スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GFT/COCKPIT in

2016年4月23日(土)

ガンダムフロント東京、有料ゾーン内に展示されている実物大ストライクフリーダムの胸像『RG 1/1 ストライクフリーダム Ver.GFT』のコクピットに乗れるサービスが始まりました。


以前は富士フイルムが入り、有料の台紙付き3D写真の撮影サービスとして行っていたストフリです。


《当時》 複数の付加価値が付いて2,700円
①台紙付き、②3D撮影、③天井からの見下ろし撮影、④SEED系衣装の貸し出し

《今回》 無料で以下のサービス。
①自分のカメラでスタッフさんが下から3枚撮影、②コクピット内の撮影OK

自分のカメラで撮れる点は、後にSNSや私的印刷物などへの二次利用も容易となるためありがたいです。
また、以前はコクピット内の撮影不可だったため、今回解禁されているのは非常に大きな付加価値となります。


4月23日は稲城長沼駅で大河原邦男さん参加のガンダム&シャアザク立像除幕式があったため来られず・・・
5月3日が初めての機会となりました。
Cockpit in(1) 06

近くから撮っても全体が入るよう、広角レンズを装備。
Cockpit in(1) 04

このようにGFTスタッフがストフリの下から撮影します。
Cockpit in(1) 05

5月の連休中だったので混雑していました。
P5032661.jpg

混雑時には整理券が渡されます。
同時に撮れるのは3名までで、それ以上は複数回に分けて撮ることになります。
Cockpit in(1) 07

ストフリの背後に居る入口目指して並びます。
Cockpit in(1) 08

GFTオープンは10時で、このサービスは11時から。
Cockpit in(1) 09

撮影しているスタッフさんを横目に見つつ待機。
Cockpit in(1) 10

自分の番になり撮影ですが、聞いていなかったアクシデントと遭遇。

写真は縦でしか撮ってくれないとのこと・・・
Cockpit in(1) 13

スタッフさんの位置からでもストフリの全身が入るレンズなのに、説明しても「決まっていることだから」と。
Cockpit in(1) 04

多くの客を処理しなければならない(かもしれない)サービスではルール作りは必要かと思います。
しかし、写真は元来横長であると思っている私は縦長が嫌いなのです。

どっちみち全身が収まらない事を前提とした縦長撮影かも知れませんが、持参したレンズだと全身の撮影が可能。
その性能を活かしてもらえないのは不満が残ります。


後日(5月8日)に再挑戦しましたが、混雑していなくても縦長の対応。
撮影する「3枚」の内容は・・・

Cockpit in(2) 04

Cockpit in(2) 05

Cockpit in(2) 06

この3枚。
こんな小刻みな3パターンはいらないので、せめて縦、横で撮ってもらいたいところです。
(一応、横長で撮ってもらいたいとの要望はスタッフさんにお伝えしました)


下から撮影していた自分のカメラはスタッフさんがコクピットまで届けてくれます。

コクピット内は明暗が極端で撮影が困難です。
Cockpit in(2) 20

Cockpit in(1) 23

Cockpit in(1) 25


Cockpit in(2) 21

Cockpit in(2) 16


この正面の箱の中に有るカメラは、以前、富士フイルムが3D撮影で使っていた物。
天井の四角い箱が、以前、見下ろしてストフリ全身を撮影してくれたカメラ。
Cockpit in(2) 23

コクピットから見上げたストフリの顔。
Cockpit in(1) 28

左肩は壁に刺さっています。
Cockpit in(2) 14

襟元に潜んでいるハロは、開業当時からの隠れキャラ。
Cockpit in(2) 15

右肩。
Cockpit in(2) 25

コクピットから見下ろした景色。
Cockpit in(3) 15

Cockpit in(3) 08

Cockpit in(3) 09


ストフリから下りたところにはキラのスタンディ。
Cockpit in(2) 26

Cockpit in(1) 12


更に別の日(5月15日)、他のお客さんがほとんど居ない日曜の朝。
P5032562.jpg

なんと、横長での撮影が可能になっていました。
諦めていたので広角レンズは持って来ておらず全身は入り切りませんでした。
Cockpit in(3) 01

Cockpit in(3) 03


連休中は休止していたフォトスポットでの衣装貸し出しが再開していました。
Cockpit in(3) 16

この衣装、以前は有償のストフリ撮影で使用していた物ですが、現在はフォトスポットから持ち出すことは出来ません。





備考
■「RG 1/1 ストライクフリーダム Ver.GFT」搭乗体験サービスが4月23日スタート!

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。