2012年11月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GFT/第08MS小隊展

ガンダムフロント東京で11月1日(木)から開催されている
企画展『機動戦士ガンダム 第08MS小隊展』



場所は、「ガンダムフロント東京」有料ゾーン内のミュージアムスペース。
普段、撮影禁止のエリア内です。
(7月27日~10月31日までは『ガンダムAGE&ガンダムSEED HDリマスター展』でした)
フォト




普段は撮影禁止のエリア。
しかし、今回はジオラマの展示があり、それに限って撮影解禁です。
フォト



《展示内容》※撮影解禁は赤字の部分
 版権画(原画、着彩画)
 設定資料(キャラ、メカ)、ラフ稿
 模型ジオラマ
 CDやDVDジャケットに使用したイラスト
 UCハードグラフのコーナー
 メカ設定画/服装設定/模型関連の記事情報/模型ジオラマ 他



残念ながら、この企画展を告知するポスターやPOPの類は一切無く、展示スペースに置かれていたキービジュアルも、撮影禁止部分だっため撮影が出来ませんでした。

アイキャッチとなる1枚も撮れず、いきなり本題の撮影に入ります。
フォト



フォト




【砂漠のモグラ】
 制 作:WildRiver荒川直人
 制作年:2010年3月
 掲 載:モデルグラフィクス
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




『UCハードグラフ』を使用したジオラマも多数、展示されています。


公式サイトでも「08MS小隊の影響も受けたUCハードグラフ」と謳っているのですが、その表現には大きな違和感を感じてしまいました。

確かに『08MS小隊』を題材としたキットも2種がUCハードグラフブランドで発売されています。

が・・・

「08MS小隊の影響を受けた」と言うよりは「UCハードグラフが08MS小隊を洗練させた」と言う意味合いが強い気がします。



『08MS小隊展』なので、08MS小隊をメインに据えたいのは分かりますが、上下関係が逆転しています。

前回の『AGE&SEED展』では、予想していたほど入場者数に影響しなかったので、今回は目を引く立体物も展示し注目度を上げたい・・・しかし、08小隊だけでは数が揃わないのでUCハードグラフも含めたい。そのためにUCハードグラフと08小隊を強引に関連づけた・・・
そんな印象を受けます。


余計な細工などしないでタイトルを『第08MS小隊&UCハードグラフ展』にすれば良かったのに。
まぁ、今回の展示は『08MS小隊 BD-BOX』のプロモーションなのでUCハードグラフの名前は入れたくなかったでしょうね。



ちなみに、今年6月に新宿で開催された『U.C.HARD GRAPH プラスワン』と言うトークイベントでは、08MS小隊の話しは一切出てきませんでした。
ガンダムインフォのレポート〈前編後編




【水没林道】
 制 作:WildRiver荒川直人
 制作年:2011年5月
 掲 載:アーマーモデリング別冊「円形劇場」
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




【Jager】
 制 作:吉岡和哉
 制作年:2006年11月
 掲 載:アーマーモデリング
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




【A battle to the home land】
 制 作:吉岡和哉
 制作年:2007年2月
 掲 載:アーマーモデリング
フォト



フォト



フォト



フォト




【MGグフカスタム/MG陸戦型ガンダム/MG陸戦型ガンダム後期改修型】
 制 作:越智信善
 制作年:2003年10月 2006年12月
 掲 載:電撃ホビー
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




【狙撃準備】
 制 作:サエキコウイチ
 制作年:2007年5月
 掲 載:電撃ホビー
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




【敵影発見!】
 制 作:サエキコウイチ
 制作年:2007年5月
 掲 載:電撃ホビー
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




【サイゴンの休日】
 制 作:鳥山とりを
 制作年:2007年5月
 掲 載:電撃ホビー
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




フォト


【小隊】
 制 作:町田豊
 制作年:2009年10月
 掲 載:ホビージャパン
フォト



フォト


【ザクII】
 制 作:町田豊
 制作年:2009年2月
 掲 載:ホビージャパン
フォト



フォト



フォト


【1:144 陸戦型ガンダム】
 制 作:河村秀也
 制作年:2011年5月
 掲 載:ホビージャパン
フォト




【アンダーグラウンド・ソナー】
 制 作:山田卓司
 制作年:207年2月
 掲 載:ホビージャパン
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




【対MS特技兵】
 制 作:山田卓司
 制作年:207年6月
 掲 載:ホビージャパン
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




フォト


【ニューヤークプレイベース 1:144 MSバトルベース】
 制 作:町田豊
 制作年:2010年3月
 掲 載:ホビージャパン
【1:144 量産型ガンダンク】
 制 作:おれんじえびす
 制作年:2011年5月
 掲 載:ホビージャパン
フォト



フォト



フォト



フォト


【1:144 ガンダムEz-8】
 制 作:JUNIII
 制作年:2011年5月
 掲 載:ホビージャパン
フォト



フォト



フォト


【1:144 グフカスタム】
 制 作:田仲正樹
 制作年:2011年5月
 掲 載:ホビージャパン
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト





以上が撮影可能なジオラマでした。

他にも、資料が展示してあるエリアに『UCハードグラフ』の作例が並んでいましたが、それらは撮影不可。


設定資料の中には、目にする機会の少ない貴重な資料やボツ案が多数。

アイナやギニアスのデザインが決まるまでのスケッチや、採用されなかったアプサラス案。
また、サブキャラとして描かれたEz-8が後半の主役機に抜擢される過程のスケッチなど、誰もがうなるような資料の数々が展示されていました。



資料が撮影禁止なら、せめて図録の販売などして欲しかった・・・と悔やまれます。
それ程に良い内容なので、08MS小隊が好きな方には是非、見に行って欲しい展示でした。

スポンサーサイト

GUNDAM Cafe/総帥専用メニュー始まる


2012年11月1日(木)

『めざせ総帥!スクラッチキャンペーン』の専用メニューが提供開始する日です。

そして、私は既に150点を溜め、総帥カードを得ています。
総帥カードがあれば、下位カードの専用メニューも注文可能なのです。


18時半頃、カフェに到着。
フォト



入店待ちはいなかったので、そのままカフェに入ると・・・


 「お待ちしておりました、総帥!!」


と店員さんが迎えてくれるではありませんか。
店員さんも「いよいよ、この日が」といった感じで、少し楽しげな雰囲気です。


大量の注文をする予定なので、4名掛けの特等席へ・・・
すると、店員Iさんがいつもの笑顔で先回りをしてくれていました。


 「総帥カードを提示して頂ければ」


と言うので、形式的に総帥カードを提示してみました。

すると、どこからともなくテーブルクロスを取り出し・・・
フォト



黒地に黄色いジオンマークがまばゆい『総帥専用のテーブルクロス』を引いて下さいました。
総帥カードを持つ者だけが使える、総帥のテーブルクロスです。
フォト



このテーブルだけが、異質に見える存在感です。
フォト



4名席を前提として用意されているので、ゆったりとしたサイズです。
フォト



テーブルの上が片付いているウチにと思いショップへ向かいます。
フォト



本日から購入可能な『大佐グラス』を購入しに来ました。
フォト



総帥カードを店員さんに提示し、さっそく2杯購入。
フォト



裏のラベルは、こんな内容です。
フォト



そく、テーブルに戻り開封します。
フォト



ガンダムカフェオープン当時、強烈に欲しいと思い、何度となく商品化をマネージャーさん等に直談判していた大佐グラス。
フォト



それが、ついに購入が出来るようになりました!!
初めて聞いたときは小躍りをしてしまいそうになるほどに嬉しい大事件です。
フォト



しかし、しかし・・・


さすがガンダムカフェです。


このグラスをお客様のお手元へ届けて終了ではありません。
今回の専用メニューには、さらに上が用意されていたのです。
(それについては、もう少し下の方で記載します)



予定のモノを購入したので、本題へ移ります。
今回のキャンペーンの最大の注目ポイントである『総帥カード』

まずは、これを獲得した証明をさせて頂きます。


店員さんに「ではお願いします」と声を掛けて持って来てもらったのが、この白いボードと金のマーカーペン。
フォト



これに、総帥カードを獲得した日付と名前を書きます。
フォト



この名前を書いたカードを店員さんが喫煙席側へと運びます。
フォト



ネジを緩めて・・・
フォト



まだ、誰の名前も貼っていなかった場所へ、私のネームプレートを貼り込みます。
フォト



フォト



最初の総帥として、一番上に貼って頂きました。
手前味噌ではありますが、なんとも誇らしい気持ちです。
フォト



そして、本日、総帥カードを獲得したカフェ仲間のプレートも貼られました。
本の一瞬の独占状態でしたが、専用メニュー提供初日に、彼と名を並べることが出来て良かったと思っています。独占も気持ちが良いモノですが、一人では寂しすぎます。
フォト



さて・・・本日は、予定が多いので次へと進みます。


店員さんが持って来てくれたのは、いつもとは違うエナメル超の合皮で包まれた高級感の有るメニュー表です。
フォト



縦の長さは4Aサイズぐらいです。
フォト



中央には、デコメタシールが貼ってあります。
フォト



では、メニューの内容を見ていきます。
フォト



ところが・・・中のクリアファイルにコシがあってページが固定できません。
フォト



仕方ないので、メニューが自然体では無くなってしまいますが、ファイルから取り出して個別撮影をしました。
フォト



まずは『少佐専用メニュー』です。
フォト



新・少佐グラスで提供される飲み物は3種。
各専用メニューのドリンクは「生ビール、ノンアルコールビール」が共通しており、それに、各階級の専用カクテルが用意されています。
フォト



『少佐専用メニュー』は、ドリンクのみです。
フォト



続いては、大佐・中将のページです。
フォト



『大佐専用メニュー』も、基本に2種のドリンクに、大佐専用カクテルが用意されています。
フォト



大佐からはフードも用意されていますが、メニュー表を見ただけでは、どんな内容なのかが分からないようになっています。
フォト



『中将専用メニュー』
フォト



同じく、メニューを見ただけではフードの内容が分からないようになっています。
フォト



最後のページ・・・
フォト



『総帥専用メニュー』
フォト



総帥の名を冠しているだけ有り、現時点のガンダムカフェで最高価格のフードです。
フォト



各階級の専用グラスで、ノンアルコールビールです。
(生ビールは、ノンアルコールビールと写真の見栄えが似ていると判断し今回は割愛)
フォト



続いて、各階級の専用カクテルが運ばれてきました。
これら、全て500円です。
フォト



シャアをイメージした『少佐専用カクテル』
見えづらいですが、全体の模様は赤で描かれています。
フォト



トマトジュースとビールを合わせ、見た目の派手からは逆で、落ち着いた味わいになっているシャアの様なカクテルです。
フォト



ジオンマークの裏側には、少佐の階級章がプリントされています。
フォト



ガルマをイメージした『大佐専用カクテル』
(背後のグラスは、大佐専用グラスに注がれたノンアルコールビールです)
フォト



カシスの炭酸系カクテルで、まさに「甘ちゃん」な味わいです。
フォト



ジオンマークの裏側には、大佐の階級章がプリントされています。
グラスを覆う模様は紫色です。
フォト



ドズルをイメージした『中将専用カクテル』
フォト



ドズルの見た目の無骨さとは裏腹に、ミネバを思う優しさを表したようなメロンの優しい香りが美味しいカクテルです。
フォト



ジオンマークの裏側には、中将の階級章がプリントされています。
グラスを覆う模様は薄い緑色です。
フォト



ギレンをイメージした『総帥専用カクテル』
フォト



カルピスを使用した白いカクテルは、ギレンの冷徹なイメージと合っています。
フォト



ジオンマークの裏側には、総帥の階級章がプリントされています。
グラスを覆う模様は白です。
フォト



このように、少佐から総帥まで、4種ともグラスに描かれた模様の色に違いがあり、より特別感が増しています。
足元のコースターは、低価格カクテル扱いなので、白い普通のコースターです。
フォト



共通しているノンアルコールビールは、ビールらしい苦みは一切無く、フルーティーな甘さが好印象で、普通のドリンクとしてゴクゴクと飲める味わいです。
フォト



ドリンクの撮影を終え、フードが運ばれてくるのを待ちます。
フォト



ドリンクを撮影している間、店員さんには待っていて頂きました。
毎度の事ながら、無理をお願いして恐縮なのですが、それに快く応えてくれる店員さんには、どれだけ感謝しても足りません。


今回、厨房さんも「温かい状態で食べて欲しい」と言ってくれて、少し早めに出来上がったメニューを、再度、温かく作り直して下さいました。

そんなことまでして頂いて感謝です。

面と向かってはお顔を拝見したことが無く、お名前も存じ上げない厨房スタッフさんたちですが、日々の楽しいガンダムカフェの大きな部分は、厨房のスタッフさんに支えられています。


しばらくすると、フードが次々と運ばれてきました。

大佐専用
『ガルマの栄光 ~シャアの暗躍Ver.~』
(1,100円)
グランドメニュー『ガルマの栄光』と『シャアザクライス』がアツアツのプレートの上で並んでいます。
それぞれ890円のメニュー2点がセットになって1,100円なので、かなり780円も割安な内容になっています。
フォト



運ばれてきた直後は、店員さんが計りの上に乗せるので「謀ったな、シャア」と、こちらが言わなくてはいけません。
フォト



これが、ガルマ大佐専用のフード&ドリンクメニュー、一式です。
(間違えてドリンクが、大佐では無く少佐になっているので、後日撮り直します)
フォト



中将専用
『ドズルの武勲 ~漢丼Ver.~』
(1,200円)
ドズル中将専用のフード&ドリンクメニュー、一式です。
フォト



グランドメニュー『ドズルの武勲』にチーズソースがかかり、その下にはバジルライスが盛られている、無骨な丼モノです。
厚切りベーコンと、バジルライスの組み合わせは最高に食べ応えがあります。
フォト



添えられている小さい野菜は、幼き頃のミネバでしょうか。
フォト



このドズルの武勲には、撮影用に遊びが用意されています。
専用グラスの後・・・
フォト



栄養ドリンク『ゼナ』を貸してくれます。
あくまでも“撮影用”ですが、これでテーブル上で夫婦水入らずになれました。
フォト



最後は、総帥専用
『ジーク!ジオン ~ジオンの宴~』(2,200円)
2~3名で頂くことを前提とした宴仕様のメニューです。
ギレン総帥専用のフード&ドリンクメニュー、一式です。
フォト


総帥メニューは、ドリンクもフードも、それ程の数が出ないことを前提としているので、必要な食器や食材も、あまり多くは用意していないそうです。

総帥が増えてくると、売り切れの可能性もありそうなので要注意です。


店員さんが固形燃料に火を点けてくれます。
フォト


このメニューも、ガルマ大佐同様に店員さんとのやり取りがあります。


 「立てよ国民!!」

そう言うと、店員さんが「ジーク・ジオン!!」と言ってくれます。
(中央の店員さん、少しタイミングの悪い瞬間を撮ってしまったので、そのままアップしては悪いと思い、軽く文字を被せさせて頂きました)
フォト



計りに乗せたり、ジークジオンと言ったり、店員さんも少し戸惑っていらっしゃいましたが、初日ならではの光景だと思うと、色々と貴重な瞬間に出会えました。


総帥専用メニューには、昨年のコースメニューで人気だったジオンマークのパンが、パイ生地へと仕様変更し再登場していました(2枚組みです)
フォト



この小さいオムライスは、2010年の三杯フェアで登場していたガルマを皮肉った『坊やのオムライス』 です。
フォト



箸休めの野菜が有り・・・
フォト



ザビ家の晩餐『新ギレンの冷笑』(590円)
フォト



ザビ家の晩餐『キシリアの策略』(890円)
フォト



ザビ家の晩餐『ドズルの武勲』(690円)
フォト



そして、灼熱のソーラレイをイメージしたトマトとチーズのフォンデュ。
フォト


ザビ家の晩餐メニュー3品で2,170円になりますが、それに野菜やジオンマークのパイが2枚、それにフォンデュまで付いて2,200円は、かなり割安価格かと思います。


熱々でチーズが溶けているウチに頂きます。
フォト



総額8,500円の、スクラッチキャンペーン限定メニュー制覇でした。
それぞれが高額メニューに見えますが、その内容を見てみると、いずれもがお得な価格設定になっている事に気付きます。
フォト



撮影が終わり、では食事を・・・と食べ進めましたが、一人では量が多すぎて、満腹になってからの 「食べたり止まったりしている姿はリスみたいだ」と店員さん方に言われていました。
途中、
いつものカフェ仲間に合流してもらい助けてもらいました。
フォト



そして、専用メニューでも当然、スクラッチカードはもらえます。
フォト



今回は、店員Iさんの前でカリカリと削り、高得点も連発してヒット!!

まずは30点を使用し『大佐カード』を獲得しました。
総帥カードがあれば必要の無いカードですが、コレクションとして欲しかったのです。
フォト



フォト



裏には、ガルマの顔が描かれています。
フォト



そして、少し時間を空けて60点を使用し『中将カード』も獲得。
フォト



裏には、ドズルの顔が描かれています。
フォト



後は少佐カード(15点)だけです。
フォト



『中将カード』を獲得したことで、さらに可能となるサービスがあります。

お手数をお掛けして申し訳ないですが、店員さんに撮影のために協力して頂きました。
フォト



『中将カード』を持つ者だけが、この赤いテーブルクロスを使用する事が出来ます。
総帥カードを持っていても、この赤いテーブルクロスは使えません。
フォト


フォト



いつもの特等席から眺める光景も変わってきます。
フォト



閉店まで、大きく混雑することも無く店員さんにも余裕があったようで、専用メニュー初日を一緒に楽しむ事が出来ました。
フォト



初日だと、慣れないことや、思いがけないアクシデントが起こるモノです。

そういった事を受け身となって最初に受け止め、他のお客さんへ、より確実なサービスの提供していく実験台としても、お役に立てていれば幸いです。


そういうトラブルを体験するのも、ガンダムカフェの楽しみ方です。
初日と最終日の違いを見比べて楽しみます。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。