スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/台場店に甘酒ハロラテ登場

今回の主な内容。
★台場店だけの『甘酒ハロミルク』登場
★秋葉原店のガンプラ焼きの販売状況が変更されていた件
★ゼクスvsヒイロ終了直前のお食事会


今回の店舗
台場店・秋葉原店




2014年1月6日(月)
今年初めてのビルドファイターズを、台場の実物大ガンダム前で鑑賞。
ワンセグだとガンダムゆかりの地での鑑賞が楽しめて良いのですが、この時期の台場は極寒です。
cf619 05


台場店が誇るガンダムビークルはお休み。
cf619 07


次の三連休(1月11〜13日)に復活します。
cf619 10


台場店へ。
cf619 11


正月休み明けの平日と言う事もあり、一段と静かな店内です。
cf619 25


いつもフェアメニューなどが貼られている壁側。
cf619 12


スタンディングテーブルの上には、お汁粉と並んで見慣れないメニュー表が。
前日に台場店の公式Twitterで告知されていた『甘酒ハロミルク』です。
cf619 13


価格表示も元データの上から追加修正してあるし、台場店としてのオリジナリティが溢れています。
cf619 14


では、注文のためにカウンターへ。
cf619 15


こちらにも『甘酒ハロミルク』のメニュー表。
ガンプラ焼きは、閑散期のため受注生産へ変わっていました。
cf619 16


見た目は普通のハロラテと変わらない『甘酒ハロミルク』380円
cf619 23


店内は飲食禁止なので、ひとまず外へ。
cf619 24


『甘酒ハロミルク』

泡立った生姜入りのホットミルクで、甘酒を感じられるのは味覚の最後の方。

甘酒の甘さをミルクで割っているので、あまり甘くはありません。

生姜入りミルクなど、あまり馴染みの無い味や香りなので、なんと言って良いか分かりませんが、悪くは無い・・・という感想です。



お汁粉のメニュー表には「新規で書き下ろした限定デザイン」と書き足され、台場店には多いガンダムに馴染みの薄い客にも訴求できる努力をされていました。
cf619 18


東京駅店と同様に、おちょこが無くなっても、お汁粉単体(450円)で暫く販売され続けます。
(おちょこは、まだ在庫有りです)


『ハロまん』は、この日の分のグリーンを売り尽くし、ピンクのみ販売していました。
cf619 19


この後、GFTで撮影をして終了。





2014年1月7日(火)

対決メニュー、ゼクスvsヒイロが翌日で終わってしまうので、ちょっとした食事会を開くために秋葉原店へ。
619 01


予定より1時間程早く到着したので、コーヒーを1杯。
619 02


19時のガンプラ焼き販売終了ギリギリで買いに来てみたら、既に販売終了。
619 03

ガンプラ焼きの販売が19時終了になった直後は、時間ギリギリまで製造・販売をしていましたが、最近では、19時の段階で売れ残らないよう計画的に数量を絞っていくようになった様です。

ガンプラ焼きは19時で販売終了ですが、19時直前では買えないのでご注意を!


より分かり易い一覧が作られていました。
619 04


販売している時間帯には、ガンプラ焼きがスタンバイしている保温庫。
619 05


どの並びに何味゛か置いてあるか分かる様にテプラが貼られていました。
コレがあると「いま何が出来てますか?」などと聞く手間が省けます。
619 06



お食事会のメンバーが揃ったので、ゼクスvsヒイロのメニューをみんなで注文。
619 07


カトル大好きすぎて、ダッフィーにカトルの服を着せているPさん。
619 09


そのカトルダッフィーで何かしようとしているのは、ガンダムWで作画監督をされていた西村さん。
619 10


画面に映し出されるガンダムWの映像など観ながら、ガンダムWの話しなどをするお食事会でした。

そんな会話の中で、今回のコースターやプチプレートに書かれているイラストは、西村さんが以前描かれたモノだと言う事が分かりました。


いつか、ガンダムXのフェアが開催される事を祈願して、お食事会は終了。
619 08

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。