スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/モノアイドッグ新発売


2013年5月30日(木)
本日は『モノアイドッグ』なる新商品の初日です。

18時半頃に到着。
フォト



昨日でSEEDフェアが終わり、入口に貼られていたキラとアスランも剥がされています。
フォト



昨年の後半より、スクラッチキャンペーンや各種フェアが平行して展開していた秋葉原店の、久しぶりに何も無い期間です。入口にメニュー表が貼られていない状態も、かなり久しぶりです。

昨年の夏・・・
9月4日まで貼られていた『納涼! ガンダムカフェの夏祭り』のポスターが剥がされ、それ以降、暫くは何も貼られていない期間がありました。
その後、10月15日に『めざせ総帥! スクラッチキャンペーン!!』の予告が貼られるカタチで何も貼られていない期間は終了しました。
(その間、フェアは無かったものの、グランドメニューが大幅に改訂されたりと、メニュー展開としては大忙しの期間でもありました)

昨年の10月14日から5月30日まで、228日ぶりの何も貼られていない状態です。
フォト



昨日までSEEDキャラのスタンディで賑わっていた入口にも、今日からは何も飾られていません。
フォト



店内の展示物も安彦良和さんの複製原画へと戻っています。
フォト



フォト



今までプチグラスが飾られていた展示スペースには何も飾られていません。
フォト



シャア専用席側も当然、変わっています。
フォト



フォト



禁煙席の奥も安彦さんの複製原画へと変わっています。
フォト



フォト


奇しくも、ガンダムの歴史に残るであろう『安彦良和アニメーション原画集』が発売されるタイミングに合わせるかのような、複製原画の再展示です。
(東京駅店でも、今まで通り安彦良和さんの複製原画が多数展示されています)


禁煙席奥のガンプラ展示スペースのみ、SEEDフェアでの展示が残っていました。
フォト



4名掛けの特等席を使わせて頂きます。
フォト



テーブルに貼られていたSEEDキャラのステッカーも綺麗に剥がされています。
フォト



もちろん、全ての席のステッカーが剥がされています。
フォト



一旦、店外へ出て本日の目的へと・・・
フォト



新商品『モノアイドッグ』のポスターが大きく貼られています。
フォト



購入はガンプラ焼きのカウンターで。
フォト



こちらにも新しいポスターが貼られています。
フォト



フォト



SEEDフェアでのガンプラ焼き『きつねうどん味』のボタンは無くなり、券売機のボタンレイアウトが少々変わっています。
フォト



『モノアイドッグ』は400円と、ここのカウンターで販売される品としては最も高額な品です。
フォト



同日、ガンプラ焼きの『カレーソーセージ味』も復活していました。
フォト



A4サイズのPOPも新しく貼られていました。
フォト



チケット購入。
フォト



カウンターにチケットを・・・と思ったら、カウンターの内側にまで『モノアイドッグ』のPOPが貼られていました。
フォト



作るのに時間がかかるようで、番号札を受け取り待機です。
フォト



数分後、「シナモンパウダーはかけてよろしいですか?」との確認の経て『モノアイドッグ』を受領。
フォト



席に戻り、撮影用にお借りした皿に乗せてみました。
フォト



『戦場のガーリックトースト』に使っている、やや堅めのパンを切り開いた間にソフトクリームが挟まれています。中央に乗っているのはカクテルで使われているシロップ漬けのチェリーです。
フォト



冷たいソフトクリームとのコントラストを楽しむため、パンは温かくなっています。ソフトクリームが溶けやすいので、お召し上がりは早めにどうぞ。
フォト


シナモンの香りがパンの風味と程よく合っています。

ひとつ注意するとすれば、パンが閉じてしまい易いので、受け取ったらすぐにパンを大きく開いてあげた方が良さそうです。


入店した直後は「空いている」と思っていましたが、気がつけば満席に近い状態になっていました(喫煙席は空いています)
フォト



モニターでは、今日から板倉小隊のPRムービーが流れるようになっていました。
フォト



その後、東京駅店移動。
フォト



何も無い平日のはずですが、以外と満席でした。
フォト



混雑時はスタンディングのテーブルを使っているので、満席でも問題なく『カツ』を頂いて、本日のカフェは終了としました。
フォト

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。