。
フォト



久しぶりに制服姿のスタッフさんを見かけたので写真を撮らせて頂きました。
やはり制服姿の方がいらっしゃるとカフェとしても雰囲気が出ますし、それほどガンダムに詳しくない方にもアイキャッチになって良いですね。
フォト



コーラが無いので、代わりに「ストレートオレンジジュース」を飲みながらバータイムになるまで待っていました。
フォト



程無くしてバータイムになり、注文カウンターへ急ぎました。
まぁ、そんなに早く売り切れることはないと思いますが、コレを逃すと一ヶ月後まで食べられなくなってしまうので用心してしまいます。
フォト



ザビ家の晩餐「FM-25 ドズルの激闘」無事、注文できました。
食べ応えのあるチキンと、大き目のポテトが力強いのですが、それをからめているトマトソースは優しく甘めの味付けで、ドズル中将の人柄を反映したような一品でした。
フォト


その後、友人から連絡があり、到着までの時間をノンビリと過ごしていました。


さて、ついに来週はザビ家の晩餐、最後のメニュー
「デギンの憂鬱」が登場します。

ザビ家の家長にしてジオン公国の公王、デギン・ソド・ザビの名を冠したメニューだけあって価格も最も高く設定されています。

楽しみです!!



通算21回目
スポンサーサイト

GUNDAM Cafe/アッガイ・アイスを3個注文


本日、仕事で午後から外出でした。

せっかくなので、昼食をGUNDAM Cafeで摂ることにしました。

世間様では昼休みが終わった時間帯に到着。
入店待ちは少なく5分程で入店できました。
フォト



昼食時間を過ぎたというのに、まだサンドイッチが売れ残っていました。
サンドイッチ2種類とも等しく残っていました。
フォト


普通、売れ残っているなど良いことではないのですが、客の途切れることのないGUNDAM Cafeでは、これぐらい売れ残っている方がお客の選択肢が増え、良いように思えます。

開店から一ヶ月程が経過しましたが、カウンターも少し汚れてきていますね。
フォト



最近は落ち着いてきたようで、ハロールもまだ残っています。
(3時間後に戻って来たときには完売していました)
フォト



ハロールを買って、そのまま冷蔵ケースで預かってもらう際に押してもらう印がこの前と変わっていました。
当初使っていた印鑑は社印の様だったし、とりあえずの代用だったのではないだろうかと思う。
フォト



今日は「LM-02 アムロ・レイのパイロットランチ」
お腹が空いていたけれど、どうしてもガーリックトーストを「通常の3倍」にはしたく有りませんでした。
苦肉の策として、ガーリックトーストを別の皿に乗せてもらうという、迷惑なお願いをしてしまいました。
フォト


三倍にして良いのはシャア・アズナブルだけ!!


全てのランチメニューは制覇したと思っていたけれど、意外とこれはまだ食べたことがなったことに今日気付きました。
味が濃いめのクリームシチューがソースとしてかかっていて、ガーリックトーストとの相性も良く美味しかったです。
フォト



昼下がりのGUNDAM Cafeも外光が差し込んでいて気持ちがよいですね。
フォト


フォト



入口横の広告ラックには、静岡での「RG 1/1ガンダム」の展示を告知するチラシが新しく置かれていました。
フォト



私が入店してすぐに、入店待ちの列ができはじめ、カフェを出る頃にはかなりの長い列になっていました。
私は運が良かったようです。
フォト



テラス席も普通に使われているようです。
フォト



そして仕事の用事も終わり秋葉原へ舞い戻ってまいりました。

夕刻を過ぎ、先に入店していたガン友と合流。
驚かせようと思い取り置いていたハロールが、思いのほか喜んでもらえ、私も大満足。
私は、これでハロール4個目の解体作業です。

気分は、マグロをさばいている板前さん。
フォト



「FM-32 アッガイ・アイス(茶)」を3個注文し、同じ皿に盛りつけてもらいました。
ほんの遊び心です。
ジャブローに潜入したアッガイの小隊を再現してみました!!
フォト


GUNDAM Cafeのメニューを駆使して、日々、面白いアレンジを考えてしまいます。

ガンダムの話で盛り上がってしまうと、時間があっと言う間に過ぎ去っていきますね。

さて、次はメニューでどんな遊びを試してみようかな。



追記:
きっと、開店一ヶ月が経過したことによる運営方針の軌道修正だと思うのですが、今まで入店をさばいてくれていたスタッフが、先日より居なくなりました。
客が自分で空席を見つけてから注文するスタイルへと微妙に変わりました。
入店待ちと注文待ち、そして追加注文の待ちと、それぞれの居場所が不明瞭で混沌としていて、お世辞にも良い状況とは言えない状況になっています。
(追加注文の人は、どこに入って良いのかも分からない状況です)
この状況は長時間並んでくれたお客様にも不快な思いをさせてしまうので、カフェの質を低下させないためにも、早急に対策を考えて頂きたいところですね。


20回目

GUNDAM Cafe/ニュータイプウォーター試作機


週代わりメニューを確認するためにGUNDAM Cafeに行ってまいりました。

雨が降っているにもかかわらず、やはり行列が出来ています。
フォト


待ち時間は20分。
雨で濡れた傘用に、見慣れた物が置かれていました。
以前、雨の日に訪れた際には見かけませんでしたが、これも小さなバージョンアップ(改善)なのでしょうね。
フォト



なんと、週代わりの「ザビ家の晩餐」が売り切れています。
これは一大事です!!
フォト


このまま入荷しなければ、約一ヶ月後までお目にかかれないのではないかと心配してしまいましたが、聞いてみたところ、翌日には入荷するとの事で一安心。

諸々予定が合わず、一人で夕食のつもりでしたが、カフェ仲間が合流できるというので、いつものように周りの雰囲気を楽しみながら待っていました。
フォト



携帯の待ち受け画像ダウンロードのパネルには、その内容が分かりやすいようなカードが貼られていました。
フォト



知る人ぞ知る・・・と言った感じで分かりづらかったからの措置ではないでしょうか。
フォト



ハロールの冷蔵庫には「本日の販売は終了しました」との掲示がされています。
それとは別に、冷蔵庫の中にも同じ物が立てかけられています。
購入後の取り置き分が置いてあるため、まだ残っているように見えるので念のためのパネルなんでしょうね。
フォト



おみやげのレジの片隅に、この様な物が隠されていました。
現在販売を検討している商品のようです。
(コミュの方からこの商品の存在を聞きました)
フォト


価格が手ごろであれば、是非買って行きたいおもしろお土産ですね。

誰かと一緒に飲んだら、脳裏を「ピキーーーンッ」と閃光でも走るのでしょうか。
それとも、時が見えるようになるのでしょうか。

これが宇宙世紀のミネラルウォーターだったなら・・・と考えると
『一年戦争の英雄、アムロ・レイ』が起用された商品なので訴求効果も強く、話題性は十分であり、連邦軍としてもイメージアップに繋がるので自軍の兵器(ガンダム)の使用も問題なく許可したことでしょう。

・・・と、そんな妄想はこれぐらいにして

成分表示を見てみると、カフェ仲間の指摘通り、クリスタルガイザーとまったく同じでした。
フォト



ワンポイントとしてあしらわれたアムロのパーソナルエンブレムが目を引きます。
フォト



輸入者は大塚ベバレジ。
フォト



メインの料理「FM-25 ドズルの激闘」は売り切れのため・・・
「FM-15 弾幕サラダ・ボール風」を注文。
黒胡麻の風味が香ばしくもあるポテトサラダです。
フォト


その他・・・
「FM-18S 赤い彗星」
「FM-02 アコース・クラッカーだ!」
「FM-01S 戦場のトルティーヤ」
を注文。
どれも、お気に入りのメニューです。

デザートに「FM-31 グフ・アイス(青)」
青いのにピーチの味がする面白いアイス。
白い部分はアイスではなく、レモンシャーベットで出来ていて、あっさりとして食べやすいです。
フォト

GUNDAM Cafe/買ったハロールは冷蔵庫で…


午前中、早起きをして用事を済ませた後、さてどうしようかと考えていたのですが、室内にいるよりも気持ちの良い晴天の中で出掛けた方が気分よさそうだったので・・・

また×18・・・GUNDAM Cafeへ行ってまいりました。

お腹も空いていたので、どうせなら「ガンダムカフェで昼食を」です。

ガン友(?)もカフェに出撃されるようなので、ご一緒させて頂きました。


14時頃に到着し遅めの昼食になりました。
さすが土曜日、開店から一ヶ月が経とうかというのに入店待ちの列の長さは衰えてはいません。
フォト



海外からの旅行者のような方も感心深そうに写真を撮っていきます。
良い感じに名物になりそうですね。
フォト



ハロールはまだ残っていました。
フォト



しばらく日中に来ていなかったので気付きませんでしたが、ハロール購入後でも預かっていてくれるようになったようです。
これをあらためて引き取りに来る際は、レジ待ちの列に並ばず直接レジに申し出れば渡して頂けます。
(もちろん、店内で食べるための取り置きも出来ます)
フォト



レシートにはハロールを預けている印として、カフェの印鑑を押してもらえます。
(前から気になっているのですが「秋葉原店」と言う事は、また別のところでも出店するつもりでいるのでしょうか?)
フォト



溜まったスクラッチのポイントで「DM-23 アイスカフェモカ」を注文。
カフェ自体は甘さを抑えてあり私の好みでした。
ただ、上に乗っているクリームが重たく感じるので、好みの味で飲めるよう加減が必要・・・かな。
フォト



ランチメニューの中で、まだ食べたことのない最後の一品。
「LM-05 カイ・シデンのパイロットランチ」
おそらく「FM-22 ララァの望郷」と同じカレーが使ってあるのだと思いますが、ライスが無い分、よけいに辛さを感じました。
フォト


もう少し食べたいところでしたが、プラス200円でガーリックトーストを3倍にはしませんでした。

3倍にしていいのはシャアだけ!!


食後しばらくしてハロールを受け取りに行き、ハロール用の皿・取り皿・ナイフとフォークを用意してもらいました。
フォト



ハロールは3回目ですが、今日のハロールは少々表情が怖いです。
毎回違う表情・・・手作りの醍醐味ですね。
フォト



今回は、いままでチャレンジしたことのない4等分を試してみました。
今までと違い、食べる直前まで冷やしていたハロールは切った感触も、食べ心地も違っていました。
フォト


カフェ内でハロールを切るには、少々問題がありまして・・・

カフェのナイフにはギザギザも無く、刃物としても鋭利さがありません。
フワフワの生地を切るには少々難航してしまいます。

ハロールを食べつつ、ガンダムトークで盛り上がっていたところ、周りの景色が赤から青に変わりました。

バータイムに切り替わったようです。


まずは飲み物。

私は大佐グラスでコーラを注文。
(奥は、少佐グラスのオレンジジュース)
フォト



つまみとして
「FM-11 ソドンの町のベーコン」と「FM-02 アコース・クラッカーだ!」
フォト



今日は、禁煙席の隅の席でした。
奥の席はカフェ内が一望できて良いですね。
フォト



喫煙席の片隅には、いつの間にかミネラルウォーターが設置されていました。
フォト



入口の横には、つい先日発表されたばかりのガンプラ携帯のチラシが置かれています。
速報なのか、コピー機での出力でした。
フォト



ガンプラ焼きカウンターで、知り合いの店員さんを発見したのでガンプラ焼きを久しぶりに買ってみました。
(ガンプラ焼きの熱で暑そうでしたが、笑顔で対応されていました)
フォト


もちろん、お気に入りの羽根付きです。

羽根の部分が特にサクサクしていて、食べていて楽しさ倍増です。


そろそろ、開店から一ヶ月が経過するので、大佐メニューにフードメニューなど、追加して頂きたいですね~

GUNDAM Cafe/週代わりザビ家(キシリア)


仕事帰りにGUNDAM Cafeへ行ってまいりました。

カフェ仲間と連絡を取ってカフェで合流をさせて頂きました。
今まで、偶然に合流することは何度かありましたが、この日のように約束をしての待ち合わせは初めてでした。

一人でカフェを利用するのも良いですが、やはりガンダムの話をしながらの食事は楽しいですね。


入店待ちの列はボチボチという感じ。
今までのガンダムカフェの行列具合からしてみれば、かなり少なく思いますが、飲食店と考えれば十分に人気店並の行列が続いているのではないでしょうか。
フォト


既に先に入店し席を確保して頂いていましたが、お待たせしたようで、私が到着した頃には、ガンダムトークの第1部は終了していた様です。
(残念・・・)

ひと言に「ガンダム好き」と言っても、ガンダムという作品は非常に幅が広いのです。
その人のガンダム愛がどの作品を軸にしているかで、大きく「好き」の方向性が変わってきます。

ですが、その軸が影響してくるのも最初の内だけ。
全ての作品の根底に流れている本質は大差ありません。

故に、話の表層で相手の方の「ガンダムが好き」の方向を確かめているときも楽しいですし、それを飛び越え、ガンダムというキーワードをもとに話が広がっていく過程も楽しくもあります。

そんなガンダム話をしていたら、いつまで経っても注文しに行けなさそうなので、話を続けたい気持ちにいったんブレーキを掛けて注文に向かいました。

さっそく、週代わりのメニューを二種、注文。
フォト



ザビ家の晩餐「FM-24 キシリアの暗躍」は煮詰めた豆とジャガイモがトマトソースでからめてあります。
ジャガイモは硬くはないけれど崩れてはおらず、豆は皮の食感が残っていて好みの分かれるところだと思います。
「FM-14 弾幕サラダ・ギャロップ風」はカボチャを使った少し甘味のあるサラダです。(弾幕はいつも通りです)
フォト



少佐・大佐カードを両方動員してドリンクを注文。
フォト



カフェ仲間の少佐カードも合わせ、少佐・大佐グラス3つが並んだスペシャルな乾杯をしてみました。
いずれ・・・大佐だけで乾杯をしてみたいですね。
フォト


その後、更にカフェで知り合った方と合流し少佐・大佐グラス4つで圧巻の乾杯。
(画像が良好ではなかったので日記には使用していません)


つまみに「FM-04 小惑星チーズ」
フォト



声優さん達の話など、ガンダムを切っ掛けに、話はどんな方向にも広がっていきます。

帰り際に、偶然、隣の席に居合わせたネット上での知り合いの方に挨拶をし、カフェを後にしました。(退店するギリギリまで気がつきませんでした)


今日はバータイム中頃で制服のスタッフさんが登場です。
フォト


以前から私のブログを読んで頂いていたようで、先日お声を掛けて頂きました。 まさかカフェの方にまで読まれていたかと思うとお恥ずかしいばかりです。
制服姿には慣れましたが、それでもまだ、連邦の制服の方が店内にいらっしゃると目を惹かれてしまいますね。


今日は、観察と言うよりも談話中心のバータイムを楽しませて頂きました。

こうやって、ガンダム好きな方との輪がが広がり、ゆっくりと好きな話が楽しめるなんて、つくづくバンダイさんは良いお店を作ってくれたものだと思います。

飲食して終了ではなく、集い楽しむ・・・
だんだん、カフェ本来の利用方法になってきたような気がします。

カフェのコンセプトである『全てのガンダムファンにくつろぎの時間を届ける』は、その狙い通りになっているように思えます。

スタバやタリーズではなく、ガンダムカフェだから良いのです。

GUNDAM Cafe/大佐グラスでオレンジジュース


金・土曜とGUNDAM Cafe行ってきました。

15回目、仕事帰りです。
平日ですが、金曜の夜となると若干、客足は多くなるようで、普段の平日よりも列は長くなっていました。
フォト



ガンプラ焼きも相変わらずの好評ぶりです。
毎回、カフェに入って食べるか、ガンプラ焼きを食べて帰るか悩んでしまいます。
店内でもガンプラ焼き、注文できれば良いんですけどね。
フォト



カフェ入口で通してもらうまで待っていると「禁煙ですよね? 今空いていないんですよ」と教えて頂いたのですが、少しぐらいならと思い禁煙席が空くまで暫く待機していました。

そして通して頂いた席が、この画像の真ん中の席。
嬉しい事に、初めて座る席でした。
フォト


この列の席は見晴らしが良いので気に入っています。


注文カウンターでメニューを見てみると、少し嬉しい変化がありました。
この日、ついに冷凍庫が治ったようでアイス系メニューが復活していました。
フォト


とりあえずアイスは別の日にして・・・

「DM-26 ストレートオレンジジュース」を大佐で注文。
フォト


予想はしていましたが・・・
大佐グラスにオレンジジュースは似合いませんでした。

少佐グラスならジオンマークも黄色なのでシックリ来る気がします。

二度目になりますが「ミハルの思い出」を注文。
明太の味の濃さとボリュームが気に入っています。
フォト


一通り食事が終わった頃にコミュの方が近くにいたようなので合流。


ポイント消費でハロラテを注文。
この日のハロは少々残念な表情でしたが、これもご愛敬。
フォト



カフェの今後など、少々大人なお話を楽しんで解散しました。
フォト



とても有益で実りの多いお話しができました。
フォト

 
 
 
 
そして翌日・・・16回目です。
静岡ホビーショーの帰りに立ち寄りました。

かなり並んでいる方が多かったので、ガンプラ焼きを食べて帰ろうかと諦めていたところ、コミュの方のご厚意で合流させて頂けました。
フォト



少佐グラスで飲まれていたので、合流して私も大佐グラスで注文。

せっかくのシャア専用の席だったので「赤い彗星(カクテル)」と「FM-30 シャアザク・アイス(赤&赤)」のシャアセットにしてみました。
シャアザク・アイスは初めての注文でしたが、サッパリしていて食前でも食後でも美味しくいただけます。
フォト



その他に、初めての「FM-02 アコース・クラッカーだ!」も注文してみました。
さっくりとしていて歯ごたえ良好です。
フォト


合流させて頂いた方と、幅広いガンダム談義をさせて頂きました。
ファーストの底力という物を感じたひとときでした。
その後、解散し、ひとりでまったりとしていました。

しばらくしてコミュを確認したところ、ちょうど外の列で並ばれている方がいらしたので、合流し、私はいつもの様に食後のハロラテを注文。
フォト


お話しの中で、シャア・アズナブルの偉大さを再認識しました。
やはり、ザンスカールよりも、クロスボーンよりも、ジオンですね。


ところで・・・
私は非喫煙者なので気がつかなかったのですが、コミュで「カフェ専用の灰皿が、普通の物に変わっている」とのコメントを発見したので、お聞きしてきました。

カフェ専用灰皿は、マグカップ同様に売り物でもあったのですが、すでに完売しており入手できない品物になっていました。

今となっては貴重な灰皿だったのですが、悲しいことに盗難に遭ってしまったらしく、普通の灰皿になってしまったそうです。
フォト


ネットで「完売」と言う文字を見て、いつかは盗難に遭ってしまうのではないかと心配していただけに、なんとも残念なお話しです。


カウンターの中では、久しぶりに制服の方をお見かけしました。
つい「制服、お久しぶりですね」とお声を掛けさせて頂きました。
フォト


ガンダムカフェの方は皆さん、いつも元気で良いですね~

展示/静岡ホビーショー2010


早朝に東京を出発し静岡まで行ってきました。

目的は・・・
(1)東静岡の原寸大ガンダム再建現場の観察
(2)静岡ホビーショー

鈍行電車で3時間半以上の移動時間でしたが、目を閉じればまるで瞬間移動したかの様に到着。

8:40に東静岡駅へ降り立ち、第1の目的の下見をし、シャトルバスでツインメッセへ移動。

晴天です。
でも、とっても寒いです。
シャツ1枚は失敗でした。
フォト



まず目についたのが・・・
ガンプラ30周年の限定モデルとして発売される「HY2M 1/12 ガンダム」
フォト


全長150cmと言う、まさに等身大の「HY2M 1/12 ガンダム」はこれが最終生産だそうです。
色は以前の物と比べ、いわゆるアニメカラーになっています。
そして、マーキングの数が増えています。


そのすぐ隣では、バンダイブースの正面で来客者を迎えるように、この30年で作られたガンダム(RX-78-2)が並べられています。
フォト



この30年でのプラモ製造技術の向上を象徴するかのように、Vre.G30thの金型が展示されていました。
フォト



上部には、このガンプラ30周年でイチオシの企画がPRされています。
フォト


フォト


「模型戦士ガンプラビルダーズ ビキニングG」
ガンダムではなく「ガンプラ」が主役(?)のアニメが始まります。

それに合わせ、さっそくメインとなるプラモのラピットモデルも展示されていました。
フォト



殴る蹴るといった格闘に向いているフォルムに見えます。
フォト



羽根のようなモノが見えますが小さい。
フォト



公式サイトを見ると、プラモでバトルするらしいので、実際に製品を持って子供が遊んでもポロッとパーツがとれてしまわないよう、全体的にシンプルな形状にしているように見えます。
フォト


組み立てたガンプラを解析し、バーチャル空間でバトルと言う現物をシミュレーションのための媒介とする点は「プラモ狂四郎」の表現手法と共通する物を感じました

主役機である『ビギニングガンダム』の肉弾戦を彷彿とさせる造形は「プラレス三四郎」の柔王丸の様でもあります。

「主人公」が偶然手に入れたプラモデルが非常に貴重なモデルという『偶然手に入れたけど、実は凄い物だったらしい』という位置づけはダッシュ四駆郎のエンペラーや、「ゼロヨンQ太」のマグナム号の様でもあります。

コレまでのホビー系のアニメ・漫画作品の総合的なオマージュといったところでしょうか。


そして、それらの陳列の左端には「1/48 メガサイズガンダム」をベースとした、再建後の原寸大ガンダムの縮尺模型が展示。
フォト


台場の時と違い、製作過程のスケジュールが発表されていました。

いつの間にか正式名称と、そのロゴまで決まったようで「RG1/1 GUNDAM PROJECT」と表記されていました。


先日、完成予想模型として記者発表された物にはマーキングがされていなかった。
フォト



「新たに」と言うよりは「追加」された感じのマーキングです。
フォト



脚部はアレンジも少なめですね。
フォト

フォト


これをどうやって再現するのか楽しみです。
フォト



さらに左側では、新ブランドとなるRGの解説を行っていました。
フォト


フォト


原寸大ガンダムを「RG1/1」と呼んでいるように、この1/144 RGも原寸大ガンダムと同じマーキングです。
フォト


フォト


これがRGを構成しているランナーの全て。
フォト


内部フレームの説明様に巨大なモデルが展示されていましたが、これを使って説明するような場面はありませんでした。
実際は紫色の部分はなく、全てが黒ですが、恐らく、素材の違いを説明するために色を変えているのではないでしょうか。
フォト


RGの出来の良さを説明するために3種類の完成品が展示されています。

《Step1》ただストレートに組み上げただけの物。
フォト



《Step2》付属のリアルスティックデカールを貼った物。
フォト



《Step3》塗装までしてリアルスティックデカールを貼った物。
フォト


それぞれを比較しても、スレート組と全塗装を比較しても大きな差がない程に商品として完成度が高いとアピールしていました。
確かに、その通りですね。


リアルスティックデカールはこれです。
今まであったように印刷としての金属表現ではなく、実際に光沢を持った金属表現がされていて、もはやシールと言うよりはパーツと言えるような質の良さでした。
フォト



パッケージも今までのHGやMGとは一風変わった物になっています。
フォト



HGとMGの中間に位置するブランドですが、可動域はMGに近く「HGサイズでMGの動きが出来る」と言うクオリティーのブランドのようです。
フォト



さらに左側にはディスプレイがターンテーブルに乗って回っていました。
1/144では有り得ない緻密さと完成度の高さです。
フォト



それぞれのパーツを構造が分かりやすいように外し「外したパーツは宙に浮いている」と言う演出ですね。
フォト




ここで少し箸休め・・・

参考出品されていた「MGトランクス」と「MGベジータ」です。
どちらもスーパーサイヤ人としてバリエーション展開しやすいキャラクター選択ですね。
フォト



そして、なんとMGルフィ!!
ゴム製ではなくプラスチック製です。
フォト



またまたガンダムに戻ります。
プラモではなくB-CLUBの製品ですが・・・
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



フォト


それぞれ、まるごとの製品であったり、市販のプラモに追加するパーツ扱いだったりしますが、どれも1~2万円とガレージキット価格です。


参考出品されていた「1/48 メガサイズガンダム」が3種類。
奥の2体は金メッキですが、左右でゴールドの色合いが違っていました。
手前は、最近バンダイがイチオシのチタニウムフィニッシュ仕様。
フォト


これで価格としては2万円を超えるとのこと・・・高いです。
通常商品の代以上と、かなり高額ですが、それでも元々の価格が安いので、PGの30周年限定モデル エクストラフィニッシュの価格は越えないそうです。

PGやMGと違い構造が単純なので裏表をしっかりコーティングしないと行けないので処理に費用がかかる・・・と言うのが、高額になってしまう理由だそうです。

せっかくなので裏も見せてもらいました。
フォト



PGの30周年限定モデル各種も展示がされていました。
フォト



こちらは通常のPGのダブルオーガンダム。
塗装がされていました。綺麗です。
フォト



ダブルオーライザーも塗装とスミ入れがされ、無改造でも素晴らしい質の良さだとアピールしていました。
フォト



今年の秋公開のダブルオーの劇場版に登場する新たなガンダム4機、HGで発表されていました。
フォト


ラファエル
フォト


フォト


サバーニャ
フォト


フォト


クアンタ
フォト


フォト


ハルート
フォト


フォト



フォト



外伝はまた別の列に展示されていました。
フォト



発売が決まっているHG アヴァランチエクシアダッシュ。
フォト


フォト



アストレア
フォト


フォト


アイズガンダム。
フォト



Gガンダム
フォト



ガンダムX
フォト



入門用の「HGUC ガンプラスターターセット」
フォト



いよいよ、HG ジム改です。
フォト



ZZ
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



ガンダムUCからも多くが出展されています。
フォト



1/144 デルタプラス
参考出品で商品化は具体的には決まっていないらしいです。
フォト


フォト



同じく、1/144 シナンジュ
フォト


フォト



ギラ・ズールの別バージョンとして、アンジェロ専用です。
フォト



ここからはMG。
フォト


フォト



注目のMGフルアーマーガンダム。
フォト



MG品質で細かく分割された外部装甲パーツ。
フォト


フォト



外装パーツを外した状態を分かりやすく説明した固定モデル。
フォト


格好いいです。
フォト


ガンダムに穴を空けるわけでもなく、各パーツがかみ合って固定するわけでもありません。
いかにデブにならずに装甲を着込むか・・・が命題だったそうです。
フォト


ゲル状のリボンが付属し、それをガンダムと装甲に間に挟むことで張り付いて固定する方法をとっているそうです。
そのリボンは片側が両面テープになっているので、装甲を外したときにガンダム側に残ることはなく、粘着力が弱くなってきたら水拭きして汚れを取れば粘着力は戻るそうです。
フォト





MG Vダッシュガンダム
フォト


もちろんヘキサにもなります。
強化パーツも含まれます。
フォト



コアブースター(オーバーハングキャノン)
フォト


フォト



既にMG Vガンダムを持っている人向けに・・・
MG Vコア・ブースター
フォト


もう一体、MG Vガンダムを買わせるのではなく、追加購入で済むようにしてくれているとは良心的です。
フォト


フォト



そしてユーザー投票で2位だったジ・OがMG化です。
かつでジオングと製品化を競い敗退したジ・Oの復活です。
フォト



キャラホビでは・・・
「HG アイズガンダム」と「HG ダブルオーガンダム セブンソード」に限定版が出ます。
乳白色のクリアばかりが増えていくので、エクストラフィニッシュなどだと嬉しいですね。
フォト

GUNDAM Cafe/大佐グラスでソフトドリンク解禁


今日(5/13)から『静岡ホビーショー』が開催されています。

バンダイも多数の新商品の展示や参考出品をしているので、同じくバンダイ直営のGUNDAM Cafeでも静岡ホビーショーに関連したなにかが企画されているのではないかと思い、仕事帰りに寄ってみた。

具体的には・・・
カフェの壁面に掛けられている大型モニターでホビーショーの様子が流されているのではないかと、仕事中から気になっていました。


18:50には到着。
フォト



カフェの入口には、初めて見るような2本の列が出来ていました。
フォト


左側はカフェ入店待ちの列、右側は追加注文の列・・・

ところが、追加注文を整理する店員さんが今日はおらず、後からカフェを訪れた客が「入店待ち」の列と勘違いして並んでしまっていたようです。


おみやげのレジにも列が出来る盛況ぶりです。
フォト



ハロールはもちろん完売していましたが、今までと少々表示が変わっていました。
「次回は明日」と書かれていると言うことは、翌日に入荷しない事もありうるのだろうか・・・
フォト



ガンプラ焼きにも列が出来ていました。
平日は全体的にスーツ姿の方が圧倒的に多いです。
フォト



入店待ちをしている途中でメニューを借りることが出来ます。
以前のしっかりとしたメニューとは違い、たくさんの部数があるようで、かなり後方まで配って頂けます。(もちろん要返却です)
フォト



レジは2台を同時に使い、それぞれで新規注文と追加注文に対応していました。
フォト



今日は、残念ながら既に座ったことのある席でした。
最初に座ったのがこの席でしたが、あの時は照明がでした。
フォト



バータイムの青い照明の店内をこの位置から眺めるのは初めてなので、これはこれで楽しめました。
フォト


禁煙席の行き詰まり中央なので、全てが見渡せて気持ちの良い席です。
フォト


こうやって店内を見渡しても、客層は他の飲食店と殆ど違いがありません。
それだけ「コアなファンでなくても気軽に入れるカフェ」になっていると言う事なんだと思います。
フォト


しかし、周囲の会話に耳を澄ますと、どこから聞こえてくる会話も全てがガンダムに関係している話ばかりです。

ガンダムの「今」を語っている人や・・・

昔付き合っていた彼氏とのガンダム話。

子供の頃のガンダム体験を話している人など

その切り口はゲームであったり、プラモであったり、古い友達の思い出話であったりと、非常に幅が広く一人で座っていても楽しい時間が過ごせます。

とは言え、長時間このカフェで一人で過ごしていると、無性に誰かとガンダムの話をしたくなります。


荷物を置き、注文カウンターへ向かいます。

カウンター奥のモニターの下には「マグカップ販売終了」の貼り紙がされています。
公式サイトでも、今更の様にアップされていましたが、だからと行って先日までは売れ残っていた・・・と言う事ではありません。
フォト


上の写真にも写っていますが、いまだにマグカップのPRがされている状態なので、店員への問い合わせも後を絶たないらしく、それの対応として「販売終了」の貼り紙をしたとの事でした。

ちなみに、この画面のからマグカップの部分をカットするには大きな費用がかかるらしく、簡単には画像の内容を変更できないらしいです。


カウンターには、先日とは違った貼り紙がされていました。
フォト


「冷蔵庫撃沈のため・・・」と書かれていますが、これは本当に撃沈してしまったらしいです。

冷凍機能が故障です・・・

数日中に新しい冷蔵庫が届くらしいので、デザートメニューの大半もあと数日で復活です。

ただ、「ハロピッツア」は、まだ復活しません。

店員さんが言うには・・・
「塩だけじゃなくて、生地を作る小麦も足りないんです」と言う事らしいです。
やはり、ピッツアの生地の製造が滞っているようです。


主立ったメニューの殆どを制覇してしまったので、初日の夜に食べた「FM-19S 赤い彗星」を再度、注文しました。
店員さんが慣れてきたのか、以前よりもシャアザクっぽい形になっていました。
フォト



そして、アルコールに弱い大佐へ朗報です!!
大佐グラスで注文できる飲み物はビールだけでしたが、本日から「ソフトドリンク」も大佐グラスで注文できるようになりました。
(もちろん価格は通常のソフトドリンクと同じ価格です)
フォト


また、先日「ビールの在庫切れ」での対応だった大佐グラスでの「赤い彗星」(カクテル)も注文できるようになりました。

「大変好評だったので正式にメニューにしました」と言う事のようです。


本日も食後にハロラテを無料(スクラッチカードを5点使用)で頂きました。
フォト



結局、カフェは今日もいつも通りで、静岡ホビーショーに関するイベントは何もありませんでした。

カフェの壁面でガンダム関連の映像を流し続けている大型モニター。

あのモニターには、ネットを介してライブ中継をする設備が準備されています。

実は、今日の日中に静岡ホビーショーの様子をライブで中継しようと思っていたらしいのですが、思っていた以上に画質が悪くネットの接続状況も安定しなかったようで断念した・・・と言う事でした。

ただ今後の展望としては、可能なら各種イベントのライブ中継を行い、その様子を録画した物を後日もカフェで上映するという演出もしていきたいと、私にお話しをして下さった方は言っていました。


今年の夏・・・
静岡で実物大ガンダムが一般公開される際のオープニングレセプションの様子も、このモニターでライブ映像を流す予定になっています。(あくまで「予定」です)

もし、その時にもネットでの中継が困難な状況だったとしても、現地で収録したオープニングレセプションの映像を、後日、カフェの大型モニターで公開する予定もあるようです。

映像以外にも、飲食物などでも静岡の実物大ガンダムと関連した計画がいくつかあるようなので、静岡とリンクしてカフェも一段と盛り上がるのではないでしょうか。

こういった点は、さすがバンダイ直営のカフェですね。


フォト


ついでだったので、大佐限定イベントとして『大佐ナイト』を提案してきました。

ゲストに池田秀一さんをお呼びして、休日のPM9:30に閉店した後に・・・と、談笑ついでにお話しさせて頂きました。

私の対応をして下さった方の反応は・・・
「良いですね~。池田秀一さんには店内にサインをして頂きたいし、来て頂きたいですね。お呼びしたら来て下さるでしょうね」と言う良好な物でした。
談笑レベルの会話ですが、実現すれば楽しいイベントになりそうな気がします。

GUNDAM Cafe/解禁メニューを頂く!!


本日はGUNDAM Cafeで旧友夫妻とディナーです。


雨降りの上、平日なので列はそこそこだろうと思ったけれど・・・

到着してみれば、いつもの見慣れた行列が出来ていました。
フォト


先に到着していた旧友夫妻が既に列の最前列にいました。

しばらくの間、禁煙席が空くのを待ってからの入店です。
フォト



今日はカフェの店員さんが制服着用でレジに立たれていました。
カウンターの中での業務なのに、全身しっかりと制服を着られている方に初めてお会いしました。(だいたいの方は上着だけ制服でした)
フォト




昨日は薄い紙に印刷されたメニューでしたが、今日にはラミネートされた物が用意されていました。
バンダイの社内での応急的なラミネートで、最終的には三つ折りのメニューになるのかと思います。
フォト


もちろん、この日も解禁メニューに絞った注文です。

写真には撮っていませんが、大佐・少佐ビールで乾杯。

「FM-21 ミハルの思い出」
明太子味のしっかりしたパスタで、香りも良いうえにボリュームもあり食べ応えがあります。
連邦・ジオン双方のマークをかたどった野菜があしらわれています。
これは、カイと心を通わせたジオンのスパイ「ミハル」の微妙な立場を表しているのでしょうか・・・
フォト



友人夫妻が注文した週変わりの二品です。
私も頂きました。
フォト



ザビ家の晩餐から「FM-27 ガルマの栄光」
甘くて少し酸味のあるソースがかかっていますが、いわゆる照り焼き味ソースとは違い、ソースが赤身がかっていました。
この酸味はワインビネガーでしょうか・・・
フォト



こちらも週変わり扱いの「FM-13 弾幕サラダ・ジッコ風」
しっかりとした明太子の味が美味しいポテトサラダです。
フォト



「FM-01 戦場のトルティーヤ」
初めての「FM-01X ガンダムソース チーズ&マヨネーズ」です。
マヨネーズというよりはチーズの味と香りが強く、マヨネーズが苦手な友人も食べれていました。
フォト



「FM-07 量産型茶豆」
量産型です・・・いわゆる枝豆です。
せめてジオンのマークがあれば嬉しいかな。
フォト



スクラッチのポイントを仲むつまじく数える友人夫妻。
本日2度目のカフェとなる友人ですが、スクラッチは私が狙い撃ちしサラミス(5点)も2隻撃沈した事もあり、後8点で大佐になれるところまで来ました。
フォト



今日座った席は壁掛けの画面の真下。
初めての席でした。
フォト


フォト


フォト


フォト



本日のハロールは40個と少なめだったようです。
フォト



21時前にはカフェを出ましたが、雨が降っているというのに、並んでいる人は後を絶ちませんでした。
フォト

GUNDAM Cafe/早くもメニュー表が更新


5月8日(土)・5月10日(月)、2日分の記録です。

GUNDAM Cafe12回目です。


まずは、11回目となる5月8日(土)の様子。
週末のバータイムだというのに、この程度の列でした。
1時間は待たないでは入れる列の長さでしょう。
フォト



もちろんハロールは売り切れです。
本日の入荷数も60個と、数量が固定された感があります。
フォト


ハロールの製造を請け負っている「シリアルマミー」は、全てを手作りで加工しており、バレンタインやホワイトデーなどのイベントがある前後では注文が混み合う傾向になります。

もしかすると、母の日に関する自社製品の増産でハロールまで手が回っていないのではないでしょうか。

久しぶりにガンプラ焼き。
やはり、カリカリサクサクで美味しいです。
フォト



カウンターの中では連邦の女性士官がレジの任務に当たっていました。
フォト


以上、特に変化がなかったので、後日の日記に混ぜ込む形にしました。




そして本日(5月10日 月曜)、GUNDAM Cafe12回目です。

カフェのオープンから昨日(5月9日)までは、注文できるメニューが限定されていました。

ついに本日からは、メニューの全ての品が注文できるようになりました。
何か変化があると思い、仕事終わりに駆け付けました。

待ち時間は30分程です。
フォト



ハロールの入荷数は今日も60個。
フォト



昨日同様にテラス側の窓が開放されています。
フォト



注文カウンターの付近に変化がありました。
フォト



これはどういう事なのか・・・今までの知識では把握できない。
週替わり??
フォト



カウンターの上に置かれているメニューが今までの物と違います。

プリンターの出力ではなく印刷されていますが、紙は薄くフイルムコートもされていません。
何かギリギリで変更があり、間に合わなかったのでしょう。
フォト


注文カウンターの内側にいた方は、時々、制服を着ている方でした。

こちらから大佐カードを提示する前に「大佐、いつもありがとうございます」と敬礼され、こちらも面食らってしまい、とっさに敬礼です!!

「大佐!!」と敬礼されたものの、今日は一人なので大佐ビールはナシです。
(そんなにアルコール好きではないので)

今までは「注文可能」な品目の頭に赤い印が付いていましたが、全ての品が注文できるようになった新メニューでは印は無くなっていました。
フォト



アイス系を含め殆どのデザートは完売しています。
フォト



デザートが注文可能になる時間を知らせるメモがカウンターに貼ってありました。
きっと時間外でのオーダーがあまりに多かったからの対応なのでしょう。
フォト



メインディッシュである「ザビ家の晩餐」に、今まで見かけなかった「週代わり」という文字が書かれていました。

それぞれに材料費が高そうなメニューです。
「ザビ家の晩餐」メニューの中でも、売れ行きが片より在庫が残るような事があっては余分な経費がかかってしまう・・・そんな配慮から、急遽「ザビ家の晩餐」の各メニューを週代わり扱いにしたのではないでしょうか。
フォト


テーブルを「ザビ家の晩餐」で埋め尽くそうと思っていたので、私はとっても残念です。


今日の席は喫煙席の一番奥の角。

私は「超」が付くほどの嫌煙家だけど、ここの換気設備が強力だと言う事と、いろんな席を楽しんでみたいという気持ちから、この席をOKしてみました。

グルッと見渡すとこんな景色が見える席です。
フォト


カフェの角なのでかなりの範囲が一望でき、なかなか良い席です。
フォト


カフェ入口付近の様子も良く見えます。
追加のオーダーの際も席から混雑具合が確認できて便利な席です。
テラス側の窓から気持ちいい風が入ってきました。
フォト



今日の夕食は「FM-23 ララアの望郷」
スパイシーで少しだけ酸味の香る挽肉のカレー。
他のメニューに比べると若干の辛口ですが、香りが強くて好きな味でした。
フォト



もう一品「FM-10 チキンなジェット・ストリーム・アタック」
甘酸っぱい…というほど酸味は強くなく、全体的に薄くも濃くもない良い味付けでしたが、カレー(ララアの望郷)と一緒に食べてしまうと風味が負けてしまいます。
フォト


ひとつあたりの大きさです。
とても柔らかく食べやすいチキンでした。
フォト



どちらも、今日解禁されたメニューです。
サラダを注文するのを忘れていましたが、これだけでも空腹は満たされました。
フォト



店内では、雑誌の取材が来ていました。
平日の夜だというのに、まだまだ取材は絶えないですね~
フォト



今日のスクラッチは2点と5点と、今日も高得点を狙い撃てました。
フォト


すでに大佐カードをもう一枚もらえるだけの点数が溜まっているので、初めて点数を使って無料でドリンクをもらってみました。

ハロラテを注文。

今日は、ハロラテのラテアートの作り方について撮影させて頂きました。

この様な型を使います。
(左:未使用 / 右:使用中)
フォト



よくミルクを泡立てたカフェラテの上に型を乗せ、ココアパウダーを振ってハロの顔を描きます。
フォト



いつものハロラテの完成です。
フォト



今日はテラス席が解放されており、希望すればテラスでの飲食も可能です。
外の入店待ちも少なくなってきたので、テラス席ではどんな感じなのか撮影しました。
フォト



問題ない広さではないでしょうか。
こちら側に座れば、秋葉原駅からカフェに訪れる客の様子が良く見えます。
フォト



駅側に座れば、UDXのライトアップが見えます。
フォト



今日はガンプラ焼きも食べて買える予定なので21時前にはカフェを出なければ買えなくなってしまいます。

今日は、ちょっと変わった食べ方です。

買うときに「羽根付きでお願いします」と言うと、普段は切り捨ててしまっている、はみ出た部分もそのままで買うことが出来ます。
フォト


「北海道産小倉あん」と・・・
フォト


「ベーコンマヨネーズ」です。
フォト


羽根がついている分だけ、ガンプラ焼きの特徴であるカリカリサクサクの食感をいつもより多く楽しむことが出来ます。

羽根を切り落としていないので、いつもなら乾燥してしまう断面部分も水分が残っていて、シットリもっちり食感を多めに楽しめます。


ガンプラ焼きは終了にギリギリで間に合いました。
フォト



カフェ入口では、まだまだ列が途切れません。
フォト


繁盛していますね。
これぐらいの混み具合なら、待ち時間もたいしたことないし、今後もこの客足があればファンとしては嬉しいです。

GUNDAM Cafe/早くも落ち着いてきた?


そろそろ通うのも休止しようと思いつつも・・・
10回目のGUNDAM Cafeに行ってきました。


驚くほどに人がまばらです。
フォト



「ガンプラ焼き」と「テイクアウト・おみやげ」は待ち時間ゼロ。
フォト



カフェは入口で待って居る人は居るけれど、列にまではなっていません。
待ち時間としては15分ぐらいでしょうか。
フォト



ハロールは本日の入荷数は60個
15時の段階で、5個程残っていたようです。
フォト



テラス側の窓が全開にされていました。
初めての光景です。
風は強かったので、きっと涼しい風が吹き込んでいたのではないでしょうか。
フォト



暫くして、カフェの入店待ちが「列」になっていましたが、更に列が増えるような雰囲気はありませんでした。
フォト



カフェに通って10回目。
そろそろ客足も落ち着いてきたのかと思います。

GUNDAM Cafe/大佐グラスで赤い彗星


GW最終日ですが、またまたGUNDAM Cafeに行ってきました。

そして閉店まで居座ってしまいました。

多くのお客さんが数時間待ちをしている状態で気になって居ましたが、店内は空席も常にいくつかある状態だったので、しっかりと定期的に飲食を続け、売上げに貢献しつつ閉店まで滞在させて頂きました。


私が自宅で出かける準備をしていたところ、前日にガンダムカフェで取材していた内容をフジテレビ「知りたがり!」で放送していました。
やはり、昨日取材されていた家族連れの映像を放送するようなテロップが出ていましたが、時間がなかったのか、昨日取材していた映像は殆ど使われず、ガンダムカフェからの中継で終わっていました。

その生放送での中継の様子は友人に特派員となってもらい撮影してもらいました。
フォト



そして私も遅れて11:40頃に到着しました。

「テイクアウト・おみやげ」の待ち時間は20分程。
フォト



「ガンプラ焼き」の待ち時間はゼロです。
フォト



カフェの入店待ちは2時間ほど。
フォト



この日、制服を着られていた方は、初日の最初にお見かけした方でグラビアアイドルの相田あずささん。
フォト


この衣装は正確には連邦の制服仕様にはなっていません。
ましてやセイラさんの衣装とも違っています。
その理由を聞いたところ、ガンダムに登場する衣装をそのまま再現しても「セイラさんはこんなのとは違う」と感じられてしまうと予想し、ファンをがっかりさせないよう「このカフェのオリジナル衣装にしています」と関係者の方からお聞きしました。
フォト



本日は友人(2名)と合流予定です。

友人は先発して10:00には到着し、11:00には入店できたそうです。
いろんな要素を考えた結果、どうやら11:00が狙い目のようです。

 8:30にオープン
 10:00頃、サンドイッチ売り切れ
 10:30頃、サンドイッチを購入出来た客が飲食を終わり退店
 10:30頃、サンドイッチがないためドリンクのみ客が入店
 11:00頃、店内の多くはドリンクのみの客で、それらが退店
 11:00頃、開店時から長居していた客もそろそろ退店

この様な流れで11時頃は、引き潮のように客が退店していくのではないだろうかと私は推測しました。
また、開店時から11:00を過ぎても店内に残っている客は、ほぼランチ開始時間(11:30)を待っている客だと思います。

私は遅れて到着し、店内で合流。
喫煙席のガラス仕切り版側の席を三人掛けにしてもらい待ってくれていました。

今日は歩いているだけで汗が出るほどに暑い日でしたが、嬉しい事に友人は「DM-29 アイスキャラメルラテ」を購入しておいてくれました。
強くて優しい甘味があり、疲労時にはこの甘さが有り難かったです。
フォト



11:00を過ぎていましたが「ハロール」はまだ残っていました。
店員さんいわく「本日は暑いので持ち歩きづらくて購入を悩んでしまう方が多い様です」との事でしたので、ハロールの購入は暑い日が狙い目かも知れません。
(自分で保冷バックなど用意してくるのも良さそうです)
フォト



今日の入荷数も60個のようです。
フォト



店内は混み合うこともなく、一人用のカウンターは空いています。
フォト



男性用のトイレには、以前は手書きで即席だった注意書きが数日前から綺麗な物に変わっていました。
フォト



朝食も食べずに出掛けてきたので、早々に「LM-04 ハヤト・コバヤシのパイロットランチ」を頂きました。
醤油とみりんで甘く仕上げたようなとろみのある和風ソースがハンバーグにからめてあり「なるほど、ハヤト・コバヤシか」と納得できる味と美味しさでした。
フォト



デザートには「FM-34 ゴッグの???」です。
他のアイスメニューと比べ100円も安い事には理由があります。
フォト


これは現時点でのデザートとしては唯一、アイスクリームではないメニューなのです。
モッチリ生地に生クリームを包み込んだ感じです。
フォト



到着ししばらくして落ち着いたので、ビール大好きな友人のために私の大佐カードで「大佐ビール」を飲んでもらおうと注文カウンターに向かいました。
ちなみに、この大佐カードを提示するだけで敬礼をしてもらえます。
マクドナルドのスマイル0円のようなものですね。
フォト


ところが、ここでハプニング発生です。

この日はとても暑く、予想していた以上にビールが出てしまい、ビールが無くなってしまったのです

14~15時にはビールが補充されるという説明だったので、14時を過ぎてから何度も店員さんに「ビールは届きましたか?」との質問を繰り返していると、店員さんから嬉しい対応をしてもらえる事になりました。

ビールの代わりに「DM-01S 赤い彗星」大佐グラスで提供してくれるというのです。
お値段は大佐ビールとしての500円ではなく、カクテル料金の790円です。

こんな時でなければ注文できない特別メニューなので、喜んでお願いしました。

リキュールを注ぎ・・・
フォト


炭酸水を入れ・・・
フォト


少佐グラスと、大佐グラスに注がれた「赤い彗星」のできあがりです。
フォト



「飲みづらかったら」との気遣いで「DM-02 セイラのくちびる」に使用する赤いストローを付けて頂きました。(ストローは写真右端に少し写っています)
これは本来の大佐メニューにもない、まさにスペシャルなドリンクメニューです!!
フォト



コースターもシャア専用の赤いコースターを選んで付けて頂けました。
(本来はランダムに選ばれます)
フォト



外光にかざし、金の大佐グラスに注がれた赤いカクテルを見ていると、「逆襲のシャア」赤い総帥服を着ていた頃のシャア大佐を想起させられます。
フォト



時間帯もランチタイムとバータイムの中間頃になってきました。

友人が午前中に購入した「ハロール」を開封。
フォト


せっかくの「ハロール」です。
友人に綺麗な写真も撮ってもらいたかったく思い、店員さんに「大きめの取り皿を貸して頂けますか?」とお願いしてみました。

すると、こちらの意図を察してくれた店員さんは「大きな皿×1枚・小さな皿×3枚・ナイフ×1本・フォーク×3本」を持ってきて下さいました。

どの店員さんも、いつも親切丁寧な対応です。
まだ始まったばかりの発展途上なので間違いやミスはありますが、嫌な思いをしたことは今のところ有りません。

このハロールですが、同じガンダムカフェで購入したとはいえ、テイクアウトとして購入した物なので、店内で頂いても良いものか判断の分かれるところと思いますが、現状では「ガンプラ焼き」も合わせ容認されている状況です。

ハロールやガンプラ焼きなど、販売の段階で『購入後、カフェ内でご飲食頂けます』などの告知があれば、より親切かなとも思いました。
欲を言えば、直前まで預かって冷やしておいて頂けると、尚有り難いです。

私は昨日もハロールを頂いたので、少し分けてもらいました。
フォト


ハロールが店内でデザートメニューとして注文できれば良いのですが、今のところ毎日60個が限界の状況を見ていると、店頭での販売は難しい気がします。(このハロールひとつから3人分ぐらいしか作れなさそうですし)


ふと、隣の席に目を向けると、開店から日数が経った今だから見えてきた物がありました。
椅子の後の壁です。
フォト



黒い壁面に椅子が擦れて白い跡を付けてしまわないよう、ちょうど背もたれの高さに保護の板が張り付けてあるようです。
最初に見たときは、ただのデザイン上の物と思っていたのですが、この様な対策のためだったとは、今日になって気付きました。
フォト



また、変化というわけではありませんが・・・
この日に座っていたテーブルの側面にはカフェの携帯公式サイトにアクセスできるQRコードが貼られていました。
他のテーブルには見あたらなかったので、他にもこういった隠し演出が細かくされていると言うことなんだと思います。
これからも初めて座るテーブルの場合は、テーブルの側面まで要チェックです。
フォト



15:30になり交代のようで、一時的に制服のお姉さんが二人になっていました。
交代して、沙倉しずかさんが店頭で対応に当たります。

先日の店員さん二人の制服業務とは違い、今日は外部のグラビアアイドルの方のツーショットです。
外部からお呼びした方の揃い踏みかと思うと、いやらしくも費用的な豪華さを感じてしまいました。
フォト


その後も友人達と会話をしつつ、コーヒーなど飲んでいるうちに、バータイムに切り替わる17:00近くになってきていました。

バータイムになれば店内の照明もからに切り替わります。



17:00

一瞬にしてパッと切り替わりました。
からにグラデーションで変わっていくのか、それとも一旦は照明が消え色が変わるのか、いろんなパターンを考えていましたが、これ程あっさりと変わったのでは、照明の色が変わったことに気がつかないお客さんは多いのではないでしょうか。

注文カウンターの中では「ただいまからバーメニューです」と店員さんがお知らせしていました。
フォト



品切れになっていたビールも到着したようなので、改めて大佐ビールで乾杯。
友人が言うには、コロナビールならぬ「コロニービール」だそうです。
フォト



夕食として「FM-20 連邦のマドンナ」を注文。
トロッと卵の味が美味しいカルボナーラのパスタで量は若干多めかと思います。
フォト



友人が注文した「FM-11 ソドンの町のベーコン」はしっかりした食べ応えと味で、ビールのつまみに最適でした。
フォト



残念ながら、アイスのメニューは完売しています。
これも、日中が暑かったからなのでしょうか。
フォト


ちなみに、私が初日に食べた「FM-29 ガンダムハロピッツア」は数日前から欠品しているようで、この日も終日売り切れ扱いでした。


私もつまみとして「FM-01 戦場のトルティーヤ」を注文。
初日は「FM-01F ザク・ソース アポカドディップ」だったので、今回は「FM-01S シャアザク・ソース サルサソース」にしてみました。
ガンダムカフェのメニューの中では、比較的辛いメニューかと思います。
フォト



左が「FM-06 下士官ビーンズ」、右が「FM-05 新兵ナッツ」です。
フォト


新兵ナッツは、市販の乾き物を混ぜ合わせただけの物ですが、新兵にとってはこれが精一杯だったんでしょうね~

下士官ビーンズは、それになりに工夫しカリッと黒糖の味がする味付けがされていました。
やはり士官ともなると新兵と違いが出てきますね。


長居はしているものの、常に何かしらを注文しては飲食しつつ過ごしているうちに、とうとう友人がスクラッチカードで40点を貯めてしまいました。

この日は他にも何名かが大佐に昇進していました。

中でも最年少は六ヶ月の子が・・・もちろん親が獲得したのですが、未成年では大佐ビールは飲めないですね。
坊や用のミルクがあると良いですね。

今まで友人は大佐見習い(私たちは勝手にそう言っていました)として、私のカードで大佐ビールを飲んでいましたが、これで友人も自分のカードで大佐メニューを注文することが出来るようになりました。
フォト



大佐カードが二枚・・・このカードが10枚ぐらい並んだ光景を見てみたいです。
フォト


カフェでは、いろんなイベントを企画しているらしいので、大佐限定の「大佐ナイト」なんて企画があればプレミアム感があって良いかな~などと友人と話していました。(ゲストにはお酒大好きな池田秀一さんをお呼びして)


閉店時間が近づき、入口付近では制服姿で退店する客を見送っている姿がありました。(ただし、最後の方になるとお姉さんは居なくなっていました)
フォト



閉店時間になっても、店内で閉店用の音楽が流れるわけではありません。
残っている客のひとりずつに店員さんが回ってきては「そろそろ閉店ですので」と伝えに来てくれていました。
フォト


フォト


フォト


入口の自動ドアは電源を切られ手動に変わり、その外にはこの様な看板が立てられていました。
今まで閉店まで居たことがなかったので、この看板も始めて見ました。
フォト



閉店後は早々に店内の掃除が始まりました。
フォト


フォト


フォト


フォト


ガンプラ焼きの登り旗も中にしまわれています。
フォト



ガンプラ焼きのところにも、カフェ入口と同様の物が釣り下げられていました。
フォト



閉店から30分も経たない内にシャッターがおり、全てが終了しました。
フォト



本当に、ほぼ1日カフェで過ごしてしまいました。

自分でもビックリですが、一度ぐらいはこういうカフェでの過ごし方も楽しいと思います。
店員さんも、嫌な顔ひとつせず対応して下さいました。

このカフェは、ガンダム抜きにしても良いお店です。

GUNDAM Cafe/ハロール登場


GW後半ですが・・・
帰省から戻ってきて早々にGUNDAM Cafeへ行ってきました。

目的は、いよいよ5月2日に発売された「ハロール」です。

数量限定なので、用心のため開店前から向かいました。

7:10に到着。
まばらながらも既に並んでいる人がいます。
フォト



8時前には列も伸び始め、スタッフによる整理が始まります。
オープンから毎日この様なことが続いてるんでしょうね~
フォト


スタッフさん、ごくろうさまです。


20分程で列はグンと伸びました。
GWでは無くても休日は暫くこの様な状態が続く気がします。
フォト



店頭前の準備も始まります。
フォト



開店直前には、角を曲がるほどに列が伸びていました。
通常なら2時間越えの長さです。
フォト


とりあえず収容人数分が素早く入店すると思ったら大間違い。

注文とドリンク提供に時間がかかるので、開店時間直前であっても日中と変わらず待ち時間がかかります。


私は、「ハロール」購入のためにテイクアウト・おみやげの列に並んでいたので開店直後、すぐに入店。

ハロールは棚に満載されています。
フォト



ただ、入荷数は86(ハロ)個ではなく60個。
しかも一人1個の制限付きなので頼まれた次いでの購入などは出来ません。
フォト


このハロールは開店から2時間で完売しました。

ずいぶん長い時間残っていたように思えますが、一度に4人しか入店させない制限付きの下での時間なので、実質は開店2時間以内に並べば良いと言うものではありません。

《入荷数》
 5月2日=40個
 5月3日=80個
 5月4日=60個


まだ生産状況が安定していないらしく、日によって違うそうです。
スタッフいわく、86個が目標だそうです。

購入すると、箱の中に保冷剤をひとつ入れてもらえます。
この保冷剤1個で1時間半持ち歩けます・・・が、炎天下では短めに見積もっておいた方が良いでしょう。


別料金(150円)を支払えば、保冷バック+保冷剤に入れてもらえます。
フォト


私の事を大佐少佐と呼んで下さるスタッフの方がいて(私に大佐&少佐カードを渡してくれた方です)、その方が包装して下さり「大佐なので(笑)」と言うご厚意で通常の三倍の保冷剤を入れて頂けました。


ハロールも無事購入できたので、入店のための列に並びなおします。

その頃には店頭にも制服の方が笑顔を振りまいていました。
初日にいたグラビアアイドルの葵ゆりかさんのようです。
フォト



カフェのスタッフさんではないので、カフェやショップの案内はせずマスコットとしてのお仕事のようです。
フォト



「ガンプラ焼き」も「テイクアウト・おみやげ」も長蛇の列です。
フォト



「ガンプラ焼き」に貼られていた、但し書きが綺麗にラミネートされた物に変わっていました。
フォト



カフェ前では、フジテレビの取材が入っていたようです。
ガンプラ焼きを食べながらのインタビューでした。
フォト



約2時間ほど待って入店でき、まだランチの時間でもないのでハロラテを注文。
サンドイッチは10時頃に完売したとのことでした。
フォト


この日までの変化として・・・
一人での入店の場合は、相席か一人用カウンターを薦められるようです。
(黙っていると喫煙席のカウンターに通される場合もありそうです)


フジテレビは店内や客を取材し続けています。
話している内容を聞いていると、カフェ協力の取材ではなく、取材許可を得ての自由取材だったようです。
フォト



この番組です。
フォト



どうやら家族連れを探していたらしく、照れる子供を親が説得して取材を受けていました。
フォト



路上で絡んでいると、通りすがりの人からは偏見のような感想を耳にしますが、実際の店内はヲタクの雰囲気も無く(時々、独特の方が居ますが)普通のカフェと変わりありません。
フォト



11:30になりランチタイムとなると、その時間を店内で待っていた客がぞろぞろっと注文カウンターに集まり始めます。
真っ先に行くか、それとも時間を図らしい注文しに行く方が得策かと思います。
フォト



開店から2時間以上が経過し、ハロールは全て完売しています。
フォト



この日のランチはこれ。
「LM-01 セイラの物思い地中海ラタトゥイユ丼」
フォト


ほのかに甘みのある味で、卵がとろっとしていて美味しかったです。
女性なら、これで満腹になるのではないでしょうか。

もちろん「弾幕サラダ」付きです。

食後には「DM-21 アイスコーヒー」
初めての冷たい飲み物(アルコール以外)です。
フォト


ただ、このコーヒーはジャブローコーヒーでは無いらしく残念です。


近くのテーブルでは、中学生ほどの団体がハロール(テイクアウトとして購入した物)を開封して美味しそうに食べていました。
フォト


この年頃で、こんなカフェが有るなんて羨ましい。
自分の子供の頃を考えると、あの頃にこんなカフェがあったら、どれほど楽しかったか・・・

友人が到着した時間が遅く、ハロールの保冷剤もそろそろ限界だったため、少々話をして私はカフェを出ました。

入店待ちは2時間半待ちでした。
フォト



買い物をして戻ってくると、制服の方が交代していました。
フォト



同じくグラビアアイドルの浅野舞さんのようです。
フォト


綺麗なお姉さんが制服を着てくれれば見栄え的にも美しくて、ガンダムに興味の薄い方も注目してくれていて良いのですが・・・複雑な心境ですね~


フジテレビに続き、日テレも取材に来ていました。
フォト


フォト



この状態で「テイクアウト・おみやげ」の待ち時間は30分。
フォト



帰宅し、ハロールを開封します。
フォト



この様な外箱です。
フォト


フォト



中には、親切な説明書きが入っています。
フォト



通常の三倍の保冷剤は保冷バックの中に入れてあり、箱の中には標準で付けてもらえる保冷剤がひとつ入っています。
フォト



スポンジもクリームも非常に柔らかいので、持ち運び時間が長すぎたせいもあり少々ぐったりしています。
フォト



切り分けるのにコツが必要ですが、説明書きにしたがって切れば綺麗に切ることが出来ます。
フォト


スポンジとクリームはスタンダードなロールケーキの味わいで甘め。

緑色の部分は薄い抹茶味。

ハロのクチの部分はココア味です。

目の部分は透明で薄い茶色で、味は風味などは無く甘さのみ。

まさか、これ程に綺麗な状態で切り分けられるとは思っていませんでした。
誰が切っても綺麗な「ハロ」になるようにと、制作側の工夫が感じられます。
おそらく、ハロの部分を先に作り、扱いやすいように良く冷やした状態でスポンジとクリームで巻き込むのでしょう。

ただ、数量が少なく入手困難な点が難点です。

「ガンダムハロピッツア」は、いつも早々に売り切れている状況ですし、この「ハロール」がカフェメニューとして注文できれば人気メニューに事、間違い無しでしょう。

GUNDAM Cafe/営業時間案内プレート登場


GUNDAM Cafe 7日目も行ってきました。

ついに一週間、通い詰めました。

明日から帰省するので、連続記録もここまでです。


19時ころに到着。
先日とは逆転し、「おみやげ」は待たずに入れるものの、「ガンプラ焼き」には列が出来ていました。
フォト


こちら側の列の伸び具合は、その時の雰囲気で変わってくるので規則性は読み切れません。


この時点での入店待ちは1時間半~2時間です。
フォト



店内では、昨日同様に連邦の制服を着た方が注文を受けていました。
制服の方はフロアではなく、お店の顔として注文カウンターに常駐されるのでしょうか。
フォト




確かに入口付近のレジに常駐していれば、店外から見てもカフェの華として見栄えは華やかです。
フォト



表からは見えないので問題ない部分ですが、制服は上着だけのようです。
この様子を見ると、女性用制服のパンツも有っても良いのではないかと思いました。
フォト



今日は忘れられることなく、店内の照明は青いモノに変わっていました。
フォト



ジャブローコーヒーのプレートがカフェ側から「おみやげ」の側に移動していました。
フォト



それに伴い、昨日まで無かったのか、それとも私が気付いていなかっただけなのか、「挽き売り」の案内が張り出されていました。
これが有ると「豆を買って帰ってもなぁ~」と躊躇している人にも分かりやすくて良いですね。
フォト



先日お聞きしていたとおり、人形焼きだけは次々と新しい物が運び込まれています。
フォト


フォト



本日、初お目見えのアイテムがもうひとつ。
フォト



店舗の自動ドアのガラス面にも書かれている営業時間の案内が、別看板として改めて用意されていました。

カフェの入口と・・・
フォト


「おみやげ」の入口の二箇所です。
フォト


今のように自動ドアが開きっぱなしの状態では、営業時間の確認なんて出来ないので、これは有り難いアイテムです。

しかし、オープンから一週間も経たない内に現状に対しての対策として、これほど立派な物を作ってくるとは、素晴らしい対応ではないでしょうか。


入口側のカウンターが空いていたので、どういう状況なのかを聞いてみました。
フォト


昨日まではおこなっていなかった事ですが・・・

スタッフの方が列の先頭付近を「何名様ですか」と聞いてくれるようになっていました。
その上で、お一人様がいた場合は、この入口そばのカウンターへ案内してくれる事になったそうです。

スタッフの方いわく「お一人様ですと入りやすいですよ」と仰っていました。

もちろん、一人であっても列には並んで、他の方と同じように列の先頭付近までは行かなくてはなりませんが、そこから先が優先的に誘導して頂けるので、今までと比べてもかなり効率がよくなっているのではないでしょうか。

こうやって、少しずつ改善され良いお店になっていくのですね。

諸々と対応が早いですね。


さて・・・明日から数日は帰省しているので、次回はGW後半になると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。