スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/ズゴックとうふ販売開始


2013年9月28日(土)


この日は予定が詰まっていました。

「スポーツ祭東京2013」のガンダムカフェとガンダム大理石像の取材。
フォト



ガンダムでは無い漫画(ガイバー:高屋良樹さん)のサイン会。
フォト



新井正人・ひろえ純・橋本潮によるライブスタッフ。
(写真は、開演直後の無人のステージ)
フォト



などなど、予定が山盛りです。


そんな最中でも、なんとかカフェに来る時間は作ります。
フォト



少しだけ入店待ちして店内へ・・・
フォト



入口のスタンディはアスラン。
フォト



胸元を見てみると、目立つ傷が付いています。
以前の、借り物の00マイスタースタンディとは違い、ガンダムカフェ製作で複数を多店舗に配置しているぐらいなので、あまり気遣うモノでは無くなっているのかも知れません。
フォト



中央の4名席でコーヒーを一杯。
フォト



サイン会とライブの間に挟み込んだガンダムカフェです。

軽食のつもりでガンプラ焼きを・・・
フォト



どういうわけか、先日と同じく黒い三連星仕様のガンプラ焼きになりました。
(今回はケバブ味です)
フォト



15時半頃なので、ディナータイムとの切り替えで、フードが注文出来なくなっている時間帯です。
フォト



土日では切り替えの時間が違うので、御案内の内容を一部、手書き修正して使っていました。
フォト





2013年9月29日(日)

台場に行く予定だけど、その前に秋葉原店へ。
フォト



2日続けて、切り替えの時間帯に来てしまいました。
フォト



スタンディはニコル。
フォト



ニコルの胸元にも、前日のアスランと同じ傷が付いていますが・・・何が起こっているのでしょうか。
フォト



4名掛けの特等席にてアイスジャブローコーヒー。
フォト



特筆する内容も無く、秋葉原店から撤収。
フォト



続いては東京駅店。
フォト



こちらのスタンディはアスランですが、秋葉原店のモノとは別物なので傷は入っていません。
フォト


アルフォメガのイザークが秋葉原店に続き、東京駅店でも展示されるようになりました。
積極的に告知活動をしているようでガンダセムカフェ各店舗に多数届いているそうです。
フォト



売上げ好調な『ザクとうふ』に続いて、鍋用の『ズゴックとうふ』の販売も始まりました。
※ザクとうふの様にイートインメニューは用意されていません。
フォト



好評なセット販売もあります。
フォト



単体販売240円、4個セット1,050円、ザクとうふとのセット1,050円。
フォト



アルフォメガのキラとラクスも東京駅店に登場。
フォト



いつものカウンター席が空いていません。
しかたがないので、あまり好んでは座らない壁側のテーブル席へ。
フォト



壁面にも『鍋用、ズゴックとうふ』のポスターが貼られています。
フォト



いつも宇宙世紀の連邦服ばかりだった東京駅店ですが、珍しくSEEDの制服です。
連邦服も良いですが、フェアに合わせて変更した方がメリハリが有って良い感じです。
フォト



『キッカ』を飲んで、東京駅店は終了です。
フォト



最後は台場店へ。
フォト



ガンダムカフェとは全く関係の無いソフトクリームが置かれています。
フォト


こんな形のソフトクリームは販売しておらず、お客さんに誤解を与える恐れもあります。
どうしてこんなモノが置かれているのか意味が分かりません。


確かに一般に対しては、カフェである事が伝えられる伝統的なアイキャッチです。
ただそれが、ガンダムを求めてやってくるガンダムファンにどう見えるのか・・・

私の感想はコレです。
「こんな安っぽくてありふれたモノをガンダムカフェに置く必然性が感じられない。ひねりもアレンジも無く恥ずかしいぐらい。せめてガンダムに持たせるぐらいやって欲しい。トリコロールに塗っても良い。買ってきて置いただけが一番恥ずかしい」


なんでこんな事になったのかを現場で聞いてみたところ「上の人が持って来て置いていった」だそうです。
現場の店員さんも、他の常連さんも、首をかしげる状況です。


もうひとつ気付いたのが、店舗を照らす強い照明。
遠目で見ても、ガンダムカフェが明るく引き立っていて、これは良い感じです。
フォト



店内には、以前と変わらずキラとアスランのスタンディがあります。
フォト

レジカウンターでは、ここでもアルフォメガのフィギュアが展示されています。
フォト



他の店舗には無かったシンですが・・・赤服のイザークと並んだシュチエーションは奇妙です。
フォト



本日、注目したのは保冷庫。
フォト



東京駅店と同じく『鍋用、ズゴックとうふ』の販売が始まっていました。
フォト



フォト



『ハロール』は、現物を置かず、レジで空箱と交換する販売方法に変わっていました。
フォト



レジカウンターです。
フォト



店員さん自作の吹き出しが追加され、少し微笑ましさが増しています。
フォト



いつも通りの、ガンプラ焼きの保温庫ですが・・・
フォト



ケバブ味が、どことなくバルトフェルドになっていました。
フォト



さすが3店舗で最も広い調理スペースを誇る台場店です、秋葉原店よりも豊富なガンプラ焼きの展開をしています。
フォト



既に秋葉原店のイートインで食べている『ハロール ピンクVer.』を、イートインの出来ない台場店で注文してみたところ、ビニールでラッピングされた状態で出てきました。
フォト



裏面には、各種表記がされています。
フォト



透明なプラスチックトレーに入った状態。
フォト



コンビニのロールケーキと同じ仕様です。
フォト



ガンダムを眺めながらハロールが食べられるのは台場店だけの強みです。
フォト



この後、毎月、切り替わる「GUNDAM chime みんなのメロディ」の9月版を撮って、予定は全て終了です。
フォト


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。