スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/選挙演説が客に与える影響

主な内容。
★選挙演説の影響について調査


今回の店舗
秋葉原店


12月13日(土)
秋葉原店の前でまた選挙演説が行われるというので、状況の確認に来ました。
a784 +t272 009


演説は18時からですが、15時の段階で既に準備が始まっている様子がホームからも見えていました。
a784 +t272 010


a784 +t272 015


UDXへ繋がる陸橋は選挙演説を見下ろせる場所のひとつ。
a784 +t272 016


見下ろせる側には、既に立入が出来ないようなチェーンが貼られています。
が、後々でこんなものでは済まなくなります。
a784 +t272 017


陸橋の上にも立入制限がされています。
a784 +t272 020


ガンダムカフェ前にはトラックが2台横付けされています。
これは演説カーを駐めるための場所取りです。
a784 +t272 025


ガンダムカフェ前の歩道、車道側には警視庁のコーンが置かれています。
a784 +t272 027


ただでさえ狭いこの道を更に狭くしようというのだから、目を疑います。
a784 +t272 036


a784 +t272 037


演説が始まる出の間、カフェでコーヒーを飲みながら待機します。
a784 +t272 039


この日、調査したかったのは選挙演説がガンダムカフェに与える影響です。

結果から言うと、公権力の横暴と言う物を身を持って感じることとなりました。


演説開始の50分前、カフェ前から見た外の様子。
a784 +t272 040


トラックが場所取りをしていた場所には演説カーが駐まっています。
a784 +t272 042


カラーコーンによる行動の規制は始まっており、歩行がしづらくなっています。
a784 +t272 043


選挙演説を照らす照明はガンダムカフェにも当たり、その光が店内にも入りまぶしくなることも・・・
a784 +t272 044


ガンダムカフェに向かい合い位置に警備の私服警察官が貼り付き、視覚的な圧迫感は相当な物でした。
a784 +t272 046

昨年まではこのような警備はしていませんでした。
今までは、通行人を誘導する交通整理でしたが、今年は通行人を寄せ付けない警備へと変わりました。


一旦、カフェから出て、周辺の状況を確認します。
a784 +t272 052


ショップ側入口にも私服警察官が貼り付きガシャポンの前を塞ぎ、正面にはポールを立て、斜めからしかカフェへ入れないようにされています。
a784 +t272 053


カフェ前の歩道は更に柵で区切られ、道幅は半減しています。
a784 +t272 055


隣のAKB48カフェ前も似た状況です。
a784 +t272 057

ここで、不自然な状況に気付きます。
歩行者が居ないのです。

店舗前を歩行者用スペース、それより向こう側を聴衆用スペースとして区切っているようです。


その歩行者用スペースの上流は閉じられており、通りすがりの人が気軽に入れる状況では有りません。
a784 +t272 058


聴衆はこんな感じで集まっています。
a784 +t272 060

ここでひとつ思うことがあります。

この場所ではガンダムカフェが出来る前からここで演説を行っていました。
あの頃は人通りも少ない、ただ広いだけのスペースでした。

しかし、ふたつのコンセプトカフェが出来、人々の動線は変わりました。
その変化に対応すべきではないか。
変化に対応せず、新しい環境をむりやり自分達の都合で押さえ込む事が政治家のする事なのか。

と。


日中も確認した陸橋の状況も酷い物です。
a784 +t272 061


秋葉原駅から真っ直ぐ陸橋に伸びる動線が作られています。
a784 +t272 063


陸橋の上も、道幅が半減するほどの通行規制をしています。
a784 +t272 065


道幅半減どころか、6割減です。
a784 +t272 069


立ち止まるなと言われていたので、歩きながら撮った演説の様子。
こんな環境を作られ、とてもこの人達に投票する気にはなれません。
a784 +t272 075


この状況で、どれだけ普段の行動が制限されるか試してみます。
a784 +t272 079


通行用に区切られている各店舗前には警察官が立ち並び、余程の目的意識が無ければ近寄ろうとは思わない雰囲気です。
a784 +t272 082



一人が通れるだけの隙間は警察官が塞ぎ「通り抜けできません」と言っているので、一見すると通行止めに見えます。
a784 +t272 083


「通り抜けできません」ではなく「通り抜けさせません」の間違いです。
実際は、このまま高架下まで通れるようになっています。

この警察官に「ガンダムカフェへ行く」「AKB48カフェへ行く」と言わないと通してもらえないのです。


そして、後ろにはピタッと警察官が1名貼り付いて付いてきます。
a784 +t272 084


AKB48カフェとガンダムカフェの間にも、更に通行を制限するポールが立っています。
a784 +t272 085

これらを撮影するために足を止めると、後ろに付いていた警察官が体に触れ押してきます。
「触れないで下さい」と言っても触れてきます。
警察官から出てくる言葉はどれも高圧的な命令口調です。

周囲の撮影をする事など、コンセプトカフェを利用する者なら当然の行動。
これが抑圧されてしまいました。

行動を制限する法的根拠の提示と、許可無く体に触れる事への説明を求めても無視されます。
そして数秒単位で警察官は増え、マスクで顔を隠した私服警官2名、制服の警官3名に取り囲まれました。


まるで犯罪者の気分でしたが、普段通りの行動がここまで抑圧されることが分かりました。
a784 +t272 086


一番乱暴だった私服警官が荒い口調でカフェのショップ側入口に押し込もうとします。
a784 +t272 088

警官「ほれ、ここに行きたかったんだろ!!」
私「違う、そこはカフェの入口じゃ無い!! そんな事も分からないんですか!?」

(本当に、この文章通りの言葉遣いでした)

この警察官はカフェの入口すら把握していないのです。
酷い状況でした。

営業妨害という言葉が適切かは分かりませんが、ガンダムカフェやAKB48カフェの正常な営業活動を阻害していたことはあきらかです。


非常に不快な思いをしつつ、ガンダムカフェに到着。
a784 +t272 091


マイカップを出す気力も無く、席を選ぶ気にもならず、手近な席で烏龍茶。
a784 +t272 090


演説終了後、やっといつも通りに戻ります。
a784 +t272 096


全てが終わった後、ガンダムカフェ前に取り残されるポールとカラーコーン。
a784 +t272 095




12月14日(日)
a785 01


昨日のポールが取り残されたままです。
a785 05


警視庁の所有物です。
a785 07


道行く人がポールを踏んだりつまずいたり・・・
B4ydaGZCQAA5bwM.jpg


狭い場所で人を集めたり、公共の場に私物を放置したり・・・
一般市民なら注意され解散させられるようなことでも、選挙のためならば、警察がすることならば許されるという事が分かりました。




12月15日(月)
更に翌日
a786 01


依然として放置されたままで、最終的には一週間以上、放置されっぱなしでした。
a786 03


念のため・・・
ガンダムカフェやAKB48カフェには一切、否はありません。

ここに書いたことは個人的な感想であり、ガンダムカフェやAKB48カフェとは一切関係ありません。




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。