スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/00フェア開催全店舗にニールラテ登場

主な内容。



今回の店舗:旧幕張店・秋葉原店・東京駅店・台場店


2016年1月23日(土)
この日から00フェアに「ニール・ディランディのラテ」が追加されました。
それは後回しにして・・・

次世代ワールドホビーフェアへ行った帰り、幕張店の跡地へ行ってきました。
a938+t340 08

幕張店だった場所すべてが珈琲店になっていました。
a938+t340 12

広さをもてあまし抜けた印象のあった空間は、濃密で落ち着いた空間に変わっていました。
a938+t340 14

客も多く入っており、経営手腕の違いを見せつけられた思いでした。
a938+t340 16


幕張帰りに東京駅店へ。
a938+t340 18

カウンターのフェアメニュー表。
a938+t340 19

追加されるカタチでニールラテが加えられていました。
a938+t340 20

ニールラテは秋葉原店で飲む予定でしたが、店員さんが「どこよりも綺麗に作る自信有ります!」と言ってくれたので、その言葉に乗ってセットを注文。
a938+t340 28


『ガンダム00ラテ ニール・ディランディ』421円(税込)
a938+t340 22

その言葉通り、きめ細かな泡はクリームのようでもありシルクの様な柔らかな口当たりです。ラテ全体の味を底上げしており流石ベテランと思い知らされる一杯でした。
a938+t340 23

濃密な泡にはココアパウダーのラテアートが綺麗に乗り、15分以上経っても滲むことも崩れることもありませんでした。
a938+t340 31


店内奥の商品棚。
a938+t340 32

前日に発売されたばかりのザクヘッドマグカップに、商品PR様のプレートが用意されていました。
a938+t340 33


その脚で秋葉原店へ。
ありがたいことに入店待ちは居ません。プチグラスが無くなった影響でしょうか。
a938+t340 34

それでも「スタッフがご案内しますので」との札が出ているので、お声がけ有るまで待機。
a938+t340 35

ニールラテが「緊急参戦」と銘打って入口に貼られています。
a938+t340 37

注文カウンターへ。
a938+t340 38

カウンターにはニールラテの告知は他店舗よりも立派な物です。
a938+t340 40

スタンプのポイントを配慮した組み合わせ。
a938+t340 51

作ってくれた店員さんが遠慮気味に渡してくれたニールラテ。
泡はすぐに潰れてしまいましたが、良いラテでした。
a938+t340 45

最初から「一番綺麗なラテ作るぞ」と気合い入れていたベテランさんと比較するのはフェアではありませんが、同じラテを飲み比べするのも面白いです。

今では美味しいラテを作る台場店でも、オープン当初は秋葉原の味を再現するのに四苦八苦していました。
一朝一夕には行かないラテの世界ですね。

4名席は満席に高い状況になっています。
a938+t340 52

新しいお客様には「ただいま混雑のため90分制のご協力を…」
席を立つお客様には「ご協力ありがとうございます」

このふたつを繰り返し聞かされていると、早く席を空けるように急かされている気持ちになります。

一気にラテを飲み、滞在30分程で撤収しました。


入店末のお客様、どうぞ私の席をお使い下さいませ。
a938+t340 59

ニールラテが登場した翌日の夕方、台場店と東京駅店でフェアコースターが終了してしまいました。


2016年1月25日(月)
とある打合せのため秋葉原店へ。
a939 01

前日の台場店、東京駅店に続き、秋葉原店でも午前中にフェアコースターが終了してしまいました。
a939 02

a939 03

打ち合わせ相手とフェアメニュー。
a939 04

初日以来の『その嵐を撃て』はタンドリーチキンがより濃い味になり、バジルライスはライスの圧縮率が少な目になっていました。
a939 08



2016年1月30日(土)
00フェア終了の前日、滑り込みでニールラテのため台場店へ。
d+t341 03

なにかいつもと様子が違います・・・
d+t341 59

カフェロゴの看板がガチャの自販機で作ったバリケードの後ろに非難させられていました。
d+t341 57


入口のメニュー看板。
d+t341 04

d+t341 06

d+t341 07

東京駅店と同じようにニールラテは付け加えるように貼られています。
d+t341 08

プチグラスにはSOLD-OUTの文字。
d+t341 09

入ってすぐの平置き棚。
d+t341 11

d+t341 12

他店よりも大量の『GUNDAM 錫製ぐいのみ ガンダム、シャアザク』が並べられています。
d+t341 13

1種8,424円(税込)の高額商品ですが、海外からのお客様は高額な品でも平気で買っていくので、これだけ大量に並べているのだと思います。
d+t341 14

入口側のガラスケースは、ガンダムカフェのブランド「Discovery-G」をまとめた展示になっています。
d+t341 15

『GUNDAM 錫製ぐいのみ 2種(ガンダム、シャアザク)』
d+t341 18

『機動戦士ガンダム 九谷焼」7種』
d+t341 19

『GUNDAM 金箔ガラスプレート』
d+t341 20

『Gundam バーニアタンブラー』
d+t341 21

店内のメニュー表はどうなっているでしょうか・・・
d+t341 22

d+t341 23

こちらにもニールが付け加えられています。
d+t341 25

ザクヘッドマグカップも台場店ならではのボリュームで並べられています。
d+t341 30

商品の特徴を分かり易く現しています。
d+t341 31

台場店はライルラテがフェアメニューとして用意されているので、兄妹の共演が出来ます。
d+t341 47

残念ながら、泡が弱くてすぐにラテアートがしぼんでしまいました。
d+t341 52


ポイントカードは3週目のエースパイロットになりました。
d+t341 63


東京駅店へ。
d+t341 69

入口のサンプルケース。
d+t341 70

バレンタインを先取りしてなのか、ドムとうふを組み合わせたセット販売が一覧として提示されていました。
d+t341 71

店内のカウンター席側・・・
d+t341 82

ここでもドムとうふ推しです。
d+t341 83


『ソレスタル・フレンチトースト』を食べ納めしておきます。
d+t341 73

新商品『名演説湯呑み ガルマ国葬編』972円(税込)
以前の同名商品のリニューアルですが、イラストがカラーになりました。
d+t341 75

d+t341 76

d+t341 78

d+t341 79

d+t341 80

以前の物の方が渋さが有って好きでしたが、このカラー絵柄付きも可愛いかも知れません。
d+t341 81


最後に、フェア関連グッズの完売状況をまとめておきます。

プチグラス完売
 東京駅= 1月5日14:06
 台 場= 1月6日10:18
 秋葉原= 1月7日14:48

コースター完売
 台 場= 1月24日15:46
 東京駅= 1月24日18:07
 秋葉原= 1月25日11:09




〈感想〉
23日のニールラテ販売の頃には、コースターも終わりが見えていました。
 秋葉原= 1月25日 午前 完売11:09
 台 場= 1月24日 午後 完売15:46
 東京駅= 1月24日 午後 完売18:07

ニールラテが完売のタイミングを後押ししたのでは無いかと思います。
期間の大半をコースター無しで販売することとなりましたが、それは客側が用心しても避けられません。

ニールラテのお客様にとっても、フェア全体のお客様にとっても残念な結果です。

ファンとしては「好きなキャラ出されたら注文は必須」「可能な組み合わせは全て再現したい」と言うのが心情です。
それらをコースターがもらえない状況でも挑戦せざるを得ないのです。

これが当初から予定されていたテコ入れ策ならコースター在庫の底が見える前行うべきでした。

プチグラスが早期終了したお詫びのつもりなら、専用のニールコースターを作るか、コースターの対象外とすべきでした。


今回の00フェアでは、いろんな場面で「客を見ていない」と思わされる場面がありました。

企画立案をしている方は店内で客を見て下さい、耳を傾けて下さい、店員さんから書面だけでは無い声を拾って下さい。

お願いします。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。