スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/00フェアのプチグラス終了


主な内容。
★00フェアのプチグラス終了


今回の店舗:台場店・秋葉原店

年明け早々に00フェアのプチグラスが全店舗で完売しました。
〈5日:東京駅店〉〈6日:台場店〉〈7日:秋葉原店〉

この機会に、今回の00フェアを振り返って見たいと思います。


2016年1月6日(水)
GBWC2015ファイナリスト作品の展示がこの日までだったので、そのついでに台場店へ。
P1065659.jpg

プチグラスが完売した数分後ということもあり、メニュー表などにも注意書きなどはまだありません。
P1065666.jpg

プチグラスの陰に隠れ、年末年始メニューもひっそりと終了していました。
おちょこが完売してもメニューは販売し続けるのが恒例でしたが、今年は材料を少なめに見積もっていたのでは無いでしょうか。

とりあえず、フェアメニューを食べて撤収。
P1065664.jpg



2016年1月7日(木)
プチグラスが完売した直後の秋葉原店へ来てみました。
a933 02

到着した18時半なら入店待ちが居てもおかしくない時間帯ですが入店待ちはナシ。
a933 03

柱に貼られていた「場合によってはラストオーダーの時間を変更する…」との表記が剥がされて居ます。
a933 13

入口周りは・・・
a933 17

メニューポスターのプチグラスには「SOLD-OUT」の文字。
a933 18

a933 19

自動ドアには、プチグラス完売を知らせる貼り紙。
a933 04

a933 05

注文カウンターからはプチグラスも、おちょこも無くなり、門松だけがポツンと残されていました。
a933 06

カウンター上のメニュー表、プチグラスの表記は・・・
a933 11

「SOLD-OUT」のテプラが貼られています。
a933 12

フェア期間は2015年12月15日〜2016年1月31日の47日間。
その折り返しに差し掛かる前に23日目でプチグラスが終了となりました。
残念に思う声も少なくない「完売」ですが、あくまでもプチグラスはおまけであり、主体は飲食です。

完売を受け、フェアの勢いが意気消沈してしまわぬよう、お客様への身近な接点でもある公式ツイッターやHPでも、より一層の盛り上げをして頂きたいと願っています。(開業以来、Webでの広報活動が手薄なので心配でもあります)


久しぶりの、時間を気にせずに済むガンダムカフェです。
a933 09



【今回のフェアの流れ】
※以下、個人的な観察と推測によるもので、公式な内容は含んでいません。

変更1:対象メニュー注文数と関係なく「1会計1枚」が条件だったメニューペーパーが、後に「注文数だけまとめてお渡し」へ変更。
原因:メニューペーパー欲しさで会計を複数回に分けるお客様が多く、レジが混雑したため。


変更2:今まで形式的なお願いだった「混雑時90分制」を常時適用。
原因:フェアメニュー提供や、それに伴う会計処理に時間が掛かったため。


変更3:会計を一度にまとめるようお願い。
原因:フェアメニュー提供が3~40分掛かる事に加え、会計時のプチグラス抽選にも時間が掛かる事から、2度目の注文では90分制限内に収まらないため。


変更4:入店は利用人数が揃ってから。
原因:会計を一度にまとめるには、人数が揃っている必要があるため。


変更5:混雑時のラストオーダー時間の変更。
原因:フェアフード提供に時間がかかり、営業時間内に収まり切らない可能性があるため。



これらはカフェの利便性や印象に大きく影響を与えます。

他府県からも遠征して利用されるお客様も珍しく無いお店です。
途中からの方針転換で、全てのお客様に同じサービスが提供されず残念です。

混雑が予想される人気作品のフェアに、時間の掛かるフードを設定した事も過去の経験が活かされておらず残念です。

何よりも気になるのは、いずれも店都合の変更という点です。
開業以来「お客様のために」とやりくりしてきたガンダムカフェとは真逆ではないでしょうか。

これら全ては企画段階の読み誤りが原因だと私は思っています。


90分制…、合流不可…、会計は一度だけ…
これらは飲食店としての「気軽さ」を損なわさせ、何かのイベントに並んでいるかの様なハードルを感じました。
「気軽さ」がガンダムカフェの良さだと思っていたので非常に残念です。


店員さんの奮闘と、それに理解を示したお客様は共に素晴らしかったと思います。

それらは企画段階の読み誤りを現場レベルで乗り切った結果であり、企画の欠点が有ったのではないか考えて頂けるよう願っています。



【今後の懸念】

ここ2年程のガンダムカフェは、トラブルに過剰反応しているように見えます。
些細な問題でも原因から断ち切る。
例外的なトラブルでも対象全てを規制する。

そんな感じです。

イベントならそれで良いかもしれませんが、いつもの店員さんがいて、お客様が通い、日常の時間を過ごす生活空間なのです。
主題はガンダムカフェでは無くお客様にどう過ごして頂くか、現場の店員さんにいかに活き活きとお勤め頂けるかです。
過剰反応を繰り返していけば、人の温もりは失われていく一方です。


昨年のSEEDカップリングフェアではメニューペーパーは「フェア期間を通して一人1枚」と厳しく、言い換えるなら「一生に1枚」でした。
その厳しい条件が、今回のフェアで緩和された事は素晴らしいと思っています。
今回の混乱に過剰反応し「今後、メニューペーパー提供はしない」等と判断にはなってもらいたくありません。


また今回、有限無実化していた「90分制限」を日常的に適応してしまったため、今後も常態的に適応してしまうのでは無いかと心配です。

ガンダムカフェは誰を対象とし、何を伝えたいのか。
初心を忘れず「90分制限は最後の緊急手段」と思って頂きたいと切に願っています。





追記しました(2016年1月15日 10:49)


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。