スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/Z・刻を越えてフェア初日で制覇


2013年7月23日(火)
『機動戦士Zガンダム「Z・刻を越えて」フェア』始まりました。

期間は、7月23日(火)~9月3日(火)の42日間。

長いように思えて、前回のガンダムWフェアとほぼ同じです。
色んな意味で気を付けなくてはいけません。



また、前回のフェアで多店舗と連動した企画が好評だったそうで、今回は更に進んだ展開がされています。

オープンから半年以上が経過した東京駅店で初めて、フェアメニューを提供することになりました。
しかも、秋葉原店とは違ったメニューです。



開店時間の20分前に到着すると、2名程、開店待ちをしていました。
もしかしたら誰も居ないのでは無いかと思っていましたが、良い意味で意外です。
フォト



今回は入店待ち用のチェーンが早々と用意してあります。
コレが無いと、初めての方に分かりづらいだけでは無く、いつも通り並んでいても、そのルールを知らないお客さんなどに無視されて先に入られてしまうなど、問題が発生してしまいます。
フォト



さて、入口からフェア仕様の装飾を確認していきます。
フォト



これで3度目となる自動ドアへの装飾は、控え目に2枚だけ。
フォト



カミーユ・ビダンと・・・
フォト



クワトロ・バジーナ。
フォト



入店待ちをされている方用のメニュースタンド。
フォト



通常メニューの下にフェアメニューが貼られています。
フォト



いつも通り、入口の両サイドにもポスターサイズに拡大したメニュー表が貼られています。
フォト



初日の朝イチから完売のシールが貼られたメニューがあります。
入荷が間に合わなかったようです。
フォト



いつもフェアに合わせて何かが展示される入口付近。
フォト



『MG 百式』が展示されていますが、あまりに寂しすぎです。
これから手を加えていくのでは無いでしょうか。
フォト



直近のフェア、2回連続で各テーブルへステッカーが貼られていましたが、今回はありません。
寂しい気もしますが、少し雑然としてしまうイメージがあったので、無くても良い気がします。
フォト



喫煙席側の展示スペース。
フォト



今回、ランダムで提供されるコレクショングッズ、コースターとプチプレート(小皿)が飾られています。
フォト



コースターは全5種(東京駅店では別の絵柄が提供されます)
フォト



プチプレートは全5種(東京駅店では別の絵柄が提供されます)
フォト




禁煙席奥のガンプラ展示も更新されていますが・・・Zフェアとは、あまり関係の無い内容です。
フォト



左上:MGガンダム Ver.3.0 のPOP
フォト



左下:発売前のMGガンダム Ver.3.0 実物展示。
フォト



フォト



中央上:ZのRGとHGのPOP
フォト



中央下:RG Mk-IIとZ
フォト



右上:ガンプラのキャンペーン告知POP
フォト



左下:HGのZツリーズ
フォト




壁面展示もZに変わっています。
フォト



シャア専用席側にはクワトロと百式。
フォト



カウンター席側には・・・
フォト



カミーユとMk-II
フォト



禁煙席奥には・・・
フォト



プレックス准将を囲むヘンケンとクワトロ。
フォト



いつも通り、禁煙席の中でもより多くの外光が差し込む4名席を確保。
フォト



テーブルにおかれているメニュー表は3種。
通常メニュー、フェアメニュー、コラボ企画メニューです。
フォト



フェアメニュー表。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



コラボ企画メニューは、ガンダムオンラインのメニュー表。
フォト



では注文してきます。
フォト



注文カウンター後ろの画面では、Zフェアメニューがリピートされています。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




各テーブルと同じメニュー表です。
フォト



同じカウンターの端には『百式ビアジョッキ』の現物。
フォト



フォト



ここしばらくプチグラスが続いていましたが、今回は東京駅店でも好評な小皿に変わりました。
フォト



5セット注文で5回の、くじ引きしたところダブリはひとつだけという強運。
フォト



あとガンダムMk-IIが手に入ればコンプリートです。
フォト



これがプチプレート。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



コースターは秋葉原店での全5種が揃い、さっそくコンプリートです。
フォト





では、ランチタイムに注文可能なメニューを制覇していきます。
フォト




『百式ビアジョッキ』¥1,500
このジョッキの代金を含んだ価格で、飲み終わった後はジョッキを持ち帰れます。
フォト



ビールの金色を上手く利用した有りそうで無かったグッズです。
(ノンアルコールビールも選べます)
フォト



ビールを注いだ状態で提供してもらえますが、持ち帰るのは、そのジョッキではありません。

飲み終わったら、使用済のジョッキと交換で箱入りの新品ジョッキを渡してもらえます。
フォト



フォト



フォト



百式の型式番号と・・・
フォト



カフェのマークが入っています。
フォト




ーーー マクダニエル メイン ーーー
Zガンダム第8話「月の裏側」の後半シーン。
月面都市アンマンでクワトロとルオ商会が密会を行う場所として使用したバーガーショップの店名が『マクダニエル』
ヘンケン艦長が店員の制服を着てカモフラージュしていたシーンが印象的です。

『アボカドバーガー』¥890
フォト



パティはパイロットランチ等で使われているハンバーグではなく、もっと上質な物を使用していて、何度でも食べたくなってしまう絶品ハンバーガーです。
フォト



『ベーコンチーズバーガー』¥890
フォト



フォト



トマトベースのバーベキューソースに、ピクルスを刻んだ物が合わせられています。
これを使用しなくても、パティには十分な味が付いていますので、お好みに合わせて。
フォト



どちらの皿にも《McDanier》のロゴがトウモロコシのパウダーで書かれています。
フォト



オマケで、マクダニエルのステッカーがもらえます。
フォト



バーガーを包む紙袋ももらえますので、お好み次第で。
フォト



厚さが分かる様にiPhone5と並べてみました。
そもそもバンズの直径からして大きいのですが、厚さも相当なものです。
フォト



この断面を見れば、いかにバンズとパティが分厚いか分かるかと思います。
フォト




ーーー ホンコンシティ メイン ーーー
Zガンダム 第17話「ホンコン・シティ」~第19話「シンデレラ・フォウ」で登場するサイコガンダムと、その周辺をモチーフにしたメニューです。

『百式冷し中華』¥890(税込)
2011年7月に開催された『納涼!ガンダムカフェの夏祭り』からの復活メニューです。
フォト



見たとおり、卵焼きを使って百式の肩を表現しています。
文字は紫芋のパウダーで書いています。
フォト



『ホンコンシティの記憶』¥890
黒い焼きそばがサイコガンダムを表し、添えられた小さな肉まんはガンダムMk-IIを表しています。
フォト



ソース焼きそばですが、イカ墨や香辛料が絡み合い深みのある味になっています。
麺は張りがあり、歯ごたえをしっかりと感じます。
フォト



ガンダムを想起させる白いプチ肉まん。
公式サイトやメニュー表では「Zガンダム」と書いているのですが、香港でのシーンでは、まだZガンダムは登場していません。
フォト




ーーー メイン ーーー

『エゥーゴ名物修正フォンデュ』¥890
冷製のチーズフォンデュです。
フォト



野菜、肉、炭水化物がバランス良く揃っています。
キャベツが初日の昼間は生だったのですが、夜に戻ってくるとボイルされた物に変わっていました。
フォト



氷で冷やされた、とろみのあるチーズです。
フォト



エウーゴが奪取したMk-IIを白く塗り直したように、チーズで白に染め上げて頂きます。
フォト




『トーレスのトースト』¥280
Zガンダム 第21話「Zの鼓動」でカミーユが「トーレスの奴、トーストにしてやる」と口走った駄洒落がメニューになりました。
テレビ放送から28年目にして、カミーユの発言が現実の物となりました。
フォト



『サボテンの花のポテトサラダ』¥280
Zガンダム 第34話「宇宙が呼ぶ声」で、エウーゴを去ってしまったレコアを思い浮かべクワトロが見つめていたサボテンをモチーフにしたメニュー。クワトロの「サボテンが…花を付けている」は名言です。
ポテトチップスの上にバジルクリームで和えたポテトが乗っています。
フォト



『伝説のポリキャップPC-01 熱々パイ仕上げ』¥590
ガンプラとして大きな革命だったポリキャップ。
正式に導入されるようになったのはZガンダムのシリーズからなので、Zフェアのメニューとして並んでいても当然に思えてきます。
フォト



バターを練り込んだパイ生地は、外側はサクサク。
中央部分はバターの香りが強く感じられるシットリ生地になっています。
これも是非、多くの人に食べてもらいたいお勧めのメニューです。
フォト





フードはここまで。

ドリンクも、ランチタイムに注文可能なフェアメニューを全て揃えました。
全て790円です(ビールは除く)
フォト




『まだ終わらんよ』(ノンアルコールカクテル)
百式色のオレンジジュースに、キュベレイを思わせる紫のローズシロップが添えられています。
フォト



オレンジジュースにローズシロップを合わせて楽しみます。
甘さ控え目です。
フォト



キュベレイに触れた百式は、クワトロが過去の自分を思い返したような赤い彗星色になります。
フォト




『修正してやる!』(ノンアルコールカクテル)
アセロラ&トニックの炭酸ドリンクがメインで、それにブルーキュラソー&カルピスの甘いシロップが添えられています。
フォト



赤い彗星ではないのかと問い詰められたクワトロ(アセロラ&トニック)に、まだ青い情熱(ブルーシロップ)を注ぎます。
フォト



そんな象徴的な場面を表現したカクテルは、混ぜ合わせるとカミーユの軍服色(ブルーグレー)に変化します。
フォト



「修正してやる!」と叫んで引き起こした行為がクワトロに衝撃を与えました。
その湧き起こった心境、流れ出た涙をドリンクにしたメニュー・・・

『これが若さか……』(ノンアルコールカクテル)
アセロラを使った炭酸ドリンク。
フォト



赤いドリンクはクワトロ・バジーナ。
彼が、カミーユの若さを受けて流した涙がグラスの縁に塩の結晶として現れています。
フォト




そして、フェアとは関係の無いカクテルがひとつ、同日から提供されています。

『連邦とジオンの境界線』
Windows専用オンラインゲーム『機動戦士ガンダムオンライン』とのコラボ商品で、同タイトルのタンブラーを購入すると、このカクテルの無料券がもらえます。
フォト



ひとつのグラスの中に連邦(青)と、ジオン(赤)が注がれています。
フォト



境界線を突破すると、甘くて飲みやすいカクテルになります。
ランチタイムでも注文可能な、唯一のアルコールカクテルです。
フォト




ドリンクは、ここまで。

今回も多数用意されているグッズを見ていきます。
フォト



フォト



フォト





『機動戦士ガンダムオンライン限定タンブラー』¥1,575
『機動戦士ガンダムオンライン』とのコラボ商品です詳しくはこちら。
フォト



タンブラーを購入すると以下の特典が付いてきます。
1.「連邦とジオンの境界線」or「ジャブローアイスコーヒー」の無料券
2.ゲーム中に使用出来るアイテムコードカード
フォト



これが内容物。
フォト



無料券は当日中のみ、有効です。
フォト



タンブラーの中に入っている台紙。
フォト



これが、タンブラーの箱に入っている「アイテムコードカード」
下側が赤いデザインになっているのが特徴。
フォト



裏面。
ゲーム中で「シャア専用ズゴック」か「ガンキャノン」がレンタルできるそうです。
フォト



こちらは、店内で1,575円以上注文するともらえる「アイテムコードカード」で、レンタルできる機体が一般機に限られます。
フォト




『機動戦士Zガンダム マフラータオル』各¥1,570
フォト



2種類のうち1種は百式です。
ジョッキといい、メニューの取りそろえと言い、クワトロさんの優遇ぶりが凄いです。
フォト



広げたら、こんな絵柄になっています。
フォト



畳んだ状態だと、2種ともクワトロ特集の様に見えます。
フォト



フォト




『機動戦士Zガンダム 名セリフ箸』各¥600
フォト



フォト



3種類。
フォト



Zガンダム。
フォト



カミーユ&クワトロ。
フォト



百式。
フォト




『フェイスマグ Zガンダム』¥1,200
フォト



前回のフェアから引き続き、3店舗で共通の仕様になっています。
以前のように、それぞれの店舗のロゴが入っているようなことはありません。
フォト



フォト



フォト



アンテナは金色なので、電子レンジでは使用できません。
フォト



フォト



フォト



フォト




他、Zガンダムとは関係の無い商品が2種、新発売。
フォト



『シャアの金塊栗羊羹』¥1,480
フォト



ガンダム 第38話「再会、シャアとセイラ」で、シャアがアルテイシアへ送った手紙が入っています。
フォト



アタッシュケースの様な外箱です。
フォト



箱を空けた状態はこの様になります。
金塊(縮小版)の形をした箱に栗羊羹が4本入っています。
フォト




『1/1 シャアの金塊栗羊羹』¥1,800
フォト



こちらはシャアが送った金塊の1/1(実物大)の様です。
見えづらいですが、ジオンのマークが入っています。
フォト



フォト



フォト



どちらも、京都の老舗和菓子屋の羊羹とコラボしているようです。
フォト




Tシャツも2種が2色ずつで、計4種。
フォト


『TITANS Tシャツ』各¥2,500
フォト



『AEUG Tシャツ』各¥2,500
フォト



Tシャツ以外を全て購入。
フォト



今回、ガンプラ焼きカウンターでは新商品はありません。
フォト



が、こっそりとキュベレイが飾られていました。
フォト






続いては東京駅店、今回はこちらでもZフェアが開催されています。
全ての時間帯でアルコールメニューが注文可能な点も秋葉原店には無い特徴です。
フォト



保冷ケースの中には・・・
フォト



『1/1 シャアの金塊栗羊羹』が秋葉原店より豪華にディスプレイされています。
フォト



売り場が少ないため、グッズはいつも通り限定されています。
フォト



『フェイスマグ Zガンダム』
フォト



フォト



『機動戦士Zガンダム 名セリフ箸』
フォト



『シリコンコースターFC』¥480
秋葉原店で見落としていましたが、東京駅店で気付きました。
フォト



今まで単色だったコースターが、今回はFC(フルカラー)になりました。
フォト



ペイントでは無く、素材の段階で着色がされています。
フォト



裏には白い文字でガンダムカフェのロゴ。
フォト



店内は、東京駅店初のフェア開催ですが、平日の日中と言う事もあり貸し切り状態です。
フォト



東京駅店でも『百式ビアジョッキ』取り扱われています。
フォト



画面では、Zフェアの為に作られた特製映像が繰り返し放映されています。
秋葉原店でも流されている映像ですが、東京駅店の方が撮影しやすいので、こちらで記録していきます。
フォト



映像の新訳Zをベースに構成されています。
フォト



Zガンダムのヒロインたち。
フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト



名セリフ集(全体の一部のみ撮影)
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト


など、他にも多々ありましたが、また後日に撮影し直します。


東京駅店でも、展示物がZフェアに合わせて変更されています。
フォト



フォト



フォト



フォト


奥の、シャア専用席側は、以前と変わらず安彦さんの複製原画です。


東京駅店では、この3種のメニュー表が置かれています。
フォト



他2種は以前からあるメニュー表で、それにZフェアのメニュー表が加わっています。
フォト



東京駅店では、この3品がフェアメニュー。
フォト



注文カウンターのいろいろ。
フォト



東京駅店で手に入るコースターとプチプレートはZガンダムなので運は必要ありません。
ハロ小皿と並べると、ベースが同じ物だと分かります。
フォト



東京駅店のプチプレート、Zガンダム。
フォト



この時点で5/6が揃い、コンプリートまであと一歩。
フォト



コースターは、東京駅店のZを入手して全6種、コンプリート!
フォト



マクダニエル『テリヤキバーガー』¥890
東京駅店では目玉焼きが乗っています。 黄身の半熟具合を注意して作っているので、秋葉原店よりも少々時間がかかります。
フォト



そもそテリヤキと相性良く作られているパティで、秋葉原店のモノよりも格段に美味しく感じました。
半熟の黄身は、裏ごしされたかのように均一で、口当たりをまろやかにしています。
フォト



『命の力』(ノンアルコール)
Zガンダム 第49話「生命散って」でカミーユがヤザンに向けて放った言葉がカクテルになりました。
ミントとモヒートシロップの爽やかな味わいです。
フォト



『Zの鼓動』
以前、松戸で営業していたバンダイミュージアム内のカフェで提供されていたメニューからの復活です。
旧ガンダムカフェと切り離して考えたい私としては、複雑な心境です。
フォト





東京駅店でのフェアメニューを制覇し、秋葉原店へ戻って来ました。
18時を過ぎていますが、入店待ちなどはいません。
フォト



入口に展示されていた百式。
フォト



日中には無かったポストカードが貼られています。
GFTでスタンプラリーした台紙を秋葉原店に持参するともらえるポストカードです。
フォト



ランチタイムには注文不可だったアルコールメニューを4種。
これで現時点で注文可能なメニューを全て制覇です。
フォト



『黒いガンダム』
ブラックウォッカとマリブリキュールのカクテル。
微かに香るココナッツの香りが、夏らしさを演出してくれています。
フォト



この黒いガンダムとは、フードにあったサイコガンダムではなくMk-II
それが分かるよう、クラッカーにMk-IIと書かれています。
フォト



『ダカールの日』
Ζガンダム 第37話「ダカールの日」でクワトロが行った有名すぎる演説。
その内容をカクテルにしてあります。
フォト



クワトロが演説で「ゆりかご」と表した地球をイメージして、ゆらゆら揺れる丸いグラスを使用しています。

上から順に、大部分を占めている層は地球、下部に広がるスカイブルーは空の色、そして底に沈んでいるブラックウォッカが漆黒の宇宙。
フォト



ブラックウォッカを使っていますが、抹茶ミルクの味も主張しているバランスの良いカクテルです。
フォト



『シンデレラ・フォウ』
メロンリキュールを使用していますが、底付近には別のシロップも使用されています。
紫色に見えている部分は、ラベンダーのシロップの様です。
フォト



『刻の涙』
ライチリキュールを使用した甘いカクテルですが、フチに付けられている塩が、かなりしょっぱいので、最初のひとくちは勇気がいります。
こちらも以前、松戸で営業していた旧ガンダムカフェからの復活メニューです。
フォト



そして、秋葉原店で6回目となるプチプレートセット注文。
最後のひとつだったMk-IIを引き当てました。
フォト



コースター同様に、プチプレートも初日でコンプリートできました。
フォト




前回のガンダムWフェア同様に、それまでとは違ったメニュー展開がされています。

パスタ、カレー、ピザを繰り返すだけのメニュー展開から脱却し、ガンダムカフェがひとつ次の段階へ進んだ気がします。

特に『マクダニエル』のハンバーガー。

これは、ガンダムカフェで無かったとしても食べに来たくなる美味しさです。
普通のグルメ雑誌に載ってもおかしくない程、味とボリュームで勝負できる絶品ハンバーガーです。




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。