2013年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/東京駅店の新パスタ2種

今回の主な内容。
★東京駅店の生パスタ、追加された新パスタ2種。
★東京駅店限定のハロ小皿、一部仕様変更。
★幕張店のメニュー全てを制覇。




2013年12月28日(土)

11時前に東京駅店へ。
cf612 01


東京駅店の生パスタメニューが2品追加されています。
cf612 05


この2品が追加されたのは、幕張店がオープンした12月20日。
cf612 03


新メニュー追加としては、幕張店のオープンで霞んでしまう最悪のタイミングだったと私は思っています。

それでも・・・
「幕張店オープンのニュースで注目されて良いのではないか」
「幕張店は遠いから客の取り合いにならないから問題ないのでは」
との見方も出来ますが、それは適切なインフォメーションを行っていればこそ。

新メニューが追加されてからも、暫くは公式Twitterや公式サイトでも触れられていませんでした。

幕張店と同時に提供開始したメリットは無いように思えます。
それどころか、インフォメーションがなくても自分で気がつく様なコアな客層は、既に事前告知がされていた幕張店のメニューに焦点を合わせているので、とても東京駅店の新パスタにまでは手が出ませんでした。


そういう事情もあり、提供開始から8日間が過ぎ、ようやく私も新メニューに手を出す余裕が出来ました。


12月26日からは、この様な割引券が生パスタ注文につき1枚もらえることになりました。
cf612 06


追加されたパスタ『アッガイの生パスタ ミートソース』890円
アッガイスレーと似たレイアウトでアッガイの顔が表現されているだけではなく、味も申し分なく美味しいパスタでした。
cf612 13


こちら、東京駅店のオープンからメニューとセットで提供して小皿です。
「オープン記念」と書かれていた白いステッカーの上から、新たに黒いステッカーが貼られ、「オープン記念」の文言がなくなりました。
cf612 08


年末からなのか、店内は普段以上にグッズ目当ての客が多く出入りしていました。
この「通路で食べている感じ」を何とかして欲しいと切に願っているのですが、幕張店で手一杯なのか、これで良いと思っているのか、改善の兆しは見えません。
cf612 15

翌日の内容も、続けて記載します。


12月29日(日)の内容です。
cf613 02


10時の開店と同時に到着したので、前日ほどの混雑はありません。
cf613 03


cf613 04


追加されたパスタ『ズゴックの生パスタ ボンゴレビアンコ』890円
cf613 06


店員さんですら「どこがズゴック!?」と言ってしまう内容で、幕張店メニューを開発した思考パターンと共通するダメさを感じてしまいますが、シーフードのあさりが使われているからズゴックだそうです。

「だったらアッガイでもゾックでも良いじゃん」と私は強く言いたい。

cf613 14


そうはいっても、味は確かに美味しいのです。
アサリから出る旨味とコショウの香りが上手く絡み合っています。
cf613 09


幕張店のメニューに関しても書きましたが・・・

とても同じ方が開発しているとは思えないメニュー開発です。

美味しいけど、ガンダムらしさが無い。

もしかして、ガンダム愛の無い方がメニュー開発or決定に加わっているのでは無いでしょうか。



12月28日の内容に戻ります。

秋葉原店では入店待ち列が出来ていたので「テイクアウトだけ」と思い店内に入ってみたところ、レジも大変混雑していたので、何も買わずに撤収。
cf612 18


りんかい線で台場へ。
cf612 19


1月13日まで、期間限定のライトアップがされていますが、今回の目的はこれではありません。
cf612 20


到着。
cf612 21


台場店の入口に立っていたバルーン式の看板は照明が仕込まれていて、夜間は光るようです。
cf612 22


先日はシャアザクでしたが、この日はガンダム。
cf612 23


よく見ると両面にデザインがされていたようで、裏にはシャアザクが居ました。
cf612 24


店内、混雑しています。
cf612 25


先日までサンタの格好をしていたアッガイは、今ではシャア専用をPRする役割に転職していました。
cf612 26


秋葉原店でも販売されている『ガンプラ焼きエコバック』は、台場店でも販売しています。
cf612 27


cf612 28


店内のレイアウトがわずかに変化しています。
cf612 29


ガンダムWのパネル前に柵が尽きました。
cf612 35


そして注意書き・・・何があったのでしょうか。
cf612 36


フードメニューの保温庫の上には・・・
cf612 33


一部商品が、ガンダムビークルでの取り扱いになったとの案内でした。
cf612 34


その「ガンダムビークル」は外の広場に止まっています。
cf612 40


ガンダムビークルのメニュー表も、若干の変更があります。
当初は立て看板だけに記載されていた『甘酒』
cf612 50


cf612 52


その『甘酒』がA4サイズのメニュー表にも追加されていました。
cf612 41


手作り感のある英語メニューもありました。
cf612 43


こちらが『甘酒』450円
甘さは控え目でノンアルコールです。
cf612 48


シナモンスティックなど、ただ置かれていただけで分かりづらかったようで、ズゴックが案内板を持つようになっていました。
cf612 49




2013年12月29日(日)

ビックサイトではコミケの初日です。
この日は、台場→幕張店→東京駅店→秋葉原店、この順路です

台場のコミケでヘトヘトになった足で幕張店へ。
cf613 36


当然ですが、シャアの服を着たモデルさんは居ません。
cf613 38


オープン祝のお花も無くなっています。
cf613 35



17日のプレオープンから短期集中で攻略していた幕張店メニュー。
いよいよ、ディナーメニュー1品を食べれば制覇です。
cf613 22


すっかり特等席として気に入ってしまった席を確保。
cf613 23


ディナーメニューに切り替わる16時より早く来てしまったので『ハログリーン tapioca』を注文したところ、レシートと一緒にガンダムワールドの割引券が付いてきました。
cf613 25


徒歩30秒ほどの近さで開催されているガンダムワールド。

幕張店で1会計毎に100円の割引券が1枚もらえます。


『ジャブロー丼』950円
大きなサーモンがゴロゴロと入っていて、その合間にアボカドがたくさん和えてあります。
辛子のような辛さが少々ありますが、風味付け程度で辛くは感じません。
味は他の同じで申し分なく美味しく最後は具が余ってしまうぐらい具だくさんです。
cf613 28


シャア専用ズゴックがジャブローをかき乱したシーンを再現・・・と言ってみれば、何となくそんな気もしてくるのでは無いでしょうか。
cf613 29


これにて、幕張店の全メニュー制覇です!!


幕張店のタピオカドリンクは、タピオカがたっぷり入っていて気に入ってしまいました。
cf613 31


ふっとカウンターに目をやると、何か貼られています。
cf613 32


既にもらっているガンダムワールドの割引券についてでした。
cf613 33


店内の様子。
cf613 34


帰りに東京駅店へ。
cf613 41


『キッカ』飲みます。
cf613 42


そして、秋葉原店へ。
cf613 48


アイスジャブローコーヒー。
cf613 50


〔20:21〕と僅差です。
cf613 51


コミケ帰りの方も多数、カフェを利用されているようでした。
cf613 52

スポンサーサイト

GUNDAM Cafe/お汁粉はじめました(+シャアザクケーキ)

2013年12月26日(木)

クリスマスが終わった翌日の様子を見に来ました。
Cafe612 03


Cafe612 05


一周年のお祝いで送ったポインセチアは、クリスマスまで持ちこたえてくれたようです。
Cafe612 06


サンタの恰好をしていたアッガイは、普通のアッガイに戻っていました。
Cafe612 07


レジカウンターには新しいPOP。
Cafe612 21


この日から始まった『お汁粉』450円
東京駅店と台場店だけで販売開始(秋葉原店は1月2日から)
Cafe612 14


年末年始の恒例メニューです。
Cafe612 12


餅はシッカリと焼き跡が付き、それとは別に添えられた赤・白・緑の団子がハロの様です。
Cafe612 09


とろみの付いた餡は「飲む」というよりは「食べる」に近い濃さがあり、これ一杯で小腹が埋まる食べ物になっています。
Cafe612 16


秋葉原店では、12月31日から年越し蕎麦が、1月2日からはお雑煮とお汁粉が始まります。


その秋葉原店へ移動。
Cafe612 23


Cafe612 31


ヒイロが完売しています。
Cafe612 32



寒いので、久しぶりにハロラテ。
Cafe612 24


入口のツリーは無くなって、少し寂しくなっていました。
Cafe612 25


〔6:7〕で接戦でした。
Cafe612 26


やはり、秋葉原もクリスマスが終わり、少し寂しい印象です。


続きを読む

GUNDAM Cafe/東京駅店の一周年&紅白ガンプラ焼き


ガンダムカフェ幕張店オープンから数日間、他のガンダムカフェでもいろんな事がありました。
幕張店のメニュー制覇の記録に埋まってしまわないように、同日の内容ですが、分割して記録することにします。


★秋葉原と台場で、幕張店オープン記念の『紅白ガンプラ焼き』

★東京駅店、オープン1周年

★台場店にガンダムビークル登場し、ホットドリンクの提供開始。

★ガンダムW Blu-rayBOXイラストのサイン付きパネル、展示。

これらが主な内容です。



2013年12月21日(土)
正午、幕張店へ行く前に秋葉原店へ。
cf610 001


入店待ちはゼロだったけど、店内満員のため1人ので入店待ち。
cf610 002


いつもの特等席へ。
cf610 023


まずは、ガンプラ焼きカウンターへ。
cf610 008


幕張店オープン記念で『赤い紅いも味』が20日から登場しています。
cf610 010


cf610 003


cf610 004


紅いも味に合わせ、他のガンプラ焼きの生地はいつもより白くなっています。
cf610 006


cf610 019

白いガンプラ焼きの中身は定番の物ですが、生地に使われているとある素材の分量を増やすことによって、いつもより白さが増しています(その影響で、いつもよりモチモチ感も増しています)


『赤い紅いも味』は、芋の甘さが凝縮し、紅いも独特の香りも活きています。
cf610 022


〔10:7〕と、接戦です。
cf610 027


次へ移動。
cf610 032


東京駅店へ。
cf610 033


まずは、アイスジャブローコーヒー。
cf610 034


さて・・・

ガンダムカフェ東京駅店は2012年12月20日にオープンしました。
偶然にも幕張店と同じ12月20日です。

今年の台場店1周年と、秋葉原店3周年では、記念のマグカップが登場しました。
その時点で「東京駅店の1周年は何もやらない」と決まっていました。

あの頃は、東京駅店が不振だったからだと思っていましたが・・・
もしかすると幕張店のオープンも影響してて板野かも知れません。


一番残念に思っているのは、東京駅店の店員さんたちではないでしょうか。
(本部には、せめて内向きでも良いから何かお祝いをして欲しかった)

そう言う私も、20日は幕張店が手一杯で何も出来ませんでした。


一日遅れですが、お祝いを贈らさせて頂きました。
cf610 035


入口のカウンターへ飾って頂けたようです。
cf610 038


cf610 043

この日、一番大切な目的は達成しました。


そして台場店へ。
cf610 044


台場店前の広場では、この日も何かのライブが行われるようです。
cf610 045


日本各地のイベントを回ってきた移動販売車『ガンダムビークル』が冬季限定で登場。
しかし、ライブのエリアがギリギリにまで迫っています。
cf610 058


どうやらライブ側は、ガンダムビークルが置かれていることを知らなかったようです。
「なんで電通は、こういうのが有るって言わないんだよ!」とお偉いさんらしき人が怒鳴りまくっていました。

でも、ガンダムカフェは悪くないので、気にする必要有りません。


このビークルで販売しているメニューのパネルです。
cf610 059


cf610 062


このドリンクメニューが、ビークルのみでの販売です。
(ハロまんは店内でも販売しています)
cf610 061


カウンターにもメニュー表があります。
cf610 082


『ガンダムビークル ホットドリンクメニュー(ソフトドリンク)』2種。各340円
cf610 086


『白いはちみつレモン』
cf610 091


『赤いはちみつレモン』
cf610 092


どちらも、底にジャムが沈殿しやすいので、混ぜながら飲む方が良さそうです。


レシートは簡易的な物です。
cf610 085


cf610 064


合わせて、翌日に飲んだホットアルコールドリンクを続けてます。

こちら、ビークルのカウンターです。
cf611 014


タッパーがあります。
cf611 002


その中身はホットワインに使うシナモンスティックで、セルフサービス。
cf611 003


『ガンダムビークル ホットドリンクメニュー(アルコール)』2種。各500円
cf611 015


『ホットワイン』
蜂蜜の甘さが飲みやすくしています。
cf611 016


『アイリッシュコーヒー』
ウイスキー、砂糖、生クリームの組み合わせで、とても暖まります。
cf611 017



台場店の店内、奥の方・・・
cf610 066


ガンダムWのイベントで展示されていた、サイン付きのパネルです。
cf610 068


cf610 072


cf610 074


cf610 075


cf610 076


イベントでは若い女性が押し寄せ、まともに写真すら撮れない状況でしたが、今なら台場店で心ゆくまで眺めることが出来ます。
cf610 078


紅白のガンプラ焼きは、台場店でも提供中。
cf610 081


cf610 079


そして台場から幕張店へ。


幕張店で早めに用事を済ませ、再び夜の東京駅店へ。
cf610 153


いつもの席へ。
cf610 154


日中にお贈りした花に、遅番の店員さんが何か付けてくれています。
cf610 157


手作りのカード。
私が到着したときに「何か書いている?」と思ったのはコレでした。
cf610 161


私も一筆、添えさせて頂きました。
cf610 162


そして、締めは秋葉原店へ。
cf610 163


ガンダムW Blu-rayBOXの描き下ろしイラストのポストカードがもらえるカクテル『ウイングガンダムゼロ』
cf610 173


25日で終了となってしまうので、忘れないうちに2杯目。
cf610 165


これで、ポストカードが揃いました。
cf610 168


正午は〔10:7〕でしたが、そこから僅差を保ったまま〔39:34〕
cf610 174


とっしゅうまえにショップ側を覗いてみた物の、別段の変化は無し。


では、また翌日・・・
cf610 175





2013年12月22日(日)
最初は台場店から。
cf611 001


ビークルは1月7日までの出店です。その後、1月の3連休にも再登場します。
cf611 037


cf611 039


cf611 019


台場店の店先には、昨日は見かけなかった物が・・・
cf611 022


バルーン状になった立体看板で、足元のコンプレッサーから絶えず空気が送り込まれていました。
cf611 023


店内は意外なほどの混雑ぶり。
cf611 024


GFTで開催されたGBWCの決勝戦と、その後のプレス向けフォトセッションを見て、台場から移動。
cf611 48


幕張店で、全メニュー制覇の為に飲食。
cf611 072


cf611 073


最後は東京駅店に戻って終了。
cf612 001






2013年12月23日(月・祝)
幕張店で、全メニュー制覇の為に飲食。
cf612 006


18時までに秋葉原店へ戻ります。
cf612 036


18時にはテーブルに付いていたいのですが、入店待ちをしてしまい、少し焦ります。
cf612 037


無事、18時までに席を案内してもらえ、ビルドファイターズ第12話をワンセグで視聴。
cf612 039


その後、東京駅店へ。
cf612 041


小腹を埋めるために『ハロドラ』
cf612 042


金曜のプレオープンから続いた、怒濤の4日間、終了です。
cf612 043

GUNDAM Cafe/幕張店グランドオープン+三連休

2013年12月19日(木)
ガンダムフェ幕張店、プレオープンとしては最後の日です。
翌日のグランドオープンに向けて何か変化が有るのかなと思い、仕事帰りに来てみました。
cf608 001


1日来ていなかった間にタニコーさんのお花が増えていました。
こちらは、業務用厨房機器を卸しているメーカーさんかと思います。
cf608 002


プレオープンが知れ渡っていないのか、平日だったからなのか、店内はガラガラです。
cf608 003


全メニュー制覇を目指して3品を頂きます。
cf608 006


『アムロ・レイのニュータイプディナー』950円
いきなりですが、内容量に対しての皿のサイズが合ってない様で、これは内容量を増やすか、皿のサイズを変えるかしなければ対応出来なそうです。
cf608 007


皿が寂しくならないように、ポテトと野菜の並びを変えてみました。
cf608 012


内容的には、秋葉原店や東京駅店で提供されている「パイロットランチ」と同じに見えます。
しかし、名前は「ニュータイプランチ」です。

その違いはハンバーグ・・・では無いかと思います。

ここで使われているハンバーグは「ガルマの栄光」で使われ、その後「マクダニエルバーガー」や「ミネルバ艦内食」でも使われたモノで、パイロットランチで使用されている物よりも良質のモノです。

その質の違いが「ニュータイプ」と言う名前の違いに現れているのかも知れません。
cf608 031


幕張店で使用されているポテトは表面にガーリックで軽く味付けがされているモノです。
cf608 014


『シャア・アズナブルのニュータイプディナー』950円
cf608 008


cf608 029


『ザクタコライス』980円
cf608 009


若干カレーの香りを残したタコライスです。
cf608 011


ソーセージはスパイシーですが、辛さはありません。
cf608 032


そして、困ったことがもうひとつ・・・

店員さんが、注文したメニューの数だけカトラリーを持って来てしまうのです。
(このカトラリー1つに2名分の食器が入っています)
cf608 026


また、カトラリーの中には、秋葉原店では当然のように入っている「紙ナプキン」が入っていません。
これは、紙ナプキンが入らないサイズの容器にしてしまったから。
cf608 027


盛りつけの問題からカトラリーについて等、他店舗では起こっていなかった問題が発生しています。
店員さんも、けっしてスムーズとは言えない状況です。

翌日からのグランドオープンで、どれだけプレオープンでの経験が行かせられるか・・・


ガンダムっぽさが皆無に等しい幕張店メニューにおいて、この旗が唯一に近いガンダム要素かと思います。
cf608 033


この様な旗なら、きっと多くの方が記念に持ち帰ることでしょう。
ただ、現状では食材の油が付いていたり、食材の水分を吸ってしまっていたりと、残念な状況がほとんどです。


1号店がオープンのオープン時。
本部も現場のスタッフも一丸となり、コミュニケーションも良好で、ほとんどの問題は即座に解決していました。


2号店の台場店のオープン時。
秋葉原店で経験を積んだ新店長さんの元、ある程度、現場に任せる状況で諸問題を現場レベルで乗り切っていました。


3号店の東京駅店のオープン時。
問題は未解決のまま据え置かれることが多く、現場が感じていることと本部が対応していることにズレがあり、問題への対応も的外れな感があり、その状況が現在までも継続中。


そして、4号店となる幕張店が翌日からグランドオープンします。
プレオープンの段階では、東京駅店オープン時から続いている良くない状況を引き継いでしまっている印象です。

東京駅店での問題を解決しないまま4号店を出店してしまった状況には、一抹の不安が残ります。


そして撤収。
cf608 038





2013年12月20日(金)
幕張店グランドオープンの日です。
この日がオープンと思っている方も多いのではないでしょうか。
cf609 002


ガンダムカフェはグランドモール3階で、立体駐車場の側にあります。
スクリーンショット(2013-12-23 3.51.50)


この駐車場側から行くルートが最短です。
既にプレオープンで一番乗りしていましたが、それなりに早く入店したいので。この最短ルートで9時のオープンを待ちます。
cf609 003


早朝の5時から来られた方は、他府県から前夜入りで近隣のホテルに泊まっていたそうです。
cf609 005


オープン10分前になると、外側の自動ドアが解放され、暖かい風除室へと入ることが出来ます。
cf609 006


9時になったのでオープンです。

駐車場からだと、カフェ入口より先に、このシャアザク展示があります。
cf609 162


プレオープンには無かった、同日から開催される、ガンダムワールドのパネルも置かれていました。
cf609 163


プレオープン初日の様に、店長さんが店先に立たれている事も無く、普通の朝でした。
cf609 045


入口では、シャアの制服を着たお姉さんが立たれていました。
cf609 172


プロのモデルさんです。
cf609 165


中央の柱に置かれたラックが、さっそく新しくなっています。
cf609 011


プレオープン時のモノよりも立派な展示台が使われていますが、それでもスタイリッシュではない気がします。
cf609 012


cf609 013


グランドオープン初日の朝、いきなり転んでいます。
cf609 014


暫くして、スタッフさんが直していましたが、他のガンダムカフェで見かける本部の方ではないようです。
cf609 015


作業終了。
cf609 166


シャアザク、立ち上がりました。
cf609 169


ふ・・・とテーブルを見ると。

cf609 028


「RESERVED」とのプレートが置かれています。

周りを見渡すと、方々で一般客を装った関係者の姿が見られます。
関係者と言ってもバンダイ側の者では無く、版権元など。

秋葉原店でもオープン当初にはしばしば見られた光景です。

幕張店ではプレオープンが4日間もあったので、その範囲で収めておけなかったのかなぁ〜と、若干思いました。



では、プレオープンから続いている「全メニュー制覇」の続きです。

タピオカドリンクを全4種。各400円
cf609 018


cf609 027


『ハロ・グリーン Tapioca』
甘い抹茶味です。
cf609 019


『ハロ・オレンジ Tapioca』
ミルクティーですが、ノンシュガーです。
cf609 020


『ハロ・ピンク Tapioca』
甘いストロベリー味です。
cf609 022


『ハロ・アイスティ Tapioca』
こちらもノンシュガーで、スッキリした飲み口です。
cf609 021


『ノンアルコールビール』400円
cf609 032


幕張店で初めて、ジョッキにカフェのロゴが入りました(他店舗での導入予定は無し)
cf609 034


冷えたジョッキに自分で注ぎます。
味は、苦みのある本物のビールに似せた味わいです。
cf609 036


10時になりました。
グランドオープンの日は午後から仕事なので、同日開催されているガンダムワールドを足早に見ていきます。
cf609 047


ガンダムワールドは、見るだけなら30分もいらない内容でした。

ちなみに、ガンダムカフェとガンダムワールドは、こんなに近い位置関係です。
スクリーンショット(4)


11時から注文可能なランチメニューのために、早々にカフェへ戻って来ました。
cf609 170


朝方にはなかった、ガンダムワールドの広告がラミネートされテーブルに置かれていました。
事前に用意されていた物では無く、急遽、作られた物だそうです。
cf609 171


11時になり、ランチタイムになりました。
cf609 180


『ドムトロピカルカレーDX』950円
ディナータイムに提供されるカレーと同じ物ですが、ランチタイムには別皿が着きます。
cf609 173


名称は「ドム」と言っていますが、ライスのカタチはザクです。
cf609 174


大きめのチキンがゴロッと入っていて、ルーの中にも煮崩れたチキンがホロホロと入っています。
辛さは若干感じる程度で、名称に「トロピカル」となっているので、ココナッツの香りなどがついているのかと思っていましたが、標準的な美味しいカレーで、誰にでもお勧めできる内容でした。
cf609 176


ランチタイムでは、サラダとスープが付いてきます。
cf609 175


スープはトマトコンソメ味のスープで、具も多いです。
cf609 177


正午前になると、少しずつお客さんが増えてきましたが、まだ「混雑」と言えるほどではありません。
cf609 178


早々にランチを済ませ、午後は仕事へ。
cf609 181


それから数時間後・・・

幕張店へ行く前に東京駅店へ。
cf609 182


ハロドラを凍った状態で購入。
cf609 183


時間が無いので、ハロドラをかじりながら移動。


約50分かけて幕張店へ到着。
cf609 184


『シャア専用ザクカレーDX』950円 ※ディナータイムはサラダ&スープは無し。
cf609 187


『ニューヤークチーズケーキ』680円
cf609 201


『三連星とろけるクレーププレート』750円
cf609 190


黒糖シロップが掛けられています。
cf609 191


クレープの中には生クリーム。
cf609 209


黒胡麻アイスです。
ジオンのマークは黒糖パウダーで書かれています。
cf609 192


『ジオンとろけるクレーププレート』750円
cf609 195


クレープには酸味のあるベリーサース。
cf609 196


cf609 211


抹茶アイスとストロベリーアイス。
ジオンのマークは紫芋のパウダー。
cf609 197


と・・・撮影をしていたら、突然手が!?
cf609 194


突然現れた手と、動かされた皿・・・

配膳をしてきた店員さんの手でした。

自分のテーブルの上の皿が突然動くなんて事が無かったので、正直、かなりビックリしました。


これで、幕張店独自のデザートメニューは全てです。
cf609 207


閉店時間となり、撤収です。
cf609 216





2013年12月21日(土)
三連休の1日目。
順路は、秋葉原店 → 東京駅店 → 台場店 → 幕張店 → 秋葉原店。

他店の内容は別でまとめるとして、幕張店に絞ってまとめます。


台場店から幕張店へ向かうには、りんかい線から新木場経由が早く、安く、楽に向かえます。
りんかい線には、ダイバーシティ東京のガンダム広告が。
cf610 097


cf610 099


メッセ方面のルートでイオンモールへ(後に、更に楽なルートを見つけました)
cf610 100


流石三連休です、平日のグランドオープンよりもカフェ前が賑わっています。
cf610 101


賑わっていた要因のひとつは、この前日も居た制服のモデルさん。
cf610 102


昨日とは違う方でした。
cf610 103


cf610 125


店内はそれなりにお客さんが入っています。
cf610 123


cf610 130


cf610 133


『生ビール』550円
ジョッキのカフェのロゴがプリントされており、他店舗での導入予定は無いそうなので、幕張店だけの仕様です。
cf610 105


ビールと一緒に『ザクグリーンカレーDX』950円
事前情報ではカフェ史上で最も辛いカレーと聞いていたので、用心してビールと一緒に注文。
cf610 116


バターの香りがとてもまろやかで、グリーンカレー特有のクセの強い香りは抑えられ、辛さはたいして有りませんでした。
cf610 121



追加で『ガーリックトースト』200円
カフェ他店舗でのガーリックトーストよりも香りも味も強くなっていました。
cf610 127


レジ前が混雑しています。
ここは3つの動線〈配膳をする店員さん〉〈レジへ注文しに向かう客〉〈出口へ向かう客〉が交差している上に、物販の棚まで置かれているので必然的に混み合ってしまいます。
cf610 132


丹青社が、このような施工をするとは思えないのですが・・・


店先はそれ程広い通路では無いので、ザクを撮るために数人が立ち止まると混雑しています。
cf610 134


1/10シャアザクを撮っている人。
cf610 144


幕張店前の吹き抜け、その向かい側から見た様子。
cf610 150


間近で見るよりも、よりザクヘッドの大きさが伝わってきます。
cf610 152





2013年12月22日(日)
三連休の2日目。
順路は、台場店 → 幕張店 → 東京駅店 → 秋葉原店。

ガンダムフロント東京で「ガンプラビルダーズワールドカップ2013」の決勝戦が行われた日。


16時で切り替わってしまうランチタイムのギリギリ、15時半で到着したら、まさかの入店待ち列。
cf611 057


満席で入店待ちをしているのでは無く、店員さんが作業に追いつかず店内へ通せないで居るようです。

店内はほぼ空席。
写真


店先には、この日も制服のモデルさんが立たれています。
cf611 059


昨日と同じ方ですが、髪型を変えてきています。
cf611 060


店員さんも落ちつきを取り戻したようで、順次、店内へ。
cf611 061


cf611 063


この日は、店内の奥まった席へ。
cf611 067


残念なことに、ランチタイムに間に合うように来ていたのですが、入店待ちをしていた影響でランチタイムが終わってしまいました。


計画が狂ってしまったので、ひとまず『ハロ・グリーン Tapioca』を飲んで落ち着きます。
cf611 066



『ZWONオムライス』950円
オムライスに掛けられたデミグラスソースには肉がふんだんに入っており、控え目に食べていると、終盤で肉ばかりが余ってしまうほど。
cf611 069


そして、プレオープンから6日が過ぎていますが、いまだに注文した品数分のカトラリーが運ばれてきます。
現場で指摘してはいますが、問題点の洗い出しなどがされていないようで、改善されるのはまだ先になりそうです。
cf611 068





2013年12月23日(月・祝)

三連休の3日目。
順路は、幕張店 → 秋葉原店 → 東京駅店。


三連休の最終日、ザクヘッドと制服のモデルさんはインパクトがあるようで、多くの方が足を止めています。
cf612 008


この三連休を通して、同じモデルさんでした。
cf612 025


cf612 026


前日は、まさかの入店待ちでしたが、この日は完売が出ています。
cf612 011


シャア系メニューに使うトマトソースが無くなってしまったそうです。
cf612 010


トマトのソースが無くなったおかげで、注文出来る品数がかなり減ってしまいました。
その対応策として、ディナータイムだけの『ザクタコライス』がランチタイムでも注文可能となりました。


入店待ちをしている間にメニュー表を見ることができる様になりました。
cf612 012


渡されたメニュー表にはランチタイムのラストオーダー時間が追記されていました。
こうやって少しずつ改善されていくのかと思います。
cf612 013


ちなみに、この日は店内が混んでいての入店待ち。
cf612 014


私もこの日になって気がついたのですが、イオンのショッピングカートを押したまま入店してくるお客さんもいました。
cf612 016

他のガンダムカフェには無い光景でしたが、このようなお客さんも動線や通路幅の考慮に入れなければ行けないと言うのは、ショッピングモール店ならでは。


店内へ。
cf612 019


cf612 020


レジでは、休止中のプレートが登場。
cf612 018


まずは『ハロ・ピンク Tapioca』
cf612 023


『アムロ・レイのコックピットランチ』980円
cf612 028


メインのハンバーグ&ソースは、ディナータイムのニュータイプランチと同じ。
付け添えのサラダとポテトが昼夜で違っているようです。
cf612 030


また、ディナータイムのニュータイプランチと同じ価格でライスが付いてきてお得です。

スープも付いてきますが、初日に別のランチメニューに付いてきたクラムチャウダーとは違い、こちらはコンソメスープでした。
cf612 029


このスープの違いは、今後の調査対象とします。


グランドオープンからの4日間でメニューの殆どを食べ尽くしました。

年内には全メニューを制覇できそうです。

cf612 034

GUNDAM Cafe/カクテル「ウイングガンダムゼロ」

2013年12月16日(月)


前日の15日、突如、公式Twitterにて告知がありました。

新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz Blu-rayBOX発売を記念し『ウイングガンダム ゼロ クリスマスカクテル』が登場するとの告知でした。

16〜25日までの期間限定メニューです。


翌日は幕張店のプレオープンで早朝から出掛けなければ行けなかったのですが、秋葉原店へ。
cf607 01


強風のため、自動ドアは手動に。
cf607 02


いつも対決の結果が随時貼られているボードが、いつもの場所にありません。
cf607 03


強風のため、カウンターの上に移動していました。
cf607 04


〔12:10〕でゼクス優勢。
cf607 05


cf607 06


グランドメニュー。
cf607 07


その最後のページに『ウイングガンダム ゼロ クリスマスカクテル』
cf607 08


かなり作り込まれています。
cf607 09


cf607 10


ジンを使った強いアルコールのカクテルのようです。
cf607 11


『ウイングガンダム ゼロ クリスマスカクテル』
cf607 12


羽のように見えているのは、スライスしたリンゴです。
ここから水分がしたたり落ちるので、もらったコースターなどをうっかり濡らしてしまわないように気を付けなくてはいけません。
cf607 13


つぶつぶのゼリーが入っていますが、味はありません。
cf607 14


『トレーズの薔薇』と合わせてみました。
cf607 15


プチプレートセットとしては組み合わせられませんが、フェアコースターはもらえます。
cf607 16


このカクテル注文で、Blu-rayBOXの為に描きおこされたイラストのポストカード(イベント上映でもランダム配布されてた全4種のカード)が2種ずつのセットでAとBに分けられており、今回はBをもらいました(選べます)
cf607 17


cf607 19


ショップ側では、この日からWぽい飾り付けがされていました。
cf607 18

cf607 20


cf607 21


翌日に幕張店オープンを控えた16日のガンダムカフェから撤収します!
cf607 22

GUNDAM Cafe/幕張店プレオープン


2013年12月17日(火)


20日にグランドオープンするガンダムカフェ幕張店。
正式名称は『GUNDAM Café イオンモール幕張新都心店』

まずは17日からプレオープンするので、一番乗りするべく早朝から向かいました。
(これだけガンダムカフェに通っていながら、実のところ1番乗り出来たのは台場店のみ)
gmc1 001


まず、プレスリリースに書かれている基本情報をまとめます。


ガンダムカフェとして初の「ジオン」をモチーフとした店舗。
「実物大 ザクⅡヘッド」が展示。
ガンダムフロント東京で販売中の商品も一部販売。
幕張新都心店のみのオリジナルグッズも販売。

オープン日 :2013年12月20日(金)
場所:イオンモール幕張新都心 グランドモール3階(千葉県千葉市美浜区豊砂1-1)
営業時間:9:00-22:00 ※年中無休
店舗面積:249.51 ㎡(75.48 坪)
席数:88席
提供メニュー数:約80種(モーニング&ランチ、バータイムメニュー合計)
販売グッズ数:約200種


唐突ですが、店舗の外にはガンダムワールド等で見かける1/10シャアザクが展示されています。
gmc1 002


このシャアザクは、今後、別の1/10モデルに変わる事もあるそうです。
gmc1 003


gmc1 004


店内の角からガラス越しに見える様になっているので、外から店内も見えます。
gmc1 005


gmc1 006


gmc1 007


gmc1 008


gmc1 009


店舗占有区画と通路の境界線には、ジオンのハードなイメージを再現したようなメタルプレート調の床材が貼られています。
gmc1 010


朝には無かった注意書きが、夕方には貼られていました。
gmc1 011


1/10シャアザクが置かれていた角を通り過ぎると、入口が見えてきます。
gmc1 012


ガラス張りになった向こう側は、通行人から店内が見え過ぎないような目隠しがされています。
これは店内にお客さんが入っていない状態。
gmc1 013


gmc1 015


お客さんが入ったら通路からは、このように見えます。
gmc1 014


そして出入口へ。
gmc1 016


実物大ザクヘッドの両側が、入口と出口になっていますが、客の動線は初日から意図した通りには進んでくれなかったので、出入口の区分は早々に無くなるかもしれません。
gmc1 017


ジオンをモチーフにしていても、看板に使われているのはガンダムのVアンテナ。
もっとジオンらしい意匠も考えられたかと思いますが、そうしなかったのには理由があります。
gmc1 018


20日のグランドオープンを告知したパネル。
もしかしたら、プレオープンでしか見られない光景かもしれません。
gmc1 019


ザクヘッドの右側が出口です。
gmc1 020


通路に面した壁面の一部がガラス張りになっています。
gmc1 021


生パスタを伸ばすためのマシンがあります。
gmc1 022


細かいですが、ジオンのマークが貼られていました。
gmc1 023


プレオープン初日の朝は、イオンモールさんからのみ、お花が来てました。
gmc1 024


通路に面した平面にはガンダムカフェ限定ガンダムフロント限定のガシャポンが多数。
gmc1 025


gmc1 026


この実物大ザクヘッドは、今は無き松戸のバンダイミュージアムの為に作られ展示されていた物で、多くのイベントを経て、ガンダムカフェへ戻って来ました。
gmc1 027


戻って来たザクヘッドが松戸の悲劇を繰り返させるのか、あの頃の教訓になるのか・・・
gmc1 028


gmc1 029


ザクヘッドの頭上には、H鋼がミリタリー感を出しています。
gmc1 030


9時〜11時まではモーニングメニュー。
gmc1 031


他の店舗が、開店と同時に普通の食事が出来るのに対し、幕張店は11時まではフードが一種類のみと、若干心細い内容です。
gmc1 032


物販は、ザクヘッドの周辺に集中しています。
物販を通って飲食スペースへ向かう動線は、物販が好評な東京駅店と同じです。
gmc1 033


こちらではザクとうふを販売しているようで、秋葉原店以外の店舗で「ざくとうふ」の取り扱いをしていることになります。
gmc1 034


ザクヘッド横の物販棚は、よく見ると、3つのグループに分かれています。
gmc1 035


ガンダムカフェ開業当初から続く定番の人気商品が通路側でお客さんを引き寄せています。
gmc1 036


gmc1 037


定番のフェイスマグ。
gmc1 038


他の3店舗でも販売している既存の絵柄ですが、後ろに入っているロゴが幕張店の物になっています。
(詳細は後ほど)
gmc1 039


gmc1 040


棚の中央は、比較的新しいグッズが集められ、引きつけたお客さんを店内へと誘導しようとしているかのようです。
gmc1 041


gmc1 043


gmc1 042


店内寄りの棚は、ガンダムフロント東京のグッズです。
ここまで入ってきたお客さんは店内の飲食スペースまでも後一歩、カフェのグッズではなくてもきっと買ってくれることでしょう。
gmc1 044


今まで例外はあっても、基本的にガンプラは売らない方針だったガンダムカフェが、ガンダムフロント東京の限定ガンプラを扱うようになってしまいました。
gmc1 045


gmc1 046


ガンダムフロント東京のパンフレットまで販売していますが・・・ガンダムカフェさん、良いんですか??
gmc1 047


ザクヘッドの後にも所品が陳列されています。
gmc1 048


市販品も含め、カフェやガンダムフロント東京のグッズが混在しています。
gmc1 049


gmc1 050


gmc1 051


gmc1 052


gmc1 053


では、物販はコレグライにして飲食スペースへ踏み込みます。
gmc1 054


店内へ入って、右側にレジがあり、ここで注文をします(先払いでの決算です)
gmc1 055


このカフェはジオンをコンセプトにしていますが「新築の綺麗な飲食店を、部分的に緑色に塗っただけ」というのが私の印象です。
gmc1 056


これより後の画像を見ても分かる事ですが、ガンダムカフェでは定番の演出となっている、コーションマークがどこにも貼られていないのです。
したがって、コーションマークに紛れている隠れハロも、幕張店には居ません。

世間では、ジオン寄りのガンダムカフェが出来ると聞いて強い期待を寄せているジオニストは少なくないはずです。
幕張店に来られて、あまりガッカリされなければ良いのですが・・・


gmc1 057


クレジットカードや電子マネーが使えます。
gmc1 058


商品購入レジと、飲食用のレジが分かれていますが文字で書かれているだけでは認識しづらいので、もっとグラフィカルに区分けするか、動線じたいを分けた方がいい気がします。
gmc1 059


秋葉原店や東京駅店と同じ、ガンダムカフェくんの番号札が使われています。
gmc1 060


店員さんは、まだ慣れない表情で敬礼して下さいます。
他の店舗の様に、キャラの制服を着た店員さんは居ないようです。
gmc1 061


レジカウンターよりも、若干ザクヘッドよりの付近にある不可思議なカウンター。
この壁に空いた窓が厨房と繋がっていて、フードメニューがこの棚に置かれ、それを店員さんが運んで行ってくれます。
gmc1 062


全ての時間帯のメニュー表がカウンターの上に表示されていますが・・・卓上のメニュー表データを転用したからなのか、文字が小さくて見づらい気がしました。
gmc1 063


【全ての時間帯で注文出来るメニュー】
gmc1 064


9:00〜11:00 【モーニングメニュー/ランチメニュー】
gmc1 065


16:00〜22:00【ディナーメニュー/キッズメニュー】
gmc1 066


16:00〜22:00【ディナーメニュー】
gmc1 067


gmc1 069


アルコールメニューに使うリキュールなど。
gmc1 070


gmc1 071


gmc1 072


レジカウンター前の広いスペースの奥は客席になっています。
gmc1 073


ガンダムカフェとしては定番の複製原画ですが、幕張店で初登場となる物ばかりが並んでいます。
gmc1 074


gmc1 075


gmc1 076


gmc1 077


gmc1 078


gmc1 079


gmc1 080


gmc1 081


奥は突き当たりになっています。
gmc1 082


突き当たりには、ガンダムカフェにしては珍しく、手洗いのための水道があります。
gmc1 083


突き当たったところから振り返っると、ずらっと並んだソファ席が一望できます。
gmc1 084


壁面に扉が見えますが・・・
gmc1 085


この奥が、スタッフさん方の控室など。
gmc1 101


中央の柱の周辺にはいろいろとあり、このカウンターは店員さんが配膳される際に中継する場所(正しい呼び方が分かりませんが)
gmc1 086


やや味気ないガラスケースにはジオン系のガンプラやフィギュアが並んでいます。
「飾る」と言うよりは「置いてある」との表現が当てはまりそうな殺風景なケースです。
gmc1 087


秋葉原店や台場店では、店内の雰囲気に合わせたアクリルケースが作り付けられていますが、その様な雰囲気作りはできなかったモノでしょうか。
gmc1 088


gmc1 089


gmc1 090


gmc1 091


柱の裏側には・・・
gmc1 092


食事に必要な各種が置かれています。
これらを店員さんにお願いする物なのか、セルフサービスなのかは、現状では伝わりづらい状況です(実際はセルフ)
gmc1 093


この柱を取り囲むように、ジオンを牽引したキャラクターが名ゼリフと共に並んでいます。
gmc1 094


gmc1 095


gmc1 096


gmc1 097


gmc1 098


gmc1 099


ソファ席は更に続いています。
gmc1 100


奥に見えているのは、通路に面して展示されていた1/10シャアザク。
gmc1 102


gmc1 104


ジオンを掲げたガンダムカフェなら、このマークもザクにするとは「ガンダムは敵」と言う事で、引き裂いたような跡を付けるなどすれば良かったのではないか・・・と思いますが、そうは行かない理由があるのです(ここでは伏せておきます)
gmc1 103


gmc1 105


ソファ席以外の席もあります。
gmc1 107


カフェっぽく、丸いテーブルの席が3組。
gmc1 108


大人数から、個別の相席まで多目的に使える大きめのテーブル。
gmc1 112


gmc1 110


gmc1 111


中央の席に座ると、ちょっとした主賓の気分になれそうです。
gmc1 113


そして、壁に向かう状態で使用するお一人様席があります。
gmc1 114


gmc1 115


グランドオープンと同日に開催されるガンダムワールド告知ポスターも貼られています。
gmc1 116


gmc1 117


gmc1 118


このモニターは、店内各所に設置された物と同じ映像が流れています。
gmc1 119


モニターに流される内容は、他のガンダムカフェでも流れている物と同じですが、幕張店だけの映像も用意されています。
gmc1 120


gmc1 121


gmc1 122

また、今までは3店舗を合わせた1本のカフェ紹介ムービーでしたが、3店舗が独立した紹介ムービーへと変わっていました。

秋葉原店。
gmc1 123


台場店。
gmc1 124


東京駅店。
gmc1 125


gmc1 126


gmc1 127


店内の観察はこれぐらいにして、続いては実際にメニューを頂きます。

各テーブルにメニュー表が置かれています。
gmc1 128


これは、モーニングのメニューセット
gmc1 129


11時までは、フードメニューは1品のみ。
gmc1 130


フードはいろいろと限定的ですが、ドリンクはアルコールでもノンアルコールでも、朝から注文可能です。
gmc1 131


『ガンダムカフェモーニング(パンケーキセット)』680円
gmc1 132


サラダに・・・
gmc1 133


ヨーグルト&フルーツに・・・
gmc1 134


パンケーキに・・・
gmc1 135


どこにもガンダムらしさがないので、少々困惑してしまいました。
ココアパウダーの為の型はあるんだから、ハロでもジオンマークでも描いてくれれば良いのに・・・と思ってしまいました。

唯一、ジャブローコーヒーを使ったことがガンダムらしさと言えなくもありません。
gmc1 136


モーニングメニューを頂きつつ、気がついたことがあります。

ソファ席のテーブルが低すぎて、足を組めないのです。
わりと長時間をカフェで過ごす私のような者には、少々ツライしようで有りますが、他のテーブルでは問題なく足が組めました。
gmc1 137


カトラリーには、ガンダムカフェとしては初めて、ウェットティッシュと箸袋にロゴが入りました。
gmc1 138


gmc1 139


ちなみに、レシートの表記は他のガンダムカフェと共通で、幕張店では告知ではなく店舗の所在地などが書かれていました。
gmc1 140


モーニングを食べている間に、お花が増えています。
モミアンドトイ・エンターテイメントさんはスイーツのお店なので、おそらく、店内で提供しているクレープをここから仕入れているのかと思われます。
gmc1 141


入口のメニュー表もランチタイムの物へと変わっています。
gmc1 142


gmc1 143


店内も、そこそこのお客さんが入っていますが88席を埋めるほどではありません。
まだプレオープンなので、本番は20日からです。
gmc1 144


こちらが、テーブルに置かれているメニュー表。
gmc1 145


gmc1 146


gmc1 147


裏面。
gmc1 148


gmc1 149


ランチメニューの種類はかなり豊富です。


レジ前の誘導は現状の客入りに合わせ、短く並べ替えられていました。
gmc1 150


レジにはメニュー表がないため、テーブルのメニュー表を持参する注文方法ですが、このサイズのメニュー表を持って行くというのは、少々野暮ったい気がするので、出来ればレジにもメニュー表を置いて欲しいところです。
gmc1 151


席を移動し、店内も空いていたので大きなテーブルを独り占め。
gmc1 152


ランチメニュー制覇への第一歩は、この3品。
gmc1 153


『ジャブロー風ビーフシチューパン』680円
gmc1 154


モーニング同様に、名前こそジャブロー風となっていますが、ガンダムらしさが一切ありません。
しかし、味は文句なく美味しいく、量的にも食べ応え十分です。
gmc1 155


大きなお肉もトロトロに煮詰めた状態で入っています。
gmc1 156


『ホワイトベースのシチューパン』580円
gmc1 157


同じくガンダムらしさが(以下同文)
gmc1 158


『キッズプレート “カツ・レツ・キッカ 小さな防衛戦”』680円
こちら本来は小学生以下が対象となるはずですが、メニュー表に表記漏れがあったらしく、メニュー表が修正される前の段階なら大人でもOKと言う事で、それを聞いて慌てて追加注文してみました。
gmc1 159


鶏の唐揚げはサクサクとジューシーで、海老フライも衣と身のバランスが良い揚げ上がりです。
gmc1 160


ここまでの段階で「フードが全然ガンダムらしくない」という大きな問題にぶつかりました。

もちろん、何も考えずにこの様なメニュー構成になったわけではありません。
ガンダムカフェ側も思うところがあり、この様なメニュー内容にしています。

一人のガンダムファンとしても、思うところはあります。

が・・・

全てのメニューを制覇するまでは、安易に結論を出すことは避け、まずは用意されたメニュー全てを味わっていこうと思います。




こちら、ソファ席側を店舗の外から見た様子です。
gmc1 161


いくつかのパネルが貼られています。
gmc1 162


gmc1 163


gmc1 164


gmc1 165


gmc1 166


この時点で正午を過ぎています。

移動します。



海浜幕張駅を往復しているバスに遭遇。
gmc1 167


プレオープンからバスが運行しているようです。
gmc1 168



幕張店がオープンした初日です。

やらなくてはならないことがあります。


まずは台場店。
gmc1 169


gmc1 170


今一度、各店舗の看板を見ていきます。
2号店だけ有って、秋葉原店の看板を洗練させた印象です。
gmc1 171


平日の日中と言う事もあり、お客さんは少なめ。
店員さんの間でも、まだ幕張店がオープンしたという実感は無さそうです。
gmc1 172




続いては、秋葉原店へ移動。
gmc1 173


全ての店舗の始まりとなった看板です。
gmc1 174


一番馴染みのある入口です。
gmc1 175


喫煙席側に・・・
gmc1 176


前日にはなかったPOPが貼られていました。
こちらは初日に済ませていますが、記録は後日へ・・・
gmc1 177


gmc1 178


〔6:12〕でヒイロが優勢です。
gmc1 179


カウンターにも、先程のPOPが貼られています。
gmc1 180


これだけアピールしていますが、ランチタイムは注文出来ないという歯がゆさが少々。
gmc1 181


この後も飲食が続くので、秋葉原店では軽めに済ませます。
gmc1 183


まだ16時台ですが、陽がくれてきたので次へ。
gmc1 182




そして東京駅店へ。
初めて4号店がオープンした日に、4店舗巡りを決行です。
gmc1 184


地方展開を見据えた実験店でもある東京駅店の看板は、量産を見据えつつ小型でも目を引く作りになっています。
gmc1 185


ここで、とんでもない本部の暴挙を発見!
幕張店のプレオープンと同日に、東京駅店に新メニューが登場しているのです。
gmc1 186


gmc1 187


この2品が新登場です。
gmc1 188


以前も、秋葉原店のフェア初日に生パスタ4種を東京駅店に投入した本部。

東京駅店の店員さんの気持ちを考えると、軽く怒りさえ覚える所行です。

相乗効果を期待しているのでしょうか。

相乗効果があるような客層は、どれも食べてみたいというミディアムからヘビー層。
その様な客層は既に「新店舗メニュー」や「フェア初日」といった事前告知のあった飲食を済ませてしまい、とても東京駅店の新メニューまでは食べられません。
また、暫くはそれらのメニュー制覇に追われ、東京駅店にまでは手が回りません。


また、ライトな客層を考えると、他店舗での展開とタイミングを合わせ東京駅店へ新メニューを導入する必要はありません。
ライト層は、その様なことの影響は受けません。


結果として、東京駅店は絶好のPR素材である新メニュー投入を、もっと大きな他店舗のイベントで潰された格好になります。

ただでさえ迷走している東京駅店を支えているスタッフさん方。
その心中をお察しします。


この後の予定を考えて烏龍茶。
gmc1 189




そして、幕張へ戻ってきました。
gmc1 190


入口のメニュー表はディナータイムの物へと変わっています。
gmc1 191


gmc1 192


物販にも、小道具が添えられていました。
ここも、出来ればガンダムのキャラやMSを使ったモノを本部に頑張って作って欲しいところです。
gmc1 193


各テーブルには、ディナータイムのメニュー表が置かれています。
gmc1 194


gmc1 195


gmc1 196


gmc1 197


gmc1 198


gmc1 199


gmc1 200


メニュー数が多いのは分かっていましたが、写真付きで見せられると、あらためて、その多さに驚きます。
gmc1 201


これだけのメニュー数を、他店舗のフェアメニュー開発と平行して行っていたと言う事は、その労力は相当の物だったかと思います。
gmc1 202


裏面は、全ての時間帯で共通のドリンクメニューです。
gmc1 203


gmc1 204


gmc1 205


ディナーメニューは、もう一人のカフェ常連と共闘し、一気に攻略していきます。
「ガンダムらしさが無い」という問題は、ここでは一旦忘れることにします。
gmc1 206


gmc1 207


gmc1 208


パスタ2種。
gmc1 209


『シャアパスタ MS-06S』950円
モノアイを表現したプチトマトを付けつつも、名前が「シャアザク」ではなく「シャア」になっていますが、これは誤植?
gmc1 210


秋葉原店のシャアザクパスタの様なナポリタンではなく、トマトの味が前面に出たパスタです。
gmc1 211


『ザクパスタ MS-06F』950円
gmc1 212


バジルとガーリックの香りが効いたパスタです。
gmc1 213


サラダ2種。
gmc1 214


『ニューヤークサラダ』680円
gmc1 215


gmc1 216


『ベルファストサラダ(海老とアボカドのサラダ)』680円
gmc1 217


大きめの海老が大量に入っていてお得感のあるサラダです。
gmc1 218


『“ビック・トレー”(ビーフカツレツ マッシュルームソース)』980円
gmc1 219


メンチカツじゃないかってぐらいに柔らかいカツレツにサクサクの衣。
デミグラスソースに絡んだマッシュルームと、非常に美味しいメニューです。
gmc1 220


『テキサスピッツァ』750円
gmc1 221


ここで、やっと「ガンダムらしさ」が出てきました。
パプリカでZEONと書いてあり、そのしたにはジオンマークもあります・・・が、少し鮮明さに欠けます。
gmc1 222


まだ注文しているモノは全て揃っていません。
gmc1 223


スパークリングのアルコール、全6種を一気に飲み干します。
各680円でアルコール度数は10〜15度です。
gmc1 224

それぞれの味わいの感想は、元になっているカクテル名が書かれているので割愛します。


『イセリナ・エッシェンバッハ〈愛に燃えた涙〉』カクテル=プリンセス
gmc1 225


『ミハル・ラトキエ〈悲しき運命の涙〉』カクテル=ペリーニ
gmc1 226


『セイラ・マス〈美しき姫君の涙〉』カクテル=ポールスター
gmc1 227


『マチルダ・アジャン〈救いの女神の涙〉』カクテル=キールロワイヤル
gmc1 228


『クラウレ・ハモン〈ラルへの涙〉』カクテル=サムシングプルー
gmc1 229


『ララァ・スン〈宇宙の可憐な涙〉』カクテル=ミモザ
gmc1 230


Taruzume Sparklingのロゴが入ったグラスですが、ガンダムとは当然無関係。
gmc1 231


最後は、フェイスマグを購入して撤収します。
gmc1 232


他の3店舗でも販売されているフェイスマグです。
gmc1 233


取っ手側にプリントされている店舗名。
gmc1 234


幕張店の名前がプリントされている、正真正銘、幕張店だけのフェイスマグです。
gmc1 235



早朝から活動を開始し・・・

幕張店 > 台場店 > 秋葉原店 > 東京駅店 > 幕張店 > 秋葉原店

という順路の1日でした。


最後は秋葉原店で締めとします。
gmc1 236


幕張店のフェイスマグを使って一杯・・・コーヒーではなく烏龍茶です。
gmc1 237


問題は幕張店に留まらず、ガンダムカフェ全体に横たわっていますが、それらはきっと本部の知恵と現場の頑張りが解決してくれると信じ、更なるガンダムカフェの発展に乾杯して終了としました。
gmc1 238


GUNDAM Cafe/宿命の対決フェア第2戦 台場店制覇と、ベアッガイサンタの旅

2013年12月15日(日)


宿命の対決フェア第2戦、ゼクス vs ヒイロ。

秋葉原店のメニューは初日に制覇してきましたが、今回、後回しになっていた台場店メニューを制覇してきました。



13時半頃に秋葉原店へ到着。
c01.jpg


入店待ちは居ませんでしたが「混雑しています」の文字が出ていたので、外でしばらく待っています。
c02.jpg


自動ドアの中央。
c03.jpg


この時間帯は全席禁煙であるとのお知らせが貼られています。
これをいちいち貼るのも店員さんの手間なので、自動ドアに文字を張り込んでしまえば良いのに〜と思ったりしました。
c04.jpg


喫煙席、灰皿が置かれている付近にも全席禁煙のお知らせ。
c05.jpg


テラス席へ通じるガラス戸にも全席禁煙のお知らせ。
c06.jpg


普段、ハロカウンターと呼ばれている場所に宣伝を兼ねて置かれたダブルオーのランチョンマットは、グラハムvs刹那が終わっても置かれたままでした。
c07.jpg


禁煙席の奥、自分では特等席と読んでいる席へ。
c11.jpg


アイスジャブローコーヒー。
c08.jpg


先日、川口名人が開催したベアッガイミーティング用に作った『ベアッガイさんた』を連れてきました。
c09.jpg


せっかく作ったので、ガンダムカフェ各店舗で、クリスマスらしい風景と共に撮影して回ることにしました。
c10.jpg


〔23:19〕と、良い勝負をしています。
c12.jpg


次へと移動。
c13.jpg


東京駅店へ。
c14.jpg


入口の保冷庫の上には、ゼクスvsヒイロの対決を応援する飾り付けがされています。
今回はフェアに参加していない東京駅店の、心ばかりの応援です。
c15.jpg


ハロカウンターの横には、サンタの服を着たガンダム店長。
c16.jpg


では、一緒に撮りましょう。
ベアッガイさんた、こっち向いてくださいな。
c17.jpg


c18.jpg


保冷庫の上に飾られた、サンタの格好をしたアッガイ先輩と一緒に。
c19.jpg


レジ前のツリーとも一緒に。
c20.jpg


色が似てる『ハロどら』とも一緒に。c21.jpg


次は台場へ。
c22.jpg


c23.jpg


台場店へ。
c24.jpg


店内に設置された二つのモニター。
c25.jpg


入口寄りのモニターでは、秋葉原店のモニターで流れている映像が流されています。
c26.jpg


そもそもの『ベアッガイさんた』を作る後押しになった台場店のサンタカラーアッガイと再会。
c27.jpg


このアッガイのおかげで「ありきたりで面白くないかと思ったけど、サンタ色も悪くないかも」と気付かせてもらいました。
c28.jpg


スタンディングテーブルに貼られた、台場店のフェアメニュー表。
c29.jpg


c30.jpg


c31.jpg


いつも通り、壁面にも拡大されたフェアメニュー表があります。c32.jpg


c33.jpg


そのメニュー表並びの壁面、奥の方。
c34.jpg


秋葉原店で自動ドアに貼ってあるモノと同じ、丸いステッカーが貼られています。
c35.jpg


レジカウンターの上には・・・
c36.jpg


ガンプラで、今回の対決を再現していました。
c37.jpg


カウンター上に設置された二つ目のモニター。
c38.jpg


秋葉原店のレジカウンター側モニターと同じく、メニュー表が表示されています。
c39.jpg


レジ前には・・・c40.jpg


台場店のプチプレートがサンプルとして飾られています。
c41.jpg


c42.jpg


c43.jpg


では、台場店のフェアメニューを注文します。
c44.jpg


2種をプチプレートセットで購入。
c45.jpg



『ウイングピッツァ ゼクス(トマトソース)』420円
『キャラクターラテ ゼクス』380円
c46.jpg


壁面のゼクスと一緒に。
c47.jpg


スモークソーセージとトマトの、いわゆるピザ。
生地は分厚くて、小食な人ならコレで小腹が埋まるかと思います。
c48.jpg


『ウイングピッツァ ヒイロ(バジルソース)』420円
『キャラクターラテ ヒイロ』380円
c49.jpg


壁面のヒイロと一緒に。
c50.jpg


鳥肉、チーズ、バジルが組み合わさったピザです。
c51.jpg


キャラクターラテは、通常のラテとチョコラテから選べます。
c52.jpg


ゼクスは通常のラテで。
c54.jpg


ヒイロはチョコラテにして見ました。
c53.jpg


こちらが、台場店のプチプレートで、前回の対決と同じく、秋葉原店の2種を合わせたデザインです。
c55.jpg


クリスマス用のライトアップがされたガンダムさんと。
c56.jpg


なにやら、カフェ前でアイドルのライブがあるようで、人が集まっています。
c57.jpg


ガンダムフロント東京の有料ゾーン、実物大ストフリへ。
c58.jpg


実物大ストフリのコックピットに乗って写真が撮れるSHOT-Gで撮影してきました。
c59.jpg


まずは3D写真。
c60.jpg


c62.jpg


ストフリの襟元に置かれたピンクハロと並んで、ベアッガイさんた撮影。
c63.jpg


続いては2D写真。
c64.jpg


ベアッガイさんたドアップで撮影。
c65.jpg


有料ゾーン出口のGFTカラーのアッガイ先輩も、サンタ帽をかぶっていたので、一緒に撮影。
c66.jpg


バンダイが運営する、ガンダムのファッションブランド、STRICT-Gに来たら良いサイズのツリーがあったので、スタッフさんのお勧めもあり、一緒に撮影。
c67.jpg


STRICT-Gスタッフさんに気に入られて、あやうくSTRICT-Gの子になってしまうところでした。
c68.jpg


これで、今回のゼクスvsヒイロ対決は2店舗とも制覇です。

ついでに、ベアッガイさんたの旅も終了です。

GUNDAM Cafe/宿命の対決フェア第2戦 秋葉原店を制覇

2013年12月13日(金)

『宿命の対決フェア』
刹那vsグラハムの〈パスタ対決〉は終了しました。

本日からは、ヒイロ vs ゼクス〈シチュー対決〉12月13日~1月8日(25日間)

カミーユ vs シロッコ〈?対決〉 1月9日~1月28日(19日間)

キラ vs アスラン〈???対決〉 1月29日~2月19日(21日間)

アムロ vs シャア〈???対決〉 2月20日~3月10日(18日間)


開店時間の15分前に到着すると、すでに2組が開店待ちをしていました。
カフェ605 002


晴天ですが、午前中のカフェ前は日陰なので寒さが応えます。
カフェ605 003


10時になり開店したので、まずは入口から。
カフェ605 023


メニュースタンドには、新しいフェアメニュー表。
カフェ605 022


自動ドアの両隣には、メニュー表を拡大したポスターが貼られています。
カフェ605 021


自動ドアに貼られたキャラクターのイラストもゼクスとヒイロに変わっています。
カフェ605 027


カフェ605 025


カフェ605 026


まずは、入口近辺。
カフェ605 012


前回と同じく日々の対戦結果がリアルタイムで貼られていくボードが。
カフェ605 020


注文カウンターの背後モニターには、今回の対戦メニューがスライドショーで流れています。
カフェ605 013


カフェ605 015


カフェ605 016


カフェ605 017


カフェ605 018


カフェ605 019


店内の展示物も新しい対戦内容に変わっています。

禁煙席側のカウンター席背後の展示物。
カフェ605 010


カフェ605 009


シャア専用席側の展示物。
カフェ605 011


シャア的キャラクターのゼクス。
カフェ605 007


禁煙席側奥の壁面展示。
カフェ605 006


カフェ605 005


今回も見晴らしが良く、撮影のための外光も綺麗に入ってくる席です。
カフェ605 038


続いては、各テーブルに置かれているメニュー表を見ていきます。
カフェ605 028


ゼクス側。
カフェ605 029


カフェ605 033


ヒイロ側。
カフェ605 030


カフェ605 034


今回の対決デザート。
カフェ605 035


これらを全て注文してきます。


注文カウンター。
カフェ605 036


この時間はアルコールの欄が封印されています。
カフェ605 037


今回のプチプレート2種、開店とほぼ同時にコンプリート。
カフェ605 064


ゼクスのプチプレート。
カフェ605 065


ヒイロのプチプレート。
カフェ605 068


コースターは、今回も選べるのでスムーズに2種をコンプリート。
カフェ605 061


今回の対戦メニューを全て注文。
カフェ605 089


見るからに、前回の対戦メニューよりも増量されています。
その増量には、とある切っ掛けがあるのですが、ここでは割愛しておきます。
カフェ605 087



『鮮紅の騎士 ~ゼクスのビーフストロガノフ~』
『亡国の王子(ノンアル)』のプチプレートセット。
カフェ605 077


添えられたグラスは、グレープゼリーです。
カフェ605 076


ビーフストロガノフは、適度の酸味を持ちつつ、フォンドボー特有の甘さが濃厚です。
残念な事に、パンが香ばしく焼かれていてカリカリと食べているうちに無くなってしまい、ビーフストロガノフが多く残ってしまいます。
カフェ605 090



『過ぎ去りし日の流星 ~ヒイロのホワイトシチュー~』
『ロンリネスグリーン Loneliness Green(ノンアル)』のプチプレートセット。
カフェ605 074


『過ぎ去りし日の流星 ~ヒイロのホワイトシチュー~』
ガンダムを表現したホワイトシチューと、その中央に添えられたWガンダム胸部を表したグリーン。
大きく翼を広げたふたつのパンは、まさにWガンダムを体現したかの様です。
カフェ605 098


このパン、シッカリした噛み応えがあり、硬いだけのパンではありません。
ただ残念なのは、このパンを食べきるには中央のシチューが少ないのです。
カフェ605 099


今回のメニューは、前回、量が少ないというお客様からの声を汲み取って、全体的に増量してあります。

しかし、ふたつのメニューでパンの量がちぐはぐという問題が残っています。
これは劇中と同じく「ゼクスとヒイロの機体を乗り換えるべし」とのメッセージが込められているのではないでしょうか。



『すれ違う想い ~Wデザートプレート~』
第1話ではヒイロからリリーナへ、最終話ではリリーナからヒイロへ手紙が渡されました。
どちらも読まれることなく破られた手紙を表現したデザートです。
カフェ605 080


上段にはアイスクリームが乗り、その下2段にはマスカルポーネチーズが挟まれています。
赤いソースはミックスベリーです。
カフェ605 081


破れた手紙を表現したグレーの物体は、クリームではなくチョコレートで作られています。
カフェ605 092


ジャブローコーヒーのエスプレッソ(けっこう苦い)が添えられています。
カフェ605 093


これを好みで掛ける、いわゆるアフォガードですが・・・諸問題があります。
カフェ605 095


注いだエスプレッソが止めどなく皿に広がり収拾が付かなくなってしまいます。
また、ミックスベリーはとても酸味が強い上にエスプレッソも強い苦みがあるのに、甘さと言えば中央のアイスクリームだけなので、あまりバランスが良くないので、エスプレッソは控え目にしておいた方が良いかもしれません。
カフェ605 096



続いては、ランチタイムに注文可能なフェアメニューのノンアルコールカクテル。
(1種はレギュラーメニューですが、W系のドリンクのみプチプレートセットとして注文出来ます)
カフェ605 055


『亡国の王子(ノンアル)』
オレンジ系の炭酸カクテルで甘さはそこそこ控え目です。
カフェ605 049


『ロンリネスグリーン Loneliness Green(ノンアル)』
こちらもオレンジ系で下に沈んでいるのは黒糖です。
カフェ605 050


攪拌すると、この様なヒイロのタンクトップ色になります。
黒糖といってもオレンジの酸味が勝っているので甘さは控え目です。
カフェ605 102


フェアのノンアルコールカクテルは2種とも酸味が強く甘さ控え目なので、いつものように甘い飲み物が欲しい方は、フェアカクテルは不向きかと思います。


そんな甘さ控え目のフェアカクテルしか無い状態で救いなのがレギュラーニューの『亡国の姫君(ロスト・プリンセス)』
マンゴーとカルピスの甘いノンアルコールカクテルで、プチプレートセットにも組み合わせ可能なので、甘い飲み物でセットが注文したい方はこちらを注文する手もあります。
カフェ605 048


メニューの紹介はここまで。


店内のモニターでは、前回の対決から引き続き、フェアの為に作られた特性ムービーが流れています。
カフェ605 110


カフェ605 105


カフェ605 106


カフェ605 107


カフェ605 108


カフェ605 109


正午の時点で〔6:11〕と、見た目のインパクトも手伝ってなのかヒイロが優勢です。
カフェ605 112


今回も店員さんは、自分が応援しているキャラのバッジ(非売品)を好みで選びます。
これを切っ掛けとして、お客さんとのコミュニケーションを円滑に使用というカフェのアイデアです。
カフェ605 115


カフェ605 114


ちなみに、ヒイロを応援している店員Nさんは、他のガンダム作品の知識は自信が無いけれど、ビルドファイターズを推す気持ちは誰にも負けないと自信ありげでした。
カフェ605 113


レシートには、さっそく今回の対決告知が書かれています。
カフェ605 116


フェアメニュー、ランチタイムを制覇したところで一旦終了。
カフェ605 117


この日は仲間内での忘年会(2回目)があり、ガンダムカフェ前で待ち合わせをして会合の場へ。


忘年会の後。カフェへ戻って来ましたが、ラストオーダーの直前でした。
二次会をガンダムカフェで・・・とも思いましたが、ラストオーダー間際になりそうだったので断念。
カフェ605 118


ディナータイムのみ提供されるフェアのアルコールメニュー2種。
(日中と同じく、ガンダムWのカクテルならプチプレートセットとして組み合わせられます)
カフェ605 119


『ソリチュードグリーン Solitude Green』
日本酒をベースにした甘く温かいカクテルで、甘酒を飲んでいるような感覚です。
カフェ605 121


『閃光伯爵』
赤ワインのホットカクテルですが、使われているワインは軽い口当たりです。
カフェ605 120


忘年会へ連れて行っていたベアッガイサンタと並べて撮ってみましたが、どちらともクリスマスカラーで良く似合っていました。
カフェ605 123


カフェ605 127


さて、少し話を忘年会へ戻します。
ガンダムエースで『ジョニーライデンの帰還』を執筆されているArk-Performanceさんは、現在、深夜アニメも放送されている『蒼き鋼のアルペジオ』もヤングキングアワーズにて連載されています。
カフェ605 128


忘年会にお越し頂けたので、最新巻にサインを頂きました。
Ark-Performance先生ありがとうございます。
カフェ605 129


同じく、忘年会にてガンダムWの作画監督をされていた西村さんに、コースター裏にそれぞれのイラストを描いて頂きました。
コースターの裏にも作画されたご本人のイラストがあったら凄いと思いお願いしましたが、こんな悪巧みに乗って頂き西村さんに感謝です。
カフェ605 125


対戦結果は〔44:48〕と、日中と変わらず僅差でヒイロが優勢です。
カフェ605 130


対戦結果ボードの下に置かれたノートは、この日の夜、2冊目に突入しました。
カフェ605 131


今回は、初日に台場店へ行けなかったので、近日中に台場店も制覇してきます。


GUNDAM Cafe/グラハムvs刹那の対戦終了。

2013年12月9日(月)

ビルドファイターズをワンセグで視聴した後で東京駅店へ。。
カフェ602 01


『カツ』
カフェ602 03


その後、秋葉原店へ。
カフェ602 04


アキバヨドバシで2個目の『ベアッガイさん』を購入してきました。
この翌日に開催されるベアッガイミーティング用に、一晩でサンタのベアッガイさんを作ります。
カフェ602 06


などなど、iPhoneをいじりつつボーッと過ごしていたら・・・
いつも陽気な店員さんが、ハロまんのPOPを持って現れました。

ガンプラ焼きカウンターが閉まった19時過ぎでも『ハロまん』が残っていたら、店内で販売をするようになったそうです、そのお勧めに来てくれたようです。
カフェ602 09


この日も〔19:14〕でグラハムが優勢です。
カフェ602 11




2013年12月11日(水)

19時頃に秋葉原店へ。
カフェ603 01


ジャブローコーヒーアイスでひと休み。
カフェ603 02


〔26;14〕でグラハムが優勢です。
カフェ603 03

このまま刹那が勝てない日が続いて期間終了してしまうのでしょうか・・・


2013年12月12日(木)


グラハムvs刹那の期間最後の日です。
カフェ604 01


外に向けて貼られたメニュー表。
カフェ604 08


グラハムvs刹那の対戦、最終日にしてグラハムのプチプレート完売しました!
カフェ604 09


いつものようにジャブローコーヒーアイス。
カフェ604 03


この日も『ハロまん』が残っていたようで19時を過ぎてから店内でハロまんと合流。
カフェ604 04


ラストオーダー直前で〔21:19〕とグラハムの優勢です。
カフェ604 06

結局、当初のプチプレート完売騒動の付近で刹那が勝った日もありましたが、ほぼ前日、グラハムの勝利です。

劇中では刹那に勝つことの無かったグラハムですが、ガンダムカフェでは大勝利です。

ベアッガイ・ミーティング2013

2013年12月10日(火)


ガンプラの始祖、川口名人のお誕生日です。

丁度同じ日に誕生日を迎えられる、なみぞうさんと合同でのお誕生日会『川口名人となみぞうの年忘れ大生誕祭』が開催されました。
場所は新宿のロフトプラスワン。


詳細は、なみぞうさんのブログに書かれています。
http://ameblo.jp/kumaloft1210


いろいろと買い物をして18時30分頃に到着。
km01.jpg


よく見かけるお二人が先にテーブルに付いていたので、私もその近辺へ。
km02.jpg


このイベントは「非公式」という扱いながらも特別メニューが用意されています。
km03.jpg


なぜか「名人」ではなく「メイジンSP」と片仮名表記された、時節柄、とても気になる名前のお酒を注文。
km04.jpg


このお誕生日会で『ベアッガイ・ミーティング』というイベントも合わせて開催されました。

そもそもは、ベアッガイさん人気の盛り上がりを見ていた川口名人が「来年の静岡ホビーショーで、ベアッガイさんを持ち寄って並べて写真とか撮る集まりが出来たらいいね」と発案されたのが始まりです。

それでは来年の5月になってしまう・・・

そこで、なみぞうさんとも相談されて、今回のお誕生日会の中で開催する運びとなりました。
(当初の予定通り、来年の静岡ホビーショーでも開催される予定だそうです)


私はパチ組み(ただ組み立てただけ)のベアッガイさんを連れて行くつもりでした。
しかし、ツイッター上では次々とアイデアを盛り込んだオリジナルのベアッガイがアップされています。

ウズウズしてきました。

タダでさえ忙しいのに・・・

EXPOのブログもまだ書いてないのに・・・

ライブスタッフの仕事もあるのに・・・

サンタカラーのベアッガイさん『ベアッガイさんた』です。
前日の23時に作り始め、5時間で完成させた急造品です。
km05.jpg


既に20体以上が並んでいました。

『ベアッガイさんた』も専用の展示テーブルに置いてきて、この参加章をもらいました。
2枚あるのは、もう一体、パチ組みも持って来ていたから。
km06.jpg


「アルティメットニッパー」で有名なゴッドハンドさんも来られていました。
定価3,399円のところ「めでたいお誕生日だから端数は切り捨ててしまえ」と、3,000円での販売。

持って来たのは10本と言う事で、売り切れてしまう前に購入!
案の定、お誕生会が始まる前に完売してしまいました。
km07.jpg


予定時刻前ですが、何となく『川口名人となみぞうの年忘れ大生誕祭』始まりました。
km08.jpg


年表を見ながら、お二人がどんな今までを過ごしてきたか振り返ります。
km09.jpg


生い立ちから始まり、親の転勤で上京したこと。

ストリームベース結成から、ホビージャパンでの特集記事で作例されたお話し。

プラモ的に大切な一浪時代を過ごし、学生時代もプラモに注力されていたなど。

一時期、コンシューマーゲームにも転がり同級生などの名作にいそしんだとか。

深夜アニメを見る習慣が付いてしまったなど、今の生活スタイルに繋がるエピソードも。

それらを経てバンダイ入社し、しばらくプラモから離れていたなど意外な社歴も語られていました。

以降は、私たちのよく知る川口さんのあれこれでした。


km10.jpg


また、ビルドファイターズに関わったことで受けた刺激や変化のお話しもされていました。

Webで展開している今ノ夜きよし先生の『もっと作ろう部っ!!』ではヒロインキャラを作るにあたり、川口名人の好みがつよく反映されるようなオーダーを出されたなど、ヒロインキャラのプロデュース的な作業を経験されたそうです。

今年のキャラホビで、メイジン・カワグチの恰好で登壇した事が、大きな心境の変化も受けたなど語られていましたが「生涯現役」の宣言をされ「最後の瞬間はニッパーを握りしめて」とも、熱い話をされていました。

IMG_9578.jpg


抽選会では『プラモ男子とプリチー女子』に作者のソラスズキさん、ゆきもりさんのサインが書かれた第3巻が5冊、抽選でプレゼントされました。
IMG_9584.jpg


しかも、ミズオではなくイエナのイラストというレアな内容です。
IMG_9585.jpg


途中、なみぞうさんの声優スクールの生徒さんからプレゼントされたベアッガイさんカチューシャを付けての川口名人トーク。
IMG_9588.jpg


IMG_9586.jpg


ここからは『ベアッガイ・ミーティング』で集まった40体以上のベアッガイたちの記録です。
km11.jpg


できる限り全てを撮影したつもりですが、とてもゆる〜い雰囲気の「集まり」なので、途中から登場したベアッガイや、用事があって早々に帰ってしまったベアッガイもいます。

川口名人も、こんなに集まるとは思っていなかったらしく、途中で展示用テーブルが追加されました。
km12.jpg


途中、お誕生日会らしく、バースデーケーキの登場。
km13.jpg


なみぞうさんが注文してきてくれた、クマのケーキです。
km14.jpg


km15.jpg


さて、正統派から変わり種、アイデア勝負から可愛い路線まで、多種多様なベアッガイたちです。

km16.jpg


km17.jpg


これは私の「パチ組みチナッガイ」です。
EXPO2011の限定ガンプラ、ピンクのベアッガイのパーツを使い、成形色のままでコウサカ・チナのワンピースっぽくしてみました。
km18.jpg


km19.jpg


km20.jpg


km21.jpg


こちらのベアッガイさん、目がマグネットになっていて簡単に表情が変えられるようになっているそうです。
km22.jpg


km23.jpg


元は、ツイッターでも見かけていた「くまもんベアッガイさん」だと思うのですが、表情が変わりすぎていて確信が持てません。
km24.jpg


km25.jpg


km26.jpg


km27.jpg


km28.jpg


ほぼ、パチ組みのベアッガイさんも多数いらっしゃいました。
パチ組みグループ1
km29.jpg


パチ組みグループ2
km36.jpg


「ぬいぐるみがロボットになった」との設定を再現しようと、全身にフェルトを貼ったベアッガイさんも。
km30.jpg


ベアッガイさんなっしー!
km31.jpg


km32.jpg


私以外にもたくさん居るかと思ったサンタのベアッガイさんは、この方だけでした。
km33.jpg


km34.jpg


km35.jpg


km37.jpg


私が連れてきた『ベアッガイさんた』
km38.jpg


唯一、他の動物になっていた「パオッガイさん」
km39.jpg


撮影は。特別な時間が設けられるでも無いので、トーク中にしゃがんで撮影しました。
km40.jpg


終盤、ベアッガイたちがステージ(?)上へ。
km41.jpg


パオッガイさんのお隣です。
km42.jpg


IMG_9589.jpg


川口名人の金色ベアッガイさんもケーキの前へ。
km43.jpg


そして、登壇者で記念撮影。
km44.jpg


km45.jpg


しばし、ベアッガイトークです。
IMG_9603.jpg


クマだらけ・・・
km46.jpg


km47.jpg


片隅には、川口名人の作例がたくさん。
km48.jpg


km49.jpg


km50.jpg


km51.jpg


ウチの『ベアッガイさんた』と川口名人のベアッガイ、一緒に記念撮影。
km52.jpg


参加章の裏にサイン頂いちゃいました。
IMG_9610.jpg




GUNDAM Cafe/ベアッガイさんを連れて


2013年12月2日(月)


ガンダムビルドファイターズ 第9話「想像の翼」をワンセグで視聴した後で東京駅店へ。
カフェ601 001


録画したワンセグの映像をおさらいしつつ『ハロドラ』
カフェ601 002


それは置いておいて・・・

東京駅店のショップの様子。
カフェ601 003


『ラバーマスコット』や『ピンズ』のコンパクトなPOPが出来てました。
カフェ601 004


カフェ601 005


その後、秋葉原店へ。
カフェ601 006


テラス席側の窓ガラスに貼り紙がされています。
カフェ601 008


12月1日から、全席禁煙の時間帯が設けられました。
ただ、時間をまたいで店内に留まる場合は、全席禁煙にかかわらず席を選ばなくてはなりません。
カフェ601 007


東京駅店から秋葉原店への間でヨドバシカメラへ寄り『ベアッガイさん』を購入してきました。
カフェ601 009


ビルドファイターズ9話での、ベアッガイさんの活躍を見ていたら、買わずにはいられませんでした。
カフェ601 010


本日の対決状況も〔21:15〕でグラハム優勢。
カフェ601 014




2013年12月4日(水)


東京駅店へ。
カフェ602 001


特筆すべき事も無く『ハロまん』を頂いて終了。
カフェ602 003


秋葉原店へ。
カフェ602 004


この日も〔8:7〕で、僅差でグラハム優勢。
公式Twitterで「刹那の逆転はあるか」と盛り上げようとしていますが、ほぼ全日グラハムの勝利なので、刹那が逆転できる可能性はゼロです。
カフェ602 005


特等席でアイスジャブローコーヒー。
カフェ602 006


ヨドバシカメラに寄って帰ろうと思っていたら、有隣堂でとある物を見つけてしまい、それを購入して再度カフェへ。
カフェ602 009


こちらの本に、私がデザインしたある物がデカデカと載っていたので購入し、カフェで夕食をとりつつニヤニヤと読書。
カフェ602 010




2013年12月7日(土)

始発で新宿へ向い『ガンダムUC ep7 前売券付き HG フルアーマーユニコーン ユニコーンモード 劇場限定パールクリアVer.』を購入した日。

先頭付近は徹夜組、もしくは昨晩から近隣で待機していた始発前組。
(始発はNGだけど、始発前はグレー判定)
IMG_8953.jpg


IMG_8978.jpg


先頭から27番目で、限定ガンプラを無事購入。
IMG_8976.jpg


前売り券も同じく。
IMG_8977.jpg



その後、お昼前に秋葉原店へ。
カフェ603 001


この日は、ベアッガイさんを連れて各地で写真を撮って回ります。
カフェ603 004


入口には、12月1日から始まった、時間帯区切りの全席禁煙のお知らせ。
カフェ603 029


カフェ603 030


〔5:4〕でグラハム優勢。
どれだけ僅差でも刹那はグラハムに勝てません。
カフェ603 007


普段はハロのドリンク台が置かれている、ハロカウンターと言われる場所に、ダブルオーのランチョンマットが敷かれています。
カフェ603 008


販促活動として、ハロカウンターではなく、ダブルオーランチョンマットを敷いていたようです。
カフェ603 009


この日は喫煙席との境目にある中央席。
この時間は全席禁煙ですが、喫煙席に立ち入るとわずかにタバコの臭いが残っています。
カフェ603 014


ベアッガイさんが一緒なので『ビルドファイターズ セイ』を注文。
メニューの名前は「セイ」ですが、店員さんの間で注文を通すときは「イオリ」と呼ばれています。
カフェ603 021


IMG_8985.jpg


ショップ側では、クリスマス向けのセットが作られていました。
カフェ603 032


楽しげなPOPには、割とお高い値段が。
1/1 金塊羊羹を別の物に変えれば、半額近くになるかと思うのですが・・・
カフェ603 033


ラッピングには、ガンダムカフェくんが使われています。
カフェ603 036


テラス席を過ぎるほどに入店待ちをしている秋葉原店から撤収します。
カフェ603 037


次は東京駅店。
カフェ603 038


入口、通路側に突き出している看板。
カフェ603 072


一番街全体としてのクリスマスの装飾がされています。
カフェ603 073


入口の保冷庫の上には・・・
カフェ603 063


ベアッガイではなく、旧来のアッガイがサンタさんに。
カフェ603 045


アッガイ先輩と3ショット。
カフェ603 062


ハロカウンターの横には、今まで見かけていた物よりも若干小さめのガンダム店長さん(Vre.サンタ)が登場していました。
カフェ603 040


ちょうど同じサイズのガンダム店長とベアッガイさん。
カフェ603 058


若干小さめのキャラは、他の場所にも・・・
カフェ603 060


モニター横に貼られていたシャアザクくん側に、少しだけ小さいザクくんとドムくん。
カフェ603 061


それらの並びで、角を曲がったところには少し小さいシャアザクくん。
カフェ603 074


保冷庫のガラス面にも、若干小さいジオングくんと店長。
カフェ603 064


さて、一通り撮ったところで、いつものマグカップにコーヒーを煎れてもらいます。
カフェ603 044


秋葉原店の開業時に販売されたマグカップの内側には、アッガイが描かれています。
カフェ603 041


店内に展示してあるガンダムさんと同じポーズをとって撮影。
カフェ603 068


遊んでいる間に、コーヒー到着。
カフェ603 056



続いては台場へ移動して、ベアッガイさんと実物大ガンダムが遭遇。
カフェ603 079


手を繋いでみました。
カフェ603 081


夕暮れ・・・
カフェ603 086


台場店へ。
カフェ603 089


あまり遊べない感じの混雑っぷりです。
カフェ603 096


台場店の店員さんが作ったサンタカラーのアッガイ先輩とツーショット。
カフェ603 105


アッガイ先輩のサンタ帽が可愛かったので、ちょっと拝借。
カフェ603 100


先日より始まった台場店だけのクリスマス限定ガンプラ焼き。
カフェ603 106


『ガンプラ焼き ビターチョコレート味』
カフェ603 107


知り合いが注文していたラテが、偶然にアッガイだったので、ついでに記念撮影。
カフェ603 109


自分と同じ1/144のガンプラ焼きに驚くベアッガイさん。
カフェ603 119


最後、ガンダムフロント東京の有料ゾーンへ・・・

出口で、アッガイ先輩のパイロット、真っ赤なお鼻のアカハナにトナカイの角が生えていて驚愕するベアッガイさん。
カフェ603 123


ガンダムの施設を巡ったベアッガイさんの旅、終了です。


大河原邦男さんデザインのEV in 東京モーターショー

2013年11月某日


東京モーターショー2013に、大河原邦男さんデザインのEVが展示されているとの事で、見てきました。

入場料もかかるうえに、ガンダムとは直接関係ない物なので、行く予定は無かったけれど、友人からチケットをもらったので、早朝からビックサイトへ。
mts2013 01


開場前です。
mts2013 02


大河原邦男さんがデザインされたEV(電気自動車)の概要は以下の通り。


出展は、新潟県柏崎市に本社を置く『Hiriko.JP』という企業。

すでにスペインの公道を走っている「Hiriko(ヒリコ)」という超小型EVがベース車。

同社はこの「日本版Hiriko」開発を手がけており、そのデザインを大河原邦男さんに依頼。 


ちなみに・・・
スペインのHirikoは、自動車産業協会とマサチューセッツ工科大学などと共同開発。

全長2.5メートル、幅1.7メートル、最高速度は時速90キロ。
四つの車輪の向きを個別に変えることができ、その場で360度の旋回が可能。
また、車体の一部分をスライドさせ、全長1.5メートルまで折りたためる。

スペインのHirikoは幅1.7メートルあり、それを日本の軽自動車の規格である1.48メートルに狭める必要があり、その変更作業の一環として、大河原さんに車両デザインを依頼することとなった。


来年中に新潟県内での実証実験を行い、3年後には市販を検討中とのこと。



目的のブースは、メイン展示とは別のブロックだったので、開場後、真っ先に向かったところ、先客は居ない様子。
mts2013 03


コンパニオンのお姉さんが2名いらっしゃいます。
mts2013 04


mts2013 05


mts2013 06


mts2013 07


mts2013 08


mts2013 10


mts2013 11


mts2013 12


mts2013 13


コンパニオンさんは、このキャラのコスプレをしているようです。
大河原さんでは無い方のキャラデザインです。
mts2013 14


mts2013 15


mts2013 16


mts2013 17


mts2013 18


mts2013 19


mts2013 20


mts2013 21


mts2013 22


mts2013 23


mts2013 24


mts2013 25


mts2013 26


mts2013 27


mts2013 28


mts2013 29


mts2013 30


mts2013 31


mts2013 32


mts2013 33


mts2013 34


ここからは、大河原さんのデザインが多数並んでいます。
mts2013 35


mts2013 36


mts2013 37


mts2013 38


mts2013 39


mts2013 40


mts2013 41


mts2013 42


mts2013 43


mts2013 44


mts2013 45


mts2013 46


mts2013 47


mts2013 48


mts2013 49


mts2013 50


mts2013 51


mts2013 52


mts2013 53


mts2013 54


mts2013 55


mts2013 56


mts2013 57


mts2013 58


mts2013 59


mts2013 60


mts2013 61


mts2013 62


mts2013 63


mts2013 64


mts2013 65


mts2013 66


mts2013 67


mts2013 68


mts2013 69


mts2013 70


mts2013 71


mts2013 72


続いてはパネルの内容です。
mts2013 73


mts2013 74


こちらは、大河原さんでは無い方のデザイン。
mts2013 75


mts2013 76


何案ものデザインが並んでいますが、大河原さんは、この黄色いデザインが気に入ってたとのこと。
mts2013 77


mts2013 78


mts2013 79


mts2013 80


mts2013 81


mts2013 82


mts2013 83


mts2013 84


mts2013 85


mts2013 86


mts2013 87


mts2013 88


このステッカーは3,000枚作ったけれど、最終日を待たずに無くなってしまいました。
mts2013 89


特製のパンフレットも、最終日の午前中で残りわずかでした。
mts2013 90


mts2013 91


mts2013 92

GUNDAM Cafe/来店600回目

2013年11月30日(土)


この日、ガンダムカフェへ行く前に、ガンダム関連の用事をふたつ、片付けます。


まずは限定品を購入するため早朝からGFTへ。
『HGUC ユニコーンガンダム3号機フェネクス デストロイモード Ver.GFT リミテッドゴールドコーティング』の発売日です。
77981_2026513501_98large.jpg

土日と、各日1,400個入荷というとんでもない数量です。
イベントがあるわけでも無く、ただ限定品が発売されるだけで、しかも1人1個まで。

多く見積もっても、朝の整理券配布時に売れたのは500個程度では無いでしょうか。



その後、池袋へ移動。
TOYOTAの巨大ショールーム、アムラックスへ。

シャア専用オーリス(一般販売車)の試乗体験。
試乗体験が出来るのは、アムラックスだけで1日6名限定で要予約。
_B305971.jpg


諸事情あって、急遽、試乗させてもらう事となりました。
_B305980.jpg


そして、昼過ぎの秋葉原店へ。
カフェ600 0001


晴天です。
77981_2026513495_150large.jpg


しばらく見かけていなかった店員さんと、久しぶりの遭遇。
カフェ600 0004のコピー


前フェアからの生き残り、バルトフェルドコーヒーのメニュー表と、ビルドファイターズのメニュー表が1枚にまとめられ、読みやすくなっていました。
カフェ600 0005


ユニコーン3号機を買ってきた帰りだったので、昼食はユニコーン1号機の頭部をイメージした『伝説の覚醒』にしてみました。
カフェ600 0014


まだ午後になったばかりなのに、すでに〔42:34〕と刹那が劣勢です。
カフェ600 0015


来店した際、運良く並ばず入れましたが、外に出てみると長蛇の列になっていました。
カフェ600 0016


ガンダムカフェくんのラバーマスコット、秋葉原店でもこの日から発売開始です。
カフェ600 0017

カフェ600 0018


東京駅店へ。
77981_2026513481_18large.jpg


以前、台場店でかき氷を作ってくれた店員さんが、いつの間にか東京駅店勤務になっていました。
カフェ600 0020のコピー


この後、ガンダムと関係の無い用事があるのでタンブラーでコーヒーをテイクアウト。
カフェ600 0021


19時ころ、秋葉原店へ戻ってきました。
カフェ600 0023


しばらく入店待ちしながら、メニュー表を眺めていると・・・
カフェ600 0024


今さらながら、こんなところに台場店でのフェア展開をお知らせが書かれていることに気がつきました。
カフェ600 0025


喫煙席は空席が目立っていましたが、禁煙席は満席です。
カフェ600 0028


珍しいことにマイスターの制服を着た店員さん3名も!
カフェ600 0029のコピー


ガンダムカフェに来た回数は、日々撮っている画像に連番を付けているので、意識していなくても分かるようになっています。
この日の様に2度来店しても、同日中の来店は1回とカウントしています。

実は、この日で秋葉原店への来店が600回目でした。


600回・・・と頭を捻ってみても、特にネタが思いつかなかったので、ハロラテとハロールでひっそりとお祝いしてみました。
カフェ600 0031




ガンダムカフェがオープンした2010年4月24日から来店ペースを振り返ってみると・・・

100回目=2011年01月30日 開店281日目

200回目=2011年11月08日 開店563日目

300回目=2012年06月11日 開店779日目

400回目=2012年12月17日 開店968日目

500回目=2013年06月03日 開店1136日目

600回目=2013年11月30日 開店1316日目



フェアメニュー対決は、日中と変わらず〔60:44〕と、グラハム優勢。
カフェ600 0033


カフェ600 0034


入店待ちも多かったので、早々に撤収しました。
カフェ600 0036






2013年12月1日(日)

ビックサイトへ行ったついでに台場店へ。

フェネクスの販売状況を確認してみたところ、初日の半分以下の販売ペースでした。
カフェ600 0039


カフェ600 0042


ダイバーシティ2階(ガンダムカフェと同じフロア)の屋外で配布しているフェネクスの整理券、そこにガンダムカフェのパネルも置かれていました。
カフェ600 0041





フェネクスVer.GFT リミテッドゴールドの発売記念として、購入したレシート持参でドリンク30円引きのサービスを実施していました。

この土日だけのサービスです。


この、ガンダムカフェのパネルは・・・

7階のGFT
カフェ600 0072


GFTのグッズ販売カウンター横にも置かれていました。
カフェ600 0070


台場店
カフェ600 0047


台場店の入口にもパネルが置かれていました。
カフェ600 0049


カフェ600 0050


以上、パネルは3ヵ所でした。


モーターショーの影響もあり賑わう台場店。
カフェ600 0052


近隣で大きなイベントがあると、中国の観光客も大量に来られるそうです。

たくさんお買い上げ頂けるのは有り難いのですが、食玩の箱を勝手に破って中身を確認したり、購入していない人形焼きを開封して食べて帰ってしまったりと、トラブルが急増するので店員さんもお困りの様子でした。


フェネクス購入で30円引きのお知らせは、カフェのレジ前にも貼られていました。
カフェ600 0054


店内でのご飲食はできないはずの台場店ですが、以前ほど混雑することも少なくなり、やや柔軟なようで、店内でお召し上がりのお客さん多数いらっしゃいました。
カフェ600 0073


グラハムのベーグルを昼食代わりにして、この日のカフェは終了です。
カフェ600 0058

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。