スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/東京駅店が生パスタ


2013年10月18日(金)


まずは秋葉原店へ。
フォト



この日のスタンディはアスラン。
フォト



プチプレート目当てで『デザートプレート ラクスのティータイム』
フォト



キラのプチプレートです。
あと、ステラを引き当てられれば終了なのですが・・・
フォト




その後、東京駅店へ。
フォト



通路側に向けられたバッくらいと付きの看板の内容が変わっています。
フォト



フェア後半戦、初日には無かった後半戦メニュー表に変わっていました。
これが
後半戦初日に用意できていれば良かったのですが・・・
フォト




そして、この日の目的の品も看板の下段に登場していました。
フォト



店内の商品棚背面にも、同じ内容がパネル化して貼られていました。
フォト



注文カウンターには、新しいメニュー表があります。
フォト



同じ物が各テーブルにも置かれています。
フォト



新しいパスタが登場している影で、パイロットランチが無くなっています。
とある方は「生パスタは良いんだけど、ガンダムらしさが薄くなってしまった」と漏らしていましたが、その気持ちは分からなくもありません。
フォト



全4種のパスタが登場しています。
メニュー表で、キャラの名前よりもフードの種別の方が大きく表示されているのは、東京駅店の客層がガンダム趣味では無い一般層多数だからかと思います。
フォト



この生パスタ、登場したのはSEEDフェア後半戦の初日。

十分にPRポイントとなる生パスタ、しかも新メニューです。
「東京駅店で生パスタ始めました!!」と告知できる良い機会でもあります。

それをなぜ、フェア後半戦の初日と同日に販売開始したのか、大きな疑問が残ります。


多店舗と連動したフェア後半戦。
考える間もなく、客が優先するのはフェア後半戦の新メニューです。

後半戦メニューとずらして登場すれば、初日に全パスタ制覇を狙ったりもしますが、同日の登場では、それも困難です。


クチコミやTwitterなどでの情報拡散も、ほとんどの方は後半戦フェアの内容を優先するでしょう。
優先するだけなら良い方ですが「後半戦メニューがあるから、生パスタの話題は別にいいか・・・」と思われる方も居るかと思います。

もったいないです・・・

これは、フェア後半戦の終盤、客足がやや停滞し始めた時期や、もしくはフェアが終了し次回のフェアが始まるまでの空白の期間に登場させれば良かったのでは無いかと、私は思ってしまいました。

もちろん、今後の展開も見定めたタイミングでの生パスタ登場なのかと信じます。
ガンダムカフェのことです。
今回の残念な気持ちを払拭する様な出来事が、今後に待っているはずです!



その生パスタ4種のなかから、2種を注文。
フォト



『シャアの生パスタ ブッタネスカ』
フォト



トマト感は非常に強いのですが、だからと言ってしょっぱすぎるわけでも無く、良い意味での濃さをもったパスタです。
せっかくなので、せめてモノアイを再現したプチトマトを乗せてくれれば最高でした。
フォト



カレー同様このパスタのみ、シャアザクフォークを使用する事が出来ます。
(シャアザクフォークは、グッズとして絶賛発売中)
フォト



『アムロの生パスタ ペペロンチーノ』
フォト



シールドをイメージしたニンジンが、かろうじてガンダムらしさを残しています。
これの為だけに用意するのは手間かも知れませんが、ガンダムのアンテナをイメージした、やや大きめの物が用意できていれば、尚良かったかと思います。
フォト



どちらのパスタも、生パスタを使用した食感は絶品です!
グルメ雑誌などでも十分に、他の飲食店と肩を並べてもいいレベルだと思います。

マクダニエルのハンバーガーや、この生パスタ。
少しずつですが、純粋に飲食店として絶賛できるレベルのフードも揃ってきています。






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。