スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/戦士たちの休息フェア初日・前編


2013年9月13日(金)



機動戦士ガンダムSEED&SEED Destiny 戦士たちの休息フェア
始まりました。

56日間のフェアで、今回も前半・後半に別れています。
《前半戦:09月13日~10月15日》
《後半戦:10月16日~11月11日》


2011年9月に、初めてのSEEDフェアを開催して移行、年に2回のペースでSEEDフェアが開催され、今回で5回目の開催となります。


開始時の集客状況を確認するため開店の30分前に到着。
フォト



まだ開店待ちをする方はいません。
フォト



15分前ぐらいからチラホラと増え始め、最終的には8名程が開店前に来ていました。
フォト



まず、入口の確認から。
フォト



フォト



フォト



入口の左右には、同じ内容のメニュー表。
フォト



自動ドアには、Blu-rayBOXに使用されたパッケージイラストが大きく貼られています。
フォト



フォト



フォト



テラス席側にも貼られています。
フォト



フォト



店内、入口付近には展示台が置かれています。
フォト



発売前の『METAL BUILD デスティニーガンダム』が展示されています。
フォト



フォト



フォト



魂ネイションショールームの紹介も。
フォト



では、店内がどんなフェア仕様に変更されているのか確認します。


禁煙カウンター席の背後、掲示物。
フォト



フォト



シャア専用席側の掲示物。
フォト



フォト



禁煙席側、突き当たりの掲示物。
フォト



フォト


全て、過去のSEEDフェアで使用されていたモノで、真新しさは有りませんでした。


禁煙席奥の展示スペースは、RGやHG等のガンプラや、SEEDのBlu-ray関連で占められています。
フォト



左側の上下はRG、HGの展示。
フォト



フォト



フォト



フォト



中央の上下はDestinyのBlu-rayに関して。
フォト



リマスター版Blu-rayに合わせて発売されるMG Ver.RMが2体。
フォト



フォト



フォト



そして、HGで新規に展開されているアストレイ。
フォト



ゴールドフレーム、レッドフレーム、ブルーフレーム。
フォト



フォト



フォト



フォト



喫煙席側の展示スペースは初日、変化が無くファーストのBlu-rayBOXが展示されていました。
フォト



フェア2日目には展示品がSEEDの物に変わっていました。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



展示物の確認はここまで。


続いては、本題とも言えるメニューの確認です。


今までのフェアと同じく、丸められて置かれています。
フォト



席数と同じ枚数が用意されています。
フォト



今まで通りお一人様1枚までで、お持ち帰り出来ます。
フォト



今までのフェアでは、メニュー表はA3サイズでしたが、今回はA4二つ折りの冊子になっています。
フォト



フォト



こちら、フェアメニューの表紙。
フォト



「前半」と買いあるので、後半はまた別の目にユー表になります。
フォト



裏側。
フォト



リマスター版Blu-rayの広告が大きく載っています。
フォト



メニュー表にしては珍しく、グッズの紹介もしています。
フォト



冊子状になっているメニュー表を開くと、こんな感じ。
フォト



フォト



フォト



店内の撮影をしている間に、入口にはキラのスタンディが置かれていました。
フォト



では、注文します。
フォト



注文カウンター背後の画面には、いつも通りフェアメニューがスライドショーとして流れています。
フォト



フォト



フォト



フォト



注文カウンターの並び。
フォト



レジ前には、プチプレート6種のサンプルが展示されています。
フォト



コースターも7種がランダムでカクテルに付いてきます。
フォト



各テーブルと同じメニュー表がラミネート加工されて使用されています。
フォト



以前、GFT主導のスタンプラリーがありましたが、今回はガンダムカフェ3店舗でのスタンプラリーがフェア期間中に開催されます。
フォト



《スタンプラリーの条件》

1会計で790円お買いあげ毎にスタンプか、スタンプの押された台紙が1枚もらえます。

仮に2,000円のお買上なら2枚、2,500円なら3枚がもらえます。
レシートの合算は出来ないので、1回の会計で790円を越えなくてはいけません。

スタンプが3店舗分を集めたら、景品との交換はどの店舗でも可能です。
(スタンプ台紙は交換と引き替えに回収されてしまいます)

カフェの入口にも貼られているBlu-rayデザイン、それをステッカーにした物がもらえます。
フォト



では、注文します。

プチプレートセットを注文し、ランチタイムはレジでのくじ引きとなります。
フォト



6種中の3種が揃い、1種がダブってしまいました。
フォト



キラのプチプレート。
フォト



ラクスのプチプレート。
フォト



今回は2種で対になるデザインとなっています。

まずは、キラとラクスの組み合わせを確保。
フォト



アスランのプチプレート。
フォト



プチプレートセットを4種注文したので、スタンプ台紙は9枚もらいました。
フォト



フォト



秋葉原店では、プチプレート目当てにセットメニューを注文するので、790円を越えるのは容易です。

他の2店舗ではプチプレートは1種だけなので、頻繁に注文することもありません。
そうなるとグッズを購入したお会計でスタンプをもらわなくてはなりません。

ステッカーを複数枚欲しい場合は、2店舗の出費が均等かつ、無駄なく790円の倍数になるよう計画を立てる必要があります。


ランチタイムに注文出来るフェアメニューの全てです。
(ハヤシライスは定番品なので省略)
フォト



まずはノンアルコールカクテルから。
フォト



『キラ・ヤマト(ノンアルコール)』¥790
ホワイトチョコのような風味が有り、ただひたすらに甘い飲み物です。
フォト



『アスラン・ザラ(ノンアルコール)』¥790
ラズベリーの香りがする紅茶で、甘さは殆ど無くスッキリとした飲み口です。
フォト



『ラウ・ル・クルーゼ(ノンアルコール)』¥790
ノンアルのキラと甘さは似ていますが、ベリー系の風味が見え隠れして甘さとの良いバランスになっています。
ノンアルコールの中で唯一の炭酸です。
フォト



『ラウ・ル・クルーゼ(ノンアルコール)』¥790
ノンアルのアスランほどでは無いけれど、こちらも甘さ控え目な柑橘系の飲み物です。
フォト



続いてはフードメニューです。
今回のフェアメニューは劇中に実際に登場したメニューを再現しているのが特徴的です。


『アークエンジェル艦内食08』¥890
好みの味付けがされたピラフでした。
フォト



チキン竜田は「チキン竜田テキサスソース」と同じ物を使用。
フォト



カボチャはスプーンでも切れるぐらいの柔らかさです。
フォト



このサラダは・・・ケバブに挟んで食べてしまいました。
フォト




『アークエンジェル艦内食06』¥890
この「06」とは、6話で登場しているという意味です。
フォト



ポテトにはチェダーチーズ、ほんのりバターの香りがした気もします。
フォト



柔らかく甘いパンです。
フォト



トマトソースたっぷりのハンバーグ・・・
フォト



前回のZフェアでマクダニエルバーガーに使われていた物と同じ、分厚くて上質の物です。
フォト




『SEEDケバブ』¥890
フォト



トマトもお肉もたっぷりで、意外とお腹いっぱいになれます。
フォト



付属のチリソースとヨーグルトソース。
フォト



いろいろ乗せて・・・
フォト



ソースには、味が染みこんだ大きめの具が入っていて、ソースと言うよりはトッピングのボリュームです。
フォト



2種のソースをたっぷりと乗せ、キラの気分で頂きます。
フォト




『あんなに一緒だったのに アスラン.ver』¥890
いつの間にかグランドメニューから姿を消していたロールキャベツです。
付け添えの硬めのフランスパンと相性良しです。
フォト



ちょこんと付いてくるデザートの中には、ゴロゴロとフルーツが入っています。
(日中に撮り忘れたので、夜に撮影しました)
フォト




『ハロール ピンクVer.』¥420
久しぶりに復活したハロールですが、詳細は後記することにします。
フォト



コンビニで見かけるような、中心部にクリームが入っているロールケーキです。
それ程強い味ではありませんが、ほんのりとストロベリー味です。
フォト




ガンプラ焼きにも、フェアに合わせた展開があります。
フォト



以前のSEEDフェアに有った『ケバブ味』が復活し、新たに『コーヒークリーム味』が登場しています。
フォト



一番下のボタンが準備中になっています。
フォト



開店時間前は『きつねうどん味』のボタンも用意されていましたが、販売直前で何かトラブルでもあったのでしょうか。
フォト



ショップ内の様子は・・・
フォト



新しく加わったピンクのハロクランチが、可愛いPOPになっていました。
フォト



いつも人気商品のハロクランチ。
フォト



ラクスが「ピンクちゃん」と呼んでいた、あのハロと同じぐらいの大きさです。
フォト



バルトフェルトコーヒーのPOP。
フォト



今回のフェアはバルトフェルト推しのようで、関連商品が3種も。
フォト



定番となった『名ゼリフ箸』と、新商品の『ZAFTケーキフォーク』と『ZAFTティースプーン』
フォト



フォト



フォト



『ZAFTプレート』や『ZAFTマグカップ』に、前回のSEEDフェアの頃に登場しているキラ&アスランのプレート。
フォト



いつもハロドラが入っている保冷庫の下段には、今回新発売の『ハロール ピンクVer』のロール販売です。
フォト



オープン当初から販売されていたハロールを製造していたのはシリアルマミー。
動物モノのスイーツ等を得意としている、ワリと名の知れたお店でした。

2011年2月18日。
00のオレンジハロールに関して製造元でトラブルがあり、グリーンのハロールも含めて、販売を中止する事となってしまいました。

それから945日後の2013年9月13日、ついに復活となったワケです。


このハロール、なんと、1,890円という高額商品です。
既に1,800円の金塊羊羹がありますが、更に上を行く高級スイーツの登場です。
フォト



イートインで420円で提供されている新ハロール。
1,890円とは、これの約4.5個分の価格です。

旧ハロール単品:320円
新ハロール単品:420円
 〈131.25%の価格アップ〉

旧ハロールのロール販売:950円
新ハロールのロール販売:1,890円
 〈198.95%の価格アップ〉

つい、価格増にばかり目が行ってしまいますが、その価格には意味があります。
以前は中心部がババロアでしたが、今回はクリームなので、ハロの顔を作るのは難しい素材です。

しかも、どこを切ってもハロの顔で無ければ行けないので、これを実現させる製造元を探すのも、相当に大変だった事と思います。

価格をどう受け取るかはその人次第。

とりあえずはハロールの復活を祝い、一日も早いグリーンハロの復活も願うばかりです。


店内で開封すると切り分ける刃物が無いため、自宅で開封。
フォト


保冷剤や保冷バックも販売しているので、それらで持ち帰る事も可能。
また、解凍していないカチカチに凍ったハロールを購入することも可能です。

14日に購入して、消費期限は16日まで。
フォト



製造元はイエローパンプキン。
動物モノを初めとして面白スイーツを得意としている有名店です。
フォト



フォト



開封すると、フイルムに包まれたハロールが出現。
密封されているわけでは無いので、中でフイルムが剥がれて箱に水分が染みていた部分も少し有りました。
フォト



フォト



以前、カフェで提供していたハロプレートに乗せてみました。
フォト



切ってみましたが、凍った状態で何とか形を崩さずに切れる程度です。
自分でカットするつもりなら、凍った状態で購入し、凍ったままカットした方が良いかもしれません。
フォト





 ーーー そして翌日 ーーー

2013年9月14日(土)
初日、午前中しか時間が無かったので、ディナータイムのメニューは二日目へ持ち越し。


既に、東京駅店、台場店を回ってきた終着点が秋葉原店です。
フォト



フェア2日目の土曜なのに、運良く入店待ちは20分程で済みました。
フォト



注文カウンターには、フェア2日目にして変化が。
フォト



喫煙席の展示スペースに飾られたイザークと同じアルフォメガのラクス。
フォト



注文カウンターではメニュー表に中から、この時間帯に注文可能なモノだけを抜き出した状態で並べられていました。
フォト



後10分程でディナーメニューの注文が可能となるので、コーラを飲みつつ待機。
フォト



ディナータイムになったと共に、特等席が空いたので移動させてもらいました。
フォト



プチプレートセットを注文。
今まで複数の封筒を選び、その中身を店員さんが確認する手順でしたが、それでは時間がかかるので、二人の店員さんがアイデアを出し合って、この様な棒を使った抽選方法に変わりました。
フォト



前日はランチタイムだったので注文出来なかったカクテル4種。
フォト



『キラ・ヤマト』¥790
ノンアルコールのキラと非常に似た味で、かなり甘いカクテルです。
フォト



『アスラン・ザラ』¥790
こちらもノンアルコールとの味の違いが少ないカクテルで、紅茶の中にラズベリーリキュールが香ります。
フォト



『イザーク&ディアッカ』¥790
柑橘系のカクテルで、コアントローを使っているせいか、意外とアルコールが強めです。
フォト



『ブーステッドマン』¥790
ひとつのカクテルで3人のキャラを表現する荒技カクテルです。
カクテルの中で唯一の炭酸です。
フォト



オルガ・クロト・シャニを表すように3色に分かれています。
フォト



攪拌すると、ほぼ赤になります。
フォト



フードメニューは既に日中に制覇しているので、つまみになりそうなモノにしました。
フォト



プチプレートは、シン・アスカ。
フォト



そして、ステラ・ルーシェ。
フォト



まずは、シンとステラの組み合わせを確保。
フォト



今回のフェアコースターも、2日目にコンプリート。
フォト



フェア2日目の19時頃に撤収した時点で、入店待ちはごくわずかでした。
フォト



続きは後編で。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。