スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/ニュータイプ専用コースメニュー(招待編)

主な内容。
★ニュータイプ専用コースメニュー(2回目)


今回の店舗:秋葉原店


2016年1月29日(金)

ガンダムカフェのポイントカード最終ランクは「ニュータイプカード」
これを終了させる事を“覚醒”と言います。

4段階のカードは、終えるとランクに応じた割り引き券として使え、ニュータイプカードに限り割引or特典の選択式になっています。
特典とは1回の覚醒で1度しか食べられない特別なコースメニュー。

私は覚醒第1号として昨年末に食べてきました(そのレポはこちら)
このコースメニューは本人以外の4名まで有料で招待することが出来、今回は覚醒第2号となったカフェ仲間に招待してもらいました。

コースは予約制で18:30からの予定。
a940 001

私の時は予想以上に早い“覚醒”だったうえ、第1号と言う事もありカフェ側も思案しながらの実施でした。
今回は、あのときの何が違っているのか確認してみます。


初回はカフェに入る前からコース料理の対応が始まっていましたが、今回はまず入店してからの様です。
この点は仕様変更ではなく、雨が降っていたからかもしれません。
a940 009

ちなみに、このPで顔を隠しているのが、今回覚醒したカフェ仲間で、ピンクの制服が本日担当をしてくれる店員さん。
a940 011

担当店員さんには、決まったセリフが用意されています。
その部分は色を変えて記載します。

本日はニュータイプ認定記念コースのご予約を頂きまことにありがとうございます。本日担当させていただきます○○です、よろしくお願いします。
a940 014

「証明書の写真になるのでバストアップで撮らせていただきます。
a940 021

前回、担当をしてくれた店員さんはグレーの連邦服でしたが今回はピンクです。
ガンダムカフェが持っている一年戦争系の制服は6種(①カフェオリジナル連邦服 ②連邦グレー ③連邦ピンク ④連邦ブルー ⑤フラウ ⑥ララア)

三人目のコースメニューで、どの制服が使用されるのか楽しみです。


案内された席は前回と同じです。4名分の予約ですが6席分を使ってゆとりを持ったスペースが作られています。
a940 029

Reserveのプレートは前回と同じ。
a940 037

前回、お水用のコースターは無地の物でしたが、今回は「ガンダムカフェくん」の物が使用されていました。
a940 031

ニュータイプカードをお預かりします。

このタイミングでポイントを満了したニュータイプカードをお預けします。

あらためて、担当店員さんから御挨拶。
a940 030

本日は、こちらのニュータイプ特別コースの料理をお召し上がり頂きます。
ニュータイプの能力がさらにアップするようなコースになっております。
前にお聞きしていますけど、アレルギーなどはございますか、大丈夫ですか?
本日は3名様ですが4コース分ございます。

本日のニュータイプのPさんは最初の一杯はどれでも無料で、2コース目はもし必要であれば通常オーダーになりますのでご了承ください。
お二方はドリンクが必要であればコースの料金にプラス通常の料金でございまして、もしございましたらオーダー取らせて頂きます。
メインの料理はターキーかビーフよりお選びください、メインに付くパンかライスもお選び頂けます。


「3名様ですが4コース分」とか「2コース目は」などと不可解な言葉が並んでいます。これはカフェ仲間が「一人でメイン料理2種とも食べたい」と言いだし、3名なのに4名分予約したからです。
彼は2名分食べるつもりです。


前回は着席してから手渡されたお品書き、今回は最初からテーブルに置いてありました。
a940 034

前回からの大きな変化は「とうもろこしのスープ」から「クラムチャウダー」への変更。
a940 035

まずは乾杯。
a940 044


ーーーー《 スープ 》ーーーー

『クラムチャウダー』
a940 046

説明:こちらのスープのジオン軍のマークはトルティーヤです。崩してスープに混ぜてお召し上がりください。

前回は「連邦マークは」と説明して頂き、スープに間違ってジオンマークを乗せてしまったのかと思っていましたが、あのとき店員さんが手にしていた説明文が間違っていた様です。

魚介の旨味が詰まった美味しいスープでした。
a940 052


ーーーー《 前菜 》ーーーー

『茄子の味噌グラタン、スパニッシュ風オムレツの海藻添え、生マッシュルームとトマトのサラダ』
a940 059

説明:スパニッシュ風オムレツにはひよこ豆、青えんどう豆、赤インゲン豆などのたんぱく質が豊富な豆類が入ってます。
たんぱく質は筋肉、臓器、血液などの構成成分で、ニュータイプに必要な必須アミノ酸の含有量も豊富なバランスの良い食材です、どうぞお召し上がりくださいませ。


説明内容に細かな言い回しの違いはありますが、前回と大きな変化はありません。

「スパニッシュ風オムレツ」には小さな変化がありました。
前回添えられていたキャビアが今回は無くなっていました。
a940 063

茄子が嫌いなPさんの代わりに、彼の「茄子の味噌グラタン」を私が引き受けます。
a940 067


ーーーー《 メイン 》ーーーー

メインはビーフかターキー(チキン)のどちらかを選びます。
前記したとおり、Pさんは両方注文しています。
a940 073

『ターキーのピリ辛ラー油添え』
a940 082

説明:ターキーは主に感謝祭でのご馳走であり、ご存知の通りクリスマスやお誕生日…(こちら側の諸事情により中断)…本日はガンダムカフェのニュータイプに昇進されたお祝いと感謝の気持ちを込めてターキーのピリ辛ラー油添えをメインメニューにしました。重みがありますので注意して手で持ってお召し上がりください。

前回はビーフメインだったので、今回はターキーを選んでみました。

鶏皮は途中までめくられ、二通りの食感が楽しめるようになっています(皮部分はかなりの歯ごたえがあります)
a940 081

前回は十字に大きな切り目が入れられ噛みつく手がかりがありましたが、今回はそれが無く苦戦しました。
a940 099

a940 085


『リブアイの照り焼き風ソースとジェノベーゼ』
a940 094

説明:リブステーキでございます。
リブアイは牛の背中肉で、肩ロースとサーロインの中間に位置し、牛肉好きが最後に辿り着く知る人ぞ知る部位です。
本日は照り焼き風ソースとジェノベーゼと一緒にお召し上がりください。
様々な苦難を乗り越えてニュータイプに辿り着いたお客様に食べて頂きたいと思い用意いたしました。
どうぞお召し上がりください。


前回は下段が照り焼きソースで、上段は濃いペースト状のジェノベーゼソース…とハッキリと分かれていましたが、今回は両方が混合したソースになっています。
a940 095


ーーーー《 デザート 》ーーーー

『アフォガード』
a940 103

説明:バニラアイスとエスプレッソです。
エスプレッソをかけてミントと一緒にお召し上がりください。


前回はお皿の上にペーパーナプキンを敷き、その上にカクテルグラスが乗せられていましたが、今回はお皿が後から「ミントを乗せるのにご利用下さい」と持ってこられました。
また、前回は注ぎ口付きのソース器に入れられていたエスプレッソは、今回、ショットグラスに入れられていました。

そして担当店員さんより「この後にニュータイプの認定式があります、その時にまたお呼びください。」と。

しばしの歓談の後、担当店員さんの声掛けです。


まずは「名前書いてるの物を読み上げさせて頂きますが、個人情報ですが読み上げて大丈夫ですか?」と確認されます。

それでは只今より本日のガンダムカフェニュータイプパイロットになられました認定書をお渡しさせて頂きます。
それではPさま、お立ちいただいてもよろしいですか。
a940 117
P殿、あなたはガンダムカフェニュータイプパイロットの条件をすべてクリアして頂きましたので、本日付で認定しここに授与します。
平成28年1月29日 ガンダムカフェ、ガンダム店長。


そう言って、認定証を手渡されます。
a940 124

a940 132

入店時に撮った写真が使われ、名前は事前に本名か任意の名前かを選ばせてもらえます。
a940 137

私の認定証と追わせても、まだ2枚しか発行されていない公式(版権元のコピーライト入り)なカードです。
a940 139

おめでとうございます。
それでは引き続き記念撮影を行います。
こちらの写真は店内に掲示させて頂きますのでご本人さまのみか、皆様もご一緒頂けますが、いかがなさいますか?


と、チェキでの撮影を最後に行います。
Pさんの希望もあり、同席した私たちも一緒に写ることになりました。

「こちら日付とコメントを頂戴しております」と言われ、用意されたペンでコメントを書き込みます。
a940 140

その間にお会計を行います。
前回の私は特典利用だったため無料でコースメニューを食べ、レシートも発行されませんでしたが、今回は「ニュータイプコース」と書かれたレシートを受け取りました。
a940 144

18時半に店内の照明は青から赤に変わり、店員さん総出でお見送りです。
a940 149


前回よりも1時間早く始めましたが、今回も閉店時間に食い込んでしまいました。
今回はPさんが二人分食べていましたが、彼は早食いなので私たちと変わらぬ食事時間です。

このコース料理、次回も閉店までと思っていた方が良いかも知れません。



少し気になる点がありましたが、今後を見守っていきたいと思います。



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。