スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/ザクとうふ取り扱い開始


2013年7月2日(火)

ガンダムビルドファイターズが発表された同日。
ガンダムカフェ東京駅店では『ザクとうふ』の取り扱いが始まりました。

台場帰りに東京駅店へ。
フォト



いままで、メニューのサンプルが並べられていたケースの中がザク色で埋まっています。
フォト



ザク、ザク、ザク、ザク、ザク、ザク、ザク・・・
フォト



飲食店であるガンダムカフェ。
一般販売している食玩や関連グッズを扱うのは、まだ分かります。

が・・・

同業他社とも言える、相模屋の『ザクとうふ』を扱うというのは、複雑な気持ちです。


認めたくないモノだな・・・と思っていましたが、東京駅店の公式Twitterの告知通り、ザクとうふの取り扱いが始まっていました。
フォト



価格は240円と、定価での取り扱いです。
4個セットだと1,050円と、240円×4の合計額よりも多いように見えますが、100円の保冷バックと50円の保冷剤が付属するのでお得です(240円×4個=960円での購入も可能)
フォト



冷蔵機能のあるガラスケースなので、ザクとうふの保管庫も兼ねています。
フォト



事前告知では、ザクとうふしか告知していませんでしたが、転倒にはビグザムのPOPがあります。
フォト



よく見てみると・・・
フォト



『ビグザムとうふ』の扱いもしていました。
フォト



店内にも『ザクとうふ』の影響が現れています。
フォト



店内に入って突き当たりの目立つ場所に、ザクとうふのPOPが貼られています。
フォト



店内、少しだけレイアウトが変わって、ガンダムが入口側の壁に背を向けるようになっていました。
フォト



この右側が、ザクとうふの為に用意された保冷バッグで、左側は以前から使われている通常品。
ザクとうふ用は持ち手の付いた使いやすい仕様になっています。
フォト



店員さんが笑っているのは気にしてはいけません。
ご本人の許可を得て使用していますが、消したくなったらご本人様、ご一報下さい。


台場で時間を使ってしまって、あまり時間も無いのでコーヒーを1杯だけ。
フォト



ザクとうふを1個だけ買ってみました。
フォト



ガンダムカフェのレシートに「ザク豆腐」と書かれていて、少し変な感じです。
フォト



ガンダムカフェで販売しているザク豆腐は、店頭で見かけるような袋に入っていません。
フォト



袋に入っていない代わりに、一般品では袋に書かれている文言が、全て裏側に書かれています。
ガンダムカフェで販売しているザクとうふは、一般品とは違う特別仕様でした。
フォト



5日からは、店内でザクとうふを食べることも出来るようになります。
フォト

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。