スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/ガンダム00 それぞれの対話フェア初日



主な内容。
★ガンダム00 それぞれの対話フェア


今回の店舗:秋葉原店・東京駅店


2015年12月15日(火)

珍しく開店の1時間くらいまえから入店待ちが現れ、開店時間には10人くらいの列に・・・
Re201512_00 01

もう1年以上、フェア初日といえど開店待ちなんて出来てなかったのに。
Re201512_00 02


入口はフェアに沿った装飾に。
a922 041

右にメニューポスター。
a922 042

左にキービジュアル。
a922 043


店内入ってすぐのカウンター席
a922 027

カウンター席後ろの掲示スペース。
a922 030


以前は赤いテーブルが置かれていた柱そばの席。
Re201512_00 03

a922 026


配膳カウンター側の掲示スペース。
a922 032

a922 031


店内奥の掲示スペース。
a922 016

a922 017


店内奥の展示スペースもフェアに沿った物に変わっています。
a922 005

a922 019

a922 020

a922 021

a922 022

a922 023


各テーブルに置かれているメニュー表。
a922 034

a922 035

a922 036

a922 037

a922 038

a922 039

a922 040


平日にもかかわらず、開店から1時間もせず店内はほぼ満席。
Re201512_00 04


注文カウンター背後のモニターに表示されているメニュー画面。
a922 181

a922 183

a922 185

a922 186

a922 187

a922 188

a922 189

a922 191

a922 193

アルコールメニュー画面はディナータイムにならなければ表示されません。
a925 09


ブチグラスは抽選で、箱の中のカプセルにはこのような紙が入っています。
a922 044

a922 045

a922 046

a922 047

a923+t329 005


一部のメニューが先行して始まっていた今回のフェア、店内の装飾はフェア仕様になっていませんでした。

しかし、この雪ダルマだけは先行開始の時から飾られていました。

a922 050

先行開始の時はレジ後ろでしたが、フェアが始まった初日はハロカウンター周辺へ移動。
a922 049


今回のフェア、秋葉原店では久しぶりに「メニュー表」がもらえます。
対象のメニューを1会計に付き1枚もらえ、以前のように「お一人様フェア中一枚だけ」だなんて鬼対応ではございません
a922 054

a922 055



プチグラス、初日の戦果はダブリ無しでホッとしました。
a922 105


刹那・F・セイエイ
a922 080

a922 083

底にはソレスタルビーイングのマーク(他マイスターも同じです)
a922 018


ロックオン・ストラトス
a922 085

a922 088


アレルヤ・ハプティズム(別の日に撮影)
a925 15

a925 17


ティエリア・アーデ
a922 091

a922 094


ミスター・ブシドー
a922 095

a922 098

底にはアロウズのマーク。
a922 103


リボンズ・アルマーク(別の日に撮影)
a923+t329 037

a923+t329 039

こちらも底にはアロウズのマーク。
a923+t329 041


後日、東京駅と台場でも不足分を引き当てコンプリート。
a925 25



では、フェアメニューへ移ります。
Re201512_00 05


ドリンクは各マイスターのノンアルコールカクテル 各750円(税別)
a922 077

a922 060


コースターは全店舗共通が5種、各店舗限定が1種ずつの、合計8種。
初日はダブリも無く良いスタートです。
a922 079


『誇り高き戦い』1,000円(税別) +『青藍の剣士(せいらんのグラディエーター)』
刹那&グラハム
a922 144

a922 108

最近では定番となったプリント煎餅(味はありません)
a922 110

明太パスタは濃いめの味付けで食べても食べても減りませんw
a922 112

パンはガーリックトーストに黒ゴマのペーストを塗ったもの。
a922 113

『青藍の剣士(せいらんのグラディエーター)』
ブルーキュラソーとマンゴーの炭酸ノンアルコール。
Re201512_00 06



『その嵐を撃て』1,000円(税別) +『深緑の狙撃手(しんりょくのシャープシューター)』
ロックオン&サーシェス
a922 161

a922 147

真上から見ると、照準のようになっています。
a922 155

バジルライスはもっちり食感で、ライスが圧縮してあるので見た目以上にお腹に溜まります。
a922 149

ライス中央はゆで卵のバジルソースがけ。
a922 150

a922 174

お馴染みの生ニンジンのハロと、その下はゆで卵。
a922 152

a922 173

タンドリーチキンはボリュームありでジューシー。
a922 153

『深緑の狙撃手(しんりょくのシャープシューター)』
ミント強めのアップルジュースで、炭酸ノンアルコール。 img src="http://blog-imgs-88.fc2.com/g/u/n/gundamcafe/20160106091849be0.jpg" alt="Re201512_00 07" border="0" width="510" height="383" />


『二律背反(アンバランス)』1,000円(税別)+『橙黄の鷲獅子(とうおうのグリフォン)』
アレルヤ&ハレルヤ
a922 138

こちらも刹那のメニュー並みに食べ応えあります。
a922 130

彩り程度に添えられたサラダはアレルヤの前髪?
a922 133

中央の温泉卵は髪から覗いた目ではないでしょうか。
a922 132

小エビがちりばめられ、全体的に海老風味、
a922 180

a922 178

『橙黄の鷲獅子(とうおうのグリフォン)』
オレンジとピーチの無炭酸ノンアルコール。
Re201512_00 08


『女神(ヴェーダ)に背いても』1,300円(税別)+『紫紺の堕天使(しこんのエグリゴリ)』
ティエリア&リボンズ
a922 141

中性的なティエリアとリボンズのメニューですが、その内容はお肉ガッツリの男メシな印象です。
a922 121

刹那とティエリアのみ、ソレスタルビーイングのマーク付き。
a922 122

リブステーキは柔らかく、醤油と粗挽き胡椒で味付けされガーリックチップが効いてます。
a922 123

ライスとサラダの間にはスプラウト(?)が潜んでいますが、これがリボンズ?
a922 124

サラダと肉を掻き分けなければライスには到達できません。
a922 170

a922 172

『紫紺の堕天使(しこんのエグリゴリ)』
ブルーキュラソー(青)とストロベリー(赤)を混色させた紫の無炭酸ノンアルコール。
Re201512_00 09


ドリンク4杯飲むだけでもお腹いっぱいになります。
a922 194

初回はこの4品でお腹がはち切れそうになりました。
a922 164



2015年12月16日(水)
18時に来店したら入店待ちは無し、その後、次第に入店待ちが並び始めました。
a923+t329 001


レジ前のリースからコウ・ウラキが居なくなったと思ったら・・・
a923+t329 003

ツリーに引っ越ししていました。
a923+t329 004


今回も、使い慣れた席は塞がっていたので、モニター下の席です。
Re201512_00 10


これで今回のフェアメニューは制覇です。
a923+t329 049


『永遠(とわ)の約束』980円(税別)
沙慈×ルイス
a923+t329 051

モンブランのタルトは沙慈
a923+t329 053

頭頂部に乗っていたのはマロングラッセ。
a923+t329 074

ほんのりと栗の香りがする、控え目なモンブランです。
a923+t329 072

クリームの下にはブロック状のスポンジケーキが敷かれています。
a923+t329 073

マンゴーを使ったフルーツタルトはルイス
a923+t329 052

ふたつのタルトが皿の上で滑って離れてしまわない様、チョコソースで固定されています。
a923+t329 076

ふたつのタルトから差し出されたポッキーをリングが結んでいます。
a923+t329 058

リングはスナック菓子をチョコソースにくぐらせた物で、少ししょっぱい味が残っています。
実際に指輪としては使えないようです。
a923+t329 077

添えられたソースは疑似太陽炉の赤いGN粒子のようにも見えます。
a923+t329 059


『天上の正餐(ソレスタル・ディナー)』1,150円(税別)
マイスター色の粉はほぼ塩。東京駅店でも提供してる小さい方のチキンは濃い目の味なので、マイスターの粉は大きなチキンに付ける方がいいかも。
a923+t329 031

セット注文が可能なフードなので、スメラギのカクテル『戦術予報士の憂鬱』と合わせてみました。
a923+t329 014

黄色い粉はアレルヤ。
a923+t329 062

青い粉は刹那。
a923+t329 063

紫の粉はティエリア。
a923+t329 065

緑の粉はロックオン。
a923+t329 066

試しに全色を混ぜてみると・・・
a923+t329 068

ただ混ざるだけで面白いことはありませんでした。
a923+t329 069

この色の付いたしょっぱい粉、小さいチキンには既に味付けがされているので、大きなチキンに付ける方が良さそうです。
a923+t329 071


『天上の宴(ソレスタル・パーティ)』680円(税別) はフェア開始に先行して始まりましたので、そちらにまとめています。


アルコールも含め、初回で飲まなかったジュース類も合わせて注文。
Re201512_00 11

a923+t329 012


今回は、アルコールは2種だけ。
Re201512_00 12

『戦術予報士の憂鬱』750円(税抜)
スメラギ&マイスター
Re201512_00 13

白ワインのサングリアで、刹那をイメージしたブルーキュラソーと、ロックオンのキウイ、アレルヤのマンゴー、ティエリアのブルーベリーが入っています。
a923+t329 016

Re201512_00 14


『仮初めの幸せでも』750円(税抜)
セルゲイ&ピーリスは、カルピスのウォッカ割りです。
a923+t329 024

添えられたライム(セルゲイをイメージした傷付き)を絞ると味の深みが増します。
a923+t329 018


『ガンダムOOラテ ブシドー』390円(税別)
※刹那ラテは、以前のフェアと同じなので省略。
a923+t329 008


ソフトドリンクは2種。
a923+t329 026


『宇宙(そら)に咲く花』430円(税別)
劇場版ラストのアレです。薔薇の香りがする炭酸ストロベリー。
a923+t329 029

『花』430円(税別)
刹那の少年時代?ブルーキュラソーとジンジャー(ジンジャエールではない)の炭酸。
a923+t329 028


会計を2回に分け、メニューペーパーは2枚獲得。
a923+t329 042


コースターは、全店舗共通柄はコンプリート出来ましたが、店舗限定柄は今後の課題です。
a923+t329 045


店内は空席がありますが、外での入店待ちもいます。
メニューを注文してから提供されるまでに時間が掛かりすぎているので、店内に案内できずに居る状況です。
Re201512_00 15


これだけ多くのフェアメニューを提供している気になるのが通常のメニュー。
Re201512_00 16

やはり、一部のメニューが休止状態になっています。
a923+t329 086

a923+t329 087



東京駅店へ移動。
Re201512_00 17


店頭のメニュー看板もフェアの内容に換わっています。
a923+t329 090

a923+t329 091

a923+t329 092

後ろはフェア以外の内容。
a923+t329 093


レジ周り。
a923+t329 099

フェアのメニュー表はいつも通りA4サイズ。
a923+t329 100

a923+t329 101

a923+t329 102


カウンター周辺にもフェアのアイテムが・・・
a923+t329 094

a923+t329 096

a923+t329 097

a923+t329 098

店内の画面にはフォアメニューのスライドショー。
a923+t329 095

a923+t329 145

a923+t329 146

a923+t329 147

a923+t329 148

a923+t329 149


カウンター席にも、レジと同じフェアメニュー表が置かれています。
a923+t329 134

a923+t329 135


東京駅店のフェアメニューを頂きます。
a923+t329 114


『宇宙で待ってる』450円(税別)
沙慈とルイスをイメージした、紅茶味のすっきり無炭酸。
a923+t329 109

指輪をイメージした輪切りリンゴが載っています。
今回のフェアドリンク、リンゴを多用しすぎていて飽き気味なので、これくらいは白桃やパイナップルでも良かったんじゃ無いでしょうか。
a923+t329 112


『0998/0026』450円(税別)
ティエリアとリボンズ。紫のフルーツを使わずブルーキュラソーとストロベリーで紫色を再現。
a923+t329 110

キウイがふんだんに盛られていますが、青臭いばかりで食べる気にはなれませんでした。
a923+t329 111

秋葉原店のティエリアカクテルと使っている素材が同じなのでは?
キウイが乗っている分こちらの方が材料費は掛かっていて450円という低価格はお得ですね。
そうなると秋葉原店は同じ(かもしれない)材料で750円だと価格設定がおかしな事に・・・

そもそもガンダムカフェのノンアルコールカクテルの扱いは「お酒を飲ます店だけど、飲めない人のためにノンアルコールを用意するので高くても勘弁してね」というポジションでした。
しかし「お酒を飲ます店」というスタイルを止めて、フェアドリンクでジュースを積極的に使うようになった今では、ノンアルコールは存在意義が薄くなっています。

ガンダムカフェさん、750円を払うなら価格に見合ったお酒を飲ませてくださいませ。


ラテ『リボンズ』390円(税別)
a923+t329 105

ラテ『ティエリア』390円(税別)
t330 014


『ソレスタル・フレンチトースト』550円(税込)
フレンチトーストは甘さ控えめで、クリームも甘過ぎずアッサリしてて爽やか。苺もジャムぽくなくてフレッシュ。こんなに美味しくて550円は安い!
a923+t329 116

a923+t329 119

クリームの上には、マイスター4人を表現したフルーツが乗っています。
a923+t329 121

a923+t329 122

a923+t329 123

a923+t329 125

a923+t329 139

a923+t329 137


『ソレスタル・バーガー』550円(税込)
刹那は白身魚フライ(サクサクで美味しい)、アレルヤはきんぴら風のニンジン、ティエリアは紫キャベツ、ロックオンはレタスで表現しています。
a923+t329 133

フライも野菜もサクサクです。
a923+t329 144


とりあえずは、店舗限定コースターが出てひと安心。
a923+t329 143


この段階で、台場店のフェアメニューまで手が届きませんでした。
台場店の内容はこちら。







2016.01.06 文章を一部書き直し、画像も一部修正しました。





スポンサーサイト
28:承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.01.05 21:59 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。