2013年11月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/ラバーマスコット発売…前


2013年11月28日(木)

クリスマスの雰囲気漂う台場へ。
フォト



11月30日から始まる『ガンダム立像ライトアップ WINTER Ver.』の準備がガンダムの足下で始まっていました。
フォト



台場店。
フォト



入口付近。
フォト



多店舗と同じく、ガンダムカフェくんがサンタの格好を下ステッカーが貼られています。
フォト



ドムくんとザクくんの後には黒く四角い箱があります。
フォト



真・ガンダム無双の試遊台が置かれていました。
フォト



中央のツリー。
フォト



ツリーの影からガンダム店長が覗いていました。
フォト



秋葉原店、東京駅店で配布しているSEEDのポストカード、台場店にも置いてありました。
フォト



『宿命の対決フェア』初日には、テーブルに貼っていた丸いステッカー。
フォト



さすがに支障があったのか、壁面へと貼り替えられていました。
フォト



そして、注目すべきは『ガンダムカフェくん ラバーマスコット』420円
フォト



全種を購入しましたが、これは11月30日発売と言う事になっている商品。
なぜか台場店ではフライングして発売されていました。
フォト



裏面。
フォト



ラバーマスコットのドムくんの手には、秋葉原店でディナータイムに使われているメニュー表が。
フォト



シャアザクくんの手にはカフェのロゴ入りカップと、ガンダムカフェらしさが詰まっています。
フォト


※この時点では『ガンダムカフェくん ラバーマスコット』発売日前です。


まだ暫く台場に留まるので、ガンプラ焼き ジャーマンポテトで腹ごしらえ。
フォト





2013年11月29日(金)

秋葉原店へ行く前に東京駅店へ。
半月程すれ違いで顔を合わせていなかった店員さんと遭遇。
フォト



『レツ』を注文。
フォト



入口側の保冷庫の上に並んでいる物に変化が・・・
フォト



二人の店員さんが作ったHGアッガイが手作りのクリスマス衣装を着ていました。
フォト


世間では『HGBF ベアッガイさん』の発売日で賑わっていますが、このHGアッガイを作った店員さん方は「アッガイはクマにならなくても可愛いんです」と、粋なことを言っていました。


こちらも店員さんの私物であるシャアのフィギュア。
もちろんバンダイから発売された公式な物ですが、ショッキングな仕上がりなのでアップで撮ることは止めておきます。
フォト



こちらは、今回の『宿命の対決フェア』に参戦していない東京駅店が、なんとか応援しようと思い、店員さんが個人的に用意した物。
フォト


東京駅店では、ガンダムビルドファイターズの影響で、ガンプラを作りたくなっている店員さんが急増しているようです。


さて、秋葉原へ移動してきました。
フォト



本日の対決の状況は・・・
フォト



〔22:13〕と、グラハムが相変わらずの優勢です。
フォト



店内展示物に違和感が・・・
フォト



シャア専用席側と展示物が入れ替わっていました。
フォト



秋葉原店に来る前に書店で、本日発売の『プラモ男子とプリチー女子 3巻』を購入。
フォト



20時頃、それまでの混雑が落ち着いてきましま。
フォト



長居してしまって22時前に撤収。
フォト



店先のガンダムを、また誰かが勝手に動かした形跡あり。
注意書を目にしながらでも触っていく人は割と多く、困ったものです。
フォト



先日まで貼られていたEXPOのポスターは無くなり、代わりのものも貼られていませ。
フォト



台場店で先行していたラバーマスコットの陳列場所が、秋葉原店でも確保されていました。
フォト



秋葉原店、東京駅店共に、30日よりラバーマスコット販売開始です。
フォト

スポンサーサイト

GUNDAM Cafe/東京駅店もクリスマス準備


2013年11月26日(火)

つい2日前にEXPOが終わったばかりの秋葉原。

今度は、書泉ブックタワーにて『機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ』の小説単行本第1巻の発売記念サイン会が開催されました。
フォト



著者の板倉俊之さんによるサイン会です。
フォト



整理番号が16番と早いのに、開始時間が18時だったので、かなり急いでギリギリ間に合いました。
フォト



ガンダムのイベント後はガンダムカフェへ。
フォト



グラハムが完売しています。
フォト



外では入店待ちが列を作り、店内も満席なので、コーヒーをテイクアウト。
フォト



〔19:14〕でグラハム優勢ですが、すでに完売してしまっています。
在庫が無いから刹那が追い上げた・・・という得票では意味が無いので、どちらかが完売した場合はノーカウントにするのが望ましいかと思う次第です。
フォト



ガンダムのイベント後は、その成果物を眺めながらガンダムカフェでゆっくりと~が理想的なのですが、秋葉原店が込んでいたので東京駅店へ。
フォト



東京駅店でも、クリスマスの準備が始まっています。
フォト



東京駅店で小さなニュースです。
この前日より、ドリンク用カップが「ガンダムカフェくん」を使った新デザインの物に変わりました。
フォト


台場店が先行して新デザインのカップへ。
東京駅店も在庫を使い切り、新デザインのカップへ。

旧デザインのカップは、いよいよ秋葉原店に残る在庫のみになりました。
フォト



こちらが、本日、サイン会が開催された『機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ』
フォト



著者、板倉俊之さんのサイン。
フォト



そして、サイン会の会場に来られていたメカニックデザインの瀧川虚至さんにもサインをして頂けました。
フォト



末尾には、板倉俊之さんや瀧川虚至さんと並びガンダムエースで『カタナ』や『オレら連邦愚連隊』を連載されていた曽野由大さんも美術デザインとしてお名前が書かれています。
フォト



偶然ですが、曽野由大さんとは数日前にお会いしたばかりで、その際に一筆描いて頂いていました。
※曽野さんは今月の26日発売のガンダムエースで新たに連載を開始されています。
フォト



さて、東京駅店の内装に目を戻すと、随所にクリスマスの気配が漂っています。
フォト



レジカウンターの真上には、サンタの恰好をしたシャアザクくんと・・・
フォト



ガンダム店長がいます。
フォト



通路に面した保冷庫には・・・
フォト



量産型なのに赤い服を着たザクくん。
フォト



保冷庫の上には・・・
フォト



店員さんがられたHG アッガイがツリーヲ取り囲みます。
左がDさんで、右がIさん・・・と、その仕上がりを見ると誰が作ったのか分かります。
フォト



グッズが並ぶ棚にも・・・
フォト



ソリを引くジオングくんと、ハロを袋に詰めてお仕事中のガンダム店長。
フォト



フォト



フォト



今回のフェアと同日に発売されたガンダムカフェくんグッズが東京駅店にも並んでいます。
フォト



フォト



フォト



フォト





その翌日、2013年11月27日(水)

この日は、秋葉原店には行かず東京駅店だけ。
フォト



仕事で疲れた体には、アイスジブローコーヒー。
フォト



カウンターで、店員さんがなにやら作業していたので見てみたら・・・
フォト



ガンダムカフェではなく、一番街としてのクリスマス準備でした。
フォト



GUNDAM Cafe/森本がーにゃ先生と


2013年11月21日(木)

他でまとめた日付けと重複してしまいますが、EXPO初日の記録です。
フォト



EXPOで疲れたので、ガンダムカフェで休憩。
フォト



出だし好調な『宿命の対決フェア 刹那vsグラハム』

この日はフェア2日目ですが、店内もショップ側もマイスターの制服を着た店員さんがフェアを盛り上げてくれています。
フォト


フォト




先日から模型店を中心に配布しているガンプラのチラシ。
そこにA5サイズのスペースで漫画を書かれているのはGUNDAM.infoで『SDガンダムいんふぉ』を連載されている森本がーにゃ先生。
フォト



EXPOの会場内でもお会いしましたが、丁度、カフェでも同じタイミングで居合わせたので、お邪魔させて頂きました。

ちょうど、チラシを持っていたのでサインして頂きました。
このチラシにサインを頂いたのは私が第1号だそうで光栄です。
フォト


その後、別の用事があるとのことで、ひとあし先に帰られました。


がーにゃ先生には、いつも遊んで頂いて感謝です。

カフェの店員さんにも『SDガンダムいんふぉ』を毎週読んでいる方がいるようで「がーにゃ先生、さっきまでいらっしゃいましたよ」と言うと、驚かれていました。



『SDガンダムいんふぉ』
http://www.gundam.info/contents_list/21/1
毎週木曜日、17時頃に更新されます。
新商品の紹介やイベントのレポなど、可愛いSDキャラが紹介してくれます。

まだ未読の方には強くお勧めします!



GUNDAM Cafe/早すぎるプチプレート完売


2013年11月24日(日)


この前日、23日20時頃。
〈ガンダムカフェ公式ツイッター〉
グラハムのプチプレートが残り10枚をきってしまいました!
刹那のプチプレートも残りわずかとなっておりますのでご注意くださいませ!


と、目を疑うようなツイートがされました。
まだフェア開始から5日で残り10枚とは・・・


その約1時間後、グラハムのプチプレート完売の告知がされました。
〈ガンダムカフェ公式ツイッター〉
グラハムのプチプレート完売致しました!
刹那も残りわずかとなっておりますのでお急ぎください!



本来、客観的な情報としてまとめるには、該当ツイートを引用する事が望ましいのですが、既に削除されています。

このような場合、不用意な削除は「コメントを無かったことにした」とも取れてしまいます。

削除に気付いた方に疑念を持たれる可能性もあるので、ここでは手堅く「再入荷しましたので削除します」などとツイートしておくべきでした。



フェア開始から初めての土日を越すことも無く、開始5日目で完売。
当然、殆どの方は、そんなに早く完売するとは思っていません。

Twitter上では悲鳴にも似たツイートが、多数あがっていました。
ヤフオクでは高額で出品され、それに手を出すプチプレート難民もいました。


なぜこんな早期に「完売」の報告が出ることになったのか。
真相を書いたところでしわ寄せが行くのは責任の無い現場の方々です。

ここでは、誰でも知り得る公式ツイートの情報だけに絞ってまとめていきます。


EXPOでのステージ観覧整理券を確保するため、24日も始発で秋葉原入り。
フォト



8時に配布が始まり、目的の整理券を確保。
フォト



8時半の開店を待って朝イチのカフェへ。
フォト



始発からの3時間で冷え切った体には、温かいジャブローコーヒー。
フォト



暖まるためだけにガンダムカフェへ来たのではありません。
(眠たさもあったので、休むだけなら近隣のマックを選んでいました)

完売間近の刹那のプチプレートの残数を確認する為、開店時間に合わせて来ました。

残数は14枚。


おそらく10時の提供開始時間には入店待ちが出来ています。
同じく10時開場のEXPOに行けば、その間に14枚は完売してしまうでしょう。

どうしても10時にEXPO入りして撮らなければならない写真がありました。
しかし、私は刹那が2枚必要です。
苦渋の決断でガンダムカフェを選び、10時まで待ちます。



 ーーー 9時半 ーーー


やはり、外では入店待ちが出来ていました。
EXPOの後に回していたらアウトでした。


10時になると当時にカウンターへ。
フォト


この時点で、私の前に並んでいた方々で6枚の刹那プチプレートが無くなりました。


メニュー表のグラハムには「SOLD OUT」の文字が貼られています。
フォト



私が刹那2枚入手で残りは8枚。
フォト



私の後ろにも、何名か並んでいました。
案の定、10時半には刹那のプチプレートも完売。

外で並んでいる入店待ちや、店内に向けて「刹那のプチプレート完売しました!」と、店員さんの声が響き渡ります。

店員さんも「完売を告げるのはつらい」と言っていました。



メニュー表には「SOLD OUT」の文字。
フォト



朝食にしては量が多いのですが、プチプレートのためです。
フォト



『愛の名のもとに ~グラハムのラザニア~ 』
フォト



『宇宙を貫く閃光 ~刹那のペンネグラタン~』
フォト



入口の自動ドアには貼り紙がされました。
フォト



プチプレート完売のお知らせです。
フォト



入口の大きなメニュー表。
フォト



ここにも「SOLD OUT」の文字。
フォト



店内はプチプレートと関係なく満席状態が続いています。
フォト



その後、11時半から14時過ぎまでEXPOのステージ観覧。
フォト



15時半に、カフェへ戻ってきました。
フォト



EXPOへ行っている間の13時43分、プチプレートに動きがありました。
〈ガンダムカフェ公式ツイッター〉
大変ご迷惑をおかけしている『宿命の対決フェア』特典のプチプレートですが、明日11/25(月)の午後には再入荷の予定です。



私だけでは無く、多くの方に動揺を与えた出来事の経緯は分からないままです。
そこで、次のようにガンダムカフェのアカウントにお願いをしました。
「増産しての再入荷なのか、残っていた在庫からの補充なのかハッキリさせて欲しい」と。

しかし・・・表立っての報告はされないままでした。


入口のメニュー表にも、入荷予定のお知らせが貼られていました。
フォト



フォト



2010年のオープン当初、500個限定マグカップが早々に完売しました。

実は、別の場所に置かれていた在庫が残っていました。
その事は、ありのままお客に伝えられ、後日の再入荷となりました。


その頃のガンダムカフェとは、すっかり変わってしまったようです。


店内、注文カウンター上に置かれた案内にも、再入荷が追加して書かれています。
フォト



フォト



現場の店員さんも全てを聞かされているわけでは無いので、私たちと同じくこの騒動に巻き込まれた側と言っても良いかと思います。


プチプレート効果なのか、〔29:31〕と刹那が優勢です。
フォト



店内には、やや大きめの制服をあちこち縮めて来ているロックオンさんが。
フォト


フォト



とりあえず、午後もジャブローコーヒー。
フォト



EXPOの冊子を持ってガンプラ焼きへ。
フォト



冊子持参で、ガンプラ焼きを受け取る際に50円のキャッシュバックです。
フォト



コーヒークリーム味でオヤツ。
フォト



ついでにこちら。
EXPOの『BACK-ONステージ』終了後に行われたCD販売で書いてもらったサイン。
フォト



ガンダムカフェへ残していったサインと並べてみました。
フォト



東京駅店へ移動。
フォト



あまりEXPOの影響がある様にも思えませんが、店内賑わっています。
フォト



『キッカ』頂きます。
フォト




プチプレートの、その後。

翌日の25日、ツイッターの告知通り12時の段階で2種類共に在庫が復活していました。


入荷して1時間以上が経過した13時ころ、公式にTwitterでもお知らせがありました。
〈ガンダムカフェ公式ツイッター〉
お待たせいたしました。プチプレート刹那、グラハム再入荷致しました!
皆様のご来店心よりお待ちしております。




今回は、組織としての問題です。
現場での責任者である店長さんを攻めるような種類の物でも有りません。

不利益を被ったお客さんは少なからずいます。

再発防止に努めて頂きたいと願います。

GUNDAM Cafe/SEEDのポストカード配布。


2013年11月23日(土)


午後から急な用事があり、EXPOもガンダムカフェも昼間に済ませておきます。

15時頃に到着すると、かなりの入店待ちが・・・
フォト



ガンプラ焼きも非常に盛況で『ハロまん』に至っては、中が凍ったままだったとツイートされてしまうほどに、次々と売れていたようです。
フォト



30分程で入店出来ました。
フォト



対決の得票数は・・・
フォト



〔37:25〕と、大差でグラハムが勝っています。
フォト



いつもの席でアイスジャブローコーヒー。
フォト



店内のラックには、SEEDファンが喜びそうなポストカードが置かれていました。
フォト



1時間程で〔42:27〕と、大きくグラハムが勝っています。
フォト



SEEDのポストカードはこちら。
フォト



店内、ディナータイムに切り替わりましたが、今回のフェアでは夜でも店員さんは劇中の制服を着用されています。
フォト


夜のメニューがテーブルオーダー制に変わって以降、夜はガンダムの制服を着ない状況が1年近く続いていましたが、ついに戻ってきました。

この制服だけで店内は華やかになります。
また、ライトなファンにも喜んでもらえます。


・・・と、アレルヤの制服を着た店員さんを撮らせてもらっていたところ、視界の端から猛烈なアピールをしてくる気配を感じます。

「どちらかだけは応援できない」との理由で、ふたつのバッジを付けさせてもらったそうで。ご本人、とても満足なご様子です。
フォト



外では、ガンプラ焼きが大盛況。
フォト



EXPO始まって最初の休日ということもあり、入店待ちの列は途切れることがありません。
フォト



この後用事があるので、足早に東京駅店へ。
フォト



SEEDのポストカードは、東京駅店でも配布していました。
フォト



フォト



時間が無いので、初めて東京駅店で『ハロまん』をテイクアウトしました。
フォト



そして、野暮用へ・・・


GUNDAM Cafe/店員さん限定の応援バッジ


2013年11月21日(木)

ガンプラEXPOの初日です。


13時過ぎ、EXPO展示品の撮影に疲れたのでガンダムカフェに回復しに来ました。
平日と言う事もあり、入店待ちはありません。
フォト



入口のガラス面には・・・
フォト



EXPOの告知が貼られています。
フォト



対決の得票状況は、初日の同じ時間帯よりも速いペースです。
〔14:13〕僅差でグラハム優勢です。
フォト



EXPOで限定ガンプラを多数購入したので、ここでは経費削減で『ハロまん』
フォト



ガンプラEXPOの入口で配布していた、この冊子。
フォト



EXPOの冊子を持参すると、ポストカードがもらえました。
フォト



ポストカードと引き替えに、裏面にチェックがされます。
他にも4ヵ所で絵柄の違うカードを配布をしていますが、GFTだけ遠いので揃えるにはハードルが高いです。
フォト



また、冊子持参で『ガンプラ焼き』や『ハロール』が割安で買えるサービスもEXPOの期間中で実施しています。
フォト



店内でのんびりと休憩していると、とある店員さんが「いま届いたばかりなんです」と、キラキラ光るグラハムのバッジを店に来てくれました。
フォト



また別の店員さんは刹那のバッジを付けていました。
フォト


店員さんは、どちらを応援するか決めてバッジを付けることになったそうです。


14時半、EXPO効果なのか平日なのに店内は満席です。
フォト



1時間半で〔14:13〕が〔19:21〕となり刹那が逆転しています。
フォト



EXPOへと戻ります。
フォト





2013年11月22日(金)

EXPOの2日目は夕方から向かうことに・・・

20時半頃、EXPOの帰り。
フォト



店内が込んでいるとのことなので、少し休めれば良いのでカウンター席へ。
フォト



〔53:48〕グラハムが優勢です。
フォト



ショップ側です。
フォト



魂ネイションの時と同じく、以前のフェアの残り物コースターが付きます。
以前のフェアで苦労して揃えた方にとっては面白くない状況なので、事前に「後日、再配布する可能性が…」と明記すべきだ・・・とカフェに言っているのですが、一向に対応されません。
フォト



EXPOが忙しくて、なかなかカフェ周りのまとめが出来ないまま、宿命の対決フェア2日目終了です。


GUNDAM Cafe/宿命の対決フェア第1戦制覇


2013年11月20日(水)

ガンプラEXPOの前日というガンダム的に大忙しのタイミングで新しいフェアが始まりました。


『宿命の対決フェア』
主役とライバルの対決を見立てたメニューで展開されていきます。

刹那 vs グラハム〈パスタ対決〉 11月20日~12月12日(22日間)

ヒイロ vs ゼクス〈シチュー対決〉12月13日~1月8日(25日間)

カミーユ vs シロッコ〈?対決〉 1月9日~1月28日(19日間)

キラ vs アスラン〈???対決〉 1月29日~2月19日(21日間)

アムロ vs シャア〈???対決〉 2月20日~3月10日(18日間)


それぞれが約20日間前後の期間で開催され、合計で110日間とフェア最長期間です。
(フェアには付き物のプチプレートは今回も健在です)


開店前の9時45分に到着。
フォト


遙か遠くから、このフェアのために新幹線で遠征してこられた方が一人だけ開店待ちをしていました。


今回のフェア仕様へと変更された入口付近。
フォト



自動ドアには、最近のフェアでは定番となって来たステッカーが。
フォト



フォト



フォト



自動ドアの両脇、ガラス面には大型のメニュー表。
フォト



入店待ちをしている方向けのメニュースタンド下にも、フェアメニュー表が貼られています。
フォト



店内に入って、まず目に付くのがツリーの側に置かれたテーブル。
フォト



フェアのセットメニュー注文数で実際に対決をさせ、その結果は公式サイトやTwitterにて発表されていく、お客さん参加型の遊びが用意されています。
フォト


実際に、好きなキャラを勝たせるために「私、○○のメニューばかり食べる!」と言っている女性客の声もチラホラと聞こえてきました。

ただの勝負に終わらず、勝者は新たにメニュー展開に繋がるなどすれば、支えてくれたファンにも還元でき、本当の意味での参加型になるのでは無いでしょうか。


ノートが用意され、それぞれのキャラに向けたコメントを自由に書き込めるよう、女性客を強く意識したフェア展開をしています。
フォト



喫煙席、パッと見た感じ変化無し。
フォト



喫煙席側の展示スペースには、ガンダムビルドファイターズのOP曲を歌ったBACK-ONのコーナーが作られています。
フォト



フォト



11月7日に来店された際、六角形のプレートにサインもされたようです。
フォト



禁煙席。
フォト



シャア専用席周辺の展示物。
フォト



シャア専用席側はロックオンとアレルヤ。
フォト



カウンター席側は刹那とティエリア。
フォト



禁煙席の奥。
フォト



グラハムです。
フォト



禁煙席の奥、ガンプラの展示が多いこの場所にはパネルとプチプレートが展示。
フォト



フォト



刹那 vs グラハム 11月20日~12月12日
フォト


フォト



ヒイロ vs ゼクス 12月13日~1月8日
フォト


フォト



カミーユ vs シロッコ 1月9日~1月28日
フォト


フォト



キラ vs アスラン 1月29日~2月19日
フォト


フォト



アムロ vs シャア 2月20日~3月10日
フォト


フォト



隣でゴソゴソとしていると思い見てみると、新しいパネルを店員さんが持って来ていました。
フォト



若干の修正があり入れ替えるそうで、こうこう光景が見られるのも初日の朝ならでは。


店内のモニターでは、この回のフェア用に作った映像が繰り返し再生されています。
フォト



フェアのメニュー表など、見ていきます。
フォト



まず、今回の対決メニュー表。
フォト



今回の対決フェアについて書かれています。
フォト



グラハム側。
フォト



フォト



良く分からない方のためにキャラの説明も書かれている丁寧さ。
フォト



刹那側。
フォト



フォト



フォト



デザートメニューも用意され、他と同じくプチプレートセットのメニューとして組み合わせることも可能です。
フォト



そして、現在放送中のガンダムビルドファイターズからも新メニューが参戦。
フォト



フェアとは関係なく、今のところ期間を決めず始まったノンアルコールカクテル2種です。
フォト



さて、フェアメニューの注文へ向かいます。


注文カウンターの背後にある画面では、フェアメニューの画像がスライドショーされています。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



店員さんもフェアに合わせ、マイスターの制服を着ています。
フォト



ブログ用。
フォト



運良く、2セット注文し、2種が揃いました。
フォト



レシートの表記も、フェアの告知に変わっています。
フォト



グラハムのプチプレート。
フォト



刹那のプチプレート。
フォト



コースターは「VS」の文字があしらわれた2種で、今回は選ぶことが出来ます。
フォト



そして、いつも通り全部注文。
フォト



『愛の名のもとに ~グラハムのラザニア~ 』890円
を含むセット。
フォト



ラザニアとボロネーゼソースを重ねたトマトソース寄りの味わいで、けっして辛くはありません。
疑似GN粒子をイメージした赤だそうです。
フォト



『宇宙を貫く閃光 ~刹那のペンネグラタン~』890円
を含むセット。
フォト



ガンダムをイメージしたホワイトソースの中にはペンネが使われています。
欲を言えば、もう少し量が欲しいところです。
フォト



ソレスタルビーイングのマークがクッキーで再現されています。
フォト



今回の刹那は、好きなタイミングでGN粒子を散布出来ます。
フォト



通常のGN粒子を散布するもよし。
フォト



トランザムの赤いGN粒子を散布するもよし。
フォト



『天使たちの休息 ~00デザートプレート~』890円
フォト



刹那をイメージしたクレームダンジュ(レア・チーズケーキ)
フォト



ロックオンをイメージしたキウイ。
フォト



アレルヤをイメージしたオレンジケーキは、以外と芯の硬いアレルヤと同じく若干硬めです。
フォト


ティエリアをイメージしたミックスベリーは、他の素材とも相性が良く、劇場版で成長したティエリアを見ている気分です。
フォト



ここからはドリンクです。

まずは、フェアのカクテル2種。各790円
フォト



『復讐のフラッグ・ファイター(ノンアルコール)』
疑似GN粒子のように赤い、クランベリー味です。
フォト



『夜明けの鐘 (ノンアルコール)』
変革し成長していく刹那をイメージし、紅茶・ミルク・ブルーキュラソーの3層に分かれた内容です。
フォト



底に沈んだブルーキュラソーが、ありのままの刹那でしょうか。
フォト



いろんな経験も混ぜ合わせ、刹那のノーマルスーツのような青になります。
フォト



こちらは『ガンダムビルドファイターズ』の主役2人をイメージしたノンアルコールカクテル。
フォト



ガンプラEXPOの開催記念メニューですが、EXPO終了後も提供され続けます。

『ビルドファイターズ レイジ』
お子さま向けのイチゴ味です。
フォト



『ビルドファイターズ セイ』
カルピスベースに、少しミントを加え、ブルーキュラソーで色づけしています。
フォト



今回のフェアに合わせたグッズの販売予定はありませんが、ショップ側もチェックします。
フォト



オリジナルキャラ『ガンダムカフェくん』を使ったポストカードのお知らせ。
フォト



中央に、この日から新発売の商品が並んでいます。
フォト



全部購入。
フォト



『ピンズ』各315円
ガンダム店長、シャアザクくん、ザクくん、グフくん、ドムくんの全5種。
フォト



『ガンダムカフェくん ぷっくりシール』420円
フォト



『ガンダムカフェくん ポストカードセット(4種入り)』480円
フォト



表面も全て違った絵柄になっています。
フォト



店内には少しずつお客さんが増え、このフェアを目当てに来た女性客も多々見受けられます。
フォト



ほぼリアルタイムの店内の得票結果は、昼前の段階でグラハム優勢です。
フォト



先程まではペンがありませんでしたが、いつの間にか用意されています。
フォト



一番最初に「真っ白だと最初の人が書き込みづらいだろう」と思い、私が書き込んでおいた効果があったのか、2人目の書き込みがありました。
フォト



12時を過ぎたので、カフェを一旦離脱します。
フォト



フェア攻略の再開は、夜の台場店にて。
(今回は東京駅店でのフェア展開はありません)
フォト



フェア制覇のつもりできてみたら、この日から冬の新メニューが登場していました。
フォト



秋葉原店といい、台場店といい、フェア初日に新メニューの投入は勿体ないです。

個別に告知すれば、それだけで集客効果があると思うので、フェア中盤のテコ入れに投入すれば良かったのに・・・と思ってしまいます。

以前も、フェア初日に東京駅店で生パスタを始めたし・・・


久しぶりの台場店は、ツリーも登場し、よりクリスマスらしい雰囲気になっていました。
フォト



フォト



フェアを意識した飾り付けもあります。
フォト



フォト



台場店でも『ガンダムカフェくん』を使った商品は取り扱っています。
フォト



壁には・・・
フォト



台場店のフェアメニューが書かれたメニュー表が貼ってあります。
フォト



テーブルにも・・・
フォト



フェアメニュー表があります。
フォト



対決する2人は同じでも、メニューの内容は台場店だけのモノです。
フォト



フォト



こちら、通常のメニュー表。
フォト



前回フェアが終わって初めての台場店ですが、他店舗と同じくバルトフェルドコーヒーは引き続き提供されています。
フォト



秋葉原店の自動ドアに張られているステッカーは、こちらではテーブルに貼ってあります。
フォト



フォト



フォト



では注文します。
フォト



フォト



レジ前には、台場店のプチプレートが飾られています。
フォト



台場店のプチプレートは、秋葉原店の絵柄ふたつを合わせた様なデザインです。
フォト



台場店でのプチプレートセットは、フェアベーグル+プチプレートで820円

これにドリンクやスープを追加注文する場合、50円引きされます。


グラハム側のフェアメニュー。
フォト



特定のフェアメニューでは有りませんが、ラテアートにグラハムが追加されました。
フォト



『ダブルオーベーグル グラハム』420円
甘くジャムの様に煮詰まったイチゴの下には、黒餡、黒大豆、豆乳フィリングが敷き詰められた和風のスイーツベーグルです。
フォト



刹那側のフェアメニュー。
フォト



フェアに合わせて追加された刹那のラテアート。
台場店だけのチョコラテにラテアートしてもらう事も可能です。
フォト



『ダブルオーベーグル 刹那』420円
チェダーチーズ、トマト、ケイジャンチキンが合わさったボリューム満点のベーグルサンドです。
フォト



フェアと同日に提供開始のスープ2種。
左『ジオンのミネストローネ』はコンソメとトマトの、野菜たっぷりスープ。
右『連邦のクラムチャウダー』はアサリから出汁の出たクリームスープ。
フォト



ラストオーダーに間に合うように、台場店から秋葉原店へ。
フォト



あらためて、今回のフェアのプチプレートを並べて見ました。
フォト



ラストオーダーに間に合うよう台場から戻って来たのは、夜だけのアルコールメニューの為。
フォト



『おとめ座の運命』
日本酒をベースにしたアルコール強めのカクテルです。
フォト



『青藍の剣』
ジンベースのカクテルに、赤いシロップが付属しています。
フォト



好みに応じて、トランザムします。
フォト



TRANS-AM
フォト



やや、全体の味が甘くなり、グラスのヘリもトランザムの加速がかかります。
フォト



昼間に確認した時から比べ、かなり得点が入っています。
10票は大きなマグネットにまとめられ、グラハム42票、刹那36票と、大差が付いています。
フォト



昼間には無かった、ガンダム店長のサンタクロースが貼られていました。
フォト



フォト



ショップの自動ドアには、サンタの服を着たドムたち。
フォト



フォト



ガンプラ焼きのカウンターにも。
フォト



サンタの服を着たガンダム店長が。
フォト



閉店時間となりました。
フォト



なんとかフェアを制覇しました。

そして、この翌日からは、ガンダムカフェから徒歩1分のUDXで『ガンプラEXPO』が始まります。
フォト

趣味の時間〈HG アストレイレッドフレーム〉

全国模型ホビーショー2013にて販売された限定品。

HG ガンダムアストレイレッドフレーム
(フライトユニット装備)
メッキフレーム/クリアアーマーVer.
 価格:3,000円

ブルーフレーム同様に、一行に収まりきっていない非常に長い名前です。


アストレイ10周年の今年、HGの新規造形でリリースされているアストレイシリーズのクリアモデルです。

どのような作業をすれば見栄え良く仕上がるか。
どこを注意すればミスが防げるか。
ブルーフレームで学ばせてもらったので、今回は比較的楽な作業でした。


まずは、フライトユニットの無い状態。
フォト



ブルーフレーム同様に、HGサイズながらフレームの上に重ねた装甲を再現したキットなので、透けて見えているメッキのフレームがとてもキレイです。
フォト



ガーベラ・ストレートを抜刀。
フォト



この鞘(サヤ)は、キットの内容だとクリアパーツです。
フォト



設定を見つつ、金色の部分にはハセガワの『コールドフィニッシュ』
色の付いてる部分には、それぞれ『クリアーレッド』や『クリアーオレンジフィニッシュ』を貼り、クリアモデルの魅力を損なうこと無く着色しています。
フォト



フォト



フォト



ガーベラ・ストレートは、キットの状態だとグレーの成形色です。
フォト



安全上、切っ先も丸くなっています。
フォト



この刀身部分には、ハセガワの『ミラーフィニッシュ』と『チタンフィニッシュ』を使い、今回の限定モデルの雰囲気に合わせました。
フォト



フォト



フォト



フォト



切っ先も、ややシャープに削ってあります。
刃の部分には『ミラーフィニッシュ』で、ミネの部分に『チタンフィニッシュ(マットなシルバー)』を使い、表情を持たせています。
フォト



フォト



頭部には本来は黒で塗るべき頭頂部のラインがあります。
これを『ホログラムフィニッシュ』を使い虹色のラインにしてみました。
フォト



二の腕には、白いシールを貼る指定がされている部分があります。

せっかくのメッキなのに、シールでは興ざめです。
もとの赤いメッキからクリアレッドの塗膜だけをアルコールで拭き取り、下地のシルバーを活かしてみました。
フォト



このようになります。
フォト



同様に指も、本来は白いパーツの部分だけクリアレッドの塗膜を拭き取ります。
フォト



胸(クリアブラックのパーツ)に所々、赤いシールを貼る指定がされています。
フォト



赤いシールの代わりに『ミラーフィニッシュ』の上から『クリアレッドフィニッシュ』を貼り重ねた自作のレッドミラーフィニッシュを使い、フレーム部分と同じ赤いメッキを再現してみました。
フォト



腰の後ろ側、設定で赤い部分がキットではクリアと一体になっている部分があります。
ここは形状が複雑すぎてフィニッシュシリーズには不向きです。
フォト



サフ拭きの上からガンダムマーカーのメタリックレッドを重ね、全体の雰囲気に合わせました。
フォト



画像では分かりづらいですが、クリアパーツにはシルバーで墨入れしてあります。
フォト



続いては、フライトユニット装備。
フォト



フォト



主翼の部分にも、赤いパーツに白シールを貼るような指定がされている部分があります。

ここもシールは使わず、該当箇所をマスキングし、部分的にクリアレッドの塗膜だけを拭き取ります。
フォト



メッキの輝きを残したまま、このような色分けを再現しました。
フォト



フォト



フォト



フォト



バクゥヘッドも、成形色はグレーなので缶スプレーでシルバー塗装。
目の部分は『クリアレッドフィニッシュ』です。
フォト



これで、アストレイ2種が揃い踏みです。
フォト




現在、開催中のガンプラEXPO2013で、このクリアモデル2種も販売中です。
(会期:2013年11月20日~24日)



GUNDAM Cafe/SEEDフェア終了直後の一週間


2013年11月12日(火)

『戦士たちの休息フェア』が終わった翌日です。
入店待ちの姿も無く、前日とはうって変わった静かさの店先です。
フォト



自動ドアには、まだフェアのステッカーが剥がされず残っています。
フォト



フェア中はスタンディ(立て看板)が置かれていた場所も広々と空いています。
フォト



喫煙席側の展示スペースはSEEDフェア期間中のまま。
フォト



禁煙席側のカウンター席背後の展示は安彦さん複製原画に戻っています。
フォト



シャア専用席側も、同じく安彦さんの複製原画に戻っています。
フォト



禁煙席奥の展示だけ、まだSEEDフェアの展示が残っていました。
フォト



フェア期間中、3店舗で展開していたスタンプラリーのパネルには「配布終了」の文字。
フォト



店内は、このように空席が目立ちます。
フェアを開催していなければ客が来ないという状況は、ガンダムカフェが最も避けなければ行けない状況であり、責任有る立場の方は、この状況を見過ごしてはいけません。
フォト



いつもの、ディナータイムのメニュー表。
フォト



SEEDフェアで提供されていた『バルトフェルドコーヒー』は、フェア終了後も続いています。
フォト



さて、フェア最終日には大きなスペースが確保されていたショップの棚です。
フォト



真新しい物が陳列されるわけでも無く、一通りの整頓がされ、以前も扱われていたスマートフォンケースが改めて入荷しました。
フォト



ガンプラ焼きは『きつねうどん味』が終了し、定番の『小倉あん』が帰ってきました。
フォト



東京駅店も、フェアが終わった直後の変化があるはず。
フォト



フェアのメニュー表を隠すように『ハロまん』のポスターが貼られています。
フォト



ハロまんのボスターが貼られていた場所は、特に加わったモノは有りません。
フォト



店内の展示物は、全て、フェア以前の物に戻っています。
フォト



フォト



レジカウンターの上に、ややSEEDフェアの名残がある程度。
フォト



カウンターのメニュー表。
フォト



こちらでも『バルトフェルドコーヒー』は継続して提供中です。
フォト



店員さんと、いろいろ相談した結果、マイカップ割り引き(-30円)は無いものの、タンブラーで『キッカ』を注文。
やはり『キッカ』は、普通のカップで飲んだ方が美味しかった・・・と言う事が分かりました。
フォト





そして3日後。
2013年11月15日(金)

用事があり、ヨドバシアキバに寄った後でガンダムカフェへ。
フォト



この時期の恒例となっている、逆さクリスマスツリーが登場していました。
フォト



宇宙世紀を思わせる、天地逆転のツリーは、上から吊されているので触れてはいけません。
フォト



禁煙席奥の展示も、安彦さんの複製原画へと変更されていました。
フォト



フェアが終わった直後よりは、客も少し増えてはいます。
やはり、フェア終了直後というのは、いつも客が減ってしまう物なのです。
フォト



これをもらいに、ヨドバシアキバへ行ってきました。
ガンダムインフォにて『SDガンダムいんふぉ』を連載されている森本がーにゃさんの漫画が載っているちらしです。(お仕事として、ガンダムの印刷物は初だそうです)
フォト



こちらは、量販店の店頭に陳列されている様子。
フォト



フォト



残念ながら、ガンダムカフェのチラシラックには置かれていません。
フォト



ラックには、GFTの『モビルスーツ博』のチラシが新たに置かれています。
フォト



フェアが終わって4日目ですが、レシートの表記はフェア中のまま。
こういう細かいところが運営全体に現れてくるので、シッカリして頂きたいところです。
フォト



ショップ側へ・・・
フォト



Blu-ray Boxのパネルに描かれたシャアザクの頭には、サンタ帽が被されていました。
フォト



店員さんは、この帽子をどこかで使いたかったらしく、考え抜いた結果、良い場所が見つかったという流れのようです。
フォト



レジ前にも小さなツリーが登場しています。
フォト



陳列棚の上にもクリスマスリーフが・・・
フォト



店内の至る所に、小さな雪ダルマが飾られるようになりました。
フォト



フォト



フォト




次のフェアを見越して、ダブルオー周りの装飾も始めたようです。
フォト



フォト



そして東京駅店へ。
フォト



表の看板からフェアのメニュー表は無くなり、東京駅店オリジナルの生パスタ中心の内容に変わっていました。
フォト



ザクとうふなどが大量に冷やされている保冷庫の上・・・
フォト



先日、BACK-ONさんが来店した際に置いて行かれた『HG ストフリ プラフスキークリアVer』が、厨房スタッフさんの手により、組まれていました。
フォト



やはり、古い部類のキットなので甘さが目立ちます。
フォト



こちらにも、GFTのチラシがいつも通り置かれています。
フォト



レジカウンターの上も、少しだけ変化が・・・
フォト



店員Kさんがパーツを手でもぎって作ったHGアッガイと、人形焼きのアッガイ。
フォト



東京駅店のレシートは、通常の物に戻っていました。
フォト



『ハロどら』を頂いて、終了。
フォト





2013年11月17日(日)
ガンダムの用事があり、少し遠出をした帰りのガンダムカフェ。
フォト



テラス席側の窓には・・・
フォト



翌週末に開催されるガンプラEXPOのポスターが貼られています。
フォト



13時頃と、お昼時ですが入店待ちは無し。
フォト



先日は気付きませんでしたが、自動ドアのガラス面に雪が貼られていました。
フォト



昼間のツリー。
フォト



「お手を触れないように」の注意書きが今年も登場。
フォト



まだ装飾を増やす予定のようです。
フォト



特等席でアイスジャブローコーヒー。
フォト



この色紙を描いて頂くために早朝から出かけていました。
以前、ガンダムエースにてSD三国伝を描かれていた島津直人先生のイラストです。
フォト



レシートを確認して見たら、次回のフェアについて告知が書かれていました。
フォト



軽食としてガンプラ焼き(羽根付き)
フォト



ショップの中を見てきたところ・・・

レジに飾ってあったフィギュアなどにもサンタ帽が被されていました。
もちろん、店員さんの手作りです。
フォト



そして東京駅店へ。
フォト



定期行きに完売する『ザクとうふ』たち。
フォト



『ハロまん』グリーンを食べた後に・・・
フォト



食べ足りなくて『ハロまん』ピンク。
フォト



店内、混雑してきたので撤収です。
フォト


GUNDAM Cafe/5回目のSEEDフェア終了


前編、後編に分かれて展開した『戦士たちの休息フェア』
9月13日から約2ヶ月続いたフェアも、いよいよ最後の週末です。

その状況を眺めつつ、クリスマス準備などを見ていきます。



2013年11月9日(土)

15時頃の秋葉原店前は賑わっていました。
フォト



入口に貼られたメニュー表の下にはA4サイズの貼り紙がされています。
フォト



完売したプチプレートの名前が出ています。
まだ完売していない、ラクスの名前だけが隠された状態です。
フォト



入口のメニュー表には「フェアメニューは10時から」のお知らせ。
8時半からの営業の日だけ貼られる物で、10時には剥がす事になっていますが、最近では貼ったままの状態も珍しくありません。
新人さんが圧倒的に多くなった事で、気配りが行き渡らなくなった現れかと思います。
フォト



入口にはアスラン。
フォト



注文のカウンター上にも、プチプレート完売リストが置かれています。
フォト



メニューでも、残ったラクスの完売を目指して煽っています。
フォト



シャア専用席でコーヒーを。
フォト



入口付近のチラシラックには・・・
フォト



一昨日、ビルドファイターズのOP曲を歌っている『BACK-ON』の4名がアポ無しで訪れた際に置いて行ったガンプラ付きCDのチラシが置かれています。
フォト



BACK-ONは、秋葉原店にもポスターを置いていきました。
フォト



4名のサイン入りです。
フォト



秋葉原店だけ「秋葉原店様へ」との為書きがありません。
フォト



BACK-ONの足取りを追跡調査をしました。

カフェ公式Twitterで「BACK-ONさんがご来店」とお知らせされたのは、来店された直後。
店長さんも秋葉原店に居たようです。

アポ無しで持ち込まれたポスターは本部としてもノーチェック。
それをどう扱うかは店長か、それに類する役職でなければ判断できません。

BACK-ONさんも、店員さんもは運が良かった。
もし、店長さん不在だったら、お互いに困っていた事でしょう。


17時半に外へ出てみたら、フェア最後の週末だからなのか、そこそこの入店待ちが出来ていました。
フォト




東京駅店へ。
フォト



入口にはアスランが。
フォト



この日、食事がまだだったので『アムロの生パスタ ペペロンチーノ』
生パスタの食感と風味が格別です。
フォト



先日も確認した東京駅店に貼られたBACK-ONのポスター。
フォト



東京駅店だけ、当日、ツイートでのお知らせをしていませんでしたが、どうやら秋葉原店から台場店へ向かう途中に立ち寄っていたようです。
フォト



このポスターには「東京駅店様へ」と為書きがされています。
おそらく、2店舗目で何か差別化しなければと思ったのではないでしょうか。
フォト




19時半、台場へ到着。
フォト



また、台場店の前でイベントをやっているようです。
フォト



イベントが繁盛しても、その客が流れてくることは殆ど無い台場店。
(イベントない方が客入りは良い感じです)
フォト



いつも中央に置かれているスタンディは、この日は入口の横でした。
フォト



フォト



台場店に貼られたBACK-ONのポスター。
フォト



こちらにも「お台場店様へ」との為書きがされています。
フォト


タレントさん、芸人さん、ミュージシャン、漫画家さんなど、ガンダムに関連した著名人がガンダムカフェに訪れたという話しは、時々耳にします。

が、しかし・・・

1日で3店舗全てにメンバーが揃った状態でのご来店。
間違い無く、ガンダム関連の著名人の中では初めての事だと思います。


中央の商品棚は、既にクリスマスを意識した内容に変わっていました。
フォト



フォト



中央のザク豆腐を販売している保冷庫・・・の上のビグザム豆腐パネル。
フォト



よく見ると、サンタの帽子をかぶっています。
フォト



もしかしてっ!!

店内を見渡すと、細かく、クリスマス支度が始まっていました。
フォト



壁面商品棚の最上段、ハロにもサンタ帽。
フォト



同じく最上段のMG3体にもサンタ帽。
フォト



フォト



フォト



フォト



一番帽子がかぶりやすそうなジャスティスは、帽子を無くしてしまっていました。
フォト



レジ付近にも・・・
フォト



レジ真上のHG2体がサンタ帽。
フォト



ソフビのガンダムもサンタ帽。
フォト



こんなところにも・・・
フォト



大河原さんの原典継承ガシャポンが2体。
フォト



サンタ帽のシャアザク。
フォト



グフにもサンタ帽。
フォト



細かい仕込みは、まだまだあります。
フォト



ガシャネクにまでサンタ帽。
フォト



さんざん、台場店でサンタ帽探しを楽しんだ後はGFT。
フォト



ガンダムVISAカードを提示して、無料で入場し、無料でストフリコックピットで撮影してきました。
(3000円相当の内容がガンダムVISAで無料です)
フォト



台場店の閉店を見届けて撤収しました。
フォト





翌日・・・
2013年11月10日(日)

18時前に秋葉原店へ。
フォト



今回のフェア最後の日曜日ですが、入店待ちは無くスムーズに入店。

入口にはシン。
フォト



まだ新しい店員さんが2名入られていたので、少し分かりづらい私のコーヒー注文をお願いしてみました。
フォト



最近は、19時で終了してしまうガンプラ焼きは、まだギリギリ開いています。
フォト



ハロまんグリーンが完売していました。
やはり、どの店舗でもピンクよりはグリーンの方が人気あるようです。
フォト



フェアが終わったら食べられなくなってしまう『きつねうどん味』を、羽根付きで焼いてもらいました。
フォト



先程は入店待ちも居なかったのに、あれはタイミングが良かったようです。
その30分後には、こんな多くの入店待ちが出来ていました。
フォト



お会計をして撤収します。
写真大好きな店員さんがフレームインしてきたので、容赦なく撮影。
フォト



来店時に撮り忘れていましたが、自動ドアにもカウンターと同じくプチプレート完売のお知らせが貼られていました。
フォト





2013年11月11日(月)

『戦士たちの休息フェア』最後の日、まずは東京駅店へ。
フォト



最後と言う事もあり、手狭な東京駅店なのにスタンディが2体並べられていました。
フォト



フェア最後に『デザートプレート ラクスのティータイム』
フォト



最終日は完売も出やすいので、その危険性が少ない東京駅店でフェアの締めくくりをすることにしました。
フォト



もう、何日も前から出ている「プチプレート完売のお知らせ」
フォト



では次へ・・・と思っていたところ、入口の左右に置かれていたスタンディが、横並びになっていました。
フォト



同じくフェア最終日の秋葉原店。
フォト



思っていたような入店待ちの列は無く、スムーズに入れそうです。
フォト



やはり、完売したメニューがある様です。
フォト



『ミーアの押しかけデートディナー』が完売しています。
フォト



店内は空いています。
フォト



この日、つい先程までワンセグで視聴していたガンダムビルドファイターズ。
その録画を見ながら、アイスジャブローコーヒー。
フォト



ショップ側。
フォト



『ハロドラ 抹茶クリーム』が完売しています。
フォト



棚はポッカリとスペースが作られています。
特に何かが入荷するというわけではありませんが、フェア終了に合わせて、通常営業の陳列に戻す準備だそうです。
フォト



アサルトキングダムは、ストフリが大量に残っていましたが、ようやく最後の1個になったようです。
フォト



撮影し忘れて撤収してしまいましたが、フェア最終日は店頭のスタンディ無しでした。
フォト




3店舗とも、フェアが終わる前から終了の準備が始まっていました。

お客さんを見ていても「もう最後だから」という盛り上がりはありませんでした。

やはり、5回も続けているフェアだからでしょうか。
2ヶ月間という長期フェアだったことも影響しているかも知れません。


SEED DestinyのBlu-ray Boxは、あと1本発売されます。

少なくとも、近いうちにもう一度、SEEDフェアが開催されるはずです。
今のうちから心して「またSEED!?」とか言わないようにしておきたいものです。



ガンダムW Blu-rayBOX発売記念上映


新機動戦記ガンダムW Blu-ray Boxが11月22日に発売されます。
その発売に先立ち、ふたつのイベントが開催されました。

以下に、その二つのイベントで展示されていた内容をまとめます。




2013年11月3日(日)
『新機動戦記ガンダムW Blu-ray Box発売記念スペシャルナイトイベント』


場所は、新宿ピカデリー。
フォト



一番大きなスクリーン1が使用されました。
フォト



フォト



登壇者に、主役5名のうち4名が揃う豪華な内容で、チケットは即完売。
まさに争奪戦となりました。

《登壇者》
 緑川 光さん(ヒイロ役)
 中原 茂さん(トロワ役)
 折笠 愛さん(カトル役)
 石野竜三さん(五飛役)

デュオ役の関 俊彦さんは予定が合わず来られなかったので、映像付きのメッセージが届いていました。

司会は、ガンダム系のイベントではお馴染みの小林 治さん


《イベント内容》
 1.キャストトーク
 2.最終話を上映したキャスト生コメンタリー
 3.ガンダムW 名セリフランキング
 4.スペシャルプレゼント大会


内容は4部構成になっていますが、登壇者4名のトークは途切れず続きます。

テレビ放送や、劇場公開されていた当時、イベントらしい物は何も無かったガンダムWの声優陣にとっては異例とも言える、1時間半のトークイベントでした。

(※内容は、後日、細かくレポートする予定です)



スクリーン1のロビーのポスターは、全てガンダムWに。
フォト



わずかですがバンダイの製品が展示されており、多くの方が写真に納めていました。
フォト



手前が、バンダイホビー事業部のガンプラ。
奥がコレクターズ事業部のROBOT魂。
フォト



ガンプラはMGが6体と、HGが1体。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




ROBOT魂は、ガンプラとは違った展示台を使用しています。
こういった点で、事業部間の壁という物を感じてしまいました。
フォト



フォト



フォト



フォト



始まる前のスクリーン。
(イベント開始前は、場内、撮影解禁です)
フォト



撮影解禁の理由は、スクリーン前に並べられた、このパネル。
フォト



Blu-ray Boxのパッケージとして菱沼義仁さん、寺岡 巌さんが描かれたイラスト。
BOX1と2にそれぞれ使用されるイラストをつなぎ合わせた一枚絵の展示です。
フォト



大きな一枚絵には本日の登壇者によるサインが書かれています。

そのサインを撮影する方が後を絶たず、イベント開始がずれ込みそうになるほどでした。


終了後もロビーで展示されるとのアナウンスで、なんとか収拾が付きイベント開始。



 ーーーー〈1時間半のトークショー〉ーーーー



声優陣4名とも、最初は手探りでのトークでしたが、すぐに当時の雰囲気を取り戻し、終始、笑いの絶えないトーク運びでした。

中でも、トロワ役の中原茂さんの声は地声と役の声が近いようで、時間と共にトロワに近くなり、中盤頃からは、トロワがトークをしているように聞こえるほどでした。


内容の一部は、ガンダムインフォにてレポートが上がっています。
http://www.gundam.info/topic/9639


そして、全てが終了。
フォト



スクリーン1のロビーでは、展示品を取り囲む人の数が先程よりも増えていて、係の方が移動を促すほどに。
フォト



フォト



一枚絵は1階ロビーに展示されているのですが、とても近寄れない状態です。
フォト



この時点で21時を過ぎていました。
スタッフの方に聞いてみたところ22時迄は展示しているとのこと。

ならばと思い、人が少なくなるギリギリまで待機することにします。


一枚絵は、本来のBOX1とBOX2に分けられて展示されていました。
フォト



フォト



BOX 1
フォト



中原 茂さん(トロワ)
フォト



緑川 光さん(ヒイロ)
フォト



BOX 2
フォト



石野 竜三さん(五飛)
フォト



折笠 愛さん(カトル)
フォト



撮影している人も5名程に減ってきた22時前。

スタッフさんが「最後に」と、2枚の絵を繋げて下さいました。
フォト



スタッフさんと客が「もう少し左を下に…」「これでどうですか?」などと協力し、一体感を感じた瞬間です。


大満足で撮影会は終了しました。
フォト






公式の上映イベントから、約2週間後。
2013年11月10日(日)

『ドリパス』による上映イベントが開催されました。

ドリパスとは、リクエストのあった映画をチケット購入というカタチで投票し、その投票が一定数に達すると、実際の上映が実現する映画館オンデマンドサービス。


こちらは、ゲストの登壇は無く『Endless Waltz 特別篇』の復活上映のみ。
そのせいなのか、チケットの売れ行きはスローペースでした。


ただ、事前に以下の展示が予定されると発表されていました。

 声優陣のサイン色紙展示。
 製作スタッフからの応援コメント色紙展示。
 TVシリーズの放送当時のポスター展示。
 Blu-ray Box1の現物展示。


これだけでも一見の価値は十分あります。

場所はシネマート新宿。
フォト



ピカデリーと同じく、大変混雑するので上映中に抜け出して撮影。
フォト



ゲストが居ない代わりなのでしょうか、展示品がかなり多いです。
フォト



Blu-ray Boxは、Box1だけの展示だったはずが、Box2に付いてくるBoxの収納ケースも展示されていました。
フォト



Box 1のサンプル。
フォト



Box1と2を収納する『2 in 1 Box』のサンプル。
フォト



フォト



フォト



放送当時に制作されたB2ポスターが3点。
フォト



フォト



フォト



ピカデリーとは違った声優陣の直筆サイン色紙には、コメントも添えられています。
フォト



緑川 光さん(ヒイロ)
「Blu-ray Boxを買ってくれないとお前を殺す♪」と物騒です。
フォト



置鮎龍太郎さん(トレーズ)
「私は歯医者敗者になりたい。」とのネタが・・・
フォト



子安武人さん(ゼクス)
「飛べ ガンダム!!」との限定回帰ぽいコメントと共に「ひかるく~んハート」とのラブコールが。
フォト



矢島晶子さん(リリーナ)
Blu-rayの宣伝と共に「私はリリーナ・ドーリアン、あ・な・た・は?」と可愛らしいコメント。
フォト



製作人による応援サイン色紙は、それぞれイラスト付きです
フォト



筱雅律さん(メカ作画監督)
フォト



小野早香さん(キャラクター作画)
フォト



Blu-ray Box1のインナージャケット1
筱雅律さんの直筆サイン付き。
フォト



Blu-ray Box1のインナージャケット2
筱雅律さんの直筆サイン付き。
フォト



Blu-ray Box1のインナージャケット3
あさぎ桜さんの直筆サイン付き。
フォト



Blu-ray Box1のパッケージ。
菱沼義仁さん、寺岡 巌さんの直筆サイン付き。
フォト



やはり、上映終了後は大混雑となりました。
フォト




どちらのイベントでも、来場者プレゼントで『Blu-ray Boxイラストカード』が配布されました。
フォト





余談です。


新宿ピカデリーの上映会にて。
ほぼ真後ろに某ガンダム施設のスタッフさんが複数名で来られていました。
もちろんプライベートで、チケットも自力で取られています。
制服では無かったので最初気付かなかったのですが、お声がけ頂けて良かったです。
(プレゼント抽選で当選されていました)


シネマート新宿の上映会にて。
某ガンダムカフェの店員さんがプライベートでいらしていました。



どちらも台場の施設のスタッフさんだったのが、面白い偶然でした。

GUNDAM Cafe/BACK-ONさまご来店



2013年11月7日(木)


14時36分 秋葉原店Twitter公式アカウントより
BACK-ONの最新楽曲「ニブンノイチ」
ガンダムカフェ秋葉原店にガンダムビルドファイターズのOP曲を歌っているBACK-ONさんご来店されました!主題歌「ニブンノイチ/INFINITY」/PS Vita本体同梱版 「BACK-ON×ガンダム」11/6より発売中



16時16分 台場店Twitter公式アカウントより
本日、ガンダムカフェ台場店に「ガンダムビルドファイターズ」のOP曲を歌っているBACK-ONさんがご来店されました!主題歌「ニブンノイチ/INFINITY」+「フリーダムガンダム プラフキーパーティクルクリアVer」が付いた限定版も11月6日より発売中


両店舗に、ガンダムビルドファイターズのOP曲を歌われているBACK-ONが来店したとのツイートがありました。
(「○○さんがご来店」と告知する時は、そのご本人がカフェに名乗った場合です)


では、Tweetで報告がされていない東京駅店はどうなっているのか。
その調査へ向かいました。
フォト



入口付近・・・
フォト



発売されたばかり、BACK-ON最新曲「ニブンノイチ」ガンプラ付きCDがが置かれていました。
フォト



宣伝用の見本品で、カフェ内での取り扱いはありません。
フォト



A4サイズのチラシもあります。
フォト



店内には彼らのポスターが貼られていました。
フォト



サイン付きです。
フォト



Tweetはされていませんでしたが、東京駅店にも来ていたようです。

BACK-ON側のスタッフやバンダイ側担当者などもおらず、メンバー4名でポスター・チラシ・展示用ガンプラを持参されたそうです。


このような販促活動は、本来はバンダイなどを通して行われるので、今回の突然のご来店には、対応された店員さんも驚かれた事と思います。

店内へ置く物ひとつにしても、サンライズのチェックが必要なガンダムカフェ。
今回のポスター掲示やCD展示も、店員さんが然るべき手順を踏んで展示することとなりました。


BACK-ONさん、若さ故の・・・ですね。



さて、レジでコーヒーをお願いしてのお会計です。
見慣れない機械があります。
フォト



各種、電子マネーのリーダーが新しくなりました。
フォト



今日は平日の割りには客の出入りも多く、賑わっています。
フォト



なみなみと注いでくれたアイスコーヒーを堪能して、この日は秋葉原店に寄らず終了です。
フォト




『ガンダムビルドファイターズ』のOPテーマ「ニブンノイチ」
PS Vita「ガンダムブレイカー」のOPテーマ「INFINITY」

この2曲を収録した、BACK-ONの新シングル

限定生産となる「SINGLE+プラモデル」盤
「HG 1/144 フリーダムガンダム プラフスキーパーティクルクリアVer.」は2,625円で絶賛発売中。

GUNDAM Cafe/3連休のガンダム事情


方々でガンダム関連のイベントが開催された三連休。
ガンダムカフェを起点に効率よくこなしていきました。



2013年11月2日(土)

ガンダムカフェの近隣、UDXで開催の『魂ネイション2013』
最近では、すっかり悪名高くなった展示イベントです。
フォト



展示内容は開催前夜、公式にネタバレされ現地で発見する喜びは薄れています。

数年前のタイバニ展示前の大混乱を切っ掛けに撮影は完全禁止に。

前日からの徹夜禁止も有名無実化しています。


取り仕切っているコレクターズ事業部が非常に管理しやすい内容です。
その反面、来場者の楽しみ方は大幅にそぎ落とされています。
コレクターズ事業部の手のひらの上に乗せられている感覚が拭いきれません。


フォト



会場内では、携帯電話やスマートフォンも「誤解を生む」との理由で使用が制限されています。
役割が減ったスタッフは、不正な撮影があっても気付かないほどにリラックス。


そして、前々回ぐらいから目立ち始めた中国人転売屋の台頭。
限定品は欲しい人の手には渡りにくい状態です。

転売目的で購入が困難になって品への対処は「後日、受注販売します」との販売方法変更のみ。
転売撲滅への対策ではありません。

「徹夜組も転売屋も大事なお客様」と評価していると受け取ってしまいます。

一体誰のために開催してるのか分からない残念な内容です。


以前は、もっと良いイベントだったのですが・・・



2時間程、魂ネイションを見て回り11時にガンダムカフェへ。
UDXにはあれ程の客が居るのにガンダムカフェは意外と入店待ちの列ナシです。
フォト



いつも通りの入口ガンダムさん。
フォト



どれだけ注意書きしても触る人が後を絶たないので、設置当初から目立つ様な注意書きが掲げられています。
フォト



それでも、注意書きすら目に留めず「動かしたい」との一心で指に触れる人が後を絶たず、ついに腕に直接、注意書きが貼られるようになっていました。
フォト



私としては『定価:35万円』と書いておけば、恐ろしくて誰も触れなくなるのでは無いかと思うのですが・・・ガンダムカフェさま、いかがでしょうか。


大勢の客を見越してか、スタンディはシンとアスランの二人体制へ。
フォト



自然光に照らされたカウンターが酷く汚れていることに気付きました。
これは汚れているだけでは無く、表面が変質してしまっているようですが、いつからこんな状態だったのか・・・
フォト



意外と空いている店内で、アイスジャブローコーヒー。
フォト


魂ネイションの展示内容の中でガンダムが占める割合は1割り程度といったところ。
その割合に比例しての、ガンダムカフェの客入りなのだと思います。
フォト



昼食は、発売開始したばかりの『ハロまん』
フォト



フォト



フォト



フォト



2個セットを購入。
フォト



フォト



販売開始したばかりなので、スチーマーの中にはハロまんがぎっしり。
フォト



ショップ側、店内の様子。
フォト



魂ネイション来場者に割引券が配布され、開催中は1,890円のハロールが1,490円で50個が販売されました。
しかも、ダブルオーフェアでランダム配布されたコースターが4種セットで付属。
フォト


高額商品である『ハロール』が400円の値下げ。
割合にして21.16%という大幅な値下げです。

おそらく、単なる値下げはサンライズが容認しないでしょう。

イベント記念で50個限定という理由付けがあって実現した値下げかと思います。


保冷庫にも・・・
フォト



割引販売のPOPが貼られています。
フォト



レジ側にも・・・
フォト



一度、ランダム配布した物を、事前の告知も無くセットで配布する行為は問題があると思うので、今後のフェアでは「後日、別のイベント等で配布する可能性があります」と明記しておいた方が良いと強く思います。
フォト



さて・・・

なんだかモヤモヤする値引きハロールは置いておいて『ハロまん』を頂きます。
フォト



グリーンハロまん
フォト



普通に豚まんですが、中華街の有名店で作られていて具も生地も大変美味しく仕上がっています。
フォト



ピンクハロまん
フォト



アッガイカレーに似たカレー味で、老若男女が食べられるまろやかカレーまんです。
フォト



どちらも、ただのキャラモノで終わっていない美味しい中華まんです。
ガンダムカフェに来た方には強くお勧めしたいフードです。


13時半、次の用事へと移動します。
フォト




次の用事の前に東京駅店へ。
フォト



スタンディはキラ。
三連休初日ですが普段の昼間と変わりない店内の様子です。
フォト



ハロまんスチーマーの前・・・
フォト



SEEDフェアの東京駅限定プチプレート金の「キラ」が完売していました。
フォト


3連休前には10枚ほどの在庫があり、連休中には完売すると思っていたのですが、連休初日の日中で10枚近くが売れてしまったようです。


オヤツに『ハロどら 抹茶クリーム』
フォト



連休とあって、店内にフラッと立ち寄るグッズ購入だけの方が非常に多く、いつも以上に落ち着かない店内でした。
フォト




オヤツを食べて、次の目的地へ移動。

次の目的はガンダムとは無関係です。

渋谷のNHKで「あまちゃん」の天野家セットを見に行って、偶然、はに丸とひんべえに遭遇。
フォト




そして18時には台場へ到着。
フォト



11月に入り、ガンダム周辺はクリスマスへ向けたイルミネーションが施されていました。
フォト



フォト



台場店の周辺もクリスマス仕様にライトアップされています。
フォト



フォト



11月1日からガンダムフロント東京にて始まった『ガンダム/ザクVISAカード』との連携サービス。
フォト



台場店も、その対象となっていました。
フォト



11月1日より。
ガンダム or ザクVISAカードを持っていれば、ガンダムフロント東京が入場無料に。
(今のところ無期限)

しかも、実物大ストフリのコックピットで撮影できるSHOT-Gも1日1回に限り無料。
SHOT-Gの撮影は通常、2,000円が必要。
こちらは、2014年1月31日までの特典です。
1日1回の撮影ですが、該当のVISAカードを持っている枚数分、撮影が出来ます。



それら、ガンダムVISAカードの恩恵を存分に味わって、21時後半の秋葉原店へ戻ってきました。
フォト



マグカップは日中に使っているので、今度はタンブラーでコーヒー。
フォト



SHOT-Gで撮った写真は、ここで確認。
フォト





そして翌日、2013年11月3日(日)

12時に秋葉原店へ。
フォト



本日のスタンディはキラとアスラン。
フォト



前日と違い、魂ネイションからの客が多いようで50分近く並ぶ事になってしまい、慌ててコーヒー。
フォト



急いで昼食代わりのハロまんを頂きます。
フォト



この後の予定があるため、わずか15分の滞在時間となりました。
フォト



早稲田の学祭『早稲田祭2013』へ。
フォト



早稲田大学ガンダム研究会による『福井晴敏&皆河有伽トークショー!』

これを聞いてきました。

まさか、皆川さんと福井さんが古くからのお知り合いだったとは知りませんでした。
お二人とも小説家ということもあり「ガンダム」と「小説家」のふたつの共通点を軸にお話しをされていました。

その詳細は こちら にまとめられています。


17時頃、一度、秋葉原店へ戻ってきました。
フォト



やはり、魂ネイション帰りの客で賑わっているようで、50分程入店待ちをすることになりました。
フォト



久しぶりに特等席でコーヒー。
フォト



この後のイベントに向けて腹ごしらえ。
フォト



この日、昨年の12月に東京駅店へ移動となってしまったリーダーさんが、久しぶりに秋葉原店へ復帰されていました。
フォト



18時40分、新宿へ向かいます。
フォト



19時半からは、新宿ピカデリーにて
『ガンダムW Blu-ray Box発売記念スペシャルナイトイベント』
フォト


終了後、ガンダムインフォでも速報があがっているイベントです。

ヒイロ役:緑川 光さん
トロワ役:中原 茂さん
カトル役:折笠 愛さん
五飛 役:石野竜三さん

この4名が登壇するとあって、チケットがあっという間に完売してしまった激戦区でした。



この3連休のガンダム関連イベント。
・魂ネイション2013
・ガンダムフロント東京、ガンダムVISA特典の開始
・福井晴敏&皆河有伽トークショー!
・ガンダムW Blu-ray Box発売記念スペシャルナイト


ここには書いていませんが4日(月・祝)には、ガンダムシンガー3名が参加するライブイベントもあり、ガンダムで大忙しの3日間でした。




三連休明けの平日。

2013年11月5日(火)

富野由悠季監督のお誕生日なのでガンダムカフェへ。
フォト



三連休が終わり、スタンディも1体だけの展示へと戻りました。
フォト



富野監督の誕生日だからといっても何か有るわけではありません。

誕生日をガンダムカフェで過ごすのは気持ちの問題です。
いつものコーヒーではなく『せいら』のロック。
フォト



店内に飾られている富野監督のサインと乾杯。
フォト



東京駅店へ移動し・・・
フォト



昨年の12月にオープンした東京駅店にとっては、富野監督の誕生日は今回が初めて。

富野監督のご多幸と健康を祈願し、コーヒーでガンダムと乾杯。
フォト




以上、3日分の記録でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。