2011年05月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/新セットメニューと、ひとつの終わり


意味もなく気合いを入れて仕事を定時あがり。

有り難いコトに列は出来ていませんでした。
フォト



入店とタイミングを同じにして特等席が空きました。
一度はモニター下の席に腰を下ろしていたのですが、特等席を片付けていた店員さんが声を掛けてくれました。
フォト


今日も、何をするでもなくのんびりと過ごします。

しばらくのあいだ、特等席で『閃光のハサウェイ』に読みふけりました。

あぁ・・・映像化されないかなぁ。


ふっと、テーブルのお知らせに目をやると・・・
フォト



タンブラーに「残りわずか」の文字。
フォト



そのタンブラーの様子を確認するためにショップへ行くと・・・
フォト



『ばかうけ』にはタムラ料理長のかわいいPOPが増えていました。
フォト



棚の中央には各種RGが移動してきています。
小型のモニターでPVがリピート再生され、より販促が強化されていました。
フォト



ガンプラ焼きでは、昨日から新メニューが追加されています。
フォト



ジャブローコーヒー(アイス)とガンプラ焼きのセット販売が始まりました。
暑くなると売れ行きが落ち込むガンプラ焼きへのテコ入れかと思います。
フォト


このセット、どのガンプラ焼きを選んでも一律500円なので、高めのガンプラ焼きと合わせて買った方がお得です。

こちらでもマイカップやタンブラーにジャブローコーヒーを入れてもらえます。
ただ、マイカップによる割り引きはありませんがエコプラはもらえます。

今日は、あまり長居せずに退散です。
フォト



1周年記念で1注文ごとにひとつ配られていた消しゴムは、今日(25日)の朝のウチで終了してしまったそうです。

もらえている間は「いったい何個、貯まっていくのだろうか」と思ったりもしましたが、もらえなくなったと思うと、少々寂しいモノがあります。
スポンサーサイト

GUNDAM Cafe/やっぱり特等席


先週辺り、なんだかカフェに行き過ぎな気がしたので暫く自粛してました。


そう・・・


しばらく・・・


月曜に行って以来、4日ぶりのカフェに行きました!!

金曜の会社帰りです。
日が長くなってきました。
フォト



マグカップもタンブラーも忘れてしまったので珍しく『赤い彗星』
いつも通り美味しいです。
フォト



どういうワケか、最近、この席が多いです。
フォト



ここのところ、店員さんのお心遣いのおかげで消しゴムのバランスも良くなってきました。
フォト



カウンター上では小さな変化がありました。
リキュール類が整理され少なくなっていたように見えます。
フォト


これは3月初旬の様子。
現在より多い気がします。
フォト



もうひとつの変化は翌日の撮影で・・・
フォト



 ・・・・そして翌日・・・・


11時前だったので並んでいるかと思ったら意外と列は有りませんでした。
フォト



ザクの背後に、RGの台が設けられています。
フォト



手書きのポスターが、いかにもGUNDAM Cafeらしい暖かさです。
フォト



前日と比較しても小さくレイアウトが変わっています。
まだ、この近辺は安定していないようです。
フォト



本日のジャブローコーヒーは、久しぶりの氷入り。
そして、またこの席しか空いてなかったのは面白い偶然・・・
フォト



コーヒーを飲んでいる間に特等席が空いたので、店員さんがお忙しそうで申し訳なかったのですが、移動をお願いさせて頂きました。
フォト


しばらく特等席から離れていて、あらためて特等席の良さが分かりました。

他の席では、店内の雰囲気や状況が分からないのです。
どの席に行っても、大きく振り返らなければ周りを見渡せません。

その点、特等席は視線を上げるだけでカフェのほとんどが見渡せます。
喫煙席までほぼ見える特等席は非常に気持ちが良い席です。
フォト



特等席なら喫煙席のモニターまで判読可能です。
フォト



特等席の話はこれぐらいにして昼食です。
フォト



どうやらTシャツは完売のようです。
フォト



2杯目のジャブローコーヒー有り難いコトにスレスレです。
「ごゆっくり」の言葉を真に受けて、かなりゆっくりしました。
フォト



夕方になり小腹が空いたのでガンプラ焼きをひとつ・・・
羽根を切り取る直前だったので、今回もハネ付き。
フォト



17時前にカフェを出たときには、それなりの列が出来ていました。
長居してどうもスミマセンです。
フォト



その後、魂ネイションAKIBAショールームへ・・・
 

GUNDAM Cafe/さっそく取り皿にも工夫が


昨日も仕事帰りにGUNDAM Cafeへ。

自分でも分かりますが・・・来過ぎです。


いつの頃からか、カフェに入ると店員さんは敬礼でお迎えしてくれる事が定番となっていました。

この日も敬礼をして頂いたのですが、心構えが出来ていない自分の弱さでしょうか・・・
私の場合は「敬礼」にはなっていません。

どこかで腹をくくったほうが良いのかも知れません。
サッと慣れた仕草で敬礼をしながらシャア大佐のように堂々と席まで歩いて行ける男になりたいモノです。


いつものようにハロカウンターでコーヒーを受け取ります。
フォト



セルフサービスとなった取り皿ですが、前回の日記で「そのうち店員さんの手により可愛くアレンジされるのでは」
と思っていたのですが、さっそく手が加えられていました。
フォト



珍しく、喫煙席が満員で、禁煙席はかなりの空きがありました。
フォト



別で夕食の予定があったので、今回はコーヒー1杯だけ。
フォト



たまには30分ぐらいでカフェを出ることもあります。

たまには・・・です。

魂SR/クアンタ ブラックライトが展示〈追記〉


魂ネイションズ AKIBAショールームは、電気街口と中央改札口を結ぶ自由通路にあります。

GUNDAM Cafeの帰りに立ち寄るには、都合の良い場所です。
(ここは、ガンダム以外のアイテムも多数展示されています)

フラッと立ち寄ってみると、オープンから間もないのに展示の一部が変わっていました。
フォト



魂ウェブのみで期間限定販売されるクアンタムバースト・・・
これはオープン当初から展示されているモノです。
フォト



その『ブラックライト台座セット』が、展示物として増えていました。
フォト



ブラックライトの効果が良く分かる簡易的な暗室が用意されていました。
安くはない商品なので、実物を見られる機会があるのは有り難い。
フォト



別の展示ケースでは、ガンダムと微妙な関係にあるモノが展示されていました。
フォト



劇場版ドラえもんに登場した『ザンダクロス』です。
フォト



一時は、大河原さんがデザインをしたという誤報が流れたことがありましたが、実際には藤子不二雄のアシスタントをしてい、たたかや健二さんがデザインをしていたとの事です。
フォト



たたかや健二さんは『ザンダクロスをデザインするにあたり、百式を元にしている』と、後に明かしていました。
フォト




オマケ・・・
フォト



みんなの夢、コピーロボットがついに発売されます(笑)
フォト

GUNDAM Cafe/取り皿をどうぞ


週末も、いつも通りというか・・・2連続でカフェでした。

金曜の夜です。
少しだけ並んでいましたが、入店までそれほど時間はかかりませんでした。
フォト



何でもない日々にも、ちょっとした変化アリです。

『スナック各種』に簡単なパネル追加です。
フォト



注文カウンター・・・
フォト



デザートだけを抜き出したカードも使いされています。
もしかしたら、最近、デザートの影が薄くなっていたのでしょうか。
フォト



そして、有り難い追加点として、取り皿がセルフになっていました。
ナイフやフォークのセルフは少々不便に感じましたが、取り皿のセルフは有り難いですね。
フォト


きっと、この白いカゴもそのうち店員さんの手により可愛くアレンジされるのでしょうか。


どういうワケか、赤い彗星フェアの初めに「赤い消しゴム」ばかりもらっていました。かなり〈赤〉ばかりが片寄っていました。
その事を店員さんに笑い話として伝えたところ、最近では白を集中して頂けるようになりました。おかげさまで、そろそろ白と赤のバランスが均等になりそうです。
フォト



夕食は、赤い彗星で終了。
フォト



 ・・・そして翌日・・・


土曜の昼過ぎ、意外なことに列は出来ていませんでしたが、私が入店した後ぐらいから少しずつ列が伸びてきていました。
フォト



この日は恥ずかしながら中央の4人席、しかもカウンター側です。
いや・・・本当に恥ずかしながら。
フォト



しばらく仲間待ち・・・
フォト



久しぶりに頂いたハロピッツアはチョコソースが、あたかも吐血しているようでした。
フォト



この日は〈ひとり → 仲間合流 → ひとり〉という流れです。

そして再びお一人様です。


4人席では申し訳ないので、いつもの店員さんに・・・
「4人席は申し訳ないんで、どこでも席が空いたら移動しますよ」とお伝え。

店員さんは・・・

 「いつもの席が空けばいいですね^^」

と笑顔で応じてくれました。


それから間もなく・・・

 「奇跡的ですよ^^」
 「なんと、特等席が空きました!!」

呼びに来てくれました。

私は・・・「特等席ってバレバレですね」と苦笑するしかありません。


そして、めでたく安住の地、特等席へ移動させて頂きました。
フォト



本日2杯目のジャブローコーヒーは、なみなみに注がれています。
フォト


特にお願いしなくてもジャブローコーヒーを氷抜きで作ってもらえる幸せ。
そして、なみなみに注いでもらえる幸せ。

そして特等席・・・

仕事の疲れが飛んで行ってしまいますね。




ちなみに日中・・・
携帯を掛けに外に出て戻ってくると「お帰りなさいませ」と言われました。

予想外の対応に、受け応える言葉を用意していませんでした。

次回までに用意しておかなくては。

展示/静岡ホビーショー 2011


5月12日(木曜) 静岡ホビーショーへ行ってきました。

業者招待日なので招待状が必要です。
一般公開日と比べると人が少ないので撮影しやすく、担当者からの説明はしっかりと聞き取れるので取材に最適。

静岡駅との無料シャトルバスが運行しているというのも、一般公開日との大きな違いです。


会場となる『ツインメッセ静岡』に到着。
フォト



9:30前だったので、オープニングの式典準備をしている最中です。
フォト



まず、受付で手続きを済ませます。
フォト



式典が始まりました。
この展示会の幹事企業がタミヤなので、参列者もタミヤからが多く、続いてアオシマの関係者の姿もありましたが、バンダイからの列席者はありません。
フォト



今回は第50回という大きな節目です。
フォト



珍しくバンダイは2番目に大きなブース。
(1番大きいブースはタミヤ)
フォト



松戸のバンダイミュージアムに展示されていたザクヘッドです。
2007年のガンダムEXPOで見かけて以来、久しぶりに見かけました。
フォト



これほど明るい照明で見られるのは始めてかも知れません。
フォト



モノアイは定期的に動きます。
フォト



撮影しているときに目の前を横切っていったのはバンダイの上野和典社長。
フォト



さて、展示物の撮影を開始します。

いつもはブースを二つに区切り壁面を増やし、有り余る展示物を納めているのですが、今回は一直線の壁面にゆとりをもった展示となっています。
フォト


右端から見ていきます。
ガンダム以外は省略します。

まずはPRO-SHOPのアイテム。
業者招待日は、加盟店のメリットは、加盟するには、という販売店向けの内容となっていました。
フォト



従来の定番商品としてのプロショップ限定取扱商品。
フォト



その隣に、参考出品があります。
フォト



まったく参考出品であり、価格面も高くなりすぎるので販売のメドも立っていないという品物。
フォト



MGボールと同じく成形色が金属色になっています。
フォト



ただでさえ安くはないMGフルアーマーガンダムを、この成形色で作ってしまうとかなりの高額になるとのことで、現実味のない商品だそうです。
フォト



フォト



フォト



ここからは通常の商品。
新製品を納めた専用ボックスと、既存製品の紹介が交互に並べられています。
フォト



UC関連『MG デルタプラス』です。
(SDは興味薄いので省略です)
フォト



ラピッドモデルを丁寧に仕上げた試作品と、その隣にあるのはHGのデルタプラス。
HGの段階ではなんとなくの変形を差し替えパーツでなんとなく再現していましたがMGでは厳密に考える必要があり、けっしてHGの発展系ではない別物としてのMG開発になったそうです。
フォト



8月発売予定 4,725円(税込み)
フォト



担当者の説明で「百式を変形させると言う事が、どれだけ大変なことだったかが伝わるようなMGになっています」という程に、このデルタプラスは突き詰めた設計がされているようです。
フォト



フォト



この様に、新製品の後にはプレゼンパネルがあります。
MGデルタプラスはツインアイの上にゴーグルがあります。
フォト



変形工程は、過去のゼータ系MGと似て非なるモノ。
ゼータと違い、肩を単純に畳めばいいというモノではなく、一旦、上に引き上げる動作が必要になります。
フォト



また、シールドで厚みが増してしまわないように苦心して設計されたようです。
フォト



スネ裏にも大きな工夫が隠されています。
伸びている状態ではH状のパーツが最も外側に位置しています(右脚)
脚を畳むとH状のパーツが連動し一度大きく引き出され、その下に位置していた細長いパーツと上下関係が逆転します(左脚)
フォト



変形用に、この様なパーツも用意されています(これが無くても変形可能)
今までは人型の関節を利用して航空機の姿勢になるように見せかけていたワケだが、今回は、このパーツを使用する事で腰から背中までを一枚の板状にする事が出来、大腿部までをしっかりと保持した航空機へと変形させることが可能になった・・・と説明してもらいました。
フォト



ブース内を一通り撮影して戻ってくると、当初は置かれていなかった百式が有りました。
このMGデルタプラスを仕様変更したデルタガンダムのリリース予定は一切無いらしいので、期待はしない方が良さそうです。
フォト



MGデルタプラスの展示台の隣には、既存製品の展示があります。
今回のホビーショーでは、今までのようなMGやHGといったブランドでまとめた展示は止め、作品の世界観でまとめた展示に変わっています。
この変更は、企業目線から消費者目線へ切り替わったように思えました。
フォト



UCのMG(右側)とHG(左側)に区分されています。
フォト



episode2のワンシーンをジオラマにしているようです。
フォト



それぞれにバリエーション展開されていますが、機体としてはMG化されているのは3体だけと、割りと少ない印象です。
フォト



HGのジオラマは、アンジェロ機がいるのでepisode3では無いでしょうか。
フォト



さすがにHGは相当数の機体がプラモ化されています。
しかも、これで全てではありません。
フォト



フォト



フォト



ここには、ギラ・ズール(アンジェロ機)とクシャトリアが居ません。
フォト



UCだけ、新製品の展示台が2台あります。
フォト



2種の新製品。
どちらとも、MGデルタプラスと違いホビー誌で発表されている機体です。
フォト



episode3に登場した『HGUC ドライセン ユニコーンVer.』
5月下旬発売予定 2,100円(税込み)
フォト



ガトリングは差し替えで再現。
旧キットは差し替え無しでガトリングを展開させていたので頑張って欲しいところでした。
フォト



最近のHGは価格を抑えコレクション性を重視しているようで、何でも差し替えで対応してしまい、チャレンジをしてくれなくなったところが残念です。
フォト



ZZ Verのドライセンもありましたが、参考出品です。
フォト



カラーリングがドムを意識した設定なので、ZZでは出番の少なかったドライセンですが、どこか馴染みのある機体に見えてしまいます。
フォト



『HGUC ジム3』7月発売予定 1,575円(税込み)
フォト



装備を外すことも可能です。
フォト



ジェガンのシールドを持たせれば、episode3に登場した機体を再現可能です。
フォト



ガンダムWは1/100のみの展示です。
フォト



現在3体までがMG化されていますが、ゆくゆくは全てがMG化されます。
フォト



『MG ヘビーアームズ EW』企画進行中で具体的な発表はありません。
フォト



フォト



これはラピッドモデルでは無く、旧1/100を使用したモノ。
フォト



フォト



『MG サンドロック EW』2011年 発売予定 価格未定
フォト



同じく、旧1/100を使用したモノ。
フォト



フォト



MGゼロカスタムと、今度発売されるMGエピオンを使用したジオラマ。
フォト



フォト



フォト



フォト



新製品の展示台の前には、ボックスの試作も置かれています。
フォト



『MG エピオン EW』6月発売予定 5,040円(税込み)
フォト



フォト



フォト



変形後は、つま先が展開し「双竜」になっていることが分かります。
フォト



非常に可動箇所の多いキットです。
フォト



ボックスはまだ試作段階です。
フォト



同時に展示されていたSDも、新規にポリキャップを採用するなど、意欲的アイテムだけど、SDは省略します。
フォト



フォト



撮影補していると、ユーストライブ配信中の川口名人が背後に迫ってきていました。
フォト



次はガンダム00のMG群です。
フォト



こうやって眺めると、恐ろしいほどに主役機に片寄った品揃えです。
フォト



中央に設けられた暗所には、発売直前の『MG ダブルオーライザー』
フォト



5個のLEDユニットを使用した例として展示されていました。
フォト



無塗装のスミ入れのみです。
フォト



このエフェクトパーツは展示用に作ったモノで、キットには付属しません。
フォト



あらためて『MG ダブルオーライザー』6月下旬発売予定 6,825円
フォト



劇場版で使用していた粒子貯蔵タンクも付属します。
フォト



フォト



オーライザー単体でも十分に格好いい出来栄えです。
フォト



GNドライブ付近を見ると、PG開発のノウハウが活かされていることが良く分かります。
フォト



フォト



フォト



ガンダムエースで連載中のGガンダム。
(私が見ていない数少ないガンダムなので文章が書けません)
フォト



他と同じく1/144の既存商品群。
フォト



ジオラマは、既存のHGFCに開発中のラピッドモデル2種を使用した贅沢なモノ。
フォト



シャイニングは仕上げもそこそこに着色されたモノが使用されています。
フォト



これ程の完成度のモノが、3Dのデータのみでいくらでも作れてしまうのだから、光造型機の導入はバンダイの開発力を大きく推し進めたのでは無いだろうか・・・と、Gガンダムを見ていないので、つい目の前の商品から逃げた技術論を考えてしまいます。
フォト



同じくラピッドモデルのマスターガンダム。
フォト



フォト



あらためて、HGFCの新商品です。
フォト



『HGFC シャイニング』8月発売予定 1,575円
フォト



小耳に挟んだ話だと、これを転用したライジングも検討中だとか・・・
フォト


また、ノーベルのバーサーカー仕様も商品化すると聞きました。


フォト



『HGFC マスターガンダム&風雲再起』8月発売予定 2,730円
フォト



フォト



これは差し替え式と聞きましたが、元々の設定を知らないので私には何とも・・・
フォト



フォト



他ほど目立たない存在ですが0083も新商品を展開しています。
フォト



こちらもHGUCのみの展示です。
フォト



フォト



フォト



『HGUC ジム・キャノン2』6月発売予定 1,470円
フォト



旧来は、ガレージキットぐらいでしかカバーしてくれなかったマイナー機ですら商品化してくれる近年の勢いは目を見張るモノがあります。
フォト



フォト



その並びには、昨年の『ガンプラビルダーズ』を契機とした新規ユーザー開拓が引き続き行われています。
フォト



フォト



「ガンプラを作る」という行為のみで、ひとつのシリーズが出来てしまうのだから、ガンダムという存在は深くて広い。
フォト



フォト



フォト



フォト



機体の立ち位置としては、V2ガンダムと∀ガンダムの中間に位置するビギニングG30ガンダム。
今年もこの機体が大きく躍進するらしい。
フォト



ホビー誌、2誌で更なるガンプラビルダーズが描かれるらしい。
フォト



ホビージャパン主導の『ビギニングJ』
フォト



電撃HOBBY主導の『ビギニングD』
フォト


ガンダム00の時と同じく、複数の出版社を巻き込んで作品世界の広がりを実世界でもユーザーに感じさせようとする展開です。(←私が勝手にそう思っているだけです)

ここにモデルグラフィックスが居ないのは、やはりセンチネルの遺恨があるからだろうか。


新たなキャンペーンとして、ガンプラ(ほとんどが対象)を購入しポイントを貯めてオリジナルの工具をもらおうという趣旨のモノが始まるらしい。
いずれもが、単なる工具ではなく仕上げなどを特殊に施した非売品仕様。
フォト



ガレージキットでも、既存のガンプラを活かした商品が予定されています。
フォト



HGUC アレックスを使用したフルアーマー。
フォト



Ver.G30thを使用したフルアーマー。
フォト



こちらは塗装済み。
フォト


どれもが10,000円を軽く越える高額商品だけど、ベールに既存のプラモを使用する事で、同程度のガレージキットと比較しても、かなり手ごろな価格になっている気がします。


こちらは完全なガレージキット。
フォト



いずれも企画中の商品です。
フォト



その下には発売さて間もない『1/35 コアファイター』と、車両モデルを使用したHAED GRAPHならではの組み合わせ提案が成されています。
フォト



フォト



フォト



最後は、入口付近の展示物です。
フォト



新たなRGが展示されています。
触れる実際の製品もなければ、担当者がマイクを使ってのアピールもなく、少々おとなしい展示です。
フォト



フォト



RGガンダムと既存のHGUCを組み合わせた提案。
(既に、別の展示会でも使用されたジオラマです)
フォト



RGシャアザクと既存のHGUCを組み合わせた提案。
フォト



一年戦争のシャア搭乗機です。
フォト



次は、発売されたばかりのRG ストライクです。
フォト



フォト



ホビー誌で掲載されたRG ストライクのバリエーション展開の一例。
フォト



フォト



EXモデルのスカイグラスパーとRGストライクのバックパックを組み合わせた例。
フォト



ここの並びでは大注目の『RG 量産型ザク』7月発売予定 2,625円
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



最後の展示台。
フォト



フォト



多くの企業が出展しているホビーショーですが、ガンダム関連はバンダイ以外になかなか有りません。

その、数少ないガンダムに関わりのある企業のブースがバンダイのブース目前にありました。

電撃HOBBYです。
フォト



以下、既に雑誌に載っているモノばかりなので写真だけ掲載。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



会場を一周し戻って来たら、川口名人がまた別の取材に応えていました。
フォト



以上、駆け足の静岡ホビーショーでした。
フォト

GUNDAM Cafe/大きな翼


前回のGUNDAM Cafeから随分の時が経ち・・・

と思っているのは、まったくの気のせいで三日ぶりです。


到着したのは19:30でしたが、雨降りでもあり入店待ちは居ませんでした。
フォト



今日は「コーヒーで休憩」ではなく夕食です。
三つのキャンペーンが同時進行なので、一度の注文でこれだけのオマケが付いてくるので、席に戻ってくるだけで両手が一杯です。
フォト


 エコ&マイカップ→ エコプラ
 1周年記念→ 紅白消しゴム
 赤い彗星フェア→ ランチョンマット

とてもお得感があります。
消しゴムは既に相当数を持っています。
義務教育が終わるまでGカフェ消しゴムを使い続けられる気がします。


先日は、この席から、この様な写真を撮っているところでした。
ただ、角度が良くなく障害も多いので撮影は断念。
フォト


まだ20:00だというのに客が少ないのは、フェア期間の真ん中であり雨降りだからでしょう。

たまには、これぐらいゆとりのある客席も見晴らしが良くて良いですね。
フォト



喫煙席は利用者が全く居ませんでした。
フォト



特等席が空いたし、混み合っても居なかったので移動させて頂きました。
最近気に入っている『赤い彗星』で夕食です。
フォト



20:30 さらにお客さんが少なくなってきましたが・・・
これから暫くして、仕事帰りの方々が次々と訪れていました。
フォト


シャア専用の席に座り、備え付けの白いジャケットとサングラスを借りて記念撮影をしている方々も居ました。

店内をくまなく撮影し、動画を撮りながら店内を練り歩いている方もいらっしゃいました。

そうやって思い出を持って帰れるGUNDAM Cafeって、ファンにとってとても素敵なお店だと、あらためて気付かされました。


ショップでは、カフェ限定Tシャツが残りわずかとなっていました。
フォト



意外なことにMが最後まで残っていました。
これは、最も売れるMサイズを多めに作っていたからだそうです。
フォト


と、撮影をしていたら携帯に着信アリで店外へ出ます。
もちろんガンダムがらみの着信でした(笑)


せっかく外に出たのでガンプラ焼きを購入。
販売終了時間の直前でしたが「出来たてって無いですよね?」とお聞きしたところ、作り置きがあるにもかかわらず「大丈夫です、すぐにお焼きしますよ」と、笑顔で受けて頂けました。
フォト


作り置きで余った分を仕舞い込みながら、新しいガンプラ焼きを焼いてくれています。
せっかくなので「羽根付き」でお願いしてみたところ、それも快諾!!


5分程待ちます・・・
セイラさんも「焼きたてが一番よハート」と言ってくれています。
フォト



焼き上がったガンプラ焼きがこれ。
店員さんは、袋に入れるだけで一苦労のようでした。
フォト



今までも大きな翼を広げたガンプラ焼きは何度かありましたが、それらと比較しても、これは随一の大きさです。
フォト



なにせ、左右のお隣さんの腕が羽根に取り込まれているほどに大きい羽根です。
フォト


一度に6個焼けるカタを使って1個だけを焼いてくれました。
なので、両隣は不使用のため、左右の区画にまで浸食した巨大な羽根が出来上がった・・・と言う事のようです。

しかし、素晴らしいのは左右の羽根だけではありません。

頭頂部の羽根には小倉あんが入っています。
これは、店員さんの心遣いなのか!?
フォト


今日も、ガンダムの話で目を輝かせた人々の会話をBGMにしながら、一人、カフェでくつろがせて頂きました。

一人で来ても、みんな出来ても楽しいGUNDAM Cafeです。


なんとなく店内を眺めていたら・・・
喫煙席の画面が赤くなる数秒だけトリコロールの照明を作り出していました。
フォト


赤い彗星フェアの期間限定のトリコロール照明です。

GUNDAM Cafe/店員さんも夏服へ

GW最終日の今日は快晴。

カフェで並んでいる間も、サングラスを置いてきたことを後悔するほどの眩しい日射しでした。

気温は26度まで上昇したとかで、夏の始まりのように暑い日でした。

カフェでは、店員さんも夏の士官服へと変わっていました。
(夏服、冬服は自分で選べるそうです)

カフェの士官服〈夏仕様〉は、開襟でなんとなくジオンぽい感じもします。
いっそのこと、夏場はジオンの制服というのも面白い気がします。




さて・・・

よく漫画とかドラマとかだと、スポーツ選手や格闘家が怪我をすると、その怪我の瞬間を思い出して同じ技や出来なくなるような描写があります。

誤射した時の記憶のせいで拳銃が打てない刑事とか。

いま、そんな感じです(^_^;;)




~ 追 記 ~
今回のことは、いつかは起こる事故だったと思います。
店員さんはすべきことをしただけなので、むしろ賞賛しなければなりません。

他のお客さんを撮るなどしていないことも伝え、その場で理解して頂けたはずなのですが、心に重くのしかかっているのは、それが実際のことは私自身しか知り得ないことだったからです。
あの瞬間にカメラ内の画像を見てもらって自分の行いを証明をしていれば良かったと大変後悔しています。

自分の対応不足が引き起こした心のトゲだと思います。


カフェに限らず、私は人様にお見せできない写真は撮りません。
一般に出せない写真を意図せず撮ってしまった場合は削除します。
(それに資料的価値があり削除できない場合は公には出しません)
偶然写り込んだ人の顔や写ってはいけないモノにはモザイクかけます。
個人を特定した写真は、ご本人の承諾の元で使用します。

とは言え、毎回、該当者にチェックしてもらうことも出来ないので、最後は私自身が考えて判断するしかないんですけどね(^^;)

GUNDAM Cafe/客足が通常に戻る


初めに・・・特に大きな変化はありません。


5月6日は、GWの真ん中で出勤でした。

GUNDAM Cafeに行くつもりは無かったので、カメラもマグカップも無し。
丸腰状態で仕事帰りにフラッと立ち寄りました。

入口で並んでいる人の姿は見えません。
フォト


並ぶこともなく入店出来ました。


4人掛けの特等席しか空いていなかったので、申し訳ないと思いつつも着席。
(店員さんには、どこか適当な席が空いたら移動しますよ…とお伝え)
フォト



画面で流れている映像の中には、赤い彗星フェア専用の映像も流れるようになっていました。
フォト



こんな、突然のカフェもあると思い、会社の引き出しには00マグを常備していました。
フォト



分かりづらいのですが・・・
上段の端のパネルがまた剥がれかけていました。
フォト



店内は、時々、空席が出来るぐらいにゆとりをもった利用客数でした。
フォト


カフェ入口に3名様の姿が見え、席を探していたようなので撤収。


 そして翌日・・・


GW・・・と言うか、土曜です。
雨降り効果もあってなの、昼過ぎの入店待ちとしては少ないぐらいです。
フォト



これで最後尾なのだから、入店もすぐです。
フォト



当然、満席です。
客層は今までのような遠方からの旅行者は少なく見えました。
フォト



久しぶりに、氷入りのジャブローコーヒー・アイス。
(本当は「抜きで」とお願いしてたんですが上手く伝わらず)
フォト



原点回帰として、かなり久しぶりに『赤い彗星』
これや「白いヤツ」は書記から続いているメニューです。
いつ無くなっても不思議ではないので、悔いの残らないように定期的に注文しておかなくては・・・
フォト



そして16:00。

店内の照明が少しだけ暗くなり・・・
フォト



バータイムの青へと変わります。
意外と、この変化に気がつかない人も居るので、この瞬間の店内を見ているのも楽しみのひとつです。
フォト



先日登場したばかりの、ショップ取扱品の広告。
今日になり、両面テープで固定されていました。
フォト


小さくて薄いのでどこかへ飛んで行ってしまいそうな感じだったので、これで落ち着きました。

メニューを置いておく場所に貼られています。
フォト


これ以上、留まっていると晩御飯もカフェで食べることになってしまいそうだったので撤退。


入店待ちの方が数名居ましたが少ない方でした。
もうGWは終わっているのですね。
フォト



震災後、カフェの並びに別の店舗も開店しているのですが客はまばらです。
この立地はそもそも客が集まりにくい場所だったことを思い起こさせられます。
フォト


と・・・帰り際に振り返ってみて
隣接した店舗の寂しい状況を眺めていると、今更な事を考えてしまいました。


GUNDAM Cafeだから、あれほどの人が集まるのです。
(当然すぎる理屈ですが)

そしてなによりも店舗デザインが秀逸です。
この立地で真っ白な外装だけでも目を引く上に、刺し色として効果的なLDEの照明は、集客装置としても効果的ではないでしょうか。

GUNDAM Cafe/限定マグ完売


GWに入って連日ではありません。

昨日・・・

昨日はGUNDAM Cafe行きませんでした!!

そして・・・昼食をとりにGUNDAM Cafeへ行ってきました。


意外なことに、列の最後尾はこちら。
これぐらいならGWじゃなくても、それなりに混み合う日はこんなモンです。
フォト


一応、明日は平日だからなのでしょうか・・・

ただ、GWらしさは残っています。
カフェ前を行き来する人は、普段よりもかなり多いです。
フォト



1時間ほど待ち時間で入店。

テーブルのメニューと一緒に、こんなカードが置かれていました。
GWの後半から唐突ですが、効果的な宣伝ですね。
フォト


お隣の席に、海外からのお客さんかいらっしゃいました。
メニュー表を見つつ、絵柄から「Is this chicken?」とか推測してます。

 確か英語のメニューも有ったはず・・・

店員さんに聞きに行ったところ、新しくなったメニューは英語版がまだ出来ていないとの事。
海外からのお客さんも少なからず訪れるカフェなので、出来る事なら日本語版と同時に用意して置いてあげて欲しく思いました。(より良い思い出を持って帰ってもらいたいですからね)


本日は『シャアザク・ライス』
実は初日のシャアザク・ライスは仲間が注文したモノで、それを分けてもらっていました。
こうやって自分手購入して自分だけで頂くのは初めてです。
フォト


この日は画面側の席でした。

壁の向こう側はトイレです。

この席だと〈トイレの起動ボタンを押している音〉が何となく聞こえます。
初めてのお客さんが特別に多かったのか、利用するお客さんのほとんどが起動ボタンを押していました。


ガンプラ焼きでは、あまり見かけない光景がありました。
フォト


連邦の男性士官の制服を着たお姉さんがいらっしゃいました。

本日、突然の指令が下り士官服での業務となったらしいのです。
(制服での勤務の場合は、上から指示が下りてくるんですね)
フォト



1周年のお祝いで贈られた花は、カウンターの片隅にひとつ残るのみとなりました。
フォト



限定マグカップは本日、ついに完売しました。
フォト



こちらでは、通常の女性士官さんがいらっしゃいます。
いつも元気です!!
(ご本人の許可をもらって掲載してます)
フォト



限定マグカップは無くなってしまいましたが、ミニエコプラは残っています。
フォト



19時前には列も短くなっていました。
そろそろGW特需も終わり・・・でしょうか。
フォト


それでも、通りがかりで写真を撮ったり、店内覗き込んでいく人の数は普段よりも確実に多く居ました。


少し肌寒くなっていたせいなのか、ガンプラ焼きも売れ行き良好でした。
フォト

GUNDAM Cafe/GWは早朝から満員


外出すると、何だかんだでGUNDAM Cafeへ寄りたくなります。

仕方ないですよね・・・

ガンダムなんだから。



GWど真ん中ですが、時間は9時前。
まだ開店してから、それ程の時間も経っていません。


カフェは誰も並んでいませんね。
落ち着いて朝食がとれそうで一安心・・・
フォト



店内にはいってビックリ!!

全然、ひと安心では有りませんでした。


完璧に満員です。
フォト



いつもは片寄りがある禁煙と喫煙・・・両方共にほぼ満員。
フォト



注文カウンターも常に列が出来ています。
フォト


外に列が出来ていなかったのは何だったんだろうか・・・

こんな時間に満席だなんて、ここ最近ではなかなか見かけません。
最近は土日であっても、10時ぐらいまではのんびりムードだったはず。

さすがGWです。

店員さんに聞いたところでは、開店時間前から列が出来ていたらしい。

本日も、普段は見かけない応援のスタッフらしき方がいました。
男性のスタッフでしたが、見慣れない方でした。
でも、スタッフとの会話を聞いていると馴染んでいる様子です。
私達が普段は接することのない裏方さんでしょうか・・・


こんなに混んでいましたが・・・

幸運すぎることに、特等席だけが空席のままでした。
そして、導かれるように特等席に収まる自分(笑)
フォト



こんな店内の状況です・・・
外ではすぐに入店待ちの列が出来ていました。
フォト



限定マグは、まだ購入可能です。
せめてGW中ぐらいは在庫が保ってくれると、どちら様にも有り難い!!
フォト



今日は、マグネットコーティングはナシで『連邦の白いヤツ』
フォト



食事以外はジャブローコーヒーだけ・・・
それで3時間少々、居座ってしまいました。

店内はもちろん常に満席です。
表で待っている人も多そうなので、そろそろ撤退。
フォト



外に出てみて、またまたビックリ!!
角は曲がっていないにしても、なかなかに長い列が出来ています。
フォト



あまりにビックリで、久しぶりに上から撮ってみました。
フォト



最後尾はこちら。
フォト


列は長いのですが、日中だとサクサクと進んでいきます。

15時ぐらいになると、バータイムメニューを意識したお客さんも増えそうなので列の進みも遅くなってくるかも。

GUNDAM Cafe/RGエールストライク展示


GWです!!

と言っても、5月2日はカレンダーでは平日です。
勤労されている方も居ることでしょう。


今日は会社は休みでしたが、用事を済ませた後でカフェしました。
少しだけ並んで入店。
(バータイムなので、待機数3人でも20分ほど並びました)
フォト



こっそりとカフェの展示物が変わっていました。
フォト



RGの全3種が勢揃い。
フォト



ショップでも販売しているので、その宣伝も兼ねての展示のようです。
フォト



今回は画面下の席ですが、ここからの視界で気になる物を発見。
フォト



パネルが剥がれて、今にも落ちてしまいそうです。
スチレンボードの固定は何か他の方法を考えた方が良さそうですね。
フォト



入口横のシャアザクとお花。
フォト



数はさすがに増えていませんが、置き位置が少々変わっていました。
フォト



どの花も咲き誇っていますね。
フォト



フォト



本日のアルテイシアさん・・・役の店員さん
連邦士官の制服がとても良く似合っていたので一枚撮らせて頂きました。
(ご本人の許可をもらって掲載してます)
フォト



さて、ショップ側にもちょっとだけ変化ありました。
フォト



RGエールストライクのポスターが貼られていました。
フォト



GWでお土産需要が多かったのか「チーズパイ」だけが売り切れていました。
フォト



21時を過ぎていたのでガンプラ焼きは終了していました。
フォト



こんな貼り紙がされているんですね。
今まで気がつきませんでした・・・
フォト



今日はジャブローコーヒー1杯で長らく居座ってしまいました。

GUNDAM Cafe/1周年記念日から1週間


GW前半戦です。

15:40 GUNDAM Cafeの前は素晴らしい賑わいを見せています。
フォト



今日の入店待ちの列には〈厚さ〉がありました。
お客さんの間隔が短く、入店を心待ちにしている期待感が感じ取れます。
フォト



列の最後尾はここ。
バータイムが迫ってきているので、客の開店は鈍化しています。
フォト



入口にいつも置かれているプレート・・・
フォト



強風のせいでしょうか・・・壊れていました。
フォト



待ち時間、1時間で入店。
フォト



シャアザクの手に持たされた「さわらないでください」のプレートが、左右入れ替わっています。
フォト



なんと、1周年記念日から一週間が経過した今日、更にお花が増えていました。
今までなかなか来られなかった方がGWでようやく来られたのでしょうか。
フォト


多くの方に愛されているGUNDAM Cafeだなと、手前味噌ながらも感動します。


カフェ仲間が贈ったお花は、今日辺りがピークの咲きっぷりを見せていました。
フォト



我々と同じ日に贈られた花は、カウンター側で元気にしていました。
フォト


一方、我々が贈った花は、既に2日前の時点で弱っていたので、皆さんのお花に先駆けて撤退させて頂いたようです。

一週間ものあいだ咲き続けていただけでも十分でした。


限定マグカップは、本日再入荷したらしく在庫はまだ十分にあるそうです。
ただ、あまり楽観も出来ないとも思います。
フォト



久しぶりに「シャア少佐」と言われつつ、あのお酒で一杯。
フォト



小腹が空いたので『フラウの心配り』と『アコースクラッカー』
ガーリックトースト+コンソメスープは、少しだけ食事をしたいときに最適です。
フォト


今日も特等席でのんびりとさせて頂きました。

このカフェが「ガンダム」である事は、もちろん嬉しいのですが・・・
行けば落ち着けるお気に入りのカフェがあるというのは良いモノですね。




実は・・・

今回で130回目のGUNDAM Cafeでした。

365回目には、自分でお祝いを仕込みたいです(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。