スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

展示/キャラホビ2012 1/4


8月25日・26日の日程で開催されたキャラホビ

毎年、夏の後半に開催されている恒例イベントです。

バンダイ出版課とホビージャパン誌が主体として始まったイベントであり「キャラモノ」が中心となったイベントでまさにガンダム中心のガンダムの祭典です。

昨年は両日共にイベントがビッシリでしたが、今年は驚くほどにスカスカです。



当日は始発で幕張へ・・・
前日より場所取りをしていた仲間と合流します。

毎年、空調の効いた屋内で並べるのですが、今年は学生達のブラスバンドイベントで屋内が使えないそうで、猛暑の下で10時まで並ぶことになってしまいました。
フォト



うっかり、前売り券を買い忘れたので、当日券を購入。
フォト



例年通り、9時半に列の移動が始まります。
フォト



朝の入場時にだけ使用されるゲートから入場です。
フォト



ゲートをくぐってすぐの場所に【ユニリーバ・ジャパン】のブースがあります。
フォト



男性用化粧品『AXE(アックス)』とガンダムのコラボというよりは、ガンダムがオマケに付いてくる程度の内容かと思います。
フォト

フォト



フォト



綺麗なお姉さん達が、試供品を配布しています。
(試供品にガンダムは付属しません)
フォト



フォト



フォト



フォト



このオリジナルのガンダムフィギュア
『AXE フレグランス ボディスプレー 90g』
『AXE ボディソープ 300ml』に数量限定で付属します。
フォト



このキャラ自体、デザイン集団PansonWorksとガンダムとのコラボです。

ユニリーバ・ジャパンは「ガンダムとのコラボ」と謳っていますが、正確にはPansonWorksを介したガンダムとの間接的コラボだと思います。
フォト



フォト





中央付近に【相模屋】のブースがあります。
もちろん、キャラホビ初出展。
フォト



フォト



フォト



巨大なザク豆腐が落ちてたので、拾ってみました。
フォト



フォト




『ザク・ハント・スプーン置きS型』の実物が展示されていました。
フォト



フォト



フォト



ザク豆腐の販売もあり、クーラーバックも100円で販売していました
フォト



試食も行われていました。
フォト





毎年、出展している【自衛隊】で、丁度ケロロ軍曹が来ていたので、ついでに撮影しときました。
フォト





今回、一番注目の【シャア×TOYOTA】のブースです。
コンパニオンの型のユニフォームもシャアを意識した赤が使われています。
フォト



この段階では、何が発表されるのかは分かっていませんが、TOYOTAなので車関連であることは間違いなく、シーツを被された車が置かれていたので、十中八九、シャア専用車といった類の発表だと言うコトが分かります。
フォト



となりには、イベントスペースが用意されています。
11時からの発表会もこちらで行われます。
フォト



TOYOTAの一般車も展示されています。
フォト



展示されている車の後方は、お客さんが試乗のために並ぶ場所になります。
フォト



シャアについてのパネルが展示されています。
フォト



フォト



フォト



フォト



シャアが搭乗したMSも展示されています。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



シナンジュが展示されていませんでした。
昨今の、フロンタル=シャアと扱ってしまう風潮に反している、硬派な内容です。


11時が近づき、記者も集まってきています。
その中に、バンダイの社長の姿も有りました。
フォト



11時になり、進行役の方が登場。
フォト



フォト



集まったメディア方の準備も整い、コンパニオンの方がシーツに手を掛けます。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



イメージしていた通りの車体が姿を現しました。
フォト



フォト



スペックも公開されました。
公式サイトでも、同じ内容が公開されています。
フォト



色合いは真紅と黒が使われ、シャアというよりはジョニーライデン専用車です。
シャアなら、紅色とサーモンピンクでなくては。
フォト



フォト



ボンネットのダクトは、このシャア専用車の為に特設されたFRP製です。
フォト



フォト



エンブレムは、TOYOTAマークを外しジオンマークを入れてしまうと言う気合いの入りようです。
フォト



側面には、大きなジオンマークが入っています。
ちょっと・・・大きすぎな気がします。
フォト



その他、各所にマーキングが施され、MSを彷彿とさせるアレンジがされています。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



ブレードアンテナまで取り付けられています。
フォト



このマットな質感はフイルムをラッピングしたモノであって、塗装では無いそうです。
フォト



排気ダクトも通常の2本から4本へ増えています。
フォト



リアのエンブレムもジオンマーク。
フォト



フォト



デザインを担当された松本さんが、今回のコラボデザインに関して語ります。
フォト



発表会終了後は、乗り込み体験が出来ます。
フォト



そんな予感がしていたので、進行の方が「乗り込み…」と口にした瞬間に、整理券の列を作る前の場所へ移動し、一番乗りで整理券を入手しました。
フォト



フォト



では、乗り込んでみます。
フォト



フォト



各所が赤く彩られています。
フォト



エンジンのスター度ボタンまでジオンマーク入りです。
フォト



フォト



フォト



ハンドルの中央にもジオンマーク。
とことんに、TOYOTAマークを配しています。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



1分半の乗り込み体験、堪能しました。
フォト



フォト



突然、古谷徹さんが関係者らしき方々と現れました。
(シャアとアムロの2ショットです)
フォト



フォト



この後、メインステージで開催される「CHAR AZNABLE × TOYOTA」に登壇されるので、その前に視察していたようです。
ステージの様子は撮影不可ですがガンダムインフォに掲載されていました。
フォト



フォト



フォト



こちらには、シャアにまつわる設定画が展示されています。
この様な裏方資料が喜ばれると分かっている辺り、TOYOTA側の担当者はガンダムを分かっている方だとうかがい知れます。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



中央では、1時間毎に『シャア・アズナブル検定』なるイベントが行われていました。
フォト



二択問題です。
フォト



参加者全員に、オーリスのレトルトカレー(トヨタ系施設で購入可能)と、最後まで残った1名の方にメガサイズ シャアザクがプレゼントされていました。
問題が簡単すぎて、ほぼ毎回、最後はジャンケン大会になっていました。
フォト



多くの方に注目を集め、乗り込み体験もそこそこの人気でした。
この後、日本各地をイベントで巡っていくそうです。
フォト



フォト



公式サイトも作られPVも公開されています。





定番の出展企業【サンスター】
フォト



普段、あまり興味を持たないブースですが、今回は目を引きつけられた商品がありました。
『機動戦士ガンダム・プッシュピン』です。
フォト



1/150スケールで作られた精巧なフィギュアが付いたピンです。
着色までされていて、非常に価値のある商品では無いかと思います。

乗り物系は価格が若干高めになっています。
『偵察バイク』
フォト



『ジオン軍ワッパ』
フォト



『エレカー』
フォト



『ホワイトベースクルー 2』
フォト



『シャア出撃』
フォト



『ホワイトベースクルー 1』
フォト



『ジオン公国軍』
フォト



『ジオン三連星』
フォト



『アムロ出撃』
フォト



意外と、期待していたブースとは違うブースが面白い展示をしてくれていた印象です。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。