スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

安彦良和 特別講演会『漫画で描く歴史 ~古代から現代まで~』

2014年6月8日(日)

14:00より、安彦良和 特別講演会『漫画で描く歴史 ~古代から現代まで~』
木曜から続いていた、怒濤のガンダムイベントラッシュも、これで最後です。
安彦良和講演会 03


安彦良和講演会 05


その内容は・・・

安彦良和さんから事前に「今日はガンダムの話は無しで」と言われたので、その他の安彦作品についてのお話しでした。
おそらく、オリジン関係は映像化の絡みもあり、下手に話できないという気遣いかも知れません。

事前の公園開設名では、もっと技法的な話から製作姿勢まで、プロフェッショナルな講演会かと思っていました。

が、安彦さん自身が「今回の講演会の準備が出来ていなかった」と言われていた通り、それ程に敷居の高い無い様では無く、主に、安彦さんが描かれている作品の時代背景や、それらをどう捉えて作品としたのか等が中心となっていました。


講演会の後はサイン会が予定されています。
安彦良和講演会 11


安彦良和講演会 15


ひとりひとり、とても丁寧に優しく会話をされ、時間も十分に取られていました。
安彦良和講演会 19


サイン会は整理券の番号順。
今回は、安彦良和さんの書籍へ・・・という条件付きです。
安彦良和講演会 18


原画集にサインして頂きましたが、コレを持ってこられる方が割りと多かった印象です。
他にも、かなり古い書籍を持ってこられている方や、かなり遠方の県から来られている方もいらっしゃいました。
安彦良和講演会 20




有料の講演会で3,888円だった事や、事前の説明ではプロ向けの様に見えていたことから、150名にも満たない人数のイベントとなりましたが、その分、距離の近いイベントとなりました。

サインと同時に握手もして頂きましたが、この手からあの作品達が生まれたのかと思うと感動すら覚えてしまいました。

とても優しく暖かな握手でした。



そして、予定にはありませんでしたが、サイン会終了後、その場に残られていた方と小さな撮影会状態にもなり「こんなおじいちゃんと撮って嬉しいかね〜」と照れくさそうにされながらも、快く対応して下さいました。


念願だった安彦良和さんとツーショット・・・感激です。
cfa697 30


2011年には、路上で大河原邦男さんと・・・
安彦良和講演会 01


2012年には、ガンダムフロント東京の前で富野由悠季さんと写真を撮って頂きました。
写真 2012-04-18 20 14 31


今回、安彦良和さんと一緒に撮って頂いたことで「ガンダムを創った御三方」全てとのツーショットが叶いました。

この3枚の写真は、私のガンダム人生の中で何物にも変えがたい宝物です。



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。