2014年07月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/関東5店舗巡り

今回の主な内容。
★5店舗巡り
★フェアコースター26種コンプリート


今回の店舗
東京スカイツリータウン店・東京駅店・幕張店・秋葉原店・台場店


2014年7月21日(月・祝)
この三連休初日にスカイツリー出張店がオープンしたので「ならば!」と思い、全店舗を巡ってみました。

まずはスカイツリーから。
a720+t239+m018+s002 0002


三日目にして、既にこの場所に馴染んだ感じがします。
a720+t239+m018+s002 0003


キラのスタンディが登場していました、が・・・日焼けして色褪せてしまうんじゃないかと心配です。
a720+t239+m018+s002 0004


さっそく『ハロソーダ』を試してみますが、炭酸の強さは初日と変わらず微炭酸。
今回もスタンプラリーの引き換えしてきました。
a720+t239+m018+s002 0009


5店補巡りの出だしですが、少しお店の様子を見て行きます。
a720+t239+m018+s002 0012


夏本番のように日差しが照りつけます。
a720+t239+m018+s002 0020


と思っていたら、店員さんがパラソルを広げてくれました。
a720+t239+m018+s002 0014


a720+t239+m018+s002 0016


30分程の滞在で次へ移動。
a720+t239+m018+s002 0024




2店舗目は東京駅店。
a720+t239+m018+s002 0028


店内は満席に近い状態で賑わっています、さすが三連休。
a720+t239+m018+s002 0029


この数日間で発売された新商品の状況確認をします。
a720+t239+m018+s002 0030


『ガンダムカフェくんカンバッジ』は、フェイスカンに入れられて販売しています。
サンプル用のフェイスカンは店頭ですが、ひと目では分かりづらいですね。
a720+t239+m018+s002 0031


『木馬』を飲んでコースターはガンダム。
a720+t239+m018+s002 0033


『ガンダムカフェくんカンバッジ』単価は232円(税別)ですが、16個全部買うと4,010円にもなってしまうので、ガンダム店長だけ購入。
a720+t239+m018+s002 0034


東京駅店のプチグラスはBox-Bが終了し、今後も補充はされないとの事です。
a720+t239+m018+s002 0035


カウンターには、Box-Bが完売するまでの中間報告が貼られていました。
a720+t239+m018+s002 0036


完売したプチグラスに「終了」の文字が書かれています。
a720+t239+m018+s002 0038




3店舗目は幕張店。
a720+t239+m018+s002 0039


実は今回のフェアが始まって初めての来店なので、幕張店でのフェア状況も合わせてチェックします。
a720+t239+m018+s002 0040


秋葉原店と同じように見える目にユー表のポスター。
a720+t239+m018+s002 0041


ここに、幕張店の店名がプリントされています。
a720+t239+m018+s002 0042


通常のメニュー表も店頭に立っています。
a720+t239+m018+s002 0043


大阪出張店のベースとなった店舗なので共通するメニューも多いですが、この日は珍しく多数の完売が出ていました。
a720+t239+m018+s002 0044


ここでも、この数日間で発売された新商品の状況確認。
a720+t239+m018+s002 0045


東京駅店と同じ販売状況です。
a720+t239+m018+s002 0046


a720+t239+m018+s002 0047


a720+t239+m018+s002 0048


入口には、この夏、幕張メッセで開催されている『宇宙博』とのコラボメニューが・・・
a720+t239+m018+s002 0049


何か特別な事があるわけでも無く、イオンモール側から「宇宙っぽい物を出して欲しい」と言われて掲示してあるそうです。
a720+t239+m018+s002 0050


こちらの棚には・・・
a720+t239+m018+s002 0051


かわいい注意書きがあります。
小さな子供が乱暴に扱ったりしている様子を見かけますが、そういう事への注意なのでしょう。
a720+t239+m018+s002 0052


『ガンダムカフェくんカンバッジ』はこちら。
a720+t239+m018+s002 0055


幕張店の広さを活かした展示です。
a720+t239+m018+s002 0056


a720+t239+m018+s002 0058


ハロ柄保冷バッグのPOPに『ハロドラ クリーム味』も含まれています。
幕張店でもクリーム味は販売開始しています。
a720+t239+m018+s002 0057


配膳カウンターなどには『ガンダム展』のポスターが。
a720+t239+m018+s002 0087


a720+t239+m018+s002 0088


注文カウンターには、前回のフェアと同じレジ横にフェアメニューが貼ってあります。
a720+t239+m018+s002 0061


フェアコースター26種の見本も秋葉原店と似た方法で展示されています。
a720+t239+m018+s002 0064


a720+t239+m018+s002 0063


Gレコのポスターも、こんな目立つ場所に貼られています。
a720+t239+m018+s002 0062


店内は、まずまずといった席の埋まり具合です。
a720+t239+m018+s002 0065


a720+t239+m018+s002 0053


プチグラスの抽選方法は秋葉原店以外で共通の紙箱(秋葉原店のみ塩ビ製の箱)
まだ完売は出ていません。
a720+t239+m018+s002 0067


真幕張店の各テーブルに置かれているメニュー表です。
こちらは秋葉原店と同じ物を使用しているようです。
a720+t239+m018+s002 0068


裏面も秋葉原店と同じです。
a720+t239+m018+s002 0070


閉店時間が秋葉原店とは違うので、その部分だけが隠されています。
a720+t239+m018+s002 0071


もちろん、幕張店でもビールファイトは開催中。
a720+t239+m018+s002 0072


5店舗巡り中、4店舗でドリンクを飲むことになるので、予算節約のため幕張店では食事のついでにVISAの無料コーヒー。
a720+t239+m018+s002 0075


秋葉原店と共通の『砂の十字架 チーズカレー』
a720+t239+m018+s002 0078


以前Twitterで見かけたとき、ライスの盛り方が不思議に見えたので確認のため注文。
やはりアンテナ部分にライスが少なく、アンテナの形状が再現しきれていません。
a720+t239+m018+s002 0083


左右共に、アンテナが形成できていなくて、型を使わず手作業でVアンテナを成形しているのかと思いました。
(型は使用しているとの事でした)
a720+t239+m018+s002 0084


添えられたソーセージは秋葉原店のモノよりも香ばしく肉感の強い物です。
サラダも、秋葉原店には無いパプリカが添えられ、全体的に密度の濃い食べ応え十分のサラダでした。
a720+t239+m018+s002 0085




4店舗目は秋葉原店。
a720+t239+m018+s002 0089


入店待ちは居ないけど、中に入ったら満席でひとりぼっちの入店待ち・・・
良くあるパターンです。
a720+t239+m018+s002 0091


旧・禁煙席側が良かったのですが、後ろに並んだ方もそちらが使いたいとのことで、譲りました。
a720+t239+m018+s002 0095


秋葉原店でのプチグラスは開始直後だけしか挑戦していなかったので、こんな目立つ表示に変わっていた事を気付きませんでした。
a720+t239+m018+s002 0097


あまり好みでは無い旧・喫煙席側で過ごしていると、店員さんが「いつもの席が」と声を掛けてくれました。

丁度、入店待ちをしている人も居なかったので移動させて頂く事に。
そして2杯目のフェアドリンク。
a720+t239+m018+s002 0098


この数日間で発売された新商品の状況確認です。
a720+t239+m018+s002 0100


『ガンダムカフェくんカンバッジ』は、ここまで回ってきた店舗の中で一番見やすい並べ方がされていました。
a720+t239+m018+s002 0103


ガンプラ焼きカウンターの週替わりシャーベットは・・・
a720+t239+m018+s002 0105


もう、一巡しているのでチェックをする必要も無さそうです。
a720+t239+m018+s002 0106




5店舗目は台場店。
a720+t239+m018+s002 0108


ガンダム前には、まだ演出まで30分もあるというのに、座り込んで待っている方が多数いました。
a720+t239+m018+s002 0110


ガンダムビークルは・・・
a720+t239+m018+s002 0113


那須ハイランドパークへ行っている1号車の換わりに、中古車両を使った2号車(?)が先日から営業しています。
a720+t239+m018+s002 0114


a720+t239+m018+s002 0115


ここでも『木馬』を注文したところ、最後の1枚、V2ガンダムでした。
a720+t239+m018+s002 0118


台場店で全26種をコンプリート出来たこと、店員さん方もとても喜んでくれて、並べて撮れるスペースまで用意してくれました。
a720+t239+m018+s002 0122


前半戦のプチグラス7種も、1セット目、2セット目共に台場店で揃いました。


秋葉原店で始め、東京駅店で積み上げ、台場店でコンプリートする。
後半戦も、このパターンで行きたいと思います。


スカイツリー出張店のオープンついでに巡ってみた5店舗のゴールで26種コンプリート出来たのは、とても嬉しい計算外でした。



スポンサーサイト

GUNDAM Cafe/初のガンダムカフェ単独スタンプラリー


今回の主な内容。
★スタンプラリー開始
★東京スカイツリータウン サテライト店オープン
★ハロドラにクリーム味登場
★ガンダムカフェくん Tシャツ&缶バッジ新発売
★しょぼいガンダムビークル登場


今回の店舗
秋葉原店・東京駅店・台場店


2014年7月19日(土)
今まで何かのイベントと連携したスタンプラリーを実施していたガンダムカフェ。
今回は単独で初のスタンプラリーを開催することになりました。

場所:東武スカイツリーライン沿線。浅草駅、とうきょうスカイツリー駅
期間:2014年7月19日〜8月31日
景品:オリジナルステッカー&ドリンク100円引き券
数量:先着1万名
交換:ガンダムカフェ サテライト IN 東京スカイツリータウン

たった2ヵ所なのでスタートとゴールしか有りません。
まずは「浅草駅」から始めますが、地下鉄の浅草駅とは場所が違うので要注意です。
cfa719+cfs001 001


「浅草駅」は改札の外、同じフロアにあるタリーズそばにスタンプが設置されています。
cfa719+cfs001 003


先日まで東京駅店に飾られていたガンダムです。
cfa719+cfs001 009


cfa719+cfs001 005


スタンプ台紙がテーブルに置かれています。
1万名にプレゼントするってことは、台紙はそれ以上に刷られているのでしょうね。
cfa719+cfs001 006


ポスターでは無く、台紙をラミネートした物です。
cfa719+cfs001 007


このような大型のスタンプです。
cfa719+cfs001 008


次は「とうきょうスカイツリー駅」です。
こちらは改札の内側にスタンプが設置されています。
cfa719+cfs001 011


浅草駅から東武スカイツリーラインに乗り、とうきょうスカイツリー駅で下車する流れがベストです。


こちらもテーブルに設置されていますが、ガンダムが立っていない分、大型のポスターが用意されています。
cfa719+cfs001 012


こちらはアムロのスタンプです。
cfa719+cfs001 016


アムロとガンダムのスタンプを押してスタンプラリーは終了。
cfa719+cfs001 017


撮影のために白紙に押印しましたが、実際に使う台紙はこちら。
cfa719+cfs001 018


割引券が使える店舗やガンダムカフェについて書かれています。
cfa719+cfs001 019


『ガンダムカフェ サテライト IN 東京スカイツリータウン』オープンの1時間前に到着。
面倒なので、以降『スカイツリー出張店』と呼びます。
cfa719+cfs001 020


台場店で使っていたガンダムビークルではなく、今回初お目見えの移動販売車です。
cfa719+cfs001 024


向かい側には大きくガンダムカフェの案内が貼られています。
cfa719+cfs001 023

cfa719+cfs001 025

cfa719+cfs001 027

cfa719+cfs001 028

cfa719+cfs001 032


メニュー表です。
こちらではビールとかき氷を主力商品として推していくそうです。
cfa719+cfs001 029


グッズ販売も少量ですが行います。
5,000円もするバーニアタンブラーまで売っていますが、まぐれ当たりでも売れると利益は大きいです。
cfa719+cfs001 031


初日オープンに向け、店員さんや本部の方々が打合せ。
cfa719+cfs001 034


あと30分くらいでオープンなので、少しずつ準備が始まります。
cfa719+cfs001 035


ディティールが分かる様な写真を何枚か・・・
cfa719+cfs001 037

cfa719+cfs001 038

cfa719+cfs001 039

cfa719+cfs001 040

cfa719+cfs001 045

cfa719+cfs001 058

cfa719+cfs001 057

cfa719+cfs001 047

cfa719+cfs001 048

cfa719+cfs001 049


せっかくのスカイツリー前ですが、距離が近すぎて一緒に撮ることが困難でした。
cfa719+cfs001 044


そろそろ10時(オープン時間)です。
cfa719+cfs001 054


ガシャポンも設置されました。
cfa719+cfs001 062


テーブルと椅子も設置。
cfa719+cfs001 067


店員さんも手持ちのメニュー表を持っています。
cfa719+cfs001 094


裏は、取り扱いグッズの一覧。
cfa719+cfs001 095


スカイツリー出張店、オープンしました。
cfa719+cfs001 071


早速、スタンプラリーの景品をもらいます。
cfa719+cfs001 059


スタンプラリーは商品を買わなくても景品もらえますが、せっかくなのでハロソーダ。
コースターが付いてきますが、フェアの物ではなく通常のコースターです。
cfa719+cfs001 073


テーブルでハロソーダ。
cfa719+cfs001 080

この『ハロソーダ』は台場店だけのドリンクで、本来は炭酸強めなのですが、ここでは無炭酸かと思うほどの炭酸弱め。

あまりにも炭酸が弱いので、何か間違っていないか確認して見ましたが、炭酸などの割合は間違っていないそうです。
とは言え、店員さんも認めるほどの微炭酸。
台場店とは炭酸ガスの出力が違うためでは無いか・・・との見解でした。


各テーブルには、このようなカードが貼られ、ガンダムカフェ利用者専用のテーブルである事がお知らせされていますが、それでも子供やアジア系外国人など、このカードの意味が分からない人が座ってしまっていました。
cfa719+cfs001 081


こちらがスタンプラリーでもらえるステッカー。
cfa719+cfs001 076


A4サイズの台紙と並べると、だいたいのサイズが分かるかと思います。
cfa719+cfs001 082


もうひとつもらえる100円割引券。
秋葉原店、台場店、東京駅店、幕張店で、アルコール以外のドリンク全てに使えます。
cfa719+cfs001 083


裏面。
cfa719+cfs001 078


飲み終わったドリンクカップや氷は分けて捨てましょう。
cfa719+cfs001 085


そして秋葉原店へ。
cfa719+cfs001 105


さっそく割引券を使ってみます、秋葉原店での利用客、第一号でした。
この券は使用すると回収されるのでコレクションに加えたい人は使わない方が良いですね。
cfa719+cfs001 106


フェアドリンクでも、単品注文なら割り引き可能です。
セットにすると割り引き対象外となってしまいますのでご注意を。
cfa719+cfs001 107


レシートにも記載されます。
cfa719+cfs001 108


前日に、秋葉原店先行Tシャツなど新商品が多数発売されたショップを見てみると、また新しいTシャツが並べられていました。
(前日には入荷していたのに、何故か1日ずらしての販売開始です)
cfa719+cfs001 113


ガンダムカフェくんのTシャツです。
cfa719+cfs001 112


cfa719+cfs001 109


更にもう1点、新商品があります。
cfa719+cfs001 115


『ハロドラ』に、クリーム味が新登場。
cfa719+cfs001 116


その『ハロドラ』を食べるために東京駅店へ。
cfa719+cfs001 117

売上げで苦戦している東京駅店のことを思い、普段から東京駅店で買える物は出来るだけ東京駅店で済ませるようにしています。


まだ『ハロドラ クリーム味』のメニュー表は用意が出来ていませんでしたが、商品は販売開始しています。
(この時点では、店頭にもメニュー表にも無いので誰も注文出来ませんが)
cfa719+cfs001 120


優しいモチモチ生地に馴染む味でした。
cfa719+cfs001 121


台場へ行くと、大理石ガンダムが来ていました。
7月の始めには某イベントのポスターが貼られ、その中に小さく大理石ガンダムもプリントされていたのですが、すっかり忘れていました。
cfa719+cfs001 123


この日から台場店にはガンダムビークルが登場しているはずなので来てみました。
cfa719+cfs001 124


あ、あれ・・・?? 何かが違う・・・
cfa719+cfs001 125


今までのガンダムビークルはベンツのエンブレム輝く新車でしたが、今回登場しているのはバンパーの塗装が剥げていたり、所々にサビの目立つ中古車です。
cfa719+cfs001 126


バンパー、右下の塗装が剥げてます・・・
cfa719+cfs001 127


真四角の箱を乗せたような後部の店舗部分。
cfa719+cfs001 128


メニューは、スカイツリー出張店とほぼ同じです。
cfa719+cfs001 130


ベンツのガンダムビークルは、現在、那須ハイランドパークへ行ってしまったらしいです。
cfa719+cfs001 131


台場店本体は、三連休の初日とあって賑わっています。
cfa719+cfs001 132


以前、玉置成実さんのイベントでも行っていた動線の分割が行われ、カウンター前では行き来ができないようにされていました。
cfa719+cfs001 134


混雑時には定番の仕様となったようです。
cfa719+cfs001 135


本日、最初の食事です。
cfa719+cfs001 138


『フェイスカン』はもちろん台場店でも販売開始していますが、Tシャツはやはり秋葉原先行のようで入荷していません。
cfa719+cfs001 140


『ハロドラ クリーム味』は、台場店でも販売開始。
cfa719+cfs001 142


台場店では、クリーム味を追加したPOPが登場しています。
cfa719+cfs001 143


台場店では、重複すること無くZZのコースター。
cfa719+cfs001 144


この日、もう1点新商品が発売開始の予定でしたが、秋葉原店でも東京駅店でも並んでいませんでした。

台場店でも、来店時には販売していませんでしたが、暫くすると奥から運ばれてきました。
cfa719+cfs001 145


『ガンダムカフェくん 缶バッジ』232円(税別)と安価ですが、全16種類もあり、全て買うと税込みで4,010円にもなってしまいます。
cfa719+cfs001 146


どちらにしても東京駅店で購入するので、ここでは撮影だけ。
cfa719+cfs001 149


今までガンダムカフェくんには居なかったガンタンクくんやジムくんも新しく登場しています。
cfa719+cfs001 148



ガンダム展開催記念 大阪市営地下鉄駅めぐりスタンプラリー

2014年7月12日(土)~8月31日(日)


大阪で開催されているガンダム35周年記念の大型展示イベント『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』

それとタイアップし、大阪市営地下鉄でスタンプラリーを実施しています。
タイトル『機動戦士ガンダム展開催記念 大阪市営地下鉄駅めぐりスタンプラリー』

「各チェックポイントには実物大のキャラクターとMSが待っている」と言うのが事前の触れ込みでした。



チェックポイントは全部で6駅。
 御堂筋線 天王寺駅(東改札付近)
 四つ橋線 肥後橋駅(南改札付近)
 四つ橋線 なんば駅(駅長室付近)
 千日前線 野田阪神駅(北改札付近)
 堺筋線  扇町駅(北改札付近)
 堺筋線  恵美須町駅(南改札側)

路線図は下の画像をクリック。
スタンプラリーのコピー


ガンダム展へ行った後でのスタンプラリーだったので、順路は次の通り。
大阪港→肥後橋駅→なんば駅→天王寺駅→扇町駅→恵美須町駅→野田阪神駅


スタンプの数によって、もらえる景品『オリジナル缶バッジ』が違います。
(景品交換はガンダム展の会場内なので、通常は、この逆の方が効率良く回れます)
写真 2014-07-15 14 34 54


オリジナル缶バッジ、大と小の両方欲しいと思うのが人情です。
そこは各自が工夫して大と小、確保しないと行けません。


この台紙を手に入れてスタンプラリー開始です。
(スタンプを押すスペースは、この裏側です)
写真 2014-07-15 14 35 18


台紙は、駅のラックや、スタンプ台に置いてあります。
大阪スタンプ 47


ただ・・・

肥後橋駅、なんば駅ではどこにも台紙が無く駅員さんに直接もらいに行く事に。
二人で回っていたのに「2枚ですか?」とあからさまに嫌そうな雰囲気。
肥後橋駅では「台紙の数が少ない」と言われ1枚もらうのもやっとの事でした。

初日から既に台紙が少ないとはどういうことなのか・・・

どうやら、既に前日から台紙とスタンプ台が置かれ、フライングでスタートしていた様です。
それを差し引いても初日でこの状況では「大阪市営地下鉄さん大丈夫ですか」と言いたい。


最初の2駅で、少々残念な気分になってしまいましたが、以下に順だって記録していきます。



《 四つ橋線、肥後橋駅 》
大阪スタンプ 01


このようにスタンプ台へ案内する表示がありますが、あまり多く貼られていないのでアテには出来ません。
大阪スタンプ 02


改札を出た目の前にセイラとシャア。
ここが一番分かり易い設置場所で、以降は若干探さなくてはなりません。
大阪スタンプ 05


キャラ等身大パネルと、実物大MSのセットが、各ポイントの基本スタイルです。
大阪スタンプ 04


写真 2014-07-15 14 33 54



《 四つ橋線、なんば駅 》
大阪スタンプ 11


カイとミハル。
大阪スタンプ 12


大阪スタンプ 13


写真 2014-07-15 14 34 22


なんば駅での乗り換えは、構内を長距離移動します。

その途中で、チェックポイントとは関係の無いポイントがあります。
大阪スタンプ 33


大阪スタンプ 16


ひとつのフレームに撮ることも困難な大型広告があり、その右側に・・・
大阪スタンプ 19


ホワイトベースメインクルーと、横たわったガンダム。
大阪スタンプ 20


大阪スタンプ 34


大阪スタンプ 30


大阪スタンプ 29


大阪スタンプ 28


このガンダムは、ANAとのコラボや静岡ホビーフェアで見かけたモノと同じかと当初は思いましたが、線が以前のモノよりも綺麗に描かれ、印影も付けられていました。
大阪スタンプ 25


大阪スタンプ 37



《 御堂筋線、天王寺駅 》
大阪スタンプ 42


アムロとフラウ。
大阪スタンプ 41


写真 2014-07-15 14 34 10



《 堺筋線、恵美須町駅 》
大阪スタンプ 44


ハヤトとリュウさん。
大阪スタンプ 45


写真 2014-07-15 14 34 28



《 堺筋線、扇町駅 》
大阪スタンプ 48


大阪スタンプ 50


デニム曹長とジーン。
大阪スタンプ 49


写真 2014-07-15 14 34 00



《 千日前線、野田阪神駅 》
大阪スタンプ 52


ラルさんとハモン。
大阪スタンプ 53


写真 2014-07-15 14 34 18



6ヵ所、全て揃いました。
(景品の小が欲しい場合は全てを押してはいけません)
写真 2014-07-15 14 33 37


時間の無い状況で、何とかオリジナル缶バッジ大と小を確保することが出来ました。
写真 2014-07-15 14 33 15


交換すると、証明としてGのスタンプが押されます。
また、この終了台紙があれば入場が200円割り引きされます。
写真 2014-07-15 14 35 46


大阪市営地下鉄、1日乗車券「エンジョイエコカード」があれば、土日なら600円で回ることが出来ます。

このスタンプ台や等身大キャラクターは始発から終電まで置かれています。
(7月15日の時点ではキャラクターが撤去され、今後の対応待ちになっています)

早朝からスタンプラリーをして、ガンダム展開始の10時までに現地へ向かうことも可能です。

展示を見た後、じっくりとスタンプラリーをして、また翌日、交換に行く事も出来ます。

「約3時間かかった」と言う人もいれば「2時間弱で回れた」と言う人もいますが、大阪の地下鉄網はコンパクトなので、夏の暑さ以外は大きな苦ではありませんでした。











GUNDAM Cafe/大阪出張店を初日と翌日で制覇

2014年7月12日(土)~8月31日(日)

大阪で開催されているガンダム35周年記念の大型展示イベント『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』
ここにガンダムカフェが出展しています。

 場所:大阪文化館 天保山レストラン
 期間:2014年7月12日(土)~8月31日(日)10:30~20:30
 ※ ガンダム展を見なくても利用可能


かなりギリギリでの発表でしたが、元々、ガンダム展へは初日に行く予定だったので問題なし。
ガンダム展がほぼ全て撮影不可だったので、大阪遠征のメインはガンダムカフェとなりました。


今回の期間限定ガンダムカフェ。
公式に呼び名が発表されていないので『大阪出張店』と呼ぶことにします。

ガンダム展へは始発で到着。
cfo001 000


ガンダムカフェとして使われる「天保山レストラン」は独立した建物です。
なので、到着して早々に外観を見ることが出来ました。
cfo001 014


cfo001 015


cfo001 016


cfo001 012


既存の飲食店を利用しているので、店構えは立派です。
cfo001 003


普通の飲食店っぽさを払拭しようとしてなのか、入口付近が凄く賑やかです。
cfo001 010


cfo001 011


中には扉がもう一枚。
cfo001 018


クレジットカードでの支払いは出来ないようです。
cfo001 017


cfo001 004


メニュー表が既に貼られています。
cfo001 007


オープン前の店内の様子。
cfo001 025


ファーストフードのようにオーダーして、商品を受け取ってお会計までを一気に済ませる仕様です。
左側がお客さん、中央が店員さん、右が厨房です。
cfo001 029


8時半にはスタッフさんが来て、準備を始めていました。
cfo001 026


 〈まずは10時からオープンするガンダム展を見て、その後でガンダムカフェへ戻ってきます〉


13時過ぎに戻ってきました。
cfo001 032


店内の席には余裕がありますが・・・
cfo001 038


注文からメニューの受け取り、お会計までを全てひとつのカウンターで済ますので、入口周辺にお客さんが溜まっています。
cfo001 034


メニューを見つつ、手元に積み上げられたお盆を持ってカウンターへ・・・という流れ。
cfo001 040


注文の際はドリンクセットにも出来ますが、全てがセットに出来るわけではありません。
cfo001 29


カウンターには、まずメニュー表が置いてあって・・・
cfo001 041


ご注文口があります。
cfo001 042


頭上にも「ご注文口」の表記。
cfo001 045


品数が限られているので、店員さんは決まったフォーマットが書かれている用紙に記入をして厨房へ回す仕組み。
cfo001 043


店員さんの背後にも、メニュー表が多数貼られています。
こんなにたくさん貼るよりも、個別のメニューを拡大して貼れば見やすい気がします。
cfo001 046


商品は「ご注文口」の次で受け取ります。
cfo001 047


「注文口」と「受け取り口」の書式が似すぎているので、もう少しガンダムらしい遊び心で差を出してくれても良いのかな〜と思いました。
cfo001 049


ありがたいことに、全席禁煙です。
cfo001 050


商品を受け取りますが、手に余る量の注文をしてしまった場合は、親切な店員さんに助けてもらう事になります。
cfo001 051


そしてお会計。
cfo001 052


お会計の背面にスプーンやガムシロップなどがあるのでセルフサービスで持って行きます。
cfo001 075


cfo001 074


大阪出張店オリジナルのフードは全8種あり、その中から4種を注目。
cfo001 061

大阪出張店のフードメニュー内訳はこんな感じ。
 カレー = 連邦2種/ジオン2種:合計4種
 パスタ = 連邦2種/ジオン2種:合計4種

この半数を初来店で制覇したことになります。


『連邦カレー(ポークカレー)』915円(税込)
秋葉原店のアッガイカレーに使われているような平均的なカレーです。
cfo001 060


『連邦パスタ(ペペロンチーノ)』813円(税込)
cfo001 067


『シャアザクカレー(レッドカレー)』979円(税込)
幕張店の「カレー MS-06S シャア専用ザク」と同じです。
cfo001 068


『シャアザクパスタ(アマトリチャーナ)』979円(税込)
幕張店の「パスタ MS-06S シャア専用ザク」と同じです。
cfo001 065


コースターは全6種中、2種。
cfo001 070


足元の段差が見えづらい・・・と思っていたら、注意書きが早々に用意されました。
cfo001 072


昼食も終わり、撤収します。


cfo001 077


cfo001 078


cfo001 076


cfo001 082


cfo001 080


cfo001 081


 〈地下鉄のスタンプラリーを周り、その後でガンダムカフェへ戻ってきます〉


大阪出張店はラストオーダーが、フードもドリンクも20時なので、それに間に合うように戻ってきました。
(スタンプラリーしてきました)
cfo001 089


cfo001 087


店内は空いています。
cfo001 090


高台になった見晴らしの良い席へ。
cfo001 097


連邦系メニューから2品を注文。
(ドリンクセットに出来ない組み合わせは、個別にドリンクを注文しています)
cfo001 106


『連邦カレー(ホワイトカレー)』915円(税込)
ガンダムカレーと同じモノで、カレーにコショウのような香りが効いています。
cfo001 101


ベーコンは、通常のガンダムカレーに使われているモノよりも薄くて乾燥していて少し残念。
cfo001 102


『連邦パスタ(カルボナーラ)』915円(税込)
cfo001 104


コースターは全6種のうち、昼間の2種とかぶること無く別の2種。
この調子だと、コンプリート出来るかも知れません。
cfo001 107


コースター欲しさに『黒い三連星』350円を追加注文。
(ドリンクは台場店と同じなのでメニュー制覇の対象外です)
cfo001 110


コースターは、手持ちの物とかぶること無く5種が揃い、コンプリートまで後1種です。
cfo001 111


ここで使用されている紙ナプキンは、ただ白いだけの物。
左が大阪出張店で、右が東京で使われている物。
cfo001 112


20時半の閉店時間が近づき、お客さんも私以外は居ません。
cfo001 114


トイレは入口付近にありますが、日中にチェックし忘れていました。
cfo001 117


男女表記はありきたりの物ですが、突き当たりに何かあります。
cfo001 115


大阪出張店限定のコースター一覧が貼られています。
cfo001 116


お客さんの以内店内を記録用に撮影。
cfo001 118


cfo001 120


cfo001 121


cfo001 122


入口にはCloseの文字。
cfo001 125


cfo001 126


cfo001 127




そして翌日はガンダム展を見ずに、大阪出張店だけに絞ります。
ガンダム展01 262


開店時間の10時半ちょうどに入ったので、店内は無人状態。
ガンダム展01 266


ガンダム展01 267


ガンダム展01 268


ガンダム展01 269


ガンダム展01 270


今回の、この見晴らしの良い席を使います。
ガンダム展01 271


ガンダム展01 273


初日に「時間の掛かるパスタを提供するまでお客さんの列も動かない」という状況が発生していたので、二日目からは後から持って来てくれる方式に変わっていました。
cfo001 128


cfo001 129


ジオンの量産型ザク系メニュー2品を注文。
cfo001 140


『ザクカレー(グリーンカレー)』915円(税込)
cfo001 136


動力パイプのように添えられた海老はブリブリしていて美味しかったです。
cfo001 142


『ザクパスタ(ジェノバ)』979円(税込)
幕張店の「パスタ MS-06F 量産型ザク」とほぼ同じですが、あちらは麺が焼きそばに高く、こちらの方がパスタと言えます。
cfo001 138


これで、大阪出張店のフードメニュー8種、制覇です。

そして、コースター全6種はストレートにコンプリート出来ました。
cfo001 146


2日目の13時43分の新幹線で帰るため、なごり惜しくも大阪出張店から撤収します。
cfo001 147


ここ、大阪出張店でも店員さんに「コースターは揃いそうですか」など、声を掛けて頂き、ガンダムカフェの暖かさを感じた次第です。

全体の印象としては、幕張店を派生させた印象です。



最後に、大阪にガンダムカフェを出張させた意味を考えてました。

今回、ガンダム展だから出張しただけでは無いはず。

かねてより、他府県への支店展開は計画されていました。
東京駅店のオープンを発表する会見でも「大阪、名古屋、広島へと毎年1店舗ずつ」と発表もされていました。

紆余曲折あり、東京駅の次は千葉県の幕張への出店に。

そのため、大阪出張店が幕張店をベースにしているのは当然に見えます。


誰からか聞いた訳ではないけど「次は大阪店」という空気は感じます。
当然、今回の出張店は、後々に大阪展開するために様々なデータを取っているのではないでしょうか。

大阪支店が出来るかどうかは今回の出張店次第?


機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM

2014年7月12日(金)

大阪で開催されている『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』
会期は7月12日(土)〜8月31日(日)

この初日に行ってきました。


《イベント詳細》
場 所:大阪文化館・天保山
時 間:10:00~20:00(最終入館は19:00)
入場料:一般・大学生2,000円/中・高校生 1,500円/4歳~小学生800円
(前売りは各マイナス200円価格)


《イベントの趣旨》
35周年を記念しシリーズ第一作である『機動戦士ガンダム』を中心とした展覧会。
ガンダムの魅力を徹底的に解き明かす。


《 概 要 》
ホワイトベースのメインブリッジを模した特設シアターにて、最初の大気圏突入シーンを体験。
1,000点の制作資料を一挙公開。
主に富野由悠季、中村光毅、安彦良和、大河原邦男、他多数の作品展示。
光や音、映像を交えた演出で、ガンダムの世界観に没入できる。
最新作「Gのレコンギスタ」の最新映像に先行披露。


メディア向け会見でも触れられていましたが、主催は版権元の「創通エージェンシー」です。
どこが主催するかで、イベントの方向性が大きく違ってくるので重要です。



始発で現地着すると、既に並んでいる人が10人程・・・
ガンダム展01 004

先頭には徹夜禁止イベントでしばしば徹夜をしている人がいます。
この人はいつもいつも・・・やれやれ。


入口にあたる部分には後々柵が張られますが、まだ早朝だったので接近して中の様子を確認できました。
ガンダム展01 006

ガンダム展01 005

ガンダム展01 007

ガンダム展01 009


6時にはスタッフさんが現れました、かなり早いです。
ガンダム展01 012


畳まれていた垂れ幕も、いつのまにか広げられていました。
ガンダム展01 013


施設入り口横の掲示板では、数名が集まって四苦八苦しています。
どうやら、貼る予定だった掲示物が大きすぎて収まらないようです。
ガンダム展01 019


別の場所ではみ出た場所を切って、なんとか収まりました。
ガンダム展01 021


3種の音声ガイドのポスターを貼るのに苦戦していたようです。
ガンダム展01 023


大阪文化館の全景。
ガンダム展01 024


列は少しずつ伸びていますが、思っていた程ではありません。
ガンダム展01 025


地元のテレビ局(確かサンテレビ)が取材に来ていました。
写真 2014-07-12 9 05 41


9時頃にスタッフさんが説明に回ってきました。
開場時間の30分前に式典があるので、並んでている我々も出席させてもらえるとのお知らせでした。

その式典には富野監督もいらっしゃるそうです。


開場時間の50分前には施設内へ。
ガンダム展01 030


メディアも正面に陣取っていますが、最後まで立ち上がって邪魔になる事も無く、良いメディアさんでした。
ガンダム展01 031


会場に入る際に渡されたのが、この小冊子。
ガンダム展01 033


裏には、秋からの新作が載っています。
写真 2014-07-12 9 19 31


内容は、35年間の作品を振り返る物で、オールカラーでページ数も多く、無料配布としてはかなり良い物でした。
写真 2014-07-12 9 19 39


まず挨拶されたのは、朝日新聞社 執行役員 企画事業担当 坂本弘子さん。
ガンダム展01 041


一番奥(全体の左端)が大阪文化館・天保山 大阪シティドーム 代表取締役社長 湊 通夫さん
その手前の黒いスーツが創通 代表取締役社長 青木建彦さん。
ガンダム展01 043


富野由悠季監督
バンダイ 代表取締役社長兼チーフガンダムオフィサー 上野和典さん
サンライズ 代表取締役社長 宮河恭夫さん
ガンダム展01 038


現地関係者と創通、富野監督とバンダイとサンライズ、この別れた座席配置に、それぞれの距離感を感じてしまったのは、私の邪推でしょうか。


朝日新聞社 坂本弘子さんの挨拶が終わり、次が富野監督です。
写真 2014-07-12 9 27 03


続きまして、富野監督の御挨拶(2分程度のお話しでした)
ガンダム展01 047


おはようございます。
昨日、夜になってから一応開場をざっと見て正直言ってほっとしたことがあると同時にとても驚かされました。
写真 2014-07-12 9 31 31


自分自身が現場で見ていた、つまりスタジオで見ていた時には全部現場作業の絵でしかなかった、マテリアルでしかなかった物がこういう形で35年目にしてまとまって見せてもらってとてもびっくりした事が起こりました。
写真 2014-07-12 9 31 34


それはどういうことかというと、われわれは実際に暮らしをしている中で毎日一所懸命です。
ですからいろんな事を忘れていると言う事を思い知らされました。

35年前たかが巨大ロボット物のアニメの原画とか背景美術です。

が、それが持っているビビッドなチカラという物がどういう物かということを思い知らされました。

ことに、大河原、安彦、それから中村光毅の絵が持っている力というものが、いま我々がデジタル時代になって絶対に忘れちゃ行けないよって言うものが見せられたという意味で、とても衝撃を受けました。
写真 2014-07-12 9 31 52


お年を召した方はそういう物がどういう物かということを見抜いて欲しい。
それから、これから大きくなるお子たちには、こういう、一見こういうふうに楽しく見える物なんだけれども、凄い何かが含まれていると言う事を感じて頂けたら嬉しいと思いますし、そういう展示になっていると思いますので、是非見て頂きたい。
楽しんで下さいとはいいません、今言ったようなことを考えていただきたい。

で、お子たちは、とにかく「わっ」というふうにして来て頂いて結構なので、是非、見て頂きたいと思います。
写真 2014-07-12 9 32 35


ほんと、なによりも今回こういうカタチで開場をご提供頂いて、ガンダム展を開催することが出来ました関係者には心から御礼申し上げます。
どうも本当にありがとうございました。
写真 2014-07-12 9 32 50


前に並ばれた方々の御挨拶が全て終了し、テープカットの準備へ。
写真 2014-07-12 9 34 44


まず、富野監督から前へ・・・
ガンダム展01 051


ガンダム展01 052


その後、他の皆さんが続きます。
写真 2014-07-12 9 36 04


写真 2014-07-12 9 38 13


かけ声と同時にテープカット。
写真 2014-07-12 9 38 16


幸運にも、とても良い場所で富野監督のスピーチを拝聴することが出来ました。

この日もGレコの作業は続いていたそうですが、富野監督が居ないので、原画のチェックが出来ずにいる・・・との状況を作画監督からお聞きしました。


式典も無事終了し、誘導されて上階の受付へ。
ガンダム展01 185


ここで暫く待つことになります。
ガンダム展01 054

列は細かく10名単位ほどに区切られました。
その10名の中では性格に順番分けすることも無く、かなり曖昧にチケットを受け取り入場させていきます。

初日だからなのか、先頭付近ではスタッフさんがもたつくこともあり、列の先頭付近に居た人が、その集団の最後になってしまうと言う可哀想な場面もありました。


音声ガイド、1台500円で入場口で借りれます。
ガンダム展01 056


音声ガイドは全3種。
 白の章 =アムロ役の古谷 徹さんのガイド
 赤の章 =シャア役の池田秀一さんのガイド
 黄の章 =ミライ役の白石冬美さんのガイド

この全てを同時に借りることも可能です。
(※黄の章は、子供向けなので他よりも収録時間が長くなっています)

さらに『赤の章』は10台限定でシャア専用の赤い端末(一般の物は黒)があります。
内容は、一般の赤の章と同じです。


ここでちょっと不満点がありました・・・が、それは最後にまとめます。




《展示内容について》展示場は全て撮影禁止です。

全体は3つに区切られています。
入ってすぐに『オープニングシアター「大気圏突入」』があります。

第1章 オープニングシアター「大気圏突入」
入場してからの待機場所も、上映する様子もGFTのDOME-Gに近い雰囲気です。
(DOME-Gの様な球状の空間では無く四角い部屋です)

このイベント用に新規で作った映像が使われています。
その無い様は「大気圏突入にシャアの追撃を受けたホワイトベースのブリッジからの視線」です。
そこから、RG品質のCGで描かれたガンダムとシャアザクの戦闘シーンが観賞します。
MSがブリッジに最接近するなど、実際の設定とは違った演出がされています。
設定資料を売りにした資料展で、設定と違う映像を作ってどうするのか。
ここに来る客がそれを望むのだろうか、と疑問に思ってしまいましたが・・・


また、ブリッジ内側にはミライやセイラが等身大で映っていますが、動きこそすれどドラマ性は有りません。
ブライト艦長は背面の艦長席に座り、同じく等身大の映像として映し出されています。映像を見ているとき、ブライトが後ろに居る事になりますが、こちらもドラマ性は有りません。



第2章 メイキング・オブ・ガンダム
こちらの展示内容は、図録に殆どが掲載されています。

今回の展示は大河原さんや安彦さんが個人で所有されていた資料が多数、現物で展示されているのが特徴です。
もちろん、サンライズで保管していた現物もあります。
それらは誰の所有で有るかが分かる様な展示方法がされています。
昨年の『超・大河原邦男展』と方向性は似ています。

ザビ家や主要キャラの初期案は、これまでのイベントでも展示されていましたが、今回は主要では無いキャラまで初期案が展示されるなど、前例が無いほどに資料性の高い内容でした。

資料系の展示は前例が無いほどで素晴らしいのですが・・・全てが資料としては見られる物ではありません。
装飾の一部として扱われている資料も多く、天井近くに貼られていたり、床に近い低さで貼られていたり、勿体ない状況です。

また、照明と組み合わせてあったりと、見辛い展示物もあります。
膨大な資料を使った装飾として、このイベントの特色を出したかったのかも知れません。
しかし「見せる」展示と「楽しませる展示」は分けて頂きたかった・・・
と言うのが私の感想です。

後半では、フィギュアなどを使った立体展示物も若干あります。
これに資料性はなく、見た目の楽しさを狙った展示。
また「ジオングに吹き飛ばされた」と設定された実物大ガンダムの頭部の展示もあります。
こちらは今回が初登場の新作です。
台場の実物大ガンダムを手がけた乃村工藝社による制作です。



第3章 ガンダムは終わらない
GレコのPVを含めた、今までの富野ガンダムのダイジェスト映像が上映されています。
初日の段階では初出しのGレコ映像でしたが、すぐにGFTでも同じ内容を流すようになっていました。
映像の他、若干ですがGレコ関連の設定資料やガンプラの試作品が展示されていました。



展示を見終わってグッズ販売へ行くと、列が建物の外まで伸びていました。
「2時間待ち」と言われて並び、1時間が経過した頃に、それまでは無かった整理券を配り始めました。

整理券に書かれていた時間は、今から2時間半後・・・
1時間並んで時間を消化するどころか、逆に時間が増えています。
ガンダム展01 057


指定の時間に戻ってきたら、ビッシリと並んでいた光景がウソの様に静まりかえっていました。
ガンダム展01 059


室内の物販待機列にすら人影はありません。
(奥に見えているガンダムっぽいモノについては、後で触れます)
ガンダム展01 061


物販は、大阪文化館の販売スペースをそのまま使用しています。
ガンダム展01 063


販売商品の一覧〈その1〉
ガンダム展01 064


ガンダム展01 068


黄色く貼られているのは入荷待ちの品。
初日にグッズが間に合っていない状況は、遠征してきた者にとっては大打撃です。
ガンダム展01 069



販売商品の一覧〈その2〉
ガンダム展01 070


ガンダム展01 066


ガンダム展01 067


ガンダム展限定ガンプラも入口に飾られています。
ガンダム展01 113

ガンダム展01 153


こちには大阪開催限定品。
ガンダム展01 145


こちにも大阪開催限定品。
ガンダム展01 146


ガンダム展01 148


ガンダム展01 150


ガンダム展01 151


ガンダム展01 152



少し待たされてショップ内へ。
ガンダム展01 071

展示場を見終わった後が物販なので、入場料を支払った後で無ければ購入できません。
また、展示への再入場も出来ません。
ないので「目的の品が売り切れるかも知れない」という不安を抱えつつ展示を見ることになります。

展示をじっくり見てもらいたい・・・と言うような良心が感じられない構成と言わざるを得ません。
グッズを重要視する人は、入場後物販へ直行し、購入後に再度チケットを購入して2度目の入場をする事になります。
創通が守銭奴に見える・・・
バンダイやサンライズ主催のイベントでは、まず見かけない構成です。


来年の六本木開催でも販売されるガンダム展限定ガンプラ。
ガンダム展01 083


ガンダム展01 073


ガンダム展01 074


こちらは、HGに限って大阪開催限定のガンプラ(メガサイズは来年も販売)
ガンダム展01 090

ガンダム展01 087


ガンダム展01 088


ガンダム展01 089


ポストカードや図録など。
ガンダム展01 076


ガンダム展01 077


ガンダム展01 078


ガンダム展01 079


ガンダム展01 080


ガンダム展01 081


ガンダム展01 084


ガンダム展01 086


ガンダム展01 085


ガンダム展01 101


ガンダム展01 095


ガンダム展01 096


ガンダム展01 099


ガンダム展01 098



ガンダムカフェからも、今回のイベント限定グッズが用意されています。
大阪開催だけの限定品ですが、大阪出張店の中では無くガンダム展物販内での販売です。
ガンダム展01 100


ガンダム展01 092


トラ柄のハロクランチと、タコ焼き柄のハロクランチ(タコ焼き味ではありません)
ガンダム展01 093


名台詞クッキーは関西弁。
ガンダム展01 094


壁側には、食べ物系のグッズが集中して置かれています。
ガンダム展01 103


ガンダムカフェからにでは有りませんが、ぜひ買いたくなるハロのどら焼き。
ガンダム展01 104


GFTで同じ形の箱が、赤い仕様で販売されていた気がします・・・
来年の六本木開催でも販売しそうな気がするので、今回はパスしました。
ガンダム展01 105


ガンダム展01 106


GFTが最近得意としているメラミンの食器。
ガンダム展01 108


ガンダム展01 109


ガンダム展01 110


ガンダム展01 111


ショッパーも販売していますが、もったいなくて使えません。
ガンダム展01 112


ハンドタオルに・・・
ガンダム展01 114


ガンダム展01 115


扇子までありますが、これらのグッズには、イベント限定では無いモノも紛れ込んでいるので、イベント気分でうっかり市販品を買ってしまわないように気を付けなくてはいけません。
ガンダム展01 116


ガンダム展01 117


35周年のロゴが大きくプリントされたTシャツ。
スタッフさんも着ていて格好良かったので買おうかと思いましたが・・・普段使いしづらそうなので保留に。
ガンダム展01 118


ガンダム展01 119


ガンダム展01 120


ガンダム展01 121


ガンダム展01 122


複製原画も販売しています。
ガンダム展01 125


ガンダム展01 126


ガンダム展01 127


ガンダム展01 128


ガンダム展01 129


ガンダム展01 130


ガンダム展01 131


ガンダム展01 132


ガンダム展01 134


けっこう高額な値段が付けられていますが、こちらは〈原画〉の複製です。
一方で、昨年の『超・大河原邦男展』や、ガンダムエース通販のジ・オリジン原画など、近年販売された着色済みの複製画も、今回の複製原画と大きく変わらない価格です。

同じ安彦さんのイラストであっても、着色し完成したジ・オリジンの複製原画の方が安いのです。
(しかも、ジ・オリジンの複製原画は線画と着色済みとの2枚組み)

この会場の複製原画、価格設定・・・間違ってませんか。


先程のガンダムっぽいモノは、フォトスポットです。
ガンダム展01 140


ガンダム展01 139


ガンダム展01 135


ガンダム展01 136


中に椅子が有り、このように座って撮ることも出来ます。
ガンダム展01 138



初日はここで終了にして、残りは2日目に回します。

その他、以下も初日に同時進行しました。
『ガンダム展開催記念 大阪市営地下鉄駅めぐりスタンプラリー』
『ガンダムカフェ大阪出張店を初日と翌日で制覇』





ーーーー《二日目》ーーーー

開場時間の10分前に到着しましたが、既に外に列は出来ておらず、会場内に入れるようです。
ガンダム展01 286


ここにも音声ガイドの案内が。
ガンダム展01 287


展示を見に来たお客さんは既に上階へ誘導されているのかと思いますが、それにしても開始二日目から落ち着いた様子です。
ガンダム展01 176


初日の朝は掲げられていなかった「チケットカウンター」の目印。
ガンダム展01 168


料金案内も同じく。
ガンダム展01 169


スタンプラリーのゴールもこちらです。
ガンダム展01 167


初日に届いたお花も一通りチェックしておきます。
ガンダム展01 166


ガンダム展01 171


ガンダム展01 172


ガンダム展01 173


ガンダム展01 174


ガンダム35年間の映像作品がコンパクトにまとめられた冊子は、御自由にお取り下さい状態です。
ガンダム展01 179


二日目からは『ガンプラ大作戦』が1日2回開催されます。
ガンダム展01 178

ガンプラを1,000体組み立て、翌年の東京会場の展示で使うそうです。
別途の参加費が必要無い変わりに、事前に「ガンプラ組立セット券」付きチケットが必要(既に完売)


『ガンプラ大作戦』は、入口からも左手に見えている部屋で開催されています。
ガンダム展01 284


ガンダム展01 278


ガンダム展01 280


開催は午前と午後の2回。
これは会期全体を通しての第1回目です。
ガンダム展01 181


ガンダム展01 183


チケット争奪戦でも瞬殺だったので、もっとコアな層が来ているのかと思ったら、親子連れやカップルと、意外な顔ぶれでした。
ガンダム展01 184


ニッパーなどは用意されており、これを返却することで記念品がもらえます。
記念品というから、特別な何かをイメージしていたのですが、ただ入場券がもらえるだけでした。
ガンダム展01 193


この4種のどれかを組み立てることになります。
ガンダム展01 291


ガンダム展01 292


ガンダム展01 293


ガンダム展01 294


ガンダム展01 195


ガンダム展01 197


二日目から空いているのかと思っていたら・・・

スロースタートな方が多いようで、昼前からは混み合っていました。
ガンダム展01 283


初日は気がつかなかったことですが、場内の案内板もガンダム風になっています。
ガンダム展01 302


案内板・・・と言うか、トイレマークですね。
ガンダム展01 303


奥の突き当たりにあるトイレ・・・
ガンダム展01 261


男性用トイレはシャア。
ガンダム展01 203


この奥が男性用トイレです。
ガンダム展01 204


ガンダム展01 205


ガンダム展01 206


ガンダム展01 234


ガンダム展01 235


ガンダム展01 237


ガンダム展01 240


トイレの片隅には・・・
ガンダム展01 209


アムロが投げ捨てたテム・レイ作のパーツが落ちています。
ガンダム展01 210


個室の扉にも工夫がされています。
ガンダム展01 211


シャア専用の赤い固執も、このイベントのために特設されています。
ガンダム展01 212


ガンダム展01 220


ガンダム展01 215


個室の扉、上部のフックをマシンガンに見立ててシャアザクが貼られています。
ガンダム展01 253


ガンダム展01 255


シャア専用個室の右隣にはギレン・ザビ。
ガンダム展01 218


ガンダム展01 217


個室の中にはア・バオア・クー。
ガンダム展01 249


ガンダム展01 252


シャア専用個室の左隣にはアムロ・レイ。
ガンダム展01 219


ガンダム展01 214


個室の中にはガンダムが・・・
ガンダム展01 248


ガンダム展01 247


ガンダム展01 242


ガンダム展01 245


GFTと同じくこちらにも何かが貼られています。
ガンダム展01 221


ガンダム展01 223


ガンダム展01 224


ガンダム展01 226


ガンダム展01 227


ガンダム展01 228


ガンダム展01 230


ガンダム展01 232


ガンダム展01 233


バリアフリートイレにもキャラクターが使用されています。
ガンダム展01 258


ガンダム展01 259


女性用トイレはセイラ・マス。
ガンダム展01 198


ガンダム展01 199


この奥が女性用トイレです。
ガンダム展01 202


入口にも同じくセイラ・マス。
ガンダム展01 201


女性用トイレの個室扉にも、女性キャラか使用されています。
(女性のフォロワーさんに撮ってきて頂きました)
ガンダム展01 312


ガンダム展01 313


ガンダム展01 314


ガンダム展01 315


ガンダム展01 316


ガンダム展01 317


ガンダム展01 318


ガンダム展01 319


ガンダム展01 320


ガンダム展01 321


ガンダム展01 322


ガンダム展01 323


ガンダム展01 324


ガンダム展01 325



さて・・・

以前「V作戦」と称して大阪と東京でゲリラ的に1日だけ配布していた大きな無料入場券。
ガンダム展01 298

東京から持って行ったわけですが、フリーの入場券と聞いていたので、何度でも入れるフリーパスかと思っていたら「フリー=無料」の意味だけだったらしく、1度使用したら印が付けられ使用できなくなります。

また、この巨大な無料入場券を持っていればサプライズがあると、公式の情報があったのですが、現地のスタッフさんに聞いても分からないご様子。

いろんなスタッフさんに聞いて回ったところ、やっと話の分かる方がいらっしゃいました。

そのサプライズとは「敬礼してくれる」だったそうです。
親切にポーズまで撮って頂いたスタッフさんには申し訳ないですが「それだけかよ」と突っ込みを入れたくなるサプライズでした。
ガンダム展01 296


すぐ側のガンダムカフェ大阪出張店へ行けば、手ぶらで行っても敬礼してくれます。

むしろ、関西での開催なので突っ込む要素を用意していてくれたと受け取っておくべきでしょうか。


帰りの電車で、偶然、この様な中吊り広告を見かけました。
ガンダムとパトレイバーが並ぶ夢の共演が電車内で成されました。
写真 2014-07-13 12 35 25




《 感 想 》

展示してある資料はとても貴重で初めて見るような物まで有り、とても有意義なものでした。
しかし、その展示物が見づらいなど、問題点は多々感じました。


音声ガイドに関しても、端末の撮影をしたかったのですが、確認した結果、撮影できませんでした。
初日だからなのか「撮影禁止」のエリアは曖昧でした。
「音声ガイドの端末を撮影していいですか?」と誰に聞いても分かりません。

その確認に長時間待った結局、明確な回答が出ず・・・
想定外の質問に回答できる権限の者がおらず、同列のスタッフ間で確認し、状況から推測して撮影禁止となりました。
状況を繋ぎ合わせただけの回答でスッキリしないモノでした。


展示してある資料その物は非常に魅力的で、スタッフさん個々人も親切で良い方ばかりでした。
が、それらの物や人をつなぐ運営本体が残念な印象でした。


多くの資料が、複製でなはく現物展示されているのは非常に貴重でした。


GUNDAM Cafe/百式ジョッキやTシャツ等新商品多数発売

今回の主な内容。
★週替わりのシャーベット第5週目
★週替わりのシャーベット第1週目に戻る
★フェアコースター、キャラ13種コンプリート
★百式ビアジョッキ、2014年版発売開始
★ビールファイトにデンマークのビール追加
★フェイスカン新発売
★ガンダムカフェくんマフラータオル新発売
★ガンダムカフェ柄Tシャツ秋葉原店で先行販売開始


今回の店舗
秋葉原店・東京駅店


2014年7月10日(木)
秋葉原店の『週替わりシャーベット』の今週分は機械不調で初日に提供することが出来ませんでした。
cfa713 01

日曜に始まり土曜に終わるシャーベット。
金曜には大阪のガンダム展へ行ってしまうので、このままでは今週分を食べないまま終わってしまう事に・・・

そう言うワケにはいきません。
大阪へ旅立つ前日に、今週分を確保しに来ました。

『シークァーサーミックスシャーベット』
cfa713 04


ほぼ真っ白なシャーベットです。
cfa713 07


店内で頂きます。
スッキリとした柑橘系のシャーベットでした。
cfa713 09


この日、フェアコースターのキャラクター13種をコンプリートしました。
まだ1セット目のコンプリートで目標は2セットです。
cfa713 11


とりあえず残りのMS13枚に移り、全26種が揃ったら、またキャラクター2セット目に挑戦します。
cfa713 13




2014年7月11日(金)
大阪のガンダム展に旅立つ日、大きな入場無料券を持って東京駅店へ。
cft236 04


軽く1杯飲んで、夜行バスで大阪へ向かいました。
cft236 06



この間、大阪に出張しているガンダムカフェを制覇してきました。
その記録はこちら〈大阪出張店を初日と翌日で制覇〉



2014年7月14日(月)
大阪から帰ってきた翌日、早速、秋葉原店へ。
cfa714 01


目的は週替わりのシャーベット。
cfa714 02


シャーベットが始まった初週、だった3日間しか提供しておらず、告知もされていなかったので食べ損なってしまった『マンゴーシャーベット』です。
cfa714 03


全4種と聞いていたシャーベットが実は5種あった・・・という落ちでしたが、やっと『マンゴーシャーベット』が帰ってきました。
cfa714 08

シャーベットは、この5種。
1.マンゴー / 2.ストロベリー / 3.グレープ / 4.レッドオレンジ / 5.シークァーサー


クセの無い南国の果物シャーベットでした。
cfa714 10


店内を利用するには、店内でも必ず1オーダー。
cfa714 12


ゼータのコースターでしたが、まだ手持ちも少ないので入手状況を確認する段階ではありません。
cfa714 11




2014年7月18日(金)
偶然、休暇を取っていたので、東京駅店のTwitterに誘われて来てみました。
cfa718+cft238 001


東京駅店Twitterで告知していた物がメニュー看板に貼られています。
cfa718+cft238 004


昨年大人気だった『百式ビアジョッキ』が今年も、この日から発売開始となりました。
cfa718+cft238 003


レジカウンターの片隅にも、手にとって確認できるサンプルが置いてあります。
cfa718+cft238 005


cfa718+cft238 007


何気なくカウンターを観察していると・・・
cfa718+cft238 009


新たなビールが追加されていました。
何の意図があって追加されたのか分かりませんでしたが、詳細は秋葉原店で判明しました。
cfa718+cft238 010


木馬を注文したら、スタービルドストライクが付いてきました。
cfa718+cft238 012


店内、配膳カウンターの余ったスペースに飾られているガンプラ等のなかに・・・
cfa718+cft238 013


ここにも『百式ビアジョッキ』が飾られていました。
cfa718+cft238 014


次は秋葉原店です。
cfa718+cft238 015


当然、秋葉原店でも『百式ビアジョッキ』販売開始しています。
cfa718+cft238 016


cfa718+cft238 017


ノンアルコールビールは用意されているものの、未成年への提供は出来ません。
cfa718+cft238 018


そして、東京駅店で謎だったビールが秋葉原店にもありました。
cfa718+cft238 019


cfa718+cft238 020


親切にマーメイドガンダムが貼られています。
Gガンダム主要期待5ヵ国のビールで展開されている『ビールファイト』に、デンマークのビールが追加されたようです。
cfa718+cft238 021


『百式ビアジョッキ』1,428円(税別)
cfa718+cft238 023


cfa718+cft238 024


昨年4本も確保したのですが、なんとロゴに「2014」と書かれているので、今年も1本購入することに。
cfa718+cft238 025


ビールのお供に・・・と思いガンプラ焼き「野菜とカレーソーセージ」をひとつ。
何も言わなくても羽根付きにしてくれる店員さんに感謝です。
cfa718+cft238 035


『ガンプラ焼き 野菜とカレーソーセージ』と『百式ビアジョッキ』いい組み合わせです。
cfa718+cft238 040


ジョッキと一緒に、空箱をもらいます。
cfa718+cft238 038


昨年は使用するジョッキと、持ち帰るジョッキは別物でしたが、今年は自分が使ったジョッキを洗ってもらって持ち帰る方式に。
cfa718+cft238 045


ではショップの状況でも・・・と思い出入口へ向かうと、頭上に見慣れない物が。
cfa718+cft238 048


外気と室内を遮断するエアカーテンが新設されていました。
気がつきませんでしたが、一週間ほど前から設置されていたそうです。
cfa718+cft238 047


この日、いくつかの新商品が販売開始されました。
cfa718+cft238 050


『ガンダムカフェくんマフラータオル 2種』1,500円(税別)
cfa718+cft238 051


ドリンクカップや紙ナプキンに使われているイラストが使われています。
cfa718+cft238 056

このマフラータオル、実は東京駅店に居たときには入荷していたのですが、まだ販売開始の確認がとれておらず、店員さんとしては売りたくても売れないという歯がゆい状況でした。
そんな状況を知っているので、私は秋葉原店でマフラータオルを買うわけには行きません。


この『ガンダムカフェ柄Tシャツ』2,500円(税別)も新発売です。
色は白と黒、サイズはS、M、L、XLの4種。
cfa718+cft238 055

このTシャツは秋葉原店だけの先行販売で、多店舗では8月に入ってからの販売となります。

今までガンダムカフェが販売してきた中で、一番恰好良いんじゃ無いでしょうか。
cfa718+cft238 053


首元のバックプリント。
cfa718+cft238 054


他に、フェイスマグと同じ顔をした新商品が登場しています。
cfa718+cft238 027


『フェイスカン ガンダム/シャア専用ザク』各850円(税別)
cfa718+cft238 028


これだけ購入。
cfa718+cft238 057


店内で『フェイスカン ガンダム/シャア専用ザク』開封。
cfa718+cft238 076


ウエハースが各5枚入っています。
個別包装にもガンダムらしいデザインがされているのが嬉しいところ。
cfa718+cft238 080


ガンダムがホワイトチョコ。
cfa718+cft238 088


シャア専用ザクはストロベリーチョコです。
cfa718+cft238 086

GUNDAM Cafe/灼熱のカレーフェア前半戦、メニュー制覇とプチグラスコンプ

今回の主な内容。
★灼熱の伽哩(カレー)フェア初日
★全メニュー制覇
★プチグラス前半戦コンプリート
★同時開催のビールファイト制覇


今回の店舗
秋葉原店・台場店・東京駅店


2014年7月3日(木)
以下、全メニュー制覇とプチグラスコンプリートまでの4日間の記録です。
いつも通りフェアのメニュー表や店内の様子も一通り記録しています。
(画像点数、約230枚と多めです)

開店15分前に到着したけれど、開店待ちはゼロ。
cfa712 001


開店の5分程前に2名様が開店待ちです。
cfa712 002

10時になりオープン。

入口のガラス面には、いつものようなフェアメニューが貼られていません。
(間に合わなかったようです)
cfa712 055

cfa712 057

メニュー表は、スタンドに貼ってあります。
cfa712 056



入口のラックには、この日ぐらいからGレコのチラシも置かれるようになりました。
cfa712 031


多店舗で先行して置かれていましたが、秋葉原店でも配布開始。
cfa712 032


まずは、店内がどのようにフェア仕様に変わっている確認です。


旧、喫煙席側の展示BOXは変化無し。
cfa712 030


ここ最近、サインが急増中のヘキサパネルには・・・
cfa712 038


先日、イベントでご来店された玉置成実さんのサインが追加されていました。
cfa712 029


cfa712 037


店員さん達と撮った写真も一緒に飾ってあるのが良いですね。
cfa712 035


続いては、壁面3ヵ所の展示パネル。

1)レジ前カウンター席
cfa712 005

ガンダムカフェとしては初登場のAGE、しかもキオ!
cfa712 006

個人的には、初めて森本がーにゃ先生と一緒にカフェしたときに座ってたのがこのカウンター席だったので、ここにキオの絵が飾られているのは嬉しい偶然です。


2)シャア専用席
cfa712 004

cfa712 007


3)旧、禁煙席の奥
cfa712 009

cfa712 008


メインの展示スペースもフェア仕様に変わっているようです。
cfa712 003

cfa712 010

左上
cfa712 019

左下
cfa712 020

中央上
cfa712 022

中央下
cfa712 024

右上
cfa712 025

右下
cfa712 026


いつも通り、外光が射し込みつつ店内が見渡せる席へ。
cfa712 039


こちらがフェアメニュー表(初期バージョン)
cfa712 040


フェア前半・後半を通して提供される3種のカレー。
cfa712 041


セットの価格や組み合わせが今までとは少し違う方式になったので、詳しく解説してあります。
cfa712 042


こちらは8月4日までの前半戦カレー3種。
cfa712 043


今まで、ノンアルコールカクテルとして780円という高額だったジュースも、今回からジュースとして適正な価格へと落ち着きました。
cfa712 044


今まで通りのカクテルもありますが、ジュースの登場でノンアルコールカクテルは無くなりました。
cfa712 045


そして、フェアを彩るサイドメニュー(?)です。
cfa712 046


なぜ、これを初期バージョンと書いたかというと、すぐにこちらの修正版と差し換えられたからです。
cfa712 075


上が初期で、下が通常版。空の色が違いますが、違いはそれだけではありません。
cfa712 040


初期は裏面無しでしたが、差し換えられた通常版には35周年と今回のフェアを関連づけた表記があります。
cfa712 076

cfa712 077

cfa712 081

cfa712 082

cfa712 083

cfa712 084


そして、次回予告。
cfa712 086


もう一枚、追加で並べられたメニュー表があります。
cfa712 087


Gガンダムをテーマにした『ビールファイト レディー・ゴー!!』
灼熱のカレーフェアとは別物扱いですが、期間は同じでフェアのセットメニューとして組み込むことも出来ます。
また、時間に関係なく注文が出来るアルコールメニューです。
cfa712 088


では、カウンターにて注文です。
cfa712 058


カウンター背後の画面にも、メニューがリピート再生されています。
cfa712 049

cfa712 050

cfa712 051

cfa712 052

cfa712 053

cfa712 054

cfa712 048

cfd714 18


今回のプチグラスは全13種で、前半7種、後半6種で行われます。

しかも親切なことに、前半戦だけでも抽選が2グループに分かれているので、ある程度狙った挑戦が可能となりました。
cfa712 059


BOX-Aには、ガンダム、W、SEED
cfa712 064


BOX-Bには、G、X、SEED DESTINY、AGE
cfa712 065


中にはガチャのケースに紙が入ったモノがプチグラスの種類だけ入っています。
cfa712 062


ドリンクを受け取るハロカウンターのそばには、今回のフェアコースター26種が並べられています。
cfa712 069


TVシリーズ全13作品のキャラ13人、ガンダム13機が用意され配布はランダムですが、キャラかMSかの選択は可能です。
cfa712 070


まずはキャラクター13種からコンプリートを目指します。
今回のコースターは2枚とも、フェア初登場の作品から。
cfa712 094


プチグラスは、この2作品。
cfa712 095


フェア初登場のガンダムAGEから『フリット・アスノ』
cfa712 097

cfa712 098

cfa712 099

cfa712 100

cfa712 107


Gガンダムは、フェアとしては2度目ですがプチグラスとしては初登場『ドモン・カッシュ』
cfa712 101

cfa712 102

cfa712 103

cfa712 104

cfa712 106


では、メニューに移ります。

今回は制覇に4日間かかりました。
並べて表示させた方が見やすいと思うので、ドリンクのみ別日の内容も並べて記載します。


左『木馬(カルピスラッシー)』各430円(税別)
 カルピスとヨーグルトの配分が各店舗で微妙に違います。
右『アスノの血統』
 ノンアルリキュール(トリプルセック)を使って3世代を表現したオレンジ系炭酸飲料。
cfa712 090


左『流星噴出水(メテオ・スカッシュ)』
 洋梨味の炭酸で人気が高く、完売してしまう日も有ります。
右『ザフトの証』
 クランベリー味の無炭酸で、私は少し物足りない印象でした。
cfa712 189


『月は出ているか?』630円(税別)
テキーラ使用のアルコールの強いカクテルです。
cfa712 142


『二人のラクス』630円(税別)
ヴァイオレットとパッションフルーツ、似たリキュールを合わせたカルピス割りのアルコール低めのカクテル。
cfa712 146


『King of Heart』630円(税別)
クランベリーとパッションフルーツベースのアルコール弱めのカクテルです。
cfa713 09

ドリンクは以上の、ジュース4種、カクテル3種です。



続いてはフードメニュー。
秋葉原店と幕張店は共通のカレー、台場店と東京駅店は共通のナンカレー。
最短を考えると2店舗で全メニュー制覇が可能です。

今回はボリュームがあるので、全6皿を同時制覇を断念し2品注文。
(以前のWフェアで全5皿同時制覇したのが限界でした)
cfa712 108


『ジャブロー侵攻 シーフードカレー』1,300円(税別)
ルーにも小エビやイカが紛れている、少し辛いシーフードカレーです。
cfa712 109


アッガイはコロッケで再現し、手は茹で卵です。
cfa712 111


ゾックは白いライス、クローはむき海老で再現され、プリプリしていて美味しいです。
cfa712 112


ジャブローの密林はサラダで再現。
量が多いので、ドレッシングなど欲しいところです。
cfa712 113

以前、総帥メニューで使われていた浅い皿なので、見た目ほどカレーが入っていないので、計画的に食べ進めないと、後半でカレーが無くなってしまいます。


メインはキムチ炒飯を使ったズゴック。
cfa712 115


クローは両手とも蟹が使われており、プリプリとして食べ応えもあります。
cfa712 114


『AGEカレー もっちりナンカレー』900円(税別)
お子さまでも食べられる、やや甘口なカレーです。
cfa712 118


AGEだけに、ナンの上には揚げ物(コロッケ)が乗っています。
赤いケチャップがキオ、黄色いチーズがアセム、グリーンのバジルがフリット。
cfa712 119


ナンだけではなんなので、ライスも添えられています。
cfa712 120


店内は平日にもかかわらず意外とお客さんが入っています。
cfa712 130


今回は、ここで一旦終了して夜に再戦します。

外に出てみると、入口の両脇には、いつも通りのフェアメニューポスターが貼られていました。
cfa712 128

cfa712 126

cfa712 125


メニュースタンドには、ピールファイトも追加されています。
cfa712 129


18時半頃に戻ってきましたが、入店待ちは無さそうです。
cfa712 131


今回のフェアに合わせてガンプラ焼きもフェアメニューが登場しています。
cfa712 133


『ガンプラ焼「野菜とカレーソーセージ」』300円
cfa712 134


カレー味のガンプラ焼きの上にチリソースが乗っています。
どうやって食べたら良いのか迷うけれど、味はしっかりと美味しく仕上がっています。
cfa712 136


入店待ちは無いモノの、19時前だというのに賑わっています。
cfa712 161


cfa712 162


昼夜合わせてBOX-Bからコンプリートを目指します。
cfa712 141


抽選が終わったレシートには判子が押されます。
店舗によっては手書きのチェックだったりもします。
cfa712 140


昼間と全く同じ2個を引き当ててしまいました。
2セット揃えることが目標なので問題はありませんが、あまり嬉しくもありません。
cfa712 148


『ラクスも大好き! ハロピンクのダル風カレー』900円(税別)
cfa712 151


5種類の豆がゴロゴロ入ったガンダムカフェとしては珍しいカレーです。
ライスは赤くてもキムチではありません、パブリカライスなので辛くありません。
cfa712 152


今回、ドリンクとフードで同じ作品が少ないのですが、カクテル『二人のラクス』と並べても絵になる数少ない組み合わせです。
cfa712 153


『砂の十字架 チーズカレー』900円(税別)
焦がしたチーズが香ばしく、想像以上に楽しめたカレーでした。
ビームサーベルとしてソーセージが添えられています。
cfa712 158


20時頃、東京駅店のラストオーダーに間に合うように撤収すると、その頃には入店待ちが発生していました。
cfa712 163


そして東京駅店へ。
cfa712 165


いつもメニュー表でビッシリと埋まっている東京駅店・・・
cfa712 166


フェアのメニュー表はA4サイズと控え目です。
cfa712 167


東京駅店(台場店も)はテイクアウトも可能なナンカレーです。
cfa712 176


ドリンクなどは秋葉原店と共通。
cfa712 177


『ビールファイト レディー・ゴー!!』は秋葉原店と同じく開催。
cfa712 168


今までガンダムが立っていたところには、以前から出張店などで度々登場しているメッキ仕様のシャアザクが登場。
cfa712 169

cfa712 171


シャアザクの頭上には、ポスターサイズに拡大された今回のフェアメニュー。
cfa712 172


このポスターサイズのメニュー表は、通路側からも見えるように貼ってあります。
cfa712 173

cfa712 174


さっそく、レジカウンターで注文。
cfa712 175


東京駅店も同じく白い箱での抽選です。
cfa712 201


引き当てたプチグラスは、フェア初登場のガンダムXから『ガロード・ラン』
cfa712 178

cfa712 179

cfa712 180

cfa712 181

cfa712 183


プチグラスセット2品で、ガロードが2個。
cfa712 185


初日、6品注文で3種が2個ずつ・・・
順調なのか、不運なのかが分かりません。
cfa712 202


コースターは、ドモンとアムロ。
cfa712 186


先に記載したドリンク2種と合わせてナンカレー2種。
cfa712 200

秋葉原店や幕張店ではフードが900円から。
それに対して、東京駅店や台場店は460円の単一価格。

プチグラスセットの総額も、それだけ東京駅店の方が安くつきます。
プチグラスを狙うには、東京駅店や台場店が最適です。
少ない出費で、しかも女性でも3食くらいは食べられる量なのでありがたいです。


『連邦のチーズナンカレー』460円(税別)
カレーに負けないしっかりチーズが印象的なナンカレーです。
二本添えられたらソーセージとポテトサラダをカレーの合間に食べていくとバランス良く味わえるかと思います。
cfa712 195


『ジオンのトマトナンカレー』460円(税別)
赤いチリソースがカレーに負けず主張してパンチの効いた味です。
ポテトサラダがやや赤く色づいていますが、それほど味は変わりません。
cfa712 198


初日で獲得したコースターは、この6種。
まだ入手内容を整理する段階ではなさそうです。
cfa712 203




2014年7月4日(金)
仕事帰りに秋葉原店へ。
cfa713 01


少しだけ入店待ちを。
cfa713 02


この日も、いつもの席へ。
cfa713 03


二日目も2品を注文。
cfa713 12


コースターはカミーユとレイジ&セイ。
cfa713 04


プチグラスは既に必要な2個が入手済みなフリットと…
cfa713 10


やっと手に入った『シン・アスカ』
cfa713 08

cfa713 05


cfa713 06


cfa713 07


『赤い彗星カレー』900円(税別)
レギュラーメニューのシャアザクカレーとは別物で、辛いカレーが苦手な方でも安心して食べられるカレーです。
cfa713 15

この記録を書くために公式サイトと比較して見ていましたが…
ゆで卵を忘れられていたようです。

初日には付き物の特別仕様です。


モノアイをプチトマトで再現するのは定番ですが、モノアイレールがベーコンで作られているのは新鮮です。
cfa713 24


アンテナは、他と同じくクラッカー製です。
cfa713 25


『流星(メテオ)カレー』1,000円(税別)
フェアメニューの中で二番目に値の張るカレーです。
cfa713 19


地球へ降下する5機のガンダムを、ガーリックトーストと唐揚げで表現しています。
cfa713 23

ガーリックトーストがこんな付いてたらお腹いっぱいになると思ってましたが、実はこのカレー、ライスが無いのです。

この価格で全然お腹いっぱいにならなくて少しびっくり。


ウィングメニュー定番の自爆スイッチ(温泉卵)を使ってみました。
事の始まりである地球降下シーンで既に自爆スイッチが添えられてはいる…と言うのは少々違和感があります。
cfa713 27

これで、秋葉原店と幕張店のフェアメニュー制覇です。


そして東京駅へ。
cfa713 28


プチグラスセット2セット購入し、VISAコーヒーとドリンクひとつはお持ち帰りにしてもらいました。
cfa713 31


プチグラスは、既に必要数確保している物ばかり。
cfa713 29


コースターはカミーユとアムロ。
cfa713 30




2014年7月6日(日)
秋葉原店フェアメニューを制覇したので、ここから先はお手頃価格の東京駅店でプチグラスを狙って行きます。
cfa714 01


お昼でおなかも空いてたのでプチグラスセット3セット。
cfa714 08


コースターはこの3種。
13種揃えなければいけないので、まだどれが足りないとか考える段階ではありせん。
cfa714 02


またしてもドモンとガロード、たった4種揃えればいいだけなのに、シンが出なくて足踏み状態です。
cfa714 04


頑張った甲斐があり・・・なのか、知人が現れ、余ってるグラスとシンを交換してもらえました。


2セット+余り多数でBOX-Bのプチグラス、2セットコンプリート。
cfa714 20


まだ食べられそうなので、プチグラスにチャレンジするため、もう1食。
cfa714 18


BOX-Aに初挑戦なので、何を引き当ててもハズレはありません。
cfa714 09


『キラ・ヤマト』プチグラスとしては見慣れた顔です。
cfa714 16

cfa714 13

cfa714 14

cfa714 15


そろそろキャラ13種が集まって来たので、所有状況を確認しておきます。cfa714 21


東京駅店で飲みきれないドリンクはテイクアウトにして、そのまま秋葉原店へ。
(同じカフェでもコレを秋葉原店で飲んでは行けません)
cfa714 22


少し入店待ち。
cfa714 26


人気が集中して、完売してしまうフェアメニューも。
cfa714 28


レジのメニュー表にも完売の文字が。
cfa714 31


気付かないウチにGレコのポスターが増えてました。
cfa714 32


本日、秋葉原店での目的はガンプラ焼きカウンター。
cfa714 34


この日から週替わりのシャーベットが第1週の物に戻る予定でした。
しかし、機械の不調とやらで数日間は提供できないと。
cfa714 35


秋葉原店での用事が不発で終わってしまったので、フェアドリンクだけ飲んで・・・
cfa714 36


コースター収集の足しにします。cfa714 37


たくさん入店待ちしていたので、早々に撤収。
cfa714 38


東京駅店に戻ってきました。
あまりに短時間で戻って来たので店員さんには「あれ?お帰りなさい」とキョトンとされてしまいました。
cfa714 40


秋葉原店で予定が空振りに終わったので、東京駅店で急遽別の予定を済ませる事にします。

後日に、と思っていた『ビールファイト レディー・ゴー!!』に挑戦します。
cfa714 57


Gガンダムの主要キャラの国のビールが5種揃っています。
cfa714 55


中国は、何かに似た味でしたが、そこが思い出せません。
cfa714 53


フランスは、すっきりとしていてスーッと飲めてしまいました。cfa714 50


日本はプレミアムモルツ、当然美味しいです。
cfa714 51


アメリカは、主張が強いバドワイザー。
cfa714 52


ロシアだけ缶ビールで、唯一、お持ち帰り可能性なビールなので、今回は飲み過ぎないようにお持ち帰りしました。
cfa714 49


フェアコースターの対象となりますが、5枚もらって全て入手済みという残念な状況に。
cfa714 54

ビール5種、全てプチグラスセットで注文しましたが、全て2個確保済み・・・という散々な成果だったので写真は省略。


ナンをツマミにしてビール飲みます。
cfa714 58


まず1本目は日本から。
ついうっかり、一気に飲んでしまいました。
cfa714 59


そして、すいすいと攻略。
cfa714 62


本来は店員さんが栓を抜いて持ってきてくれるのですが、4本一気にだと炭酸が抜けてしまいそうだったので、栓抜きを借りて自分で抜きました。
cfa714 63


5セット中、4個のカレーナンはテイクアウトにしてもらって、自宅で頂きました。
cfa714 66




2014年7月7日(月)
フェアに挑戦して4日目は台場店へ。
cfd714 02


ちょうどライトダウンキャンペーンの日でした。
東京タワーとかの照明とかを一斉に消すイベントです。
cfd714 04


台場店へ。
cfd714 05


入口の様子。
cfd714 08


東京駅店と同じメニューなので、ポスターも似ています。
cfd714 10


店内、いつもフェアメニューを貼っている場所。
cfd714 12


今回も同じく貼られています。
cfd714 14


テーブルにも小さなメニュー表があります。
cfd714 15


レジカウンター周辺。
cfd714 17


ガンプラ焼きの保温庫の上にもフェアメニュー表。
cfd714 22


cfd714 21


見慣れたゴミ箱の横に、見たことのない青色箱が・・・
cfd714 23


ビールファイトの瓶を回収する箱でした。
cfd714 24


cfd714 25


箱の前にも何か・・・と撮っていたら、
cfd714 26


親切な店員さんがビニールをとってくれました。
cfd714 27


腰エプロンして麦藁かぶったガンダム店長。
cfd714 28


店内中央、シャアのスタンディ背後のテーブルにも・・・
cfd714 31


フェアメニュー表。
cfd714 32


レジの前には・・・
cfd714 58


前半戦のプチグラスが陳列されています。
cfd714 59


台場店の抽選カプセルは、中の紙が少し小さめです。
cfd714 34


ヒイロとアムロを引き当ててました。
アムロは目的数オーバーですが、ヒイロは初めて確保。
cfd714 35


コースターはアムロとシン。
cfd714 36


ふたつ頂きます。
cfd714 38


この手のフードを作りなれている台場店。
東京駅店とは違い、こなれた感があります。
cfd714 41


cfd714 42


台場店は葉っぱ多目です。
cfd714 45


東京駅店の看板。
cfd714 47


20時になったら消灯しました。
cfd714 49


今年からガンダムカフェも、ライトダウンキャンペーンに参加です。
ただ、営業中には見えません。
cfd714 48


ヒイロを引き当てて1セットをコンプリート出来たので、この勢いに乗るべく、テイクアウトで2セット注文。
cfd714 65


先程と、全く同じ組み合わせで引き当ててました。
cfd714 57


プチグラスとしては初では無い『ヒイロ・ユイ』
cfd714 52

cfd714 54

cfd714 55

cfd714 56


これでBOX-Aも、目標の2セットをコンプリート出来たので、前半戦のプチグラス攻略は終了です。
cfd714 62


コースター、キャラ編はまだコンプリート出来ていません。
cfd714 51


最後の注文でガロードを引き当て、残すはジュドーだけとなりました。
cfd714 64


今回のフェア、前半戦のコースターがMS編に着手出来ていないので、これからはドリンク中心の攻略戦になりそうです。



GUNDAM Cafe/ケーキやグッズに新商品登場


今回の主な内容。
★ケーキにアップルパイなどが新登場
★シャア専用カンケース新発売
★幕張店が満席に
★週替わりシャーベット第4段開始
★夜の注文もカウンターで
★次のフェアプチグラスが東京駅店で先行展示
★東京駅店の1/10ガンダムが最終日


今回の店舗
秋葉原店・台場店・東京駅店・幕張店


2014年6月26日(木)
台場の東京カルチャーカルチャーにて『シャアの日常 第2巻 発売記念トークイベント』が開催された日。
18時半には開場だったので、18時10分ころに台場店へ。
cfa707 02


こんな日は、いつものシャアのスタンディも意味ありげに見えてしまいます。
cfa707 03


目的は、この日に発売された『シャア専用カンケース』800円
とある方への贈り物として購入。
cfa707 04


この日が26日なので、その前日にアキバラテンで玉置成実さんがイベントをされました。

数日後の週末には、この台場店にも玉置成実さんが来店されるので店内は玉置成実さんのボスターが貼られていました。
cfa707 07


cfa707 08


そして、台場店から徒歩10分程の東京カルチャーカルチャーへ。
IMG_6926.jpg


19時より『シャアの日常 第2巻 発売記念トークイベント』開始です
(そのまとめは後日にでも)
IMG_6928.jpg


IMG_6935.jpg


IMG_6944.jpg




2014年6月27日(金)
玉置成実さんが来店されて二日が経っているので、そろそろ店内にサインが飾られる頃かと思って秋葉原店へ。
cfa708 01


珍しく連邦の士官服(グレー)を来た店員さんがいました。
細身で綺麗に着こなしていてお似合いです。
cfa708 02


店内の柱などからは玉置成実さんのポスターが無くなっていますが、それでも半数は貼られたままの状態です。
cfa708 28


柱の店内側には貼られたままとなっています。
cfa708 29


ヘキサパネルが並ぶ壁面には、まだ玉置成実さんのサインは登場していませんでした。
cfa708 03


いつもの席でコーヒーを一杯。
いつも通り、フード500円以上の注文と同時にガンダムVISAを提示して無料提供されるコーヒーです。
cfa708 27


暫く前に販売終了していた『アーガマのティータイム』という名のケーキ類、それが品を変えて復活していました。
玉置成実さんのイベントがあった前日頃にはコッソリと登場していたそうです。
cfa708 24


初代のケーキはスポンジにアイスを挟んだ物を中心とした4種類で各380円
77981_1717480579_90large.jpg


二代目は果肉とアイスが増え、よりフローズン度を増して3種類で各430円
77981_1928327798_215large.jpg


三代目は2種類とバリエーションが減った変わりに、今までよりも本格的なスイーツへと変わりました。
cfa708 13


各410円と安くなった気がしますが、税抜き価格なので実際には大きな変化はありません。
cfa708 26


『アーガマのティータイム アップルパイ』
リンゴがビッシリと重なった本格的なアップルパイで、納得の美味しさです。
cfa708 14


『アーガマのティータイム カタラーナ』
クリームブリュレを凍らせてアイス状にした物をバーナーであぶって風味付けしてあります。
実際に厨房で焼き目を付けているので、お皿は熱くなっています。
cfa708 16


先日、玉置成実さんがポスターにもサインをされていたので、それはどこかに貼ってあるのかと思って探し歩いていたところ・・・


ショップ側の入口付近に貼ってありました。
cfa708 32


ガンダムカフェは時々、凄く価値のある物を手が届く場所に貼ったりしているので驚きます。
cfa708 36


店内でも販売しているニューアルバムの告知も貼られています。
cfa708 37


『シャア専用カンケース』は、当然秋葉原店でも販売中。
cfa708 31


cfa708 33


東京駅店へ。
cfa708 39


商品の棚上部には見慣れない物が貼ってあります。
cfa708 41


ガンダム店長が、今までに見たことの無い躍動感あるポーズをしています。
cfa708 40


日本語版が入口付近に貼ってありました。
IMG_7090.jpg


名セリフクッキーを2箱買うと、ヒロインVerが1箱付いてくる・・・という趣旨のお知らせでした。
IMG_7089.jpg


店内中央の棚にも・・・
cfa708 51


多くのシャア関連グッズと並んで『シャア専用カンケース』
cfa708 52


『シャア専用カンケース』東京駅店ではレジ横にも置いてあります。
cfa708 49


cfa708 53


先日、贈り物としては購入しましたが、自分用としては初購入。
cfa708 68


赤に金文字というきらびやかな仕様です。
cfa708 69


中には、シャア専用MSがプリントされたマシュマロが3個入っています。
cfa708 70


cfa708 77


シャアが乗った専用機のシルエットが3機分。
cfa708 71


マシュマロを取り出すと、本来のカンケース状態です。
cfa708 78


他では見かけない、ガンダムカフェならではの商品です。
cfa708 81


この東京駅店の配膳カウンター上は未使用の空間でしたが、最近になり、何かを飾るスペースとして使用されるようになりました。
cfa708 46


6月に秋葉原店でイベントを開催したお二方のサインが並んで展示されています。
cfa708 42


福井晴敏さん
cfa708 43


玉置成実さん
cfa708 45

このヘキサパネル、実は東京駅店へ来て書いてもらったのではありません。
秋葉原店のイベント時にお願いして東京駅店へ書いてもらったそうです。

いつか、東京駅店にご来店された方からサインがもらえるよう祈っています。




2014年6月28日(土)
幕張メッセで開催されたイベントへ行った帰り、幕張店へ。
cfa709 02


ランチの時間帯です。
cfa709 03


珍しく、いくつかの売り切れが出ています。
cfa709 05


入口の平置き陳列。
cfa709 07


『シャア専用カンケース』幕張店でも販売しています。
cfa709 10


cfa709 09


いつもの席へ。
cfa709 12


注文をして、VISA提示でコーヒーをもらいます。
cfa709 17


フェアも開催していない時期だったので、久しぶりに『ドズルの人望』
cfa709 18


いつもは、わりと早めに運ばれてくるガンダムカフェですが、この日は30分待ちました。
cfa709 21


メッセで開催されたイベントの影響なのか、珍しく満席になっていました。
cfa709 25


満席で入店をお待ち頂く状態にまでなり、オープン時以来の光景が広がっています。
cfa709 22


cfa709 23


その帰りに東京駅店へ。
cfa709 26


とりあえず『キッカ』を注文。
cfa709 27


この週末で辞めてしまう店員さん方に御挨拶。


先日から飾られるようになったサインパネルの周辺が関連アイテムでデコレーションされていました。
cfa709 28


そのアシで秋葉原店へ。
cfa709 29


少し入店待ちしていつもの席へ。
cfa709 31


すっかり気に入ってしまった『アーガマのティータイム アップルパイ』
cfa709 33


410円のアップルパイに少額の品を追加することで500円オーバーとなるので、VISA提示でのコーヒーがもらえます。
cfa709 35




2014年6月30日(月)
日曜は台場で玉置成実さんのミニライブなど参加していたので、あいだ1日あけて秋葉原店へ。
cfa711 02


この日は普通にコーヒーを1杯。
cfa711 03


お一人様1品注文という決まりはオープン当初から有りました。
が、それは厳格な決まり事では有りませんでした。

ガンプラ焼きを食べるために店内を使用させてもらう事もありました。
そういう、カフェと客との穏やかな関係性が持てた時代も有りました。


しかし・・・

ここ暫くは、4名以上の団体客などがガンプラ焼きだけで店内を利用するという状況が増加傾向にあります。
以前のように並ぶ時間が少なくなったことで手軽なカフェになったからだと私は感じています。
「飲食が目的では無く、ただガンダムカフェに入ってみたい」という重要でしょう。


また、以前は店内を見たいだけという要望にも対応していました。
その中にはユニークな方もいるようで・・・
他のお客さまに迷惑が掛かってしまい兼ねず、今では見学のみはお断りするようになりました。

そのようなお客さんは、だいたいが旅行客や興味だけの一見さん。
ガンダムが好きなら、そんな利用はしないでしょう。



仕方が無い・・・と理解はしつつも、息苦しさを感じてしまいます。


なぜ、そのような事を言うかというと、この日はガンプラ焼きカウンターに用事があったから。
cfa711 05


週替わりのシャーベット、最後の4種目が前日から始まっているのです。
cfa711 06


『レッドオレンジシャーベット』を購入し、店内で頂きました。
今まで通り、濃厚なシャーベットでした。
cfa711 08

来週は、第1週のマンゴーシャーベットが復活します。




2014年7月2日(水)
なんとなく秋葉原店へ。
cfa712 01


震災以降は消灯していたけれど玉置成実さんのイベントの日には点灯していた看板、気がつけばまた消灯していました。
cfa712 02


7月1日より、ディナータイムの注文も昼間と同じくカウンターで行うようになりました。
以前は全時間帯でカウンター注文だったので、以前の方式に戻った事になります。
cfa712 04


レジカウンターにも同様のお知らせが貼ってあります。
cfa712 06

テーブル注文で後払いだと、複数で利用していても個別会計が出来ず不便でしたが、これで複数での会計がシンプルになります。

その反面、盛り上がった話の途中でも席を立たないと行けない不便さもあります。


なので、レジにもメニュー表が置かれるようになりました。
cfa712 08


この日もアップルパイ。
cfa712 09


そしてこの日、ついに次のフェアが具体的に告知されました。

秋葉原店の公式Twitterは「お知らせする」ばかり連投して、いつになっても具体的な告知が有りませんでした。
フェア前日の17時を過ぎていても秋葉原店Twitterからは何のお知らせもなし。

「秋葉原店ツイート=本部ツイート」なので、まず秋葉原店がツイートしてくれないことには、他の店舗も困ってしまいます。

そんな中で・・・
普段から私が独立王国と表現している台場店が口火を切りました!!
秋葉原店が今更のようにbotの様なツイートを流している前後で、台場店が新フェアの初出し情報を次々とツイートしていきます。

見ていて、胸のすく思いでした。


その2号店快進撃に3号店が続きます!

東京駅店で、フェアのプチグラスが見られるとツイートしていたので、さっそく秋葉原店を飛び出して東京駅店へ。
cfa712 11


入口横には、Gレコのポスターが。
cfa712 12


Gレコ上映館で配布しているはずのチラシが東京駅店でも配布。
cfa712 14


レジ前に、新フェアのプチグラスが全13種勢揃いしていました。
cfa712 15


すでに見慣れたサインパネルの前には、何か貼ってあります。
cfa712 19


東京駅店でも、玉置成実さんのCD販売が始まったようです。
cfa712 20


cfa712 22


そして、少し悲しいお知らせです。
いままで長く東京駅店で展示されていたガンダムが、この日で終了となります。
cfa712 13


翌日からは、別の何かが東京駅店で展示されます。
そして『灼熱のカレーフェア』も翌日から全店舗で開催されます。




ガンダムUC FILM&LIVE the FINAL“A mon seul desir”

2014年7月5日(土)


『FILM&LIVE』とはオーケストラによるガンダムUCの演奏会。
声優陣による朗読劇なども組み込まれ、作品のファンから声優さんのファンにまで幅広く人気の有るイベントです。

episode4 CCレモンホール
episode5 オーチャードホール
episode6では趣向を変え「FILM&NIGHT MUSEUM」として上野の科学博物館にて開催されました。

いずれも、ライブの前に劇場上映に先駆けた「最速上映会」が行われていました。
今回は、最終話となるepisode7の公開が終わった後、満を持しての開催です。

《場所》パシフィコ横浜 国立大ホール。

《タイトル》
『機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE the FINAL“A mon seul desir”』
「A mon seul desir」とは、フランス語で「我が唯一つの望み」と言う意味。

《出演》
 澤野弘之 / Aimer / 小林未郁 / Cyua
 内山昂輝(バナージ役) / 藤村 歩(ミネバ役) / 池田秀一(フロンタル役)
 古橋一浩監督 / 福井晴敏

《公演時間》
 昼 開場12:30 開演13:30 / 夜 開場17:00 開演18:00




イベントに合わせて、グッズの販売もあります。
今回、昼夜両方に参加しますが、昼公演を見ていたら夜公演の物販列には並べません。
昼公演の物販で確実に目的の物を抑えるために始発で現地入りしました。

現地に着くと、徹夜していた不届き者が1名と、始発前に車で到着した知り合いが1名。
もっと多くが並んでいるかと思いましたが、意外でした。
入口が複数あり案内も出ていないので、どこへ並べば良いのか分かりません。

探し回った結果、会場の入口となる場所を海側に見つけました。
FILMLIVE2014 009


中を覗き込むと、オクには展示物っぽい物が並んでいます。
FILMLIVE2014 004


事前には告知されて居ませんでしたが、ライブだけでは無く何かの展示がされるようです。
FILMLIVE2014 005


FILMLIVE2014 010


FILMLIVE2014 012


物販の在庫も積み上げられているし、ここが正面入口とみて間違いなさそうです。
FILMLIVE2014 014


暫くすると場内の明かりが灯り、準備が始まりました。
FILMLIVE2014 022


FILMLIVE2014 037


待機列のための策も作られ始めました。
FILMLIVE2014 032


まだ、片手で数えられる程度しか並んでいません。
FILMLIVE2014 035


昼公演は当日券も販売されました(夜公演は即完売しています)
FILMLIVE2014 039


最初はなかなか列が伸びなかった物の、10時を過ぎた辺りから加速的に増え始め、ついには数え切れなくなりました。
FILMLIVE2014 043

物販開始は会場時間と同時なので12:30まで待たなくては行けません。
始発で来て、昼過ぎまで並んでいるイベントなんて前例が無く、なかなかハードな待機となりました。


12時頃に、グッズの一覧が登場。
FILMLIVE2014 046


パンフレット以外、1人2点までの制限が掛かります。
FILMLIVE2014 051




まずは展示されている物の撮影です。
しかし、物販を買い終わった人が開演ギリギリまで留まっているので、こんな大混雑です。
FILMLIVE2014 339


まともに撮影が出来る状況ではありません。
FILMLIVE2014 283

FILMLIVE2014 282

FILMLIVE2014 284


私が撮りたいのは、このような人の居ない写真です。
FILMLIVE2014 336


人が居なくなったところで、まずは正面から。
FILMLIVE2014 285


『作画監督イラストコメント』
FILMLIVE2014 286


色紙に、各作画監督からのイラスト&コメントが描かれています。
FILMLIVE2014 287


FILMLIVE2014 062

FILMLIVE2014 061

FILMLIVE2014 060


FILMLIVE2014 058


FILMLIVE2014 059


FILMLIVE2014 063


FILMLIVE2014 064


FILMLIVE2014 065


FILMLIVE2014 067


FILMLIVE2014 068


側面にも展示物がありますが、その詳細は下の方でまとめます。
FILMLIVE2014 289


ロビーには大音響で「逆襲のシャア」のサントラが流れていましたが、それはこの試聴コーナーによるもの。
FILMLIVE2014 290


FILMLIVE2014 310


ガンダムUCや逆襲のシャアなどの高音質サントラを試聴するためにSONYが作ったコーナーです。
FILMLIVE2014 184


FILMLIVE2014 305


その向こうには、episode7の前夜祭で使用されたネオジオンの旗が貼られています。
FILMLIVE2014 300


FILMLIVE2014 273


HGUC ネオ・ジオングの展示。
FILMLIVE2014 189


FILMLIVE2014 304


HGUC ネオ・ジオングの展示がされているブロックの側面には・・・
FILMLIVE2014 302


Blu-rayの初回特典「カトキハジメ描き下ろしスリーブケース」episode1〜4までのポスターが並んでいます。
FILMLIVE2014 303


この展示ブースは4角形の箱状になっていて、その4面を使った展示がされています。
FILMLIVE2014 312


ネオジオン旗の真裏には連邦軍の旗。
FILMLIVE2014 298


「カトキハジメ描き下ろしスリーブケース」episode5〜7までのポスター。
FILMLIVE2014 326


では、中央のブロックへ・・・
FILMLIVE2014 297


中央のブロック「試聴コーナー」の真裏にあたる面には地球連邦政府の旗。
FILMLIVE2014 299


その側面には、Blu-rayのパッケージに使用されたイラストのポスター。
episode1・2
FILMLIVE2014 327


episode3・4
FILMLIVE2014 328


裏側には・・・
FILMLIVE2014 293


episode5・6・7 のBlu-rayパッケージイラスト。
FILMLIVE2014 324


FILMLIVE2014 296


そして、みっつめのブロックには、アナハイムマークの旗が。
FILMLIVE2014 292


こちらのブロックでは、劇場限定Blu-rayに付属しているシナリオ冊子の表紙絵が展示されています。
FILMLIVE2014 238


FILMLIVE2014 308


内側にはepisode1・2と・・・
FILMLIVE2014 322


episode3・4のシナリオ表紙イラストが貼られています。
FILMLIVE2014 323


裏側(展示全体としては外側)には・・・
FILMLIVE2014 292


episode5・6・7のシナリオ表紙イラスト。
FILMLIVE2014 288


ロビー入口に向かってボックス状の展示が3ヵ所、並ぶ構成です。

『HGUC ネオジオング』+『カトキハジメ描き下ろしスリーブケースイラスト展示』
『サントラ試聴コーナー』+『Blu-rayパッケージイラスト展示』
『作画監督イラストコメント』+『劇場限定Blu-ray付属のシナリオ表紙絵展示』


この3つのボックス分の幅を大胆に使う展示が、その奥にされています。
FILMLIVE2014 291


薄い側面には、首相官邸ラプラスの縮尺模型(昨年の科学博物館で初登場)
FILMLIVE2014 320


3つのボックスに面した表側には、各エピソードのキービジュアルを使用した劇場公開時のポスターが並んでいます。
FILMLIVE2014 295


これらは殆どは、新宿ピカデリーから借りてきた物でサイン付きです。
FILMLIVE2014 280


このようにサインされていますが、以前のepisode7前夜祭でサイン個別撮りをしているので、今回はポスター全体の撮影に留めます。
リンク:〈ガンダムUC episode7 前夜祭から初日舞台挨拶まで〉
FILMLIVE2014 116


episode1×2種、episode2
FILMLIVE2014 329

FILMLIVE2014 097

FILMLIVE2014 098

FILMLIVE2014 099


episode3・4・5
FILMLIVE2014 330

FILMLIVE2014 103

FILMLIVE2014 110

FILMLIVE2014 115


episode5、episode6×2種
FILMLIVE2014 331

FILMLIVE2014 119

FILMLIVE2014 124

FILMLIVE2014 131


episode7×2種、今回のFILM&LIVEキービジュアル。
こちらは最新過ぎてサインはありません。
FILMLIVE2014 332

FILMLIVE2014 133

FILMLIVE2014 135

FILMLIVE2014 138


ポスターサイズが12枚並ぶ、圧巻の展示方法でした。
FILMLIVE2014 313


首相官邸と同じく、こちらの側面にはフロンタルの仮面が展示されています。
FILMLIVE2014 139


FILMLIVE2014 140



裏側には、ジオンとビスト財団のマークに挟まれた肖像画の展示。
FILMLIVE2014 315


FILMLIVE2014 144


FILMLIVE2014 145


FILMLIVE2014 146


更に奥には、フロンタル専用オーリスが展示されています。
FILMLIVE2014 316


実はデリケートなアンテナパーツ・・・曲がってしまっていました。
FILMLIVE2014 218


FILMLIVE2014 248


FILMLIVE2014 249


フロンタル専用オーリスは、こちらで詳細にレポしています。
 リンク:フル・フロンタル専用オーリス〈初公開〉
 リンク:フル・フロンタル専用オーリス〈一般公開〉


これで、展示されていた物は全てです。
FILMLIVE2014 319


このライブに贈られた花は、オーリスの更に奥に並べられていました。
FILMLIVE2014 245

FILMLIVE2014 246

FILMLIVE2014 247



グッズ販売は次々と完売が出てしまいましたが、即座に後日の対応が発表されるなど用意周到でした。
FILMLIVE2014 186


会場出口には、澤野さんのアルバムが告知され、リバーシブルのポスターが貼られていました。
FILMLIVE2014 254

FILMLIVE2014 255

FILMLIVE2014 257



ライブの感想は、また後日、時間が有りましたらまとめたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。