スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

展示/ガンダムワールド2013 in 東武動物公園


2013年3月2日(土)~5月12日(日)

東武動物公園内イベントプラザで開催されていた『ガンダムワールド2013』
既に終了していますが、取材はしてあったので記録としてまとめます。


初日となる3月2日はガンダムUC episode6の舞台挨拶だったため、その翌週に撮影してきました。
フォト



ガンダムワールドは、那須ハイランドパークで2年に1度のイベントとして始まり、その後、定形のイベントとしてパッケージ化。最近では日本各地のデパート催事場やテーマパークなどで頻繁に開催されるようになったイベント商品です。
今回は関東圏で初めての開催なり、にわかに注目を集めていました。


容易にイベント展開できる内容なので、初登場の展示物などはめったに有りません。
バンダイ主導のイベントで過去に使用した物の転用がほとんどです。

そんな内容ですが、今回は注目の展示物がふたつあります。
・1/10 νガンダム
・ユニコーンガンダムの実物大コックピット




東武動物公園内のイベントプラザとは、以前は360°スクリーンのアトラクションが入っていた場所ですが、現在は全て取り除かれ多目的スペースとなっています。
フォト



展示物は後回しにして、チェックしておきたいモノが有ります。
フォト



『ユニコーンガンダムの実物大コックピット』
有料の撮影コーナーとして展示されています。
フォト



このコックピットは、前回、浜松で開催されたガンダムワールドが初披露。
その際は遠くて行けなかったので、今回は是非、チェックしておきたい展示物でした。


前回の浜松とは違い、今回は撮影コーナーという商品扱いされているので、他に撮影されるお客さんの邪魔になるため、自由に撮影する事が出来ませんでした。

この写真も、スタッフさんのご厚意で撮らせて頂きましたが、何枚も撮影と言うワケにはいきませんでした。
フォト



が・・・

順路を回って出口付近で、別アングルから丸見えな部分があったので、こちらからお客さんの居ないタイミングで撮影させて頂きました。
フォト



足下は、乗り込みやすいようにスライドして通路が確保されるようになっています。
フォト



今までのRX-78やZの実物大コックピットとは違い、LEDが仕込まれ、設定通りに発光していました。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




フォト



分かりづらいですが、足下の部位です。
フォト



では、撮影をしてきます。

ガンダムUC episode6の舞台挨拶が行われた新宿ピカデリーで販売していた、リバーシブルパーカー。
フォト



着るだけで、ユニコーンのノーマルスーツを再現できるパーカーです。

リバーシブルでバンシィ用にもなる面白いパーカーです。
フォト



そのパーカーを着て、コックピットに搭乗してみました。
フォト



1枚撮って、台紙付きで1,200円。
フォト



では、入場券を購入します。
(主催者次第で、有料だったり無料だったりします)
フォト



東武動物公園へ既に入っている人は500円。
フォト



東武動物公園の入園料込みの前売り券の場合は1,800
円。
最初の頃は、シャア専用名刺も東武動物公園専用の物が配布されていました。
フォト



チケットを見せるカウンター(物販のレジと兼用)には、スタッフが書いたイラストが多数有りましたが、その内容は・・・微妙なところでした。
フォト



では入場。
フォト



ここから先、ほぼ全て過去のイベントで公開済みの物です。


フォト



フォト



毎回、ガンダムワールドで入口付近に展示されているパネルですが、その都度、最新作が追加されて最新の内容になっています。
フォト



フォト



フォト



ガンダムAGEが追加されています。
フォト



ガンダム30周年の段階では『GUNDAM FIX FIGURATION』 の最上位品として販売を予定していたガンダムは、そんな話は消滅し、展示で目にするだけの品となってしまいました。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



順路を進みます。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



何度も使い回されているパネルなので、ダメージが目立ちます。
フォト



長い通路になっている順路を進みます。
フォト



それぞれ、公開当時に使用されていたポスターと、主役機の1/100ガンプラが並んでいます。
フォト



ガンダムは、この時点で最新の MG ガンダム Ver2.0 を使用しています。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



既にMGが販売されているVガンダムは、何故か旧作の1/100が展示されています。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



ポスター%ガンプラ展示の向かい側にもパネルが展示されています。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



子供でもガンダムを理解できるような解説用のパネルが用意されていました。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



以前、松戸にあったバンダイミュージアムで常設されていた物も、ガンダムワールドで展示される物の常連となっています。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



実物大のザクヘッドも松戸で展示されていた物のひとつです。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



ここまでが、松戸で展示されていた物。


低年齢向けとして、シールドや武装がどのガンダムの物かを問い掛けるクイズ形式で紹介しています。
フォト

127
フォト

128
フォト



パネルをめくれば、それぞれの正解が分かるように書いてあります。
フォト



奥には、実物大ガンダムの胸像があります。
フォト



現存する実物大ガンダムは4体あり、そのうちのひとつです。
フォト



フォト



当初は頭部だけが作られ、後に、ガンダムワールド用として胸部が追加されました。
フォト



フォト



フォト



肩に乗って写真が撮れる事をウリにしている胸像なので、この高さまで登ることが出来ます。
フォト



いろんなイベントで多用され、最近ではGFTのガンプラ展でも使用されていた『ガンダムクイズ』が並んでいます。
フォト



先程のシールド&武装の持ち主当てクイズの様に、こちらでは、ハロを持っていたキャラクターの一覧が展示されています。
フォト



フォト



フォト



ここまでの流れだった「○○の持ち主は?」という方向性は無くなってしまい、機体の名前を当てるクイズのパネルが並んでいます。
フォト



中央には、つい先日までGFTに展示されていた大型のジオラマが展示されているのですが、いろんなイベントで多用されすぎていて飽きられてしまうのでは無いかと心配になります。
フォト



ガンダムワールドでは定番化しつつある『MSウエポン メモリアルフォトコーナー』
フォト



フォト



フォト



大人でも重たいと感じる1点物のビームライフルです。
フォト



シャアザク側はヒートホークですが、こちらは、以前まで使われていた1点物で重たいものではなく、1/12ザクに付属している大量生産品に変わっていました。
フォト



その並びの画面で宇宙世紀作品のダイジェストが流れています。
フォト



フォト



フォト



頻繁に見かけるゼータ。
フォト



フォト



フォト



フォト



これは終了間際、2度目に行ったときの撮影分。
このスペースが密閉されていない空間なので、胸の上などに土埃が積もっています。
フォト



蜘蛛の巣も貼っていますが、掃除がされていません。
フォト



大きさの比較用に一緒に並んで撮影(無理やり補正しています)
フォト



フォト



フォト



今回初登場の注目展示物『1/10 νガンダム』
フォト



フォト



1/10スケールのモデルで、ユニコーンガンダム以降、定番化している発光ギミックが仕込まれています。
フォト



ただでさえ等身大で巨大な1/10スケールモデルですが、MSとしても巨大な部類のνガンダム。しかもフィンファンネルを装備しているので、3メートルは有るのでは無いかという巨大さです。
フォト



フォト



フォト



フォト



大きさの比較として並んでみましたが、少し離れた位置でも画像では同じぐらいの大きさに見えます。確実に3メートルは超えているのかと思います。
フォト



νガンダムから次の順路に繋がる壁面には、UCのポスターが並んでいます。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



細い通路を進むと・・・

その先には1/10スケールのモデルが多数並んでいます。
フォト



今まで、1/10スケールモデルがこれだけ並んでいるのを見たことがありません。
フォト



その場で見ないと、この圧巻ぶりは伝わらないのでは無いでしょうか。
フォト



360°見渡せる撮影をしてみましたが、プラグインなどが必要な場合があります。
(こちらをクリック


フォト



フォト



フォト



フォト


フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



どちらも羽を広げた大型のガンダムなので、この2体が並んだ状態は圧倒的です。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



中央にはダブルオーの大型ジオラマがありますが、GFTで何度も見ているので割愛。
フォト



最後に展示されているのはユニコーンガンダム。
フォト



フォト



フォト



フォト



2度目に行った際は、柵に注意書きが貼られていました。
場内、スタッフの姿がほとんど見かけられない運営状態なので、いろいろあったのかも知れません。
フォト



フォト



このユニコーンガンダムの向こう側に、最初に書いたコックピットがあります。
フォト



さしてGFTのポスターを通り過ぎたら出口です。
フォト



物販ではグッズや限定プラモが大量に販売されています。
フォト



昨年のキャラホビやEXPOで即完売した限定品が最後まで完売すること無く販売されていました。
フォト




わざわざ遠征してまで見に行く内容では無いと思うのですが、さうは思っていても行ってみると楽しめるガンダムワールドでした。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。