スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/東京駅店リニューアルオープン


2014年11月19日(水)


主な内容。
★東京駅店リニューアルオープン


今回の店舗
東京駅店・秋葉原店


東京駅店が長期休業から明け、リニューアルオープンしました。
Zガンダムでエゥーゴの密会場所として使用されていた「マクダニエル」をモチーフとしています。


2014年11月19日(水)
10時オープンの2時間前に来てみたら、まだ開店待ちはゼロ。
t265 002


今までのガンダムカフェには見られなかったトリコロールのポールが用意されています。
t265 003


8時15分頃、中で準備をしていた本部の方が私を見かけ、チェーンを付けてくれました。
これで待機列っぽくなりました。
t265 011


8時50分、店内で使用するメニュー表を見せてもらいました。
t265 015


「見終わったらこの辺りに留めておいて」と言われたので、そのように固定。
t265 017


9時になり、ゴミ回収のためシャッターがわずかに上がりました。
t265 021


以前、秋葉原店で使用していたマットが敷かれています。
t265 022


再びシャッターが下りましたが、マットを挟んでしまってます。
t265 023


9時15分、ツイッターでも告知の有った《2日間限りハンバーガー300円割り引き》のポスターが貼られました。
t265 026


気がつけば、シャッター横にも照明が灯っていました。
ここにバックライトが仕込まれているとは思っていなかったのでビックリです。
t265 034


8時から2時間程並んでいる間に、興味を示して立ち止まる人は4〜5名程でした。
t265 031


一昨年のオープン時を思わせる様な関係者の顔ぶれ。
この時点のオープン待ちは3名でしたが、関係者は19名もいらっしゃいました。
t265 040


予定のオープン時間を少し過ぎていますが、中での準備が終わっていない様子。
t265 043


5分程過ぎてオープンです。
t265 046


まずは注文と会計を済ませて席に着く方式です。
t265 188


ファーストフードとしてはありきたりな方式です。
が・・・

メニューの組み合わせなど自分の世界観で遊ぶコンセプトカフェにおいては「まず座って考える」が出来ないの注文方法は不自由な印象です。


入店待ち列に使用していたポールは、店内でも動線を作るために使われていました。
t265 055


入口から見渡した店内の様子は、以前と違って遮る物が無く非情に立ち寄りやすい印象です。
t265 052


こちら、お客さんが増えたころの様子。
t266 017


ざっと見渡して受ける印象は「ガンダムっぽさか少ない」です。
幕張店のように一般人を意識した店舗作りになっています。
ガンダムっぽさのバランスを取るために、ポールをトリコロールにしたのでは無いかと私は思いました。

しかし、ゼータに登場するマクダニエルは普通のハンバーガーショップなので、これで良いのかも知れません。


店内からの視界にも開放感があります。
t265 190


今までのガンダムカフェとは雰囲気の違う看板が用意されています。
t265 050


t265 051


以前は保冷庫があった場所がレジカウンターになっています。
t265 129


マクダニエルのロゴ、ゼータフェアでは単色でしたが、今回は色分けされています。
t265 144


店員さんも、マクダニエルのエプロンをつけています。
t265 131

普段は店員さんの顔を伏せて使っていますが、顔出しもOKと言ってくれているので、あえて伏せませんでした。


このエプロン欲しいです。
t265 132


レジカウンターの頭上にはメニュー表。
t265 126


手元にもメニュー表はあります。
t265 130


以前はモニターが設置されていた場所はスッキリとし、カフェっぽいデザインがされています。
t265 065


ガンダムカフェの隠れた名物、隠しハロは、この一カ所のみ。
t265 066


ドリンクの機械(名前が分かりません)
t265 057


これを写真に撮っている人もいましたが、
t265 139


ほぼ台場店と共通です。
t265 141


カウンターのおわりには、以前も変わらずハロカウンターがあり、ドリンクなどここで受け取ります。
t265 123


マスタードやケチャップなどが用意されているのも、常設のガンダムカフェとしては東京駅店が初となります。
t265 124


客席スペース
t265 047


以前の東京駅店の面影を残すのは天井に掛かれた実物大ガンダムフェイスだけ。
t265 077


スタンディング用テーブルも用意されています。
t265 064


スタンディングテーブルからの眺め。
t265 078


以前は2台あったモニターは配膳カウンター上に移動し、1台のみとなりました。
t265 109


メニューがスライドショーで流れます。
t265 113

t265 114

t265 115

t265 116

t265 117

t265 118

t265 119


グッズ販売は、店内の奥になりました。
t265 120


目の届きにくい場所で、人の出入りも多いので用心しています。
t265 121


売り場面積は激減しています。
以前の東京駅店では、グッズ販売の売上も多かったはずなのですが、随分と思い切った決断だと思います。
t265 068


扉があり、この奥はスタッフオンリーとなっています。
きっとこの奥からカミーユの殴られる音が・・・
t265 142


席は6席と少なめ。
壁に向かって飲食をする事になるので、ちょっと寂しかったです。
t265 059


壁面にはメニューのイラストが描かれています。
t265 191


t265 192


t265 193


お知らせなどの掲示物はここのスペースに貼るようですが、この席にお客さんが座っていると、近くまで行って読むことが出来ないので、これも少々不便かと。
t265 195


初期の東京駅店では荷物の扱いに困ることがありましたが、その点はカゴを用意することで解決されています。
t265 072


壁面の電源は以前と変わらず使用禁止のまま。
t265 073


ただし、各席にはコンセントが用意されています。
4店舗のガンダムカフェの中で、唯一、電源の使用が出来る店舗となりました。
t265 074


注文後は、この札に書かれた番号が呼ばれるまで待機。
東京駅店にちなんで、ガンダム店長は駅員さんの格好をしています。
t265 070


イートインは赤い札で、書かれているガンダム店長も同じデザインです。
t265 076


番号を呼ばれたらハロカウンターへ。
t265 071


これがリニューアルした東京駅店の全メニュー。
t265 082



『フライドポテト』Sサイズ ¥200/Mサイズ ¥280(以下の物はSサイズ)
t266 005


ハンバーガーち一緒に注文すると、ひとつの皿にまとめられます。
t265 098

t265 177


『プレーンバーガー ~スレッガーバーガー~』¥700
タムラ料理長が一年戦後、マクダニエルの厨房へ転職していた・・・という展開をイメージしているようです。
t265 088


あの時塩が使えなかった反動からか、塩にこだわったバーガーを考案したようです。
t265 102


この白い物の小隊は塩麹で、塩っぱすぎず、むしろ甘ささえ感じます。
t265 096


バンズには、スレッガーの「S」と、ミライさんに託した「おふくろの形見」の指輪が焼き印されています。
t265 093


バンズの方が小さいのですが、しっとりフワッとしたバンズは食べる際に押し潰れ、パティと同じくらいのサイズになります。
t265 108


パティの下にはトマトとレタス、この組み合わせは全てのバーガーで共通しています。
t265 104



『チーズバーガー ~ガンダムバーガー~』¥780
プレーンバーガーを基本としたアレンジが加えられています。
t265 103


挟まれたチーズは、もう少し濃厚な方が好みでした。もしくはもう一枚乗せてもらうとか・・・
t265 097


ガンダムの顔が焼き印されています。
t265 091


t265 107



『トマトバーガー ~シャアザクバーガー~』¥800
t265 172


辛さは無く、オリーブやケーパーが合わさったトマトのバーガーです。
t265 179


シャアザクの顔が焼き印されています。
t265 181


t266 017



『アボカドバーガー ~量産型ザクバーガー~』¥800
アボカドと相性の良いワサビ醤油味です。
t265 173


アボカドがゴロッと入ったバーガー、量的にも一番食べ応えのあるバーガーだと思います。
t265 178


量産型ザクの顔が焼き印されています。
t265 180


t265 183



『ジャブローコーヒーパンケーキ』4ピース¥250円
ジャブローコーヒーを練り込み、ほのかな苦みも感じる味わいで、食感は表面サクッと、中身はフワッと。
t265 086


トッピングは3種類で各50円
t265 085

キャラメルソース=元々の甘さをより強くしてくれる印象。
ミルクソース=練乳系で一番相性が良いかも。
チョコレートソース=ビターで美味しいのですが素材の味を消してしまうぐらい濃厚。


『ジャブローコーヒーパンケーキ』/8ピース¥450円
t265 174



『ユニコーンソーダ覚醒モード』¥350(東京駅店限定)
アップルミント味ですが、ミントを強く感じる爽やかな味わい。
t265 101


今までガンダムカフェのオープン時、レシート番号にはこだわっていませんでしたが、今回は初めて1番のレシートをもらいました。
t265 138


東京駅店では、メニューの書かれたチラシを配布しており、これがあれば100円の割り引きが受けられます。
期間は12月31日まで。
t265 135


意外なほどにお客さんが多く入っている東京駅店から、一旦、撤収します。
t265 125



夕方、ビルドファイターズ トライを観た後で、東京駅店へ戻って来ました。
t265 164


入店待ちが出来ています。
t265 165


店内が空いていても、厨房が対応できるまではここで待機です。
t265 167


t266 034


テイクアウトで購入すると、札の色はグリーン。
店長のエプロンが赤煉瓦になっています。
t266 027


テイクアウトの場合、東京駅店だけの専用のボックスが2種類用意されています。
t266 028


t266 029


t266 030


テイクアウトで購入。
t266 039


t266 041


マクダニエルオリジナルシールが貼ってあります。
どらもハンバーガー用ですが、大きい方はポテトとのセットで使用します。
t266 045


種類が多い場合、目印のシールを貼ってくれます。
t266 047


こちらにはプレーンのハンバーガーが入っているので、マジックで書いてくれました。
t266 048


ポテトの下にバーガーが入っています。
t266 049


それから数時間後・・・
t265 185


ラストオーダーを待たずしてパティ切れとなり、完売してしました。
t265 186


初日、閉店です。
t265 197


t265 198



そして自宅へ。
t266 052


t266 059


t266 054


パンケーキは冷めても食感は変わりませんが、1時間ほどの移動で少し硬くなりかけていたので乾燥には気をつけなくてはいけません。
トッピングのテイクアウトにはフタが尽きます。
t266 056


ハンバーガーのテイクアウトはこんな感じ。
t266 057


少し水分を吸ってクッタリしてしまいましたが、イートインで食べるときと印象は変わりません。
t266 060


t266 061


初日制覇の記録はここまで!


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。