2013年06月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/どっとポーチ 新柄登場


2013年6月29日(土)

まずは台場店へ。
フォト



ガンダムカフェの前に大きく視界をふさぐ物が建てられています。
フォト



夏いっぱいカフェ前の広場に、以前建っていた氷の城より大きなものが建つと聞いていましたが・・・縦方向ではなく、横に大いな物だとは思いませんでした。
フォト



ガンダムカフェはいつもどおり。
フォト



秋葉原店と同日に提供を開始した、かき氷のポスターが貼られています。
フォト



店内は、瞬発的に大盛況。
客数はいつも、波があるのも台場店の特徴です。
フォト



『GUNDAM Cafeどっとポーチ』に、こっそりと新柄が登場していました。詳細は後ほど・・・
フォト



店内中央の棚には・・・
フォト



ガンダム関連の新発売DVDやBlu-rayが並べられています。
フォト


発売直後から都内各所で品薄状態で、各所から悲鳴が聞こえている『コンバージ11』も、台場店では潤沢に在庫がありました。


店内の片隅に・・・
フォト



『かき氷』と・・・
フォト



『スーベニアカップ付きジャブローソフト』のPOPが立てられています。
秋葉原店ではミルク味での提供ですが、台場店はジャブローコーヒー味も選べます。
フォト



注文の列に並びます。
フォト



当初は殺風景だった『モノアイドック』も、涼しげなPOPに変わっています。
フォト



レジ前には、スーベニアカップの現物も飾られています。
フォト



『スーベニアカップ付きジャブローソフト』の中身を、台場店だけのジャブローコーヒー味で購入。
フォト



台場店はテイクアウト専用。

スーベニアカップは、ソフトクリームをセットするか、最初から箱に入れて受け取るか選べます。
フォト



スーベニアカップにプリントされてるロゴと、台場店のロゴ。
フォト



入口の看板。
フォト



ここにもかき氷とスーベニアカップのPOPが貼られています。
フォト



ガンダム背後のGFT側のオフィシャルショップ。
フォト



近日発売予定のお菓子の予告がされています。
フォト



ガンダムカフェと品種が容赦なくカブってますね…良いのかな。
フォト



目的の撮影を終え、台場は終了。
フォト



ラストオーダー直前の秋葉原店へ。
フォト



こんな時間で、誰も並んで無いのでそのまま入れるかと思ったら、満席で入店待ちです。
「入店待ちゼロだけど、中に入ったら満席で一人ぼっちの入店待ち」の状態を、高確率で当たってしまう運命のようです。
フォト



なんとかラストオーダーに間に合うよう入店。
フォト



『カトルのトルコライス 宇宙の心 ~Nasa tao ang gawa, nasa Diyos ang awa.~』
フェア初日以来、久しぶりに注文。
フォト



初日は撮影に時間がかかり冷めてしまったり、満腹だったりと、それ程、美味しい印象はありませんでしたが、あらためて頂いてみると、かなり美味しく食べ応えがありました。
フォト



台場店で買ってきた『GUNDAM Cafeどっとポーチ』
フォト



秋葉原店でも三日程前から販売していたそうです。
フォト



外側のパッケージが、以前からのハロ柄のままなので棚に並んでいても気付きにくい気がします。
フォト



肌触りの優しいポーチです。
フォト



ファスナーを全開にすると、ハンドタオルにもなります。
フォト



「どっとポーチ」とのコラボ商品で、タグにはハロとブランド名が合わせて表記されています。
フォト



昨日、ときた洸一先生が描かれたサインとイラストは、まだ貼られていませんでした(この翌日に貼られていました)
フォト



珍しく閉店時間まで居座ってしまいましま。
フォト

スポンサーサイト

GUNDAM Cafe/ときた洸一先生とスーベニアカップ



2013年6月28日(金)

訳あって、いつもよりも急ぎ気味にガンダムカフェへ急行。

18時過ぎに到着。
いつもなら、まだ入店待ちが出来る時間ではありませんが、こんな日に限って4組みが入店待ちをしています。
フォト



フェアメニューはヒイロが完売しているようです。
フォト



店内へ入ると、まずフェアメニュー表のチェック。
今日から新しい絵柄の物に変わっています。
フォト



ゼクスと・・・
フォト



ゼクスのメニュー表です。
フォト



全4種がついに出そろいました。
フォト



フォト



次の目的は、ガンプラ焼きカウンターにあります。
フォト



本日より『スーベニアカップ付き、ジャブローソフト』の販売開始です。
フォト



カウンターにも『スーベニアカップ付き、ジャブローソフト』のPOPが貼られています。
フォト



フォト



この、スーベニアカップ付きジャブローソフト。
店内各所に6月6日から登場しているガンダム店長を前面に押し出した初めての商品です。
フォト



登場以来いままで、しれっとカフェに馴染んでいたガンダム店長。
今回、初めて詳細が明かされていました。
フォト



まずは、ふたつ購入。
フォト



そして店内へ。
フォト



スーベニアカップの中には、通常のジャブローソフトがプラカップに入った状態でセットされています。
フォト



意外と小さいカップです。
フォト



ガンダムカフェの一般的なマグカップと比べても、若干、小ぶりです。
フォト



「ジオングくん」だけ空を飛び、水中用MS達が仲良く手を繋いでいます。
みんなエプロンを着けカフェのお仕事を頑張っています。
フォト



ガンダムカフェの看板の下にはガンダム店長がいます。
店長の両脇を固める「グフくん」と「シャアザクくん」はストアリーダーとリーダーといったポジションでしょうか。
フォト



みんな大好き、ハロの足下には連邦とジオンのMSが仲良く手を繋いでエプロン姿。
彼らは戦うことなく協力し合って、美味しい物を私達に届けてくれているのです。
フォト



今回のガンダムカフェオリジナルのカップ。
今までに無いほど作り込まれた内容になっており、そのコンセプトも、実際のガンダムカフェを良く表しています。

私の主観ではありますが、今までで最高のデザインです。

このキャラクター達の活躍次第で、ここが『ガンダムのカフェ』ではなく『ガンダムカフェ』として成熟し、よりオリジナルな存在になるのでは無いかと思います。

今回のデザインとコンセプト、とても気に入りました!


購入した際、この様なカップの収納箱も一緒に受け取ります。
フォト



裏側の文章・・・
フォト




さて、この日はもうひとつ大きな出来事がありました。

ガンダムエースで『ガンダムEXA』を執筆されている、ときた洸一先生がご来店されています。
フォト



合流した友人と二人で、ガンダムEXAの最新巻にサインを頂きました。
フォト



その後、ときた洸一先生に気がついたカフェもサインのお願いをしていました。
(その交渉は公開を控えた方が良いとの私判断でボカシ処理しています)
フォト



手元のカードで何を描くか走り書きし、シャーペンで下書きをしてペン入れへ。
フォト



描き上がったところで、見せて頂けました。
フォト



「ガンダムカフェさんへ」と言う事で、しっかりと描き込まれていました。
まだ下書きの線が残る、貴重な写真です。
フォト



私は、この日でガンダムカフェ517回目の来店です。
それなりにたくさん来ては居ますが、この六角形のプレートにサインを描いている場面は初めて見ました。

裏はマグネットになっています(これも初めて拝見しました)
フォト



仕上げとして、下書きの線を消します。
フォト



完成です。
フォト



ときた洸一先生の描かれたプレートは、翌日ぐらいから、富野さんや大河原さんと並んで展示されるはずです。


その後、ちょっと色々と・・・

ガンダムカフェ
が六角形のプレートにサインを頂いたので、こちらも何かガンダムカフェらしい物に・・・と思い、カップにもサインをして頂きました。
フォト



描きづらい陶器なので、お名前だけで・・・と思ったのですが、ハロの両側に可愛い線を付け加えて下さいました。
フォト



私のガンダムカフェライフの中でも屈指の、大きな出来事でした。
大変思い出深い日なりました。

約1年ぶりぐらいにお会いしたときた洸一先生は、よりもお若くなった印象でした。

GUNDAM Cafe/DXスノーカキ氷販売開始


2013年6月27日(木)


18時半頃に到着、有り難いことに入店待ちは居ません。
フォト



向こうに見えるUDXのモニターには・・・
フォト



今日発売のガンダムブレイカーのPVが流れています。
フォト



席を確保し、すぐにガンプラ焼きのカウンターへ。
フォト



ガンプラ焼きが26日で部分的に販売休止になったのは、この『かき氷』を販売するため。
フォト



昨年もかき氷はありましたが、今年はDX(デラックス)と銘打っています。
使用しているシロップが、全て上質な物を使用しているそうです。
フォト



昨日準備されていたボタンは、今日から機能するようになっています。
フォト



再下段に、ひっそりと新商品が追加されています。
フォト



久しぶりにフェイスマグではないマグカップが販売されるようです。
発売は翌日、6月28日(金)からで、販売している時間はガンプラ焼き販売の時間に準じるので、閉店よりも早く20時や21時で終了してしまいます。
フォト



さっそく券を購入。
フォト



まずは店内へ。
フォト



せっかく、まだ明るい時間です。
店員さんに一声掛けて喫煙席のカウンターで撮影させていただくことにしました。
フォト



こちらにも『DXスノーカキ氷』のポスターが貼られています。
フォト



この可愛らしい揃い踏みには、店員さん方も笑顔を浮かべられています。
居合わせた海外の方も、にこやかに話しかけてくれて何枚か撮影していました。
フォト



『DX(デラックス)スノーカキ氷 ガンダム』¥600
フォト



足下の青いシロップ、白いかき氷、中央に添えられた赤いベリー、回し掛けられたマンゴーシロップで、トリコロールになっています。
フォト



アンテナはパリパリ食感のトルティーヤチップです。
フォト



アンテナの後にはヨーグルトに包まれた白い寒天。
フォト



『DX(デラックス)スノーカキ氷 シャアザク』¥600
練乳と絡めるように掛けられたイチゴシロップは、果肉を使用したフルーツ感のある上質な物。
フォト



アンテナは、ガンダムと同じくトルティーヤチップです。
フォト



『DX(デラックス)スノーカキ氷 量産型ザク』¥550
他の2種に使われているトルティーヤチップが無いので価格も50円低く設定されています。
フォト



こちらも使用されている抹茶シロップは上質な物で、甘さの中に渋みも感じられます。
フォト



喫煙席は苦手なので、撮影が終わり次第、早々に禁煙席に戻ります。


練乳は使われていない上にマンゴーシロップは甘さ控え目で、ヨーグルトソースの酸味も有って、スポーツドリンクのような印象でしたが、足下の青いシロップだけは程良い甘さを感じられました。
フォト



ガンダムのアンテナとして使われているトルティーヤチップは、しっかり差し込める様にY字になっています。
フォト



3種全て、雪のようにキメ細くフワフワしたかき氷です。
フォト



シャアザクのアンテナも・・・
フォト



しっかり差し込めるように、足下が長くなっています。
フォト



練乳と、いちごシロップがきめ細かい氷に浸透し、最初から最後まで安定した甘さと香りを楽しめます。
フォト



量産型ザクの抹茶シロップは、とろみが強く浸透しづらいので、内側の氷も一緒に食べる意識をしないと、味の無い氷を取り残してしまいそうです(練乳も使用されています)
フォト



かき氷の助けとしてジャブローコーヒーで暖まりながら食べ進めました。
フォト



コーヒーに助けられつつ、完食。
フォト



最後ですが、Wフェアのメニュー表、カトル&トロワは今日までです。
フォト



本日発売のガンダムブレイカーは、ショップ側で取り扱いもしています。
フォト



本日は、かき氷を3種制覇して終了。
フォト

GUNDAM Cafe/DXスノーカキ氷の準備


2013年6月26日(水)


19時前の到着です。
フォト



激しい雨の予報だったので空いているかと油断していたら、いつも通りの満席です。
フォト



少し肌寒かったので『カトル』に。
フォト



いままで、通常のフェアコースター欲しさに合い言葉をパスしていましたが、2セット揃ったので、本日は「オペーレーションメテオ」と言わせて頂きました。

そして、メテオコースターの3店舗分が3セット揃ったので満足。
フォト


プチグラスと通常フェアコースターも目的数揃っているので、いよいよ、今回のフェアでやることが無くなりました。

ガンプラ焼きのカウンターをチェックします。
フォト



券売機には、翌日から販売が始まる夏のメニューのボタンが準備されていました。
フォト



悪天候の天気予報にもかかわらず、入店待ちの方々が並んでいます。
フォト



そして東京駅店へ。
フォト



こちらは、大きな変化も無くコーヒーを頂いて退散です。
フォト

GUNDAM Cafe/東京駅店でもWフェアカクテル出揃う


2013年6月24日(月)

今回は東京駅店だけ。
フォト



先週の金曜より東京駅店でも提供が始まった『ガンダムWフェア』のカクテル。
フォト



開始時は4種中、2種だけの提供でしたが、本日より4種全ての提供が開始されました。
フォト



ウォッカとローズリキュールのカクテル『トレーズ・クシュリナーダ』
4種中で唯一のアルコールカクテルです。
フォト


合い言葉「オペレーションメテオ」で、特製のフェアコースターももらえます。

魂ネイション ショールームの記録

魂ネイションズ AKIBAショールーム。
フォト



常にROBOT魂を中心に下ガンダム系のアイテムが並んでいます。

普段のガンダム系展示物は全体の1割程度。
それが、27日まで『ROBOT魂 ロボット特集展示』と銘打ち、集中展示しているので、ガンダム系の展示物も多数展示されていました。
フォト



フォト



ガンダムMk-Vから派生したROBOT魂 ドーベン・ウルフ、ROBOT魂 シルヴァ・バレトまで。
フォト



『ROBOT魂 ガンダムMk-V』
フォト


フォト



『ROBOT魂 ドーベン・ウルフ』
フォト



フォト



『ROBOT魂 シルヴァ・バレト』
フォト



フォト



『ROBOT魂 ガンキャノン・ディテクター』
フォト



『ROBOT魂 ガンキャノン・ディテクター MCV仕様』
フォト



『ROBOT魂 ザクI・スナイパータイプ』
フォト



『ROBOT魂 ボリノーク・サマーン』
フォト



『ROBOT魂 バイアラン・カスタム』
フォト



『ROBOT魂 Ξガンダム』
フォト



フォト



METAL BUILDが2点。
フォト



『METAL BUILD ガンダムエクシア』
フォト



フォト



『METAL BUILD ダブルオーガンダム』
フォト



フォト



フォト



『ROBOT魂 ガンダムダブルエックス』
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



『ROBOT魂 Gファルコン(参考出品)+ダブルエックス』
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



『ROBOT魂 テスタメントガンダム』
フォト



フォト



フォト



フォト



『ROBOT魂 ダブルオークアンタ トランザムVer』
フォト



フォト



フォト



フォト



『SDX スペリオルドラゴン』
フォト



フォト



フォト



『SDX バーサルナイトガンダム』
フォト



『SDX サタンガンダム』
フォト



『ROBOT魂 エクストリームガンダム typeレオス』
フォト



フォト



EXA・フェース
フォト



フォト



アイオス・フェース
フォト



フォト



フォト



エクリプス・フェース
フォト



フォト



フォト



フォト



『ROBOT魂 ヴァイエイト&メリクリウス』
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




7月13日に魂ネイションが開催されます。

が、ここ数回、撮影解禁タイムは無くなってしまったままです。

おそらく、今回も撮影は解禁されないでしょう。



その分、撮影可能なこのショールームで、最新情報を日々更新し続けてくれると助かります。

GUNDAM Cafe/コースター2セット目コンプ


2013年6月22日(土)


10時半頃、到着。
フォト



店内、女性しかいません。
フォト



フェアコースターは、いつに2枚目の『トレーズ&ゼクス』が出たので2セットコンプリートしました。
今回は2セットコンプが目標だったので、私のWフェアは終了です。
フォト



『ヒイロのパスタ 翼の無い天使 ~Operation Meteor~』
フォト



いつの間にか、わさびが小皿へと分けて出されるようになっています。
フォト



正午頃にカフェを出ると、テラスを越えて隣の駐輪場に伸びるほどの入店待ちの列ができていました。
フォト



その後、AppleStore銀座へ。
フォト



ガンダム関連では無いモノの、カトキハジメさんの参加するトークショーへ参加。
フォト





翌日、2013年6月23日(日)

13時半頃のカフェは入店待ちがテラスを越えて隣の駐輪場に・・・
フォト



有隣堂AKIBA店で用事があったのでガンプラ焼きだけ。
26日で休止となる小倉あん味です。
フォト



時間が無いので、昼食はこれだけ。
フォト



前日の朝、受け取ってきた整理券と購入したコミック本を持参して・・・
フォト



有隣堂ヨドバシAKIBA店へ。
フォト



『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 4巻』の発売記念サイン会。
フォト



15時
カフェに戻ってくると、意外と入店待ちが少ないので少し寄っていきます。
フォト



30分程で入店。
フォト



プチグラスもコースターも、目的の数に達したので、コーヒーだけで済ませます。
フォト



長谷川裕一さんから頂いたサイン。
フォト



16時が過ぎ、バータイムへ。
フォト



入店待ちが多そうだったので、外へ出てみると、なかなかの入店待ち数。
フォト



東京駅店へ。
フォト



メテオコースターが、1日ほど在庫切れしたものの、翌日には補充されていました。
フォト



店内、混み合っていたのでスタンディングのテーブルで済ませました。
フォト

GUNDAM Cafe/東京駅店でもWフェアカクテル開始

2013年6月21日(金)


18時頃、秋葉原店へ。
フォト



待ち時間無しで入れて『レディ・アン』
コースターは、まだ1枚しか持っていなかったトロワです。
フォト



店内は満席。
フォト



ショップ側をチェック。
フォト



コンバージが先行販売されています。
フォト



一番くじも在庫が補充されました。
フォト



レジの前には、SEED Destiny HDリマスターのBlu-ray
フォト



今更ではありますがカフェ内で販売開始です。
フォト



東京駅店へ。
フォト



各テーブルに置かれているメニュー表が増えました。
フォト



「ご要望にお答えして」という事で、ガンダムWフェアのドリンクメニューが東京駅店でも提供されるようになりました。
秋葉原店で置かれていた卓上POPが東京駅店にも登場。
フォト



ノンアルコール3種、アルコール1種が東京駅店に追加。
まだ提供できるのは2種です。
フォト



オペレーションメテオのコースターをもらうことが出来ますが・・・
フォト



合い言葉を言わないと、普通のコースターになってしまいます。
ガンダムWフェアのコースターは秋葉原店のみです。
フォト

GUNDAM Cafe/東京駅店の証明が暗く


2013年6月20日(木)


18時頃に到着。
フォト



今回も、入店待ちは居ないけど満席で、ひとりぼっちの入店待ち。
とても良くある寂しいパターンで、前回も同じケースでした。

いつもは入店待ち列の整理に使われているチェーンが、この日はなぜだかガンダムを取り囲んでいました。
フォト



10分程まって入店。

席には、真新しい三角の広告が置かれていました。
フォト


この日に発表された『新機動戦記ガンダムW Blu-ray BOX』の広告です。
久しぶりにバンダイ公式のカフェである事を実感させてくれる素早い広告展開です。

フォト


新機動戦記ガンダムW Blu-ray BOX(期間限定生産)
29,400円で、2013年11月22日(金)発売
初回予約締切日は2013年10月15日

新規オーディオコメンタリー追加。
描き下ろし収納ボックス
描き下ろしインナージャケット


《封入特典》
全2巻のBOXが収納できる専用BOXが描き下ろしイラストで付属。
ドラマCD『BLIND-TARGET 1』の編集版が付属。
ブックレットも付属。
フォト



コースター目当てで『カトル』にしてみましたが、欲しいコースターが一向に引き当てられません。
フォト



入口に展示してあるROBOT魂、先日まで展示物が転倒していて照明が消されていましたが、本日、無事復活していました(諸事情あって、この中は現場では直せません)
フォト



ガンプラ焼きでは、丁度、何かが貼り出されていました。
フォト



一部の商品が、今月の26日より販売休止となり、入れ替わりで翌日の27日より別のメニューが登場します。
フォト



ガンプラ焼きのカウンターでも、フェアメニューが並べて貼られていました。
店員さんたちの間でも人気の様です。
フォト




そして、本題の東京駅店へ。
フォト



まず、入口に置かれたガラスケースの中に『アッガイカレー』の案内が書き出されていました。
フォト



東京駅店の集客は台場店と似ています。

が、電車で移動する通行人を店内に招き入れる事は台場店より困難です。


東京駅店は一番街の中で、飲食店が並んでいる区画。
通行人はそれぞれの店を眺めながら「何を食べようか」と物色しています。

「焼肉にしようか、カレーにしようか、それともラーメンか?」と。

その中で「ガンダムのお店です」では食欲に響きません。
前々から、具体的なフードを前面に出すべきと思っていました。



それらの思いを実行したかのような今回のご案内。
アッガイカレーの名前よりも「マイルドなポークカレー」とシンプルに打ち出したプレートは、効果的だと思います。
フォト



更に言うなら、通路に面して並べられているグッズ。
これも集客の妨げになりかねません。
フォト



旧東京駅店はグッズ販売のみで、周囲もグッズショップに囲まれていたので成功していました。

しかし、現在の東京駅店は飲食店側。
食事の出来るお店を探している通行人に向けてグッズ陳列は必要なのか。


グッズ販売は大きな収益のひとつ。
削るわけには行きません。

ただ、グッズ陳列以上に印象強く「○○が食べられるお店」と、具体例をPRする必要は有るかと思います。



より多くの方にご利用してもらうために多々努力をしている東京駅店。

当初より「証明が明るすぎる」とのご意見が多かったので、昨日、証明を暗めに変更しました。
フォト



調光器を付けたのでは無いので、明るさの度合いや色を調整することは出来ません。
フォト



フォト



証明が黄色みがかった方向になってしまったので、ガンダムも黄色く見えてしまいます。
フォト



連邦の白いヤツ、ホワイトベース等々、ガンダムと言えば白です。

光量の調整はお客さんの要望なので仕方ないとしても、白が白に見えない照明色はガンダムカフェとして相応しくありません。
フォト



私は、以前の目が覚めるような真っ白に明るい店内が好きでした。

これが一般のお客さんにどう評価してもらえるか、しばらく時間が掛かりそうです。


『ハロスムージー』は、飲み口の優しいピーチ味ではなく、癖の強いブラッドオレンジが完売する珍しい状況になっていました。
フォト



う~ん、どうにも薄暗くて眠たくなってしまいそうです。
フォト

GUNDAM Cafe/通常メニュー表の中にもWメニュー


2013年6月18日(火)


18時頃に到着。
フォト



入店待ちが居ない・・・と思ったら店内満席でひとりぽっちの入店待ち。
とても良くある寂しいパターンです。
フォト



10分程で入店。


陽が長くなってきたようで、この時間でも喫煙席は外光で明るく照らされています。
フォト



本日は『デュオのプレート 笑う死神 ~Smile of DEATH~ 』
ドリンクはアルコールの『ヒイロ・ユイ』
フォト



コースター、またまたヒイロ・ユイ。
ヒイロと五飛ばかり、飛び抜けて多くもらっています。
フォト



これだけのコースターがあっても、まだ1枚しか入手していない物もあります。
いまで、2セット目のコンプリートならず。
フォト



今更、大きな変化もないかと思っていたところ・・・


フェアとは関係の無い通常のメニュー表。
フォト



この最終ページに、フェアメニューが縮小されて差し込まれていました。
いったい、いつからなのか分かりませんが、これがあればフェアのメニューを汚すこと無く、早々に丸めてしまい込めます。
フォト



もう一杯『レディ・アン』
フォト



大きな変化も無いと油断していたら、とんでもないところにコッソリと変化が潜んでいました。

GUNDAM Cafe/カトル&トロワのメニュー配布開始


2013年6月17日(月)

ガンダムWフェアで配布されている『A3サイズメニューブック』
今まではランチョンマットなどと呼ばれていた紙製メニュー表。
これが、次の絵柄に切り替わりました。



今回のフェアでは、複数の絵柄が提供されることになっています。

フェアが終わる7月16日までの全期間〈ヒイロ〉が提供。
そのヒイロと平行して、以下の3種が提供されます。

 6月 6日~6月16日〈デュオ&五飛〉
 6月17日~6月17日〈カトル&トロワ〉
 6月18日~最終日まで〈ゼクス&トレーズ〉

7月6日から、フェアの終了する7月16日までの10日間は全ての絵柄が提供されます。



18時頃には到着。
フォト



まだ入店待ちの列が出来る時間帯では無いので、難なく入店。
フォト



これが『カトル&トロワ』のメニューブック。
フォト



より正しい色で撮れるよう、照明の明るい東京駅店で撮影してきました。
フォト



フォト



フォト



全期間共通のヒイロ、第一弾のデュオ&五飛、本日からのカトル&トロワを並べると、きらびやかなステンドグラスを思わせる大きな絵が出来上がります。
フォト



プチグラスは2セット揃ったので終了。
コースター目当てに『レディ・アン』にしました。
フォト



残念ながら五飛のコースター。
五飛が5枚・・・まだ1セットしか揃えられていないので笑えない状況です。
フォト



ショップ側では、以前は壁面に貼られていて見つけづらかった五飛のセリフが、目立つ場所へ貼り直されていました。
フォト



一番くじは完売しましたが、後日、再入荷します。
フォト





東京駅店へ。
フォト



飲み口の優しいピーチ味が完売していました。
フォト



店内の展示物は、東京駅店でもガンダムWのモノに変わっていたのですが、更に変化があります。
フォト



1枚余分に東京駅店へ割り当てられているようで、何かが日替わりで展示されています。
先日確認したときに貼られていなかったデュオが展示されていました。
フォト



フォト



キッカを飲んで終了。
フォト

GFT/ガンプラ展


2012年12月1日(土)~2013年1月31日(木)
ガンダムフロント東京、企画展『GUNPLA(ガンプラ)展』が開催されました。

(開催から半年近くが過ぎての記録になったのは、画像点数が膨大だったため)



ガンプラ進化の歴史や開発資料などが多数展示してあった展示イベントです。
出展数では、毎年開催されているEXPOに及びませんが、内容の充実度では過去最高の物だったのでは無いでしょうか。



【開催場所】GFT有料ゾーン、ミュージアムスペース内

【展示内容】
 1.ガンプラの変遷・進化
 2.SDガンダムコーナー
 3.ガンプラ設計開発資料
 4.ガンプラBOXアート



ガンダムフロント東京。
フォト



フォト



現在では入口が別の場所になっていますが、この頃はまだ入口がオープン当時の場所でした。
フォト



フォト



有料ゾーンの1/1ストフリを通り過ぎ・・・
フォト



フォト



ミュージアムスペースへ。
フォト



フォト



入口の左右には、現在も販売中の『ガンプラボックスアート』が並んでいます。
フォト



フォト



入口の左右どちらからでも順路は自由ですが、構成された純に見て行くには右方向へ。
フォト



フォト



壁面の注意書きが、この期間だけ変わっています。
フォト



今まで、全てが撮影禁止でしたが、安彦さん大河原さんの常設イラスト以外は全て撮影が解禁されています。
フォト



フォト



映像作品の年表(上段)と、ガンプラ進化の年表(下段)が合わせて展示されています。
フォト





【1.ガンプラの変遷・進化】

(以下、展示台単位で区切って掲載します)


映像作品、初代ガンダムから0080までのガンプラの歴史。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





映像作品、F91からガンダムWまでのガンプラの歴史。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





映像作品、ガンダムWからエンドレスワルツまでのガンプラの歴史。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





映像作品、新訳Z三部作から現在までのガンプラの歴史。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




パネルの解説と実物展示で、前半だけでも密度の濃い展示です。
途中、中休みさせてくれる展示がいくつかあります。

大型のジオラマは、GFTでも以前から展示され、ガンダムワールドなどでも度々目にしている物で、真新しさは有りませんでした。
フォト



フォト



前半と中盤の折り返しには、製図台が置かれています。
フォト



ガンプラの設計風景を再現した物だそうです。
実際はこんな物ではないはずですが、イメージとしての展示かと思います。
フォト



フォト




フォト



【ガンプラの変遷・進化】の後半です。
フォト



前半ではガンプラ進化の歴史を辿っていきましたが、後半では、当時どのような事があったのか紹介しています。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



ガンプラの変遷・進化、後半では・・・

ガンプラの起こりから設定だけのバリエーション展開の紹介。更に先にある、ホビー雑誌のみでの新作ガンダムの進行に連動したガンプラ展開までがまとめられています。



映像世界を立体化するためのガンプラが、多くのファンに指示され、ガンプラを成立させるために物語を作らせるまでに拡大し、ガンプラの存在は一周したのではないでしょうか。



存在意義が一周し横幅を広げたガンプラは、これ以降、上下へと三次元的な広がりを見せていきます。

低年齢層への訴求と、新規顧客層の発掘もその広がりのひとつ。




【2.SDガンダムコーナー】


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


残念なことに、このショーケースの中を撮影し忘れてしまいました。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





【3.ガンプラ設計開発資料】


フォト



MG νガンダム Ver.Ka
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




MG ユニコーンガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




MG ガンダムウイング ゼロ
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




MG ガンダム Ver.2.0
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




RG Zガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




RG ストライクガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




HG ガンダムエクシア
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




HG ガンダムAGE-1
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




LGBB 武者頑駄無
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト

フォト




LGBB 騎士ガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト

フォト




HG ビギニングガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




HGベアッガイ
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





【4.ガンプラBOXアート】

入口に展示されていたガンプラBOXアートは販売されている物ですが、販売対象になっていないBOXアートも多数展示されていました。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



順路の最後には、GFTで販売しているBOXアートと、この時点で最新作だった『RG Zガンダム』が改めて展示されていました。
フォト


フォト


フォト


フォト




そして出口付近・・・
使い古された00のジオラマで締めくくられていました。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




GUNDAM Cafe/2店舗でガンダムW掲示物更新


2013年6月15日(土)


前夜、店内の展示物が変わっていたので、あらためて明るい日中に撮りに来ました。
フォト



店内壁面、ガンダムWのシーンを切り出した掲示物が更新されていました。

禁煙席のカウンター背後。
フォト



フォト



シャア専有席側。
フォト



フォト



禁煙席の奥、壁面。
フォト



フォト



そして、喫煙席側のサインも明るい時間に再確認。
フォト



昨日、追加された置鮎龍太郎さんのサイン。
フォト



多くの方には喜ばれるサインですが、彼が来店した際のTwitterでの発言で、私としては複雑に心境になってしまうサインです。
フォト



早朝と言う事もあり、店内は落ち着いています。
フォト



この後、東京駅店で昼食を摂る予定なので『ハロ抹茶ラテ』だけ。
フォト



喫煙席の展示スペース。
昨晩はROBOT魂トールギスIIだけ取り残され、POPが無くなっていましたが、今朝になり新しいPOPが貼られていました。
フォト



新しくなったPOP
フォト



こちらは、以前のPOP
フォト



最近、になって読み返している『評伝シャア・アズナブル』
随分前に読んだのであらためて新鮮な気持ちで読み返していますが、この日も少し時間が空いたのでカフェで読書。
フォト



10時になりフェアメニューが注文出来る時間になると、長蛇のレジ待ちの列に。
フォト



フェアメニュー開始の時間に合わせるように店内はほぼ満席。
フォト



喫煙席も同様に。
フォト



入店待ちの列もできはじめました。
フォト



日除けのパラソルも出ています。
フォト



東京駅店へ。
フォト



東京駅店でもWフェアに合わせて、昨晩から掲示物が変わっていました。
フォト



フォト


フォト


フォト



フォト


フォト


フォト



フォト


フォト


フォト



そして、秋葉原店で使用されていたものが東京駅店へ。
日替わりで掲示物を変える・・・かもしれません。
フォト



まず『ハロスムージー ピーチ』
フォト



そして昼食を・・・
フォト



メテオコースター2枚がもらえるよう、1,580円を超える組み合わせにしました。
フォト



店員さんが考えてくれた組み合わせ。
アッガイカレーとミノフスキー粒子の組み合わせで、ぴったりの合計額です。
フォト



秋葉原店はお会計の額では無く、カフェカクテルでしか手に入らないのでハードルが高く、まだ2枚しか手に入っていません。
フォト

GUNDAM Cafe/父の日フェア・スムージー・コンプ×2


3日分の記録で特筆すべき事が4つあります。
 台場店 = 父の日セット/雨の日フェア
 秋葉原店= プチグラス2セット目コンプリート/サインが追加
 東京駅店= ハロスムージー登場




2013年6月21日(水)

19時45分という一番混みそうな時間に到着してしまい、テラス越えの列に並びます。
フォト



50分程で入店待ちの先頭へ。
フォト



『トロワのデザート 嘆きのピエロ ~Pierrot Le Fou~』 と『レディ・アン』
フォト



なんとなく、いつもよりミントが大きくてびっくり。
フォト



今回、ヒイロのプチグラスが引き当てられば2セット目も重複無しでコンプリートだったのですが、残念ながらついに重複してしまいました(五飛です)
フォト



22前にカフェを出ると、さすがに入店待ちは居ませんでした。
平日のラストオーダー直前は危険だけど狙い目かも知れません。
フォト



ショップでは、クリアファイルが売り切れていました。
フォト





2013年6月13日(木)

東京おもちゃショーの日、19時頃、台場店に到着。
フォト



雨降りの平日と言う事もあり、ダイバーシティ自体にお客が少ない状況です。
フォト


台場店の立地は、ダイバーシティ東京が無ければそもそも人が歩いていなかった場所。

ダイバーシティ東京の集客あって台場店の客入りです。
ガンダムカフェが努力をしてまかなえる客数には限界があり、他店と比べても、やや不利な部分があります。

その分、他のガンダムカフェよりも試行錯誤が許される自由な雰囲気があります。

台場店でも『一番くじ』を取扱中です。
フォト



ガンダムWフェア関連の在庫状況を確認します。
フォト



WTシャツは全種類、在庫がありま、他の品も完売はありません。
フォト



中央の棚。
フォト



先日『ガルマの国葬Ver』が発売され全3種となった湯飲みが『父の日セット』としてセット販売されています。
フォト



台場店では『ガルマの国葬Ver』の個別販売は無く、この3セット用として先行販売されています(後日、個別販売もされます)
フォト



単価800円の湯飲みが3個で2,400円では、お得では無いように思えます。
しかし、先着100名に・・・
フォト



父の日の特典として人形焼き、6個セットがもらえます。
フォト



その他、お父さんへのプレゼントへ使えそうなアイテムがピックアップされています。
フォト



ここでもガンダム店長さんが登場です。
フォト



実際、ガンダムカフェの湯飲みは驚くような若いお客さんが買って行く事があります。

修学旅行の学生さんにも、割りと人気の商品のようです。
お父さんへのお土産として重宝がられているようです。


さて、この後GFTへ行くので、軽く食事を摂ることに。
フォト



雨が降っている日だけの『雨の日フェア』に遭遇できました。
人形焼きをひとつ、頂けるそうです。
フォト



台場店で言うところの『フェア』とは、秋葉原店のそれとはやや意味が違うようです。

それらとは別に、人形焼きが4個単位で購入出来る様になっていました。
(東京駅店でも)
フォト



『モノアイドッグ』と『アイスキャラメルラテ(ソフトをトッピング)』
フォト



雨の日フェアの人形焼きをひとつ頂きました。
フォト



ガンプラ焼きカレーソーセージ(台場店はシャアザク)も少し前に登場していましたが今回はパス。
フォト





2013年6月14日(金)

18時過ぎに到着、入店待ちはわずかでした。
フォト



本日も『トロワのデザート 嘆きのピエロ ~Pierrot Le Fou~』 と『レディ・アン』
フォト



プチグラスは、2セット目の最後のひとつ、ヒイロ・ユイ。
五飛がひとつ重複してしまいましたが、これで2セット目もコンプリートです。
フォト



昨日、6月13日のバータイムに置鮎龍太郎さんが来店されていたようで、喫煙席側にサインを残して行かれました。
フォト


水島監督や福田監督、西村誠芳さんや新井正人さんなどサインを残してもおかしくない人が多数来店していますが、ここにサインを残す基準はどこにあるのか、いまいち分かりません。


その、置鮎龍太郎さんのツイートはこちら
tweetした文章は、私としては誤解を呼びかねない内容に思えてしまい残念です。
フォト



本日は、中央の席でした。
周りはいつも通りの女子校状態でした。
フォト



20時過ぎにカフェを出ると、まだ入店待ちが並んでいる状態でした。
フォト



月曜日以来、4日ぶりの東京駅店へ。
フォト



この日から、東京駅店では『ハロスムージー』が登場していました。
秋葉原店では夏になると登場する定番メニューですが、東京駅店では初登場です。
フォト



酸味が強い『ハロスムージー ブラッドオレンジ味』です。
フォト

東京おもちゃショー2013

2013年6月13日(木)


東京おもちゃショー2013、初日です。
フォト



午前中しか時間が無いので、バンダイブースのみのチェックです。
フォト



バンダイブース入口ではウルトラマンが大きく迎えていますが、目的はガンダムのみ。
フォト



毎年、ガンダム関連はバンダイブースの最深部に設営されています。
フォト



開場時間は過ぎていますが、まだ準備が終わっていないようで、あちらこちらで打合せや展示物の微調整などを行っている様子。
フォト



まず目を引かれたのが、見たことも無いガンダム。
フォト



「1/144 GUNDAM 機動。」とだけ書かれています。
映像作品の告知に1/144と表記していると言うことは、ガンプラと何かしらの繋がりがある内容なのでしょうか。
フォト



2013年7月2日 11:59から、http://gundam-bf.net/ で発表がある様です。
フォト



アンテナはストライク、その中心の赤いブロックはダブルオー、顔側面はシルエットフォーミュラーの様な印象を受けましたが、とさか部分のカメラがブルーで表現されているのは新鮮です。
フォト



このガンダムが差し出した両手の中には、その全身像が不鮮明ながら描かれています。
フォト



フォト




見たことも無いガンダムに引かれて、ガンダムブースの中央まで進んでしまいましたが、入口まで戻ります。

順路的にはまず、静岡ホビーショーで披露され世間に衝撃を与えた『MG ガンダム Ver.3』の展示があります。
フォト



だいたい、静岡ホビーショーとにた展示をしていますが、今回は手が触れられないようケースが被されています。
フォト



Ver.3に至るまでのRX-78-2の系譜が両サイドに並んでいます。
フォト



フォト



その中央に。5体のVer.3が展示されています。
フォト



フォト



フォト



フォト



直立状態で、その背後の鏡で背面も良く見えるようになっています。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



両腕を開きシールドを構えた状態。
フォト



肩周りの外装が開き、可動を助けている様子が分かります。
フォト



フォト



片膝を突き、ビームサーベルに手を掛けている難しい姿勢も難無く再現。
フォト



フォト



フォト



フォト



静岡ホビーショーでは具体的な発表がありましたが、Ver.3用に拡張セットが販売されます。
フォト


その拡張セットに含まれているパーツを使った状態も展示されていました。


拡張セットに含まれている追加のバズーカを使った両手持ち状態。
フォト



フォト



ビームジャベリンとガンダムハンマーを持った状態。
フォト



フォト



その他の展示品ですが、完全に初披露と言えるアイテムはありませんでした。
フォト



GBWCの紹介として昨年の日本代表作品が展示されています。
フォト



『つくろう』系キャンペーンのご案内と、下段では0083系が展示されています。
フォト



フォト



静岡ホビーショーでは撮影禁止だったキャンペーンの特典が今回は撮影解禁です。
フォト



フォト



フォト



発売前で、本来だったらもっと大々的にPRされてもおかしくない『RG GP-01/fb』が0083系HGに囲まれて小さく展示されていました。
フォト



フォト



フォト



こちらのショーケースでは、最新MG、UC関連、Z関連がまとめられています。
フォト



上段:発売を間近に控えたMGが3種、並んでいます。
フォト



『MG エールストライクガンダム Ver.RM』
フォト



『MG ガンダムAGE-2 ダブルバレット』
フォト



『MG ギラ・ドーガ』
フォト



中段:ガンダムUCのHGが集中しています。
フォト



新商品のベースジャバーにMSを2台搭載。
フォト



静岡ホビーショーでラピッドモデル出展だった『HG ゾゴック(ユニコーンVer)』は、今回は進展なし。
フォト



同じく『HGドーベン・ウルフ(ユニコーンVer)』も進展なし。
フォト



下段:ゼータ関連。
フォト



同スケールのRGを中心に、HGが展示されています。
フォト



発売を控え、本来、もっと中央で展示されていても良いぐらいの『HG メッサーラ』が完全に埋没した展示になっていて勿体ない印象です。
フォト



4本並んだショーケースの最後はSEED関連で固められています。
フォト



上段:HDリマスターと関連させたSEED系のHGとRG。
フォト



下段:コミックでもリマスター展開されているアストレイの展示。
フォト



『HG ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備) 』と、ホビージャパン10月号に付録するカスタムキット。
フォト



そのカスタムキットのランナー状態が初公開されています。
フォト



アストレイの頭部とアンテナらしきパーツが見て取れます。
フォト



発売されたばかりの『HG ガンダムアストレイ ブルーフレーム セカンドL』
フォト



川口名人による作例が展示されています。
ご本人曰く、1/144でどれだけ見栄えがするかを考えて作られたそうで、MGのデカールを縮小して張り込むなど1/144のサイズに情報が詰まっています。
フォト



フォト



フォト



川口名人の作品はここまで。


フォト



フォト



『HG ガンダムアストレイ ゴールドフレーム アマツミナ』も、静岡ホビーショーから進展有りません。
フォト



背後のパネルは始めて見る内容です。
フォト



フォト



こちらはSDとプレミアムバンダイ商品が主に展示され、それ以降はガンダムでは無い出展です。
フォト



以下、静岡ホビーショーと同じ内容なので画像だけ・・・
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



プレミアムバンダイ、ガンダム関連の取扱商品。
フォト



下段は『ヤマト』です。
フォト



フォト



『Ver.RM用 ランチャーストライカー/ソードストライカーパック』
フォト



『MG クロスボーンガンダムX2 Ver.Ka』
フォト



フォト



『HG ガンダムレギルス(MEMORY OF EDEN)』と『MG ガンダムAGE-1 2号機』
フォト



『MG ガンダムAGE-2 特務隊仕様』
フォト



フォト



『RG デスティニーガンダム ディアクティブモード』
フォト



フォト



ガンプラはここまで。
その他、ガンダム関連がいくつかありました。




『マスコレ ガンダムヘッドコレクション』
フォト



『Vol.4 可能性の獣』です。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト





ガシャポンからは、なぜか『ザクとうふ』が登場。
フォト



『ザクとうふ スイング』
フォト



ザクとうふの容器そのまんまがスイングになっています。
これは可愛いですね。
フォト



フォト





バンダイブースの出口付近には、バンダイ運営の施設情報が出展されています。
フォト



ガンダムフロント東京。
(正確には、バンダイでは無くバンダイナムコの運営です)
フォト



限定グッズの数々。
フォト



フォト





ガンダムカフェ。
フォト



開催中のフェアメニュー。
フォト



フォト



フォト



フォト





最後、バンダイブースの外側に『ガシャポン戦士NEXT』
フォト



プレミアムバンダイ扱いの物から、通常品まで全てが並んでいます。

NEXT 01
フォト


NEXT 02
フォト


NEXT 03
フォト


NEXT 04
フォト


NEXT SP 01
フォト


NEXT 05
フォト


NEXT 06
フォト


NEXT SP 02
フォト


NEXT 07
フォト


NEXT 08
フォト


NEXT プレミア
フォト


NEXT 09
フォト


NEXT 10
フォト


NEXT SAGA 01
フォト


NEXT 11
フォト


NEXT 12
フォト


NEXT SAGA 02
フォト


NEXT 13
フォト


NEXT 14
フォト


そして、現在開発中のNEXT 15
フォト





最後、ガンダムではありませんが、ヤマトブースで注目を集めていた5メートルの宇宙戦艦ヤマトと、ヤマトガールさんです。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




東京おもちゃショー2013、一般公開日は6月15日(土)・16日(日)です。

GUNDAM Cafe/東京駅店100回目


2013年6月10日(月)

東京駅店が昨年の12月22日にオープンして今日で170日。
今日、私が東京駅店へ行けば来店100回目となります。

それは後回しにして、まず秋葉原店。
フォト



この後、東京駅店へ行くことを考え早めに到着しましたが、店内満席で、ひとりぼっちの入店待ちです。
フォト



『カトルのトルコライス 宇宙の心 ~Nasa tao ang gawa, nasa Diyos ang awa.~』が完売しています。
フォト



10分程で店内へ。

『トロワのデザート 嘆きのピエロ ~Pierrot Le Fou~』 に『トロワ・バートン』
フォト



プチグラスは五飛、2セット目も重複無しで4種まで揃いました。
フォト



続いては『五飛の中華プレート 哪吒炒麺(ナーザチャオミェン)』
ドリンクも五飛で、コースターも五飛。
フォト



プチグラスはデュオ。
ついに2セット目が重複無く5種まで揃いましたが、1セット目と同じく最後まで引き当てられ無いのはヒイロ・ユイ。
フォト



週末明けの月曜だからでしょうか、入店待ちの列も少なく店内も混雑はしていません。
それでも、Wフェア目当てで来店している女性客が大半を占めていました。
フォト



喫煙席側に飾られていたROBOT魂 トールギスII。
フォト



上部に貼られていた解説パネルが無くなっていました。
フォト



ショップ側では、陳列棚上部のクリアファイルの並び方が変わっていました。
フォト



先日より販売開始の『一番くじ』は、ガンダムカフェ秋葉原店でも取り扱いをしています。
フォト



秋葉原店はこの辺にして、東京駅店へ移動。
フォト





東京駅店へ。
フォト



到着してすぐ、店員さんから「100回目おめでとうございます」とのお言葉。
その温かいお言葉が心に染みます。

私の100回目があるのも、素晴らしい店員さん方のおかげです。



秋葉原店での100回目はオープンから281日目。
東京駅店での100回目はオープンから170日目。

はかなりペースの早い100回目です。



秋葉原店の100回目では「すぐ100回目になるだろう」と思っていたので、特別なことはしませんでしたが・・・

秋葉原店に行きつつも、東京駅店に通って100回目と言うのは大きな意味が有ると思い、今回は自分だけでこじんまりとしたお祝いをすることにしました。


100回目なので、それらしいメニューを注文してみました。
フォト



秋葉原店100回目の時にはメニューに無かった『百式』のカクテル。
そして、百式色をした『マンゴーのフローズンケーキ』で100回目をお祝い。
フォト



せっかくの100回目なので、フローズンケーキ2個分をカットせず四角い状態で出して頂きました。
フォト



ふと、レシートを見てみると偶然の『100』がありました。
まったく狙っていませんでしたが、この日、東京駅店でお会計をした100人目だったようで、この偶然には店員さんも声を出して驚いていました。
フォト



1,580円以上のお会計なので、メテオコースターを2枚頂いておきます。
フォト



その他の変化・・・

カウンターに置かれている人形焼きが、実物から、食品サンプルに変わっていました。
フォト



フォト



この日、店員さんは2人でしたが、今日はいらっしゃらない店員さんにもお礼を伝えたいと思っています。

秋葉原店、台場店、東京駅店、全てに感謝です。

GUNDAM Cafe/今年も日傘が登場


2013年6月9日(日)

『ガンダムWオペレーションメテオフェア』が始まって初めての週末を迎えているガンダムカフェ秋葉原店。

隣のカフェは総選挙特需と言うのでしょうか、ここ最近にないぐらいに人が集まってきており、この辺り一帯が異様な賑わいを見せています。


13時半頃に到着すると、当然、入店待ちの列が出来ていました。
フォト



強い日差しからガンプラ焼きのお客さんを保護するため、大きなパラソルが出ていました。
フォト



入店待ちの列ににも、日傘が貸し出されています。
フォト



入店待ちの列はテラスを越え、隣の車両出入口に差し掛かる程の長さ。
ランチタイムなら上手くいけば40~50分といったところでしょうか。

50分程で列の先頭まで進みました。
フォト


土日は開店時間が8時半と早いので「フェアメニューは10時から」お伝えするカードが今回も用意されていました。
フォト



同じカードを使い回しても良いのに、毎回フェアに合ったカードを用意しているスタッフさんの遊び心はステキです。
フォト



さっそく注文してテーブルで待ちます。
番号札が可愛い絵柄に変わったので、こうやって写真に移し込んむ楽しみが増えました。
フォト



『五飛の中華プレート 哪吒炒麺(ナーザチャオミェン)』と、ノンアルカクテルは『トロワ・バートン』
フォト



ポン酢(?)を入れる小皿は白い陶器の物ばかり見かけていましたが、人気過ぎて足りなくなってしまったのか、ガラス製の小皿も使われるようになっていました。
フォト



プチグラスはカトル。
フォト



続いてデザートです。

『トロワのデザート 嘆きのピエロ ~Pierrot Le Fou~』
完売し易い品なので、店員さんに残数を確認し、まだ余裕がありそうだったので後回しにしました。
フォト



プチグラスはゼクス。
2セット目はトロワ、カトル、ゼクスと、今のところ重複無しで引き当てています。
フォト



16時になったので店内証明は青へ。
フォト



店内ではそれぞれのテーブルがお知り合いだったらしく、複数のテーブルをまたいでの交流会や交換会が始まっていました。

女性人気の高いフェアではよく見かける光景です。


ショップ側に貼られたメニュー表。
フォト



やはり、秋葉原店のショップだけ『オペレーションメテオの合い言葉』を実施していない事が周知しづらいようで、あらためて貼り出されていました。
フォト



16時半。
まだまだ入店待ちが列を作っている秋葉原店から撤収します。
フォト



すぐ近くにある魂ネイションショールーム。
フォト



Wフェア前夜からガンダムカフェの店頭に置かれている展示台と同じモノがここにも有ります。
フォト



ガンダムW関連のROBOT魂アイテムが並んでいますが、この中にデスサイズはありません。
フォト



ガンダムカフェ秋葉原店へ誘導する案内も貼られています。
フォト



魂ネイションショールームにすら展示されていない、ROBOT魂 デスサイズ。
正真正銘、ガンダムカフェ秋葉原店が初公開の場だったことがうかがい知れます。



GUNDAM Cafe/Wフェア2日目でプチグラスコンプ


2013年6月7日(金)

仕事帰りにガンダムWフェア二日目へ。
フォト



カフェ横の車両出入口をふさぎそうなほど、入店待ちが出来ています。
ディナータイムでこの列の長さは一時間待ちは必至。
フォト



予想よりも長時間並ぶことになり、最前列までに一時間半かかりました。
フォト


ここしばらく、人気フェアとは言え最初の金曜はこれ程並んだりはしなくなりました。

みなさん、スロースタートで、フェア始まって数日は「あれ?こんなもんかな?」と思ってしまう程でした。

今回のWフェアのスタートからの好調ぶりは、初めて00フェアを開催した時のようです。


時間も無かったので、すぐにプチグラスセットを注文。
フォト



唯一、引き当てられていないヒイロを引き当てました!
(後日、明るい時間帯に撮影しました)
フォト


フォト



店員さんにも・・・
「ヒイロが出れば重複なしでコンプリートなんです」
とお話していたので、ヒイロの絵柄が見えた瞬間、店員さんと一緒に湧き立ちました。

(もちろん、なんの仕掛けもないフェアな抽選です)

重複なしで全6種、コンプリートしました。
フォト



コースターと言い運が良すぎるとしか言えませんが、まだ何セットかを揃える予定なので、これ以降は上手く行かなさそうです。
フォト


フォト



一番美味しい(と思ってる)五飛づくしの組み合わせ。
コースターまで五飛でした。
フォト



21時半前にカフェから撤収。
フォト




翌日。
2013年6月8日(土)

11時後半に到着したのですが、来る時間を誤りました。
休日のお昼時なので、最も混む時間です。
フォト



一時間以上並んで入店。
フォト



普段は、少々待ってでもテーブル席にするのですが、時間がなかったので今回はカウンター席。
フォト



オペレーションメテオの合い言葉を言うタイミングがお客さんに伝えきれなかったらしく、トレーの上に、あえて「合言葉はこちらで」と書かれるようになっていました。
フォト



メニュー表にも同様に書かれています。
フォト



本日はトロワのプチグラス。
フォト



ヒイロのパスタ
『翼の無い天使 ~Operation Meteor~』 と、ドリンクもヒイロです。
フォト


時間がなかったので、添えられたらわさびの辛さと格闘しつつ、短時間で完食。


入店待ちが、隣の駐輪場まで延びているカフェから撤収しました。
フォト

GUNDAM Cafe/番号札がリニューアル

2013年6月6日(木)

『新機動戦記ガンダムWオペレーション・メテオフェア』 が始まった日、それらとは関係無く、新規に登場した物も多くありました。


お土産として人気の湯飲みに3種目が登場しました。
フォト



『名演説湯飲み ガルマ国葬編』800円
フォト



ガルマの名前は付いているものの、実質的にはギレンの演説です。
シャアのつぶやきも含まれている点に注目です。
フォト



フードやドリンクを注文した際に渡される番号札。
オープン以来、あまりにシンプルな番号札は、スタッフ内でも、ガンダムカフェらしい物が欲しいと切望されていました。

それが、オープンから四年目にして、いよいよ実現しました。
フォト


ディフォルメされたMSが、カフェの従業員となってエプロンを着けて働いています。

フォト


フォト


フォト


ガンダムカフェなので、店長はガンダムです。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




東京駅店でも同時に、新しい番号札が導入されています。
フォト



東京駅店のリーダーも「東京駅店にしか無い物が出来た」と、大変喜んでいます。

番号札としては同じデザインですが、東京駅店にしか無い絵柄が有るのです。

フォト


秋葉原店では1枚にまとめられていた黒い三連星も、東京駅店では別々のカードになっています。
フォト


フォト



東京駅店では、赤がジオン、青が連邦と分けられています。
フォト


東京駅店のガンダム店長は、エプロンを着けて仁王立ちだったり、エプロンを外したアフター姿があったりと多様です。
フォト


フォト





他に、人気の人形焼きが店内で食べられる様になっていました。
フォト


フォト

GUNDAM Cafe/Wフェアで仕込まれた名台詞一覧

2013年6月6日(木)

『新機動戦記ガンダムWオペレーション・メテオフェア』

前回のSEEDフェアでは各テーブルに劇中のシーンをステッカーにした物が貼られていました。
今回も各テーブルに貼られているのですが、内容は各キャラのセリフと、若干おとなしめの印象です。
フォト



禁煙席の奥から記録して行きます。

禁煙席の奥、左側。
フォト


フォト


フォト



禁煙席の奥、中央。
フォト


フォト



禁煙席の奥、右側。
フォト


フォト


フォト



モニター下の席、トイレ側。
フォト


フォト


フォト



モニター下の席、配膳カウンター側。
フォト


フォト


フォト



禁煙席中央、四名掛け席、ハロカウンター側。
フォト


フォト



禁煙席中央、四名掛け席の中央。
フォト


フォト



禁煙席中央、奥側の四名掛け席。
フォト


フォト



シャア専用席。
フォト



喫煙席寄りの二名席。
フォト


フォト



禁煙席のカウンター席。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




ここからは喫煙席です。

禁煙席とガラス越しに隣り合った二名席。
フォト


フォト



喫煙席中央、二名席のセンター。
フォト


フォト



喫煙席中央、テラス寄りの二名席。
フォト


フォト



喫煙席の奥、禁煙席寄りの四名掛け席。
フォト


フォト


フォト



喫煙席の奥、中央の席。
フォト


フォト



喫煙席の奥、テラス寄りの四名掛け席。
フォト


フォト


フォト



喫煙席カウンター席。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




今回は、テーブル以外にも貼られています。

カフェの中を宝探しの様に探して楽しんでもらおうと言う狙いがあるのではないでしょうか。

ショップ側の、入ってすぐの壁面。
フォト


フォト



レジの側面。
フォト


フォト



陳列棚の頭上。
フォト


フォト



喫煙席の展示スペース横。
フォト


フォト



モニター側の壁面(トイレ側)
フォト


フォト



喫煙席の奥、サインが並ぶ壁面。
フォト


フォト



男性用トイレ。
フォト


フォト



女性用トイレ。
フォト


フォト



ハロカウンター付近。
フォト


フォト



レジカウンターの前。
フォト


フォト



禁煙席カウンター席の前面。
フォト


フォト



以上、61の名台詞がカフェ内に潜んでいます。
慎重に探しましたが、おそらくこれで全部かと思います。

GUNDAM Cafe/ガンダムWフェア初日。


2013年6月6日(木)

『新機動戦記ガンダムWオペレーション・メテオフェア』 の初日です。


過去にフェアを開催した作品は、Z・ZZ・UC・G・SEED・DESTINY・00の7種。
(シャアフェアやハロフェアなどのフェアも有りましたが)


2012年の夏に開催された『真夏のエンドレスバトル』では、UC・00・Wのメニューが合同フェアとして提供され、その後、グランドメニューに組み込まれました。
この真夏のエンドレスバトルは、実戦配備の為のテストの意味合いを含んでおり、今回のガンダムWとして単独フェア開催は、そこで評判が良かった事の結果ではないでしょうか。


前回のSEEDフェア後半戦ではオープン前から多く方が並んでいました。
今回も混雑していく様子を観察するため早々に到着しましたが、店員さん以外の人影が見えません。
フォト



前回は列が出来ていた時間になっても他のお客さんは現れず、開店15分前に数名が現れる程度です。
最近のフェアは、平均してスローペースな出だしで、今回も同じくの様です。
フォト



10時になりオープン。
フォト



入口には、OPで使われているシーンがそのまま貼られています。
フォト



自動ドアの両サイドにはいつものようにメニュー表を拡大したポスターが貼られています。
フォト



フォト



フェア期間、最後まで配布されるヒイロ絵柄のメニュー表が拡大されています。
フォト



入口に置かれているメニュースタンドにもフェアメニューが置かれています。
フォト



前夜と同じくRPBPT魂の専用展示台が入口に陣取っています。
フォト



ガンダムカフェの展示で世界初公開となるデスサイズがセンター。
フォト



禁煙席の奥では、まだ準備が終わっていないようで、本部の方が頑張ってました。
フォト



開店時には10人ほど並んでいたお客さん。
少ないかと思っていたら、その後から続くお客さんが多くて店内は満席状態。

レジも混雑しています。
その混雑時間を使い、店内を観察して回ります。


まずは定番の展示スペース。

禁煙席カウンター後ろの壁面展示には・・・
フォト


フォト



シャア専用席側の壁面展示には・・・
フォト


フォト



先程まで展示作業をしていた禁煙席奥の壁面展示には・・・
フォト


フォト



禁煙席奥の展示作業は、いつの間にか終了していましたが、まだ照明が点灯していません。
フォト



喫煙席側の展示スペースは・・・
フォト



昨晩と変わらず、ROBOT魂のトールギスIIです。
フォト



注文カウンターは、まだまだ列が途切れません。

続いては、ショップ側の様子を見に行きます。
フォト



フェアに合わせたフェイスマグが2種。
フォト



いつも飾り付けスペースとして使用されている最上段には、クリアファイル5種セットが開封されて飾られていました。
フォト



Wフェアのグッズが多く並んでいますが、購入した物に関しては、個別に撮影します。
フォト



フォト



フォト



下段には、今回のグッズで最も単価(2,500円)の高いTシャツ4種が並んでいます。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



マフラータオル2種も広げた状態で飾られています。
フォト



そして、Wフェア開催と同日に告知されることも無く、ひっそりと宇宙世紀の湯呑みに新商品が加わっていました(後記します)
フォト



各テーブルには、フェアメニューが席数分だけ置かれています。
フォト



セットを注文する際のNGな事が注意書きされています。
(前回のフェアから、そのまま引き継いだ注意書きです)
フォト



お一人様1枚までです。
他のテーブルにおいてあるメニュー表まで持ち帰る方がいるので、仕方が無い注意書きです。
フォト



今までは「ランチョンマット」などと呼んでいたメニュー表。

実際にマットとして使用する方など殆どおらず、今回のフェアでは「A3メニューブック」と呼ぶようになっていました。

まず、フェア期間を通して最後まで提供されるメニューは。ステンドグラス調のデザイン。
フォト



翼を広げたウイングゼロが上部にあしらわれています。
フォト



ウイングゼロと同じ面にヒイロ・ユイ。
フォト



今回のフェアでは、複数の絵柄が提供されることになっています。

フェアが終わる7月16日までの全期間〈ヒイロ〉が提供。
そのヒイロと平行して、以下の3種が提供されます。

 6月 6日~6月16日〈デュオ&五飛〉
 6月17日~6月17日〈カトル&トロワ〉
 6月18日~最終日まで〈ゼクス&トレーズ〉

7月6日から、フェアの終了する7月16日までの10日間は全ての絵柄が提供されます。


まず最初からヒイロと平行して提供されている〈デュオ&五飛〉
フォト



フォト



フォト



繋げると、1枚のステンドグラスの様になります。
フォト



気を付けなくてはいけない事があります。

同時に複数枚が置かれていますがお一人様一枚までです。

複数が欲しい場合は、その回数分だけの来店をしなくては行けません。
ひとりで複数枚を持ち帰ったり、他のテーブルから頂いてしまうなどしてはいけません。


メニュー表としての内容はこちら。
どの絵柄であっても、この面は共通の内容になっています。
フォト



今回は、メニューの正式名称ではなくても「ヒイロのパスタ」と省略した呼び方でも注文可能です。
フォト


今までも省略してOKでしたが、少し恥ずかしがりながらも正式名称を言おうとするファンの心意気も楽しみのウチなので、公式に「省略しても良い」とアナウンスする必要は無かったのではないかと私は思います。


先程まで薄暗かったガンプラ展示のケースには、いつの間にか照明が点いていました。
フォト



MGのボックスアートを使用したパネルが上段を埋めています。
フォト



フォト



フォト



下段は、MGが並んでいます。
フォト



フォト



ガンプラビルダーズ・ワールドカップの告知もされていました。
フォト



フォト



フォト



オープンから、だいぶ時間が経ってしまったので注文をしに行くことに・・・
フォト



カウンター奥の画面では、今回もフェアメニューのメニューがリピートされています。
フォト



画面下にはメニュー表が繋げて飾ってあります。
フォト



フェアメニューの組み合わせパターンを説明。
フォト



フォト



フォト



フォト



スライドショーで紹介されているドリンクはノンアルコールのみです。
フォト



カウンターにはプチグラス全種がサンプル展示。
添えられた薔薇がエレガントです。
フォト



フォト



プチグラスセットを5セット、オーダーしました。
今回も箱の中からカードを選ぶ抽選方法です。箱の中にはプチグラスの種類よりも多いカードが入っているので5セットを同時にオーダーしたからと言い、得なことは何もありません。
フォト



レジの横には、今回のコースターがサンプル展示されています。
フォト



フェアドリンクに付いてくるコースターの全6種と、控え目なバリエーション。
フォト



フォト



今回のフェアで新登場のイベント《合い言葉は「オペレーションメテオ」》
フォト


合い言葉「オペレーションメテオ」とは・・・
秋葉原店、東京駅店、台場店で連携して展開される初めての試みです。

3店舗で異なるデザインとなっており、3枚を並べるとひとつの絵になります。



では、どうやってオペレーションメテオ・コースターをもらうのか。
ここが少々複雑なので注意が必要です。

《秋葉原店》
フェアカクテル注文時に「オペレーションメテオ」と告げます。
フェアコースターの変わりに、オペレーションメテオコースターがもらえます。
(合い言葉なので店員さんから聞いて来ないので自発的に)

《東京駅店・台場店》
お会計790円で1枚、1,580円で2枚がもらえます。
1回の会計で、お一人様2枚までなので、それ以上が欲しい方はお会計を複数に分ける必要があります。
※秋葉原店のショップでは実施していません。


まずフェアカクテルを全種、6品が到着。
(フェアメニュー5種+ロストプリンセス)
フォト



全6種中、5種が揃う良好なスタートですが、大きな混乱がありました。
合言葉ナシなのに、オペレーションメテオコースターが混入していました。
フォト



合い言葉を言っていないのに、なぜメテオコースターが!?

これには、内部の混乱が影響しています。
公式Twitterで、フェア初日の直前で、こんな発表がありました。
フォト



フェアコースターの中に、メテオコースターが混入しているというのです。
このtweetを知っていたので、不要なコースターではありましたが仕方ないかと思えました。
とりあえず、重複していないだけでもマシだと思えるので・・・


入荷したフェアコースターの束には、確かにメテオコースターが混ざっています。

ここで問題なのは、この件をお知らせしているのは公式Twitterだけなのです。
メニュー表にも、店内の掲示物にも一切書かれていません。
一部の人しか見ていないTwitterでしか告知されていないシステムは有効と言えるのか。

この件を知らないお客さんは混乱していました。
知ってはいても、この告知不足では店員さんは説明しづらそうでした。


その後、フェア2日目。
メテオコースター混入の仕組みは無くなりました。
「合い言葉が必要なモノが、合い言葉も無く提供される事は無い」と言う理由からです。
公式Twitterと現場で、真逆の見解となっています。


未だにスッキリしない、混入問題、はっきりさせて欲しいところです。



メニューの内容に戻ります。


フェアメニューも全て到着。
フォト



ヒイロ・ユイ、プチグラスセット。
フォト



『ヒイロのパスタ 翼の無い天使 ~Operation Meteor~』
ガンダムカフェらしく、一般のパスタ店で考えれば1.5倍以上の量があるパスタ。
フォト



大根おろし、なめ茸、オクラに温泉卵をのせる純和風の冷製パスタ。
具材が先に無くなってしまわないように加減して食べていると、後半で具材ばかりが残ってしまったので、最初から加減なしで頂いて大丈夫かと思います。
フォト



添えられたグリーンはわさびです。
しっかりと鼻腔にツーンとくるわさびなので、少ないように見えますが、この量で十分に全体の風味を変える事が出来ます。
フォト



『ヒイロ・ユイ』
こちらもキウイに抹茶を加えた和風よりのノンアルコールカクテル。
わずかな抹茶風味にキウイの甘さが強い、甘系ドリンクです。
フォト




デュオ・マックスウェル、プチグラスセット。
フォト



『デュオのプレート 笑う死神 ~Smile of DEATH~ 』
三つ編みをイメージしたパンは、このフェアのために発注したモノです。
見た目の印象とは違い柔らかくて甘いパンです。
フォト



カフェお得意のポテトサラダを使ったグラタンに、添えられた2本のソーセージは、デスサイズの釜をイメージしています。
フォト



プレーンヨーグルトに添えられたふたつのブルーベリーは、デュオの瞳でしょうか。
豆は微かにカレーの香りがするアジア系の味わいです。
フォト



『デュオ・マックスウェル』
コーラだと思って飲んでいたら、後からキャラメルの風味が追いかけてくる、面白いノンアルコールカクテルです。
フォト



デュオの三つ編みをイメージしたレモン・・・だと思っていたら、このレモンは釜だそうです。
フォト




トロワ・バートン、プチグラスセット。
フォト



『トロワのデザート 嘆きのピエロ ~Pierrot Le Fou~』
ピエロの仮面をかぶったトロワを再現したパンケーキで、今回唯一のデザートメニュー。
2種類用意されたディップ用小皿や、皿に書かれたチョコレートソース。
中央に置かれたアイスなどと一緒に頂きます。
フォト



今までのカフェ経験から、今回も柑橘系のアイスかと思ったら、甘いバニラアイスでした。掛けられているグリーンはキウイソースです。
フォト



オレンジソースの掛けられたホイップクリームと一緒に頂くも良し。
フォト



チーズ風味のムースに乗ったブルーベリーと一緒に頂くなど、楽しみ方は多彩です。
フォト



『トロワ・バートン』
オレンジとホワイトチョコの、かなり甘いノンアルコールカクテル。
フォト



オレンジの皮で、トロワの髪型を再現している面白ノンアルコールカクテルです。
フォト




カトル・ラバーバ・ウィナー、プチグラスセット。
フォト



『カトルのトルコライス 宇宙の心 ~Nasa tao ang gawa, nasa Diyos ang awa.~』
フォト



サフランライスとカツをピタパンで包み込んでいます。
フォト



フォト



『カトル・ラバーバ・ウィナー』
フェアドリンクとしてはガンダムカフェ史上初めて「カクテル」以外の飲み物です。
フォト



シナモンスティックにアールグレイを注いで頂きます。
甘味としてマーマレードが添えられています。
フォト




張 五飛、プチグラスセット。
フォト



『五飛の中華プレート 哪吒炒麺(ナーザチャオミェン)』
中華風の焼きそばに、2種の海老餃子が添えられています。
フォト



龍を模した餃子は、小さい方はペースト状の海老を使用しており、大きめの餃子は海老がそのまま入っています。
フォト



『張五飛』
ミルクにアップルとジャスミンが加えられています。
フォト



5種の中で最も甘さが抑えられたスッキリしたノンアルコールカクテルです。
フォト


フォト




プチグラスも重複無く5種まで揃いました。
フォト



デュオ
フォト


フォト



トロワ
フォト


フォト



カトル
フォト


フォト



五飛
フォト


フォト



ゼクス
フォト


フォト



今回もグラスの底にはカフェマークがプリントされています。
フォト



箱の裏側。
フォト



ひとまず、ランチタイムですべきことは全て終わりました。

ショップ側を覗いてみると、クリアファイルの飾り付けが立体的になっていました。
フォト



フォト



平日の14時半だと言うのに、入店待ちがテラス中頃まで伸びていました。
フォト





台場店へ移動。
フォト



ガンダムの前にはゆりーと。
フォト



ウイングとガンダム・・・
フォト



さて、台場店の店内へ。
フォト




暫く残っていた1周年記念マグが完売していました。
フォト



台場店でのWフェアグッズの状況です。
フォト



広いスペースを活用して、展示がされています。
フォト



オペレーションメテオの合い言葉と、そのコースターを案内したプレート。
台場と同じように見えますが、細かなところが各店舗で違います。
フォト



台場店のメテオコースターをもらうために、マフラータオルを購入します。
フォト


1,580円でコースター2枚がもらえるのですが、マフラータオルは1,570円。

10円足りません。
メテオコースターの条件設定がいやらしいと思える瞬間です。


価格調整として。バラ売りしているクッキーを購入すると、少ない出費でコースター2枚を頂けます。
フォト



マフラータオル2種(1,570円)を購入し、台場店のメテオコースターを4枚確保。
フォト



後は東京駅店だけです。
フォト






16:40 再び秋葉原店へ、入店待ちは居ません。
フォト



トロワのデザートが完売しています。
フォト



クリアファイルが完売していますが、既に発注が掛けてあるとのことで、うまくいけば当日中に再入荷との事でした。
フォト



コリンズグラス(1,000円)を2種、購入。
フォト



『コリンズグラス ゼクス・マーキス』
フォト



トレーズの仮面をあしらっています。
フォト



『コリンズグラス トレーズ・クシュリナーダ』
フォト



薔薇があしらわれています。
フォト



17時を過ぎたので、フェアメニューのアルコールを注文。
フォト



『ヒイロ・ユイ』
メロン味でとても甘いジン系のカクテル。
フォト



『レディ・アン』
ジンとクランベリーのカクテルです。
串刺しにされたオリーブが、レディ・アンの眼鏡をイメージしています。
フォト



『トレーズ・クシュリナーダ』
ウォッカとローズリキュールのカクテルで、これもなかなかの甘さです。
フォト



午前中に引き当てられなかったトレーズ&ゼクスのコースターが手に入り、これでフェアコースター、コンプリートしました。
フォト



アルコールを楽しんだ後で、再びショップをチェック。
フォト



日中は貼られていなかったフェアグッズのPOPを発見。
フォト



レジの横にも縮小版が貼られています。
フォト



フォト



フォト



丁度、クリアファイルが再入荷したところでした。
フォト



19:20 秋葉原店から撤収。
仕事終わりの方も並び始めたようで、入店待ちがテラスを越えています。
フォト






最後の目的地、東京駅店へ到着。
フォト



物販には、Wフェア関連グッズがあります。
フォト



東京駅店ではフェイスマグだけの取り扱いです。
フォト



メテオコースター欲しさにフェイスマグとハロラテを同時購入。
1,200円+380円で丁度、合計が1,580円。
フォト



オペレーションメテオ・コースター、コンプリートです。
フォト



これで、全てのコースターが揃いました。
フォト



『フェイスマグ ウイングガンダムゼロ・エピオン』(各1,200円)
フォト


フォト



今回は、各店舗のロゴが入っていない共通仕様になっています。
フォト


フォト


フォト


フォト



オペレーションメテオの合い言葉と、そのコースターを案内したプレート。
東京駅店仕様です。
フォト



5枚1セットの『ガンダムW クリアファイルセット』(1,300円)
東京駅店では販売していませんが、明るい場所で撮影するために秋葉原店で購入した物を開封。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



裏側はMSがプリントされています。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



わずか1ヶ月のフェアであるにも関わらず、過去最高に濃度の濃い内容のWフェアです。

終了日は雑誌発表と公式ツイ発表で食い違いがあり、良く分からない時期もありましたが、7月16日(火)で確定しています。


メニュー表の絵柄が10日間隔で切り替わるのでご注意を。

プチグラスも、期間中であっても完売してしまう可能性もあるので、ご注意を。

GUNDAM Cafe/Wフェア前夜


2013年6月5日(水)

翌日から始まる『新機動戦記ガンダムWオペレーション・メテオフェア』
これから暫く混雑しそうです。

なので、今のうちに落ち着いている店内を堪能しに来ました。
フォト



店内に入ってすぐに驚いたのが、大型の展示台。
フォト



魂ネイションのショールームに置いてあるような背の高い大型展示台です。
フォト



中にはガンダムW系のROBOT魂がディスプレイされています。
フォト



その中心に置かれていたのが、おそらく初公開となる『デスサイズ ヘル』
フォト



参考出品として展示されていました。
フォト



『アルトロン』
フォト



『ヘビーアームズ改』
フォト



『サンドロック』
フォト



『ウイング ゼロ』
フォト



『エピオン』
フォト



喫煙席側の展示台も、一昨日の内容から変わっていました。
フォト



一昨日から展示されていたMGから、ROBOT魂『トールギス2』に変わっていました。
フォト



その頭上には、魂ネイションショールームの案内が貼られています。
フォト



店内の客入り具合は多すぎず、少なすぎずです。
フォト



珍しく、喫煙席、禁煙席、均等にお客さんが入っています。
フォト



翌日からのフェアに備え、ハロ抹茶ラテにしておきます。
フォト



レジカウンターの上には・・・
フォト



本日まで(?)の開催予告が貼られています。
いつもレジ周辺には、店員さんの細かな工夫が潜んでいます。
フォト



外はすっかり暗くなっていますが、入口の展示台が・・・
フォト



やたらと明るくて気になってしまいます。
フォト



外からでも、展示台のLEDがまぶしいぐらいに目を引いていました。
フォト



ショップ側では、翌日に大量入荷するフェアグッズの為にスペースが確保されていました。
フォト



ここには、フェイスマグが陳列。
フォト



本日は東京駅店へ寄らず終了とします。
フォト

GUNDAM Cafe/500回目


2013年6月3日(月)

いつもの仕事帰りより少し遅く秋葉原店に到着。
店外の照明が、今までの青から赤へと変わっていました。
フォト


本日、ガンダムカフェへの来店500回目になりました。


2010年4月24日にガンダムカフェがオーブンしてから今日まで、カフェの画像をフォルダに入れて連番を付けていたので、あまり意識していなくても「そろそろ○回目」と気付くことが出来ます。
フォト



その来店ペースを振り返ってみると・・・
 100回目= 2011年01月30日
 200回目= 2011年11月08日
 300回目= 2012年06月11日
 400回目= 2012年12月17日

少しずつ、前回からの間隔が短くなってきています。

もちろん1回目でも100回目でも、関係なく楽しめる場所です。
来店の回数など、何の意味もありませんが、連続して記録を付けていると節目として記憶しておきたい出来事でもあります。


店内は、比較的空いています。
フォト



500回目として、何か思い出に残ることは出来ないか・・・
メニューの面白い組み合わせは無いモノか・・・

考えて見ましたが、500回目となるとネタ切れです。


それでも既存のメニューを組み合わせて、500回祝的なことはしてみましたが、その画像は自粛。
フォト



500回目だからと言い、普段と大きく変わることの無い時間を過ごしました。
店員さんから「おめでとうございます」との言葉を頂けたことが一番大きなお祝いでした。

これだけの回数を楽しく快適に過ごさせて頂けているのも、店員さんの頑張りやお心遣いあってのことです。

感謝しつつ、秋葉原店から撤収。
フォト



そして、東京駅店へ。
フォト



先日より早くなった閉店時間まで、ジャブローコーヒーで過ごさせて頂きました。
フォト

GUNDAM Cafe/台場店でもモノアイドッグ


2013年6月2日(日)

本日より台場店を有するダイバーシティ東京にて
TOKYO GUNDAM PROJECT 2013』が開催されます。

がしかし、ガンダムとして特筆すべきことは何も無かったので、カフェの記録へ含むことにしました。

開会セレモニー用に、ちょっとした踏み台とマイクが数本立っています。
とても質素な設備です。
フォト


大々的なPVを作っている割りには、こじんまりとした規模で拍子抜けです。


小規模なイベント用に周辺にはテントがいくつか立てられています。
フォト


唯一、ガンダムと関連していたイベントは『スポーツGOMI拾い』なるイベント。

参加者は、この様なビブスを着用していました。
フォト



フォト



台場店の前では・・・
フォト



ゆりーとのエアドームが・・・
フォト



膨らんでいました。
フォト



さて、本題のガンダムカフェ台場店です。

入口のメニューに追加されたA4サイズメニュー表が新しくなっています。
フォト



左が以前のメニュー、右が今回の新しいメニュー表。
モノアイドッグが追加されています。
フォト



入口側の平置き台には・・・
フォト



1周年の記念マグカップが、今も販売されています。
フォト



その裏側には、市販のガンダム系商品をピックアップした棚があります。
フォト



完売しやすいASSAULT KINGDOM2が全種類、揃って販売されていました。
フォト



本日の目的『モノアイドッグ』を注文。
フォト



ガンダムとモノアイドッグ。
フォト



モノアイなので、正しくは横に持った方が良いのかも知れません。
フォト





次は東京駅店へ。
後日、予定していることの下調べが目的です。
フォト



ショップの物品をチェック。
フォト



少し前まで、残っていたシャアのフェイスマグが、いつの間にか無くなっていました。
多店舗が完売しても、暫くは東京駅店に在庫が残っていたのですが、GW明け頃に完売していたようです。
フォト



店内、満席に近い状態だったので、空いた席は他のお客さんのために残しておいて、一人の私はスタンディング用のテーブルでアイスジャブローコーヒーを頂きます。
フォト



さっきまで満席だったと思えば、その数分後には貸し切り状態になる東京駅店。
立地的にも客層的にも、仕方が無い部分です。
フォト



フローズンケーキを注文する際、確認したいことがあり、カフェで一番大きなお皿もお借りしました。
フォト



再び満席に近い状態になった頃、東京駅店を撤収しました。
フォト

GUNDAM Cafe/閉店時間変更と30円割引券


2013年6月1日(土)
東京駅店の閉店時間が、これまでの22:30から1時間早くなります。
今後、東京駅店は21:30閉店です。

それにともない、フードのラストオーダーは20:30。
ドリンクのラストオーダーは21:00となります。
(物販は閉店ギリギリまで対応してくれます)

これらは、ガンダムカフェの公式サイトにて5月23日に発表された内容です。


先を急ぐ方の多い東京駅です。
遅い時間になるほどに利用者は少なくなる状況は当然の事。
昨今の客の流れも考えれば順当な判断だったのかも知れません。

その、閉店時間が早まる初日に行ってきました。


閉店1時間前、20:30に到着。
フォト



暫く姿をお見掛けしないと思っていた店員さんがいらっしゃいました。

今まで居なかったのでは無く、運が悪くすれ違っていたそうで、店員さんからすれば、私の方こそ一週間以上も姿が見えないので、体調を崩していると思われていたようです。


店内は2組程のお客さんがいらっしゃいます。

ミックスジュース『キッカ』を飲みつつ、閉店までの時間を過ごします。
フォト



閉店時間になったので東京駅店から撤収します。
店員さんも、こんな時間の閉店は初めてのことなので、いまいち感覚がしっくり来ていないご様子でした。
フォト




そして、別件で確認することがあるので秋葉原店へ移動。
フォト



SEEDフェア後の、ポスター類のないスッキリとした入口です。
フォト



まず、アイスジャブローコーヒーを頂きます。
フォト



フェアの無い期間と言う事もあり、土曜の夜ですが店内は空いています。
フォト



次回のフェア『ガンダムWフェア』は6月6日からですが、店内には少しずつ準備が始まっています。

喫煙背は側の展示スペースに、ガンダムWのMGが3体並んでいました。
フォト


フォト


フォト



本日、秋葉原店に来た目的の内容が給水器側に貼ってありました。
近隣の駐車場、3箇所との連携サービスのご案内です。
フォト


フォト



駐車券をガンダムカフェで提示すると、ソフトドリンクが30円割り引かれます。
ただし、マイカップの割り引き(30円)との併用は出来ません。
フォト



特典の内容としてはマイカップサービスと同額ですが、この駐車券サービスは1枚で5名まで30円割り引きが受けられるという大きな利点があります。



どういうわけか、ラストオーダー直前になって、お客さんが急に増え始めました。
フォト



念のためショップも確認しておきます。
フォト




SEEDフェアでの商品が、1段低い位置に移動していた事ぐらい。
フォト



『マ・クベの壺』は完売していますが、数量限定では無いので、数日後には入荷してくる見通しが立っています。
フォト



秋葉原店でも閉店時間まで利用させて頂きました。
フォト



23:00 秋葉原店も閉店しました。
フォト



路上に置いてある看板もシャッターの内側へ。
フォト



ガンダムカフェの奥に見えるUDX。
フォト



そのUDXの駐車場に状況を確認しに向かいます。
フォト



地下の駐車場に降りると、昇降ボタンの近くにB4サイズの貼り紙がされています。
フォト



フォト



ガンダムカフェのロゴと画像を大きく使った、なかなかに宣伝効果がありそうな貼り物です。
フォト



フォト



全ての用件は、これで終了です。
フォト

静岡ホビーショー2013/SD編

2013年5月16日(木)
画像整理に半月近くかかってしまった静岡ホビーショー2013
ビジネスデーの初日。


SD関連の展示を(画像のみですが)まとめます。


LEGEND BB『ストライク劉備』の特集。
フォト


フォト


フォト


フォト


ランナー状態でも展示。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



プレミアムバンダイ扱いの瞑想態(ディアクティブ)ストライク劉備と、豪華な付属品の数々。
フォト


フォト


フォト




LEGEND BB 次回作『騎士ユニコーンガンダム』の予告をしつつ、歴代のLEGEND BBを展示。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


ブレミアムバンダイ扱いの『武者頑駄無 超鋼Ver.』
フォト


フォト




通常のBBも新作のサザビーとHi-νを中心に展示。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




細かい文章は付けられませんでしたが、これにて静岡ホビーショー2013のまとめ、終了です。

静岡ホビーショー2013/ガンダムUC、プロショップ編

2013年5月16日(木)
静岡ホビーショー2013 ビジネスデーの初日。


ガンダムUC関連と、プロショップへ向けた展示をまとめます。
フォト



ブースとしてもガンダムUC関連としてまとめられていますが、アイテムの時代背景は三者三様です。
フォト




『HG ベースジャバー』
フォト


フォト


HGジェスタを搭載した場合。
フォト


ボックスアートも決定。
フォト


HGジェガンを2体、両面に搭載。
フォト




『HG ドーベン・ウルフ』
フォト


フォト


まだラピッドモデル段階です。
フォト


フォト


袖付き仕様です。
フォト


フォト


フォト


裏面も撮影。
フォト




『HG ゾゴック』
フォト



HGジュアッグに続き、MSVからの新規リリースです。
フォト


こちらもラピッドモデルです。
フォト


フォト


フォト


フォト




3種の新作が並んでいた隣には、発売済みのガンダムUC関連MGが並んでいます。
フォト


フォト


フォト


フォト




同じく、発売済みのガンダムUC関連のHGが展示されています。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




ガンダムフロント東京関連にも展示スペースが用意されています。
MG RX-78 Ver.3 の隣という好立地のブースです。
フォト


GFT限定のプラモたちと・・・
フォト


STRICT-Gの商品が混在して展示されています。
フォト




また別のブースでは、ガンダムフロント東京を有するダイバーシティ東京を舞台にしたゲーム『ガンダムブレイカーズ』に関連した展示がされています。
フォト


ゲームの世界観をテーマにしたジオラマ。
フォト


ゲームの趣旨を分かりやすく再現したミックスビルドのプラモ達が何点か展示。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




今年も開催される『ガンプラビルダーズ・ワールドカップ』のPRブースも有りました。
フォト


フォト


ビルダーズパーツを利用した、お手軽カスタム品が並んでいます。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


ビルダーズパーツも、全てのシリーズを展示しています。
フォト


カスタムの一例。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




RG GP01に絡めた0083関連のHG展開をバイヤー向けに展示。
フォト


フォト


フォト



同じく、雑誌媒体での展開を切り口にSEED関連の商品展開。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


SEED関連の新商品ブースでも展示されていたホビージャパンの付録。
フォト


プロショップを通してGBWCへの展開もバイヤー向けに提案。
フォト


フォト


プロショップの方による作例も展示。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



この次にまとめる、SD関連で最後です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。