スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ガンダムW Blu-rayBOX発売記念上映


新機動戦記ガンダムW Blu-ray Boxが11月22日に発売されます。
その発売に先立ち、ふたつのイベントが開催されました。

以下に、その二つのイベントで展示されていた内容をまとめます。




2013年11月3日(日)
『新機動戦記ガンダムW Blu-ray Box発売記念スペシャルナイトイベント』


場所は、新宿ピカデリー。
フォト



一番大きなスクリーン1が使用されました。
フォト



フォト



登壇者に、主役5名のうち4名が揃う豪華な内容で、チケットは即完売。
まさに争奪戦となりました。

《登壇者》
 緑川 光さん(ヒイロ役)
 中原 茂さん(トロワ役)
 折笠 愛さん(カトル役)
 石野竜三さん(五飛役)

デュオ役の関 俊彦さんは予定が合わず来られなかったので、映像付きのメッセージが届いていました。

司会は、ガンダム系のイベントではお馴染みの小林 治さん


《イベント内容》
 1.キャストトーク
 2.最終話を上映したキャスト生コメンタリー
 3.ガンダムW 名セリフランキング
 4.スペシャルプレゼント大会


内容は4部構成になっていますが、登壇者4名のトークは途切れず続きます。

テレビ放送や、劇場公開されていた当時、イベントらしい物は何も無かったガンダムWの声優陣にとっては異例とも言える、1時間半のトークイベントでした。

(※内容は、後日、細かくレポートする予定です)



スクリーン1のロビーのポスターは、全てガンダムWに。
フォト



わずかですがバンダイの製品が展示されており、多くの方が写真に納めていました。
フォト



手前が、バンダイホビー事業部のガンプラ。
奥がコレクターズ事業部のROBOT魂。
フォト



ガンプラはMGが6体と、HGが1体。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




ROBOT魂は、ガンプラとは違った展示台を使用しています。
こういった点で、事業部間の壁という物を感じてしまいました。
フォト



フォト



フォト



フォト



始まる前のスクリーン。
(イベント開始前は、場内、撮影解禁です)
フォト



撮影解禁の理由は、スクリーン前に並べられた、このパネル。
フォト



Blu-ray Boxのパッケージとして菱沼義仁さん、寺岡 巌さんが描かれたイラスト。
BOX1と2にそれぞれ使用されるイラストをつなぎ合わせた一枚絵の展示です。
フォト



大きな一枚絵には本日の登壇者によるサインが書かれています。

そのサインを撮影する方が後を絶たず、イベント開始がずれ込みそうになるほどでした。


終了後もロビーで展示されるとのアナウンスで、なんとか収拾が付きイベント開始。



 ーーーー〈1時間半のトークショー〉ーーーー



声優陣4名とも、最初は手探りでのトークでしたが、すぐに当時の雰囲気を取り戻し、終始、笑いの絶えないトーク運びでした。

中でも、トロワ役の中原茂さんの声は地声と役の声が近いようで、時間と共にトロワに近くなり、中盤頃からは、トロワがトークをしているように聞こえるほどでした。


内容の一部は、ガンダムインフォにてレポートが上がっています。
http://www.gundam.info/topic/9639


そして、全てが終了。
フォト



スクリーン1のロビーでは、展示品を取り囲む人の数が先程よりも増えていて、係の方が移動を促すほどに。
フォト



フォト



一枚絵は1階ロビーに展示されているのですが、とても近寄れない状態です。
フォト



この時点で21時を過ぎていました。
スタッフの方に聞いてみたところ22時迄は展示しているとのこと。

ならばと思い、人が少なくなるギリギリまで待機することにします。


一枚絵は、本来のBOX1とBOX2に分けられて展示されていました。
フォト



フォト



BOX 1
フォト



中原 茂さん(トロワ)
フォト



緑川 光さん(ヒイロ)
フォト



BOX 2
フォト



石野 竜三さん(五飛)
フォト



折笠 愛さん(カトル)
フォト



撮影している人も5名程に減ってきた22時前。

スタッフさんが「最後に」と、2枚の絵を繋げて下さいました。
フォト



スタッフさんと客が「もう少し左を下に…」「これでどうですか?」などと協力し、一体感を感じた瞬間です。


大満足で撮影会は終了しました。
フォト






公式の上映イベントから、約2週間後。
2013年11月10日(日)

『ドリパス』による上映イベントが開催されました。

ドリパスとは、リクエストのあった映画をチケット購入というカタチで投票し、その投票が一定数に達すると、実際の上映が実現する映画館オンデマンドサービス。


こちらは、ゲストの登壇は無く『Endless Waltz 特別篇』の復活上映のみ。
そのせいなのか、チケットの売れ行きはスローペースでした。


ただ、事前に以下の展示が予定されると発表されていました。

 声優陣のサイン色紙展示。
 製作スタッフからの応援コメント色紙展示。
 TVシリーズの放送当時のポスター展示。
 Blu-ray Box1の現物展示。


これだけでも一見の価値は十分あります。

場所はシネマート新宿。
フォト



ピカデリーと同じく、大変混雑するので上映中に抜け出して撮影。
フォト



ゲストが居ない代わりなのでしょうか、展示品がかなり多いです。
フォト



Blu-ray Boxは、Box1だけの展示だったはずが、Box2に付いてくるBoxの収納ケースも展示されていました。
フォト



Box 1のサンプル。
フォト



Box1と2を収納する『2 in 1 Box』のサンプル。
フォト



フォト



フォト



放送当時に制作されたB2ポスターが3点。
フォト



フォト



フォト



ピカデリーとは違った声優陣の直筆サイン色紙には、コメントも添えられています。
フォト



緑川 光さん(ヒイロ)
「Blu-ray Boxを買ってくれないとお前を殺す♪」と物騒です。
フォト



置鮎龍太郎さん(トレーズ)
「私は歯医者敗者になりたい。」とのネタが・・・
フォト



子安武人さん(ゼクス)
「飛べ ガンダム!!」との限定回帰ぽいコメントと共に「ひかるく~んハート」とのラブコールが。
フォト



矢島晶子さん(リリーナ)
Blu-rayの宣伝と共に「私はリリーナ・ドーリアン、あ・な・た・は?」と可愛らしいコメント。
フォト



製作人による応援サイン色紙は、それぞれイラスト付きです
フォト



筱雅律さん(メカ作画監督)
フォト



小野早香さん(キャラクター作画)
フォト



Blu-ray Box1のインナージャケット1
筱雅律さんの直筆サイン付き。
フォト



Blu-ray Box1のインナージャケット2
筱雅律さんの直筆サイン付き。
フォト



Blu-ray Box1のインナージャケット3
あさぎ桜さんの直筆サイン付き。
フォト



Blu-ray Box1のパッケージ。
菱沼義仁さん、寺岡 巌さんの直筆サイン付き。
フォト



やはり、上映終了後は大混雑となりました。
フォト




どちらのイベントでも、来場者プレゼントで『Blu-ray Boxイラストカード』が配布されました。
フォト





余談です。


新宿ピカデリーの上映会にて。
ほぼ真後ろに某ガンダム施設のスタッフさんが複数名で来られていました。
もちろんプライベートで、チケットも自力で取られています。
制服では無かったので最初気付かなかったのですが、お声がけ頂けて良かったです。
(プレゼント抽選で当選されていました)


シネマート新宿の上映会にて。
某ガンダムカフェの店員さんがプライベートでいらしていました。



どちらも台場の施設のスタッフさんだったのが、面白い偶然でした。

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。