2016年06月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

菊地成孔ソロライヴ オリジナルサウンドトラック「機動戦士ガンダム サンダーボルト」

2016年6月23日(木)

『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』の前夜祭を翌日に控えた日。
JAZZの殿堂 BlueNote東京 でライブがありました。
BlueNote 00094

BlueNote 00095

BlueNote 00096


菊地成孔 ソロ・ライヴ
- オリジナルサウンドトラック「機動戦士ガンダム サンダーボルト」 -

BlueNote 00001

BlueNote 00006

サンダーボルトの劇中で流れる楽曲をプロデュースされた菊地成孔さんと、そのバンドによる JAZZ & OldiesPOP のライブです。


重厚な扉を抜けると、広い空間には見慣れた名前から贈られた花が並びます。
BlueNote 00012

BlueNote 00013

BlueNote 00014

ロビーもホールも地下です。
偶然にも、目の前を歩いていたのは松尾監督。
BlueNote 00015

敷居が高いイメージがあります。
チケットも6,800円と安くは無い上に馴染みの無い場所なので躊躇しました。

背中を押してくれたのは6月3日・11日の夜に聞いたTBSラジオ「菊地成孔の粋な夜電波」でした。

高級JAZZクラブだからってドレスコードはまず無いです。
JAZZやジャンルミュージックが、アニメが好きな人を差別するなんてのは20世紀で終わった話で、いまやアニメが好き漫画が好きってのは非常にメジャーで、そっちが勝組ですからね。
是非、大手を振って臆せず来てください!


菊地成孔さんの言葉です。
随分とこちら側を持ち上げてくれているな…とは思いましたが、そこまで言って頂いたら躊躇してはいられません。
すぐにチケットを確保しました。

予約の名前をコースター状のチケットと引き替えます。
BlueNote 00018

BlueNote 00081

ロビーにはサインが書かれたポスターが2点。
BlueNote 00087

BlueNote 00044

BlueNote 00046

BlueNote 00047

他にも展示があると聞いていたのですが、どこを探しても見つかりません。

出来れば自力で見つけたかったのですが、時間も無いのでサンライズの方に教えて頂きました。

関係者の控室でもあるのかと思っていた通路の奥にバーがあり、そこの壁に3点の複製原画が掛けられていました。
BlueNote 00042

BlueNote 00024

OSTのジャケットに使われている線画の複製原画。
BlueNote 00034

中央がダリル。
BlueNote 00041

BlueNote 00040

一番奥がイオ。
BlueNote 00031

BlueNote 00025

BlueNote 00028


自由席なのでステージからは遠いのですが、視界の開けた良い席が空いていました。
BlueNote 00058

この席、関係者方の席とも近くて驚きました。
狙ってたわけでも無く、全くの偶然です。

このライブのために用意されたカクテル『On the moon』1,500円(税別)
BlueNote 00049

パインの甘さに隠れたコショウの辛さが刺激的で、イオとダリルが混在しているようなカクテルでした。BlueNote 00055

このデザインはフルアーマーガンダムをイメージしているそうです。
BlueNote 00052


 −−− ライブ終了 −−−
BlueNote 00084

このライブに来ていたかどうかで『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』がどう見えてくるのか変わってしまう気がしました。

実際、翌日の前夜祭で見たサンダーボルトはJAZZとOldiesPOPに包まれていました。

サンダーボルトの劇中で流れる曲はBGMではなく、その戦場で兵士が耳にしている音楽。
私たちは聴覚で戦場を疑似体験しながら映像を見ているのです。

その「音」をBlueNoteで体感できたことで、より深く作品世界を疑似体験できる感性を得た気がします。
このガンダムは物語が音楽に運ばれる「音」に乗ったガンダムなんだと思います。


ライブ終了後は、購入したCDに菊地成孔さんがサインをしてくれます。
BlueNote 00088

事前には知らされていなかったことですが、この種のライブでは付き物です。

アナログ版は飾ってあるだけ。
BlueNote 00089

菊地成孔さんいわく「レジェンダリー」なピアニスト、大西順子さんの復帰後初のアルバムも販売しており、サインの対象です。
BlueNote 00090

BlueNote 00091

ここでは通常版が購入できます。
BlueNote 00093

左上からICI(市川愛)さん、大西順子さん、菊地成孔さん。
IMG_9017.jpg

とても素晴らしいライブでした。
続きを読む
スポンサーサイト

THE ORIGIN Ⅲ 前夜祭・初日舞台挨拶(+サンダーボルト展示物)

2016年5月20日(金)
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 〜暁の蜂起〜 前夜祭』

登壇者:三宅健太(ドズル役)/ 渡辺明乃(キシリア役)


新宿ピカデリーのロビーに服制限の展示がありました(プレミア上映での展示物と重複する部分もあります)
ORIGIN3前夜祭 00075

ギレンが入学式で使った台が置かれていて、ここで記念写真を撮ることも出来ます。
ORIGIN3前夜祭 00074

ORIGIN3前夜祭 00004

左には「サンダーボルト」と「THE ORIGIN Ⅲ」のポスター。
ORIGIN3前夜祭 00001

右には「ガンダムLIVE EXPO」のポスター。
ORIGIN3前夜祭 00002

この展示は三角錐状になっており、残りの2面を使って展示がされています。


THE ORIGIN Ⅲ
ORIGIN3前夜祭 00077

ORIGIN3前夜祭 00005

ORIGIN3前夜祭 00006

ORIGIN3前夜祭 00026

ORIGIN3前夜祭 00008

ORIGIN3前夜祭 00009

ORIGIN3前夜祭 00010

ORIGIN3前夜祭 00011

ORIGIN3前夜祭 00012

ORIGIN3前夜祭 00013

ORIGIN3前夜祭 00014



サンダーボルト
ORIGIN3前夜祭 00080

ORIGIN3前夜祭 00016

ORIGIN3前夜祭 00017

ORIGIN3前夜祭 00018

ORIGIN3前夜祭 00020

ORIGIN3前夜祭 00021


前夜祭のチケットに含まれているグッズの詰まった不織布製バッグを受け取り、上映へ。
ORIGIN3前夜祭 00037


ロビーには「THE ORIGIN Ⅲ」のポスター。
ORIGIN3前夜祭 00038

ショップには劇場限定のガンプラ展示。
ORIGIN3前夜祭 00039

ORIGIN3前夜祭 00041


「サンダーボルト」の上映で販売される劇場限定ガンプラ2種も展示。
ORIGIN3前夜祭 00043

ORIGIN3前夜祭 00044

その背後には、静岡ホビーショーでお披露目された一般流通品の『MGフルアーマーガンダム』
ORIGIN3前夜祭 00045


 〜前夜祭、終了〜


トーク中は、プレミア上映でも使用されていたジオンの旗が飾られていました。
ORIGIN3前夜祭 00050

こちらはロビーにあった物とは別の台で、ダイクンが演説で使用した台かと。
ORIGIN3前夜祭 00048

ORIGIN3前夜祭 00056

ORIGIN3前夜祭 00057

これら、もちろんスタッフさんの許可の元で撮影していますが、恐れ多くも手を触れる者が・・・
ORIGIN3前夜祭 00051

広げてみてみたい気持ちは分かります、スタッフさんも困った顔をしつつも注意するでも無かったので便乗して撮影。
ORIGIN3前夜祭 00053

ORIGIN3前夜祭 00060




2016年5月21日(土)
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 〜暁の蜂起〜 初日舞台挨拶』

登壇者:安彦良和/池田秀一/潘めぐみ/柿原徹也(ガルマ役)/前野智昭(リノ役)

今までなら一番最初の舞台挨拶が新宿ピカデリーでしたが、今回は初日の締めが新宿でした。

トーク終了後、谷口理プロデューサーと安彦さんが残り、一般客向けのフォトセッションを行って下さいました。
ORIGIN3初日舞台挨拶 00001

ORIGIN3初日舞台挨拶 00002

ORIGIN3初日舞台挨拶 00003

ORIGIN3初日舞台挨拶 00005

ORIGIN3初日舞台挨拶 00006

ORIGIN3初日舞台挨拶 00010

ORIGIN3初日舞台挨拶 00011

ORIGIN3初日舞台挨拶 00015

ORIGIN3初日舞台挨拶 00022

ORIGIN3初日舞台挨拶 00029




2016年6月17日(金)
『鉄血のオルフェンズ 振り返り上映 第3回目(14〜19話)』

登壇者:梅原裕一郎(ユージン役)/村田太志(シノ役)


新宿ピカデリーのロビーでは「THE ORIGIN Ⅲ」の頃から変わらず原画の展示がされています。
新ピカサンボル展示 00063

「THE ORIGIN Ⅲ」のポスターは無くなり「サンダーボルト」のポスターだけが残されています。
新ピカサンボル展示 00065

「ガンダムLIVE EXPO」は終了していますが、ポスターは継続して展示。
新ピカサンボル展示 00062

展示場所は以前のままですが、内容がサンダーボルトだけに絞られていました。
新ピカサンボル展示 00066


新ピカサンボル展示 00050

新ピカサンボル展示 00054

新ピカサンボル展示 00056

新ピカサンボル展示 00059

新ピカサンボル展示 00060

新ピカサンボル展示 00061


新ピカサンボル展示 00034

新ピカサンボル展示 00037

新ピカサンボル展示 00038

新ピカサンボル展示 00039

新ピカサンボル展示 00040

新ピカサンボル展示 00041

新ピカサンボル展示 00042

新ピカサンボル展示 00044

新ピカサンボル展示 00045

新ピカサンボル展示 00046

新ピカサンボル展示 00047


この日の本題は『鉄血のオルフェンズ 振り返り上映 第3回目(14〜19話)』
新ピカサンボル展示 00002


シアター1の通路には大きな壁掛けが。
新ピカサンボル展示 00030

新ピカサンボル展示 00033

新ピカサンボル展示 00032

新ピカサンボル展示 00031

シアター1の入口前もサンダーボルトがズラッと。
新ピカサンボル展示 00006


今回も最前列のど真ん中です。
新ピカサンボル展示 00001

トーク内容の簡単なレポはこちら(自分のツイートを転載)

梅原さん
ユージンは当初、裏切る想定だった。
ユージン・セブンスタークの名前が「セブンスターズ」と被っている。
マクギリスと同じ金髪だし、裏切る想定だったし、梅原さんは期待してた(笑い混じり)
監督は「キャラ名は語感」で決めていたと。
被りません?と聞いても監督は「良いんだよ」とだけ。
最終話で、ビスケットの死をどう伝えれば…のユージンの台詞
重い演技をしてたら音響監督から「もっと軽く」と。
それで解き放たれ、さぁ帰ろうみたいな気持ちになれた。

村田さん
ユージンもシノもアドリブが多い。
監督から「後ろでずっと食べてて」言われ「うんめぇ、うんめぇ」ばかり言ってた。
キャラ同士の掛け合いにもアドリブが。
台本の台詞よりもアドリブが多い事も。
最終話シノの台詞がかなり削れたけど生きてた事が嬉しかった。
ノルバ・シノだから「乗るば死の」かと思って気にしてた。

サンライズ 企画担当 谷口廣次朗さん
キャラの生き死には演技に影響してはいけないので声優側には伝えない。
台本の台詞が修正されることは良くある。


今回もトーク終了後、鉄華団のフラッグが登場し、ここからは撮影解禁に。
新ピカサンボル展示 00008

最終回の先行上映から登場した同フラッグ。
新ピカサンボル展示 00010

新ピカサンボル展示 00012

既にびっしりと描き込まれています。
新ピカサンボル展示 00014

新ピカサンボル展示 00015

テーブルが用意されました。
新ピカサンボル展示 00018

その上にビニールシートが・・・
新ピカサンボル展示 00019

今までテーブルの上に直接、フラッグを乗せていたので初めてのケースです。
新ピカサンボル展示 00022

前回の振り返り上映で2枚目に移行しました。
新ピカサンボル展示 00023

前回、ど真ん中に書いてみましたが、意外なほどに他の人の書き込みが無かったので、今回もど真ん中に。
いきなり賭と言われても、後ろにも待っている状況でなかなか思いつかない物です。
新ピカサンボル展示 00024

新ピカサンボル展示 00026

新ピカサンボル展示 00027

新ピカサンボル展示 00028

新ピカサンボル展示 00029




続きを読む

GUNDAM Cafe/オリジン×サンボル プロデューサートークRound2

2016年6月16日(木)

ガンダムファンクラブ会員限定イベント
『オリジン VS サンダーボルト プロデューサートーク round.2 featuring ユニコーン』

登壇者:
 谷口 理(THE ORIGIN プロデューサー)
 小形尚弘(サンダーボルト プロデューサー)
 福井晴敏(ガンダムUC原作・ストーリー)
臨時ゲスト
 脇 顯太朗(撮影監督)

18:30 集合時間の1時間前に到着。
a975 00001

まだ列を作るような姿はありません。
a975 00002

まぁ、整理番号も発行されているし、席も決まっているので早く来る意味はありません。

イベントの準備のため、閉店時間が葉山なるお知らせが貼り出されていました。
a975 00003

毎度の事ながら、急な閉店を知らずに来たお客さんが立ち尽くしています。
旅行客や海外からのお客さんだと非常に申し訳ない気持ちになります。
a975 00007

急に場所を移された大河原邦男展カラーのガンダムが、通常版と並び立つ位置に置かれていました。
a975 00011

a975 00012

今回もイベント用に内容を絞り込んだメニュー表が用意されていました。
a975 00055

イベント用に作られたメニューはアルコールが1種のみ。
a975 00056

a975 00057

a975 00059

『戦場の戦慄』810円(税別)
a975 00049

マティーニで、かなりアルコールは強めです。
a975 00051

サンダーボルトで流れるJAZZをイメージしておりサックスを模ったリンゴが添えられていました。
a975 00053

だったら、フードは赤いザクを選ぶしかありません。
a975 00048


秋葉原店は「ガンダムクロスウォー イラスト展示」期間で、イベントのために部分的な撤去がされている物の、かなりの量の展示物はそのままです。
a975 00015

席は整理券の番号で割り振られており、若い番号が良い席とは限りません。
a975 00016

「ガンダムクロスウォー」の垂れ幕が外されています。
a975 00017

a975 00019

配信用の機材が多く並び、そのために席数が減っています。
a975 00021

a975 00022

a975 00023

a975 00024

a975 00030

a975 00027

モニターすぐ横に貼られていた縦長のイラストパネルは、おそらく写り込んでしまうからなのか、剥がされてトイレ前に立て掛けられていました。
a975 00032

a975 00033

サインが書かれたヘキサパネルは「ガンダムクロスウォー展示」が始まった日からパネルの数が減らされていました。
a975 00034

6月10日にパネルが1枚増えていた様ですが、今更気付きました。
a975 00035

L'Arc〜en〜Ciel のyukihiroさん。
a975 00036

a975 00037

a975 00041

今回はこの17番が私の席で、登壇者から遠くなってしまいました。
a975 00042

a975 00044

置かれていたチラシは2種。
a975 00045

a975 00047

ライブ配信でも表示されていた映像が、中央の画面にも映し出されました。
a975 00054

プロデューサートークトークの始まりです。
a975 00067


 〜 プロデューサートーク round.2 開始 〜


こちら、終了後の福井さん、谷口さんのテーブル。
a975 00060

a975 00062

a975 00063

こちら、小形さん、脇さんのテーブル。
a975 00065



続きを読む

GUNDAM Cafe/ガンダムクロスウォーイラスト展示

2016年6月14日(火)

秋葉原店とスクエア店で「ガンダムクロスウォー」のイラスト展示がされます。
期間:6月14日(火)~7月13日(水)

期間中に1会計につき1080円(税込)以上でガンダムクロスウォープロモーションカード「ユニコーンガンダム(覚醒)」が1枚もらえます。
※1. 1回計3000円でももらえるのは1枚
※2. 対象はガンダムカフェ全店舗


展示初日ですが入店待ちはナシ。
a974+t368_ 1

a974+t368_ 2

メニューポスターが貼られる位置にはクロスウォーのポスター。
a974+t368_ 3

反対側は昨日までと同じ。
a974+t368_ 4


店内入ってすぐに大きな垂れ幕状のポスター。
a974+t368_ 108

a974+t368_ 109



カウンター席後ろの展示スペースにイラスト展示3枚。
a974+t368_ 55

a974+t368_ 112

a974+t368_ 116

a974+t368_ 113



柱側の席(旧シャア専用席)
a974+t368_ 128

a974+t368_ 105

a974+t368_ 125

a974+t368_ 127



ハロカウンターの前
a974+t368_ 117

a974+t368_ 120



配膳カウンター付近に4枚。
a974+t368_ 83

a974+t368_ 56

a974+t368_ 86

a974+t368_ 81

a974+t368_ 76

a974+t368_ 74

a974+t368_ 73



モニター周辺。
a974+t368_ 136

モニター右に2枚。
a974+t368_ 66

a974+t368_ 67

モニター左(トイレ側)に2枚。
a974+t368_ 60

a974+t368_ 61

真下にはポスター。
a974+t368_ 62


4人掛け席の壁側にはサンダーボルト。
a974+t368_ 68

a974+t368_ 71



突き当たりの展示スペース。
a974+t368_ 87

壁側に3枚。
a974+t368_ 91

a974+t368_ 92

a974+t368_ 100

a974+t368_ 104

ケースの中には大きめな12枚。
a974+t368_ 90

a974+t368_ 18

a974+t368_ 19

a974+t368_ 20

a974+t368_ 21

a974+t368_ 134

a974+t368_ 14

a974+t368_ 15



サイン(ヘキサパネル)が並ぶ壁面は、サインが大幅に撤去され展示スペースにあてられています。
a974+t368_ 24

a974+t368_ 25

a974+t368_ 26

a974+t368_ 27

a974+t368_ 31


a974+t368_ 29

a974+t368_ 30

a974+t368_ 32

a974+t368_ 35

a974+t368_ 36

a974+t368_ 38

a974+t368_ 39

a974+t368_ 40



a974+t368_ 41

a974+t368_ 43



a974+t368_ 44

a974+t368_ 47

a974+t368_ 48



a974+t368_ 50

a974+t368_ 51

a974+t368_ 53



撮影を終えてジャブローコーヒー。
店内は外国人が多めです。
a974+t368_ 135


テーブルにはメニュー表に紛れて、今回の展示をお知らせする広告が置かれていました。
a974+t368_ 131

a974+t368_ 138


6月17日からは「覚醒ユニコーンカード」に変わり、デッキがもらえるようになります。
a974+t368_ 139


帰りがけにショップへ立ち寄ると、こちらにも3枚のイラスト展示。
a974+t368_ 140

a974+t368_ 141

a974+t368_ 143

a974+t368_ 145

a974+t368_ 146



そして東京駅店へ。
a974+t368_ 147

東京駅店でも、クロスウォーイラスト展示の告知がされています。
a974+t368_ 148

a974+t368_ 150

a974+t368_ 151

a974+t368_ 152

a974+t368_ 153


目的は、この日から始まる新メニュー2種。
a974+t368_ 154

レジ前には手書きのメニュー。
a974+t368_ 155

レジカウンターのメニュー表。
a974+t368_ 157

手書きで新メニューが追加されています。
a974+t368_ 158

東京駅店でも1080円のお買上で「覚醒ユニコーンカード」がもらえます。
a974+t368_ 161

本日はこれらを注文。
a974+t368_ 164


『カラフルタピオカ 刹那・F・セイエイ』464円(税込)
ブルーキュラソーシロップとカルピス・・・だと思います。無炭酸です。
a974+t368_ 183

ガンダムカフェのタピオカドリンクはどの店舗も共通して量が多くて粒も大きいので、最初からタピオカを狙って飲むつもりでいなければ、最後に大量のタピオカが残ってしまいます。
a974+t368_ 168


『ガンプラもなかアイス マンゴー』378円(税込)
a974+t368_ 173

てっきり、秋葉原店が前フェアで余らせたシャーベットを消化するためのメニュー化と思いましたが、そうでは無く新規で用意したシャーベットだそうです。
a974+t368_ 174







ガンダムLIVE EXPO(展示物)

2016年6月12日(日)

タイトル:ガンダムLIVE EXPO ~ジオンの世紀~
福井晴敏さんと隅沢克之さん脚本によるライブイベントで『赤の肖像』にミュージシャンによるライブを差し込んだ内容です。

場所:パシフィコ横浜 国立大ホール

時間:昼 開場13:00/開演14:00  夜 開場17:30/開演18:30
(昼は会場が1時間早まりました)

出演:池田秀一/潘めぐみ/森口博子/米倉千尋/MIQ/石田 匠/菊地成孔/ICI a.k.a.市川 愛/Aimer

価格:全席指定 5,800円(税抜)



今回はご招待頂いているので会場の2時間前にのんびりと到着。
LIVE EXPO 1

途中にこんな説明が・・・
LIVE EXPO 2

入場待機、物販待機、パンフレットのみ購入待機の3パターン。
LIVE EXPO 4

一番混雑する物販で待機人数20人程なので、のんびり来て正解でした。
LIVE EXPO 16

外からでも、展示物の一部が見えていましたが・・・
LIVE EXPO 14

撮影禁止マークだらけで意気消沈。
LIVE EXPO 12

開場時間の1時間前ともなると、さすがに長蛇の列が出来上がっていました。
LIVE EXPO 34

グッズの一覧。
LIVE EXPO 35

当日券売り場は、建物の真裏です。
LIVE EXPO 31

招待席の受付も同じく建物の真裏ですが、開場時間の12時になっても何も準備がされていません。
LIVE EXPO 32

招待客とプレスの受付は13時からでしたが、更に遅くなり13時10分頃になり、やっとパスとチケットを受け取れました。
LIVE EXPO 101


ここからは、会場内の内容です。
(写り込んだ撮影禁止内容はぼかしています)

2014年の「ガンダムUC FILM & LIVE」と似たレイアウトになっていますが、あのときよりは少し規模が小さい気がします。
LIVE EXPO 167

正面はこちら。
LIVE EXPO 146

LIVE EXPO 147

LIVE EXPO 207

かなり控え目な関連グッズ展示。
LIVE EXPO 125

LIVE EXPO 126

LIVE EXPO 127

LIVE EXPO 129


撮影スポットでしょうか。
LIVE EXPO 150

LIVE EXPO 209


物販では澤野さんとAimerさんのサイン色紙付きCDが販売されていました。
LIVE EXPO 37

サンダーボルトのBlu-ray受付もしていましたが、特筆すべき事も無し。
こちらは開場前の様子。
LIVE EXPO 29

撮影禁止は入口側に固まっています。

〈撮影禁止の複製設定画〉
ファースト(12点)、Z(15点)、ZZ(7点)、0080(11点)、0083(11点)、08小隊(12点)、逆シャア(20点)、F91(9点)、サンダーボルト(30点)。なぜかVは無し。

〈撮影禁止の複製原画〉
CD、DVD、Blu-rayのパッケージや記念行事のキービジュアル等、ガンダムインフォでカウントダウン投稿されていた物の数々。

正面から見た、これらブロックの左右側面と裏側は全て撮影禁止。
LIVE EXPO 211


最初の撮影禁止ブロックよりも奥には撮影可能の展示があります。
こちらが表側で「UC」と「サンダーボルト」の展示。
LIVE EXPO 142

裏側は「THE ORIGIN」と「鉄血のオルフェンズ」
LIVE EXPO 164

それらの間には、8月3日から銀座で開催される『GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN展』のポスターが。
LIVE EXPO 189



【展示物:ガンダムUC】
LIVE EXPO 141

LIVE EXPO 73

LIVE EXPO 74

LIVE EXPO 198

LIVE EXPO 76

LIVE EXPO 77

LIVE EXPO 78

LIVE EXPO 200

LIVE EXPO 80

LIVE EXPO 201

LIVE EXPO 82

LIVE EXPO 83

LIVE EXPO 84

LIVE EXPO 137



【展示物:鉄血のオルフェンズ】
LIVE EXPO 165

LIVE EXPO 50

LIVE EXPO 51

LIVE EXPO 52

LIVE EXPO 53

LIVE EXPO 54

LIVE EXPO 55

LIVE EXPO 56

LIVE EXPO 57

LIVE EXPO 58

LIVE EXPO 60

LIVE EXPO 62

LIVE EXPO 63



【展示物:サンダーボルト】
LIVE EXPO 140

LIVE EXPO 191

LIVE EXPO 87

LIVE EXPO 88

LIVE EXPO 89

LIVE EXPO 193

LIVE EXPO 92

LIVE EXPO 194

LIVE EXPO 94

LIVE EXPO 195

LIVE EXPO 96

LIVE EXPO 196

LIVE EXPO 98

LIVE EXPO 139




THE ORIGIN】
LIVE EXPO 134

LIVE EXPO 183

LIVE EXPO 47

LIVE EXPO 170

LIVE EXPO 48

LIVE EXPO 181

LIVE EXPO 64

LIVE EXPO 180

LIVE EXPO 66

LIVE EXPO 178

LIVE EXPO 68

LIVE EXPO 177

LIVE EXPO 70

LIVE EXPO 130



撮影可能ブロックの奥(展示エリアの最後尾)には、カウントダウンで紹介されていた原画(複製では無く実物)が展示されていましたが、こちらの撮影禁止。
LIVE EXPO 100


届いていたお花たち。
LIVE EXPO 184

LIVE EXPO 185

LIVE EXPO 187

LIVE EXPO 188


2回の公演を終えて物販が締め切られた時点でのグッズ売れ行き状況。
LIVE EXPO 210


内容のレポは、ガンダムインフォなどで詳しいものが上がると思うので割愛します。

多数のカメラが入っていたので、何かしらのカタチで公開されるのではないでしょうか。
(という希望はありますが、2009年のSeoul-Gも撮影はしていても未発表です)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。