スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GFT/ガンプラ展


2012年12月1日(土)~2013年1月31日(木)
ガンダムフロント東京、企画展『GUNPLA(ガンプラ)展』が開催されました。

(開催から半年近くが過ぎての記録になったのは、画像点数が膨大だったため)



ガンプラ進化の歴史や開発資料などが多数展示してあった展示イベントです。
出展数では、毎年開催されているEXPOに及びませんが、内容の充実度では過去最高の物だったのでは無いでしょうか。



【開催場所】GFT有料ゾーン、ミュージアムスペース内

【展示内容】
 1.ガンプラの変遷・進化
 2.SDガンダムコーナー
 3.ガンプラ設計開発資料
 4.ガンプラBOXアート



ガンダムフロント東京。
フォト



フォト



現在では入口が別の場所になっていますが、この頃はまだ入口がオープン当時の場所でした。
フォト



フォト



有料ゾーンの1/1ストフリを通り過ぎ・・・
フォト



フォト



ミュージアムスペースへ。
フォト



フォト



入口の左右には、現在も販売中の『ガンプラボックスアート』が並んでいます。
フォト



フォト



入口の左右どちらからでも順路は自由ですが、構成された純に見て行くには右方向へ。
フォト



フォト



壁面の注意書きが、この期間だけ変わっています。
フォト



今まで、全てが撮影禁止でしたが、安彦さん大河原さんの常設イラスト以外は全て撮影が解禁されています。
フォト



フォト



映像作品の年表(上段)と、ガンプラ進化の年表(下段)が合わせて展示されています。
フォト





【1.ガンプラの変遷・進化】

(以下、展示台単位で区切って掲載します)


映像作品、初代ガンダムから0080までのガンプラの歴史。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





映像作品、F91からガンダムWまでのガンプラの歴史。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





映像作品、ガンダムWからエンドレスワルツまでのガンプラの歴史。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





映像作品、新訳Z三部作から現在までのガンプラの歴史。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




パネルの解説と実物展示で、前半だけでも密度の濃い展示です。
途中、中休みさせてくれる展示がいくつかあります。

大型のジオラマは、GFTでも以前から展示され、ガンダムワールドなどでも度々目にしている物で、真新しさは有りませんでした。
フォト



フォト



前半と中盤の折り返しには、製図台が置かれています。
フォト



ガンプラの設計風景を再現した物だそうです。
実際はこんな物ではないはずですが、イメージとしての展示かと思います。
フォト



フォト




フォト



【ガンプラの変遷・進化】の後半です。
フォト



前半ではガンプラ進化の歴史を辿っていきましたが、後半では、当時どのような事があったのか紹介しています。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



ガンプラの変遷・進化、後半では・・・

ガンプラの起こりから設定だけのバリエーション展開の紹介。更に先にある、ホビー雑誌のみでの新作ガンダムの進行に連動したガンプラ展開までがまとめられています。



映像世界を立体化するためのガンプラが、多くのファンに指示され、ガンプラを成立させるために物語を作らせるまでに拡大し、ガンプラの存在は一周したのではないでしょうか。



存在意義が一周し横幅を広げたガンプラは、これ以降、上下へと三次元的な広がりを見せていきます。

低年齢層への訴求と、新規顧客層の発掘もその広がりのひとつ。




【2.SDガンダムコーナー】


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


残念なことに、このショーケースの中を撮影し忘れてしまいました。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





【3.ガンプラ設計開発資料】


フォト



MG νガンダム Ver.Ka
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




MG ユニコーンガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




MG ガンダムウイング ゼロ
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




MG ガンダム Ver.2.0
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




RG Zガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




RG ストライクガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




HG ガンダムエクシア
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




HG ガンダムAGE-1
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




LGBB 武者頑駄無
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト

フォト




LGBB 騎士ガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト

フォト




HG ビギニングガンダム
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




HGベアッガイ
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト





【4.ガンプラBOXアート】

入口に展示されていたガンプラBOXアートは販売されている物ですが、販売対象になっていないBOXアートも多数展示されていました。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



順路の最後には、GFTで販売しているBOXアートと、この時点で最新作だった『RG Zガンダム』が改めて展示されていました。
フォト


フォト


フォト


フォト




そして出口付近・・・
使い古された00のジオラマで締めくくられていました。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。