スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

東京国際アニメフェア2012


今までアニメーションその物のイベントと思い参加していなかった東京国際アニメフェア。

今回は、事前に「プラモなどの新作展示がある」と知っていたので行ってきました。


ダイバーシティのガンダムを早朝から撮影し、東京国際アニメフェアの開場時間40分前には到着。
フォト



フォト



入場まで、かなり待つことになるかと覚悟していましたが、あっさりと入れました。

一般公開日初日にもかかわらずです。



この記録を書き始めて思いだしたのですが・・・

数年前に東京都が打ち出した〈東京都青少年条例〉に反対する角川書店などの出版社やアニメ制作会社は参加を拒否したイベントのひとつが、この東京国際アニメフェアでした。

報道では入場者数が25%も減ったそうです。


代わりに東京都を離れ、千葉市の幕張メッセで『アニメコンテンツエキスポ2012』を開催する事が決まっているようです。

千葉で開催しなくても、あんな都知事を再選させなければ良い話しなのですが・・・


そんな事情があり、バンダイブースはオープン直後で、この閑散とした様子です。
フォト



ガンダムに限らず、様々な映像作品が紹介されています。
フォト



こちらにガンダムのプラモやトイが集中展示されています。
フォト



UCが2、SEEDが2、AGEが6、そんな感じの展示バランスです。
フォト



もう既に何度もイベントで見かけている1/144ディーヴァ。
今回は、取り巻きとなるガンプラがありません。
フォト



左のケースがUC、右のケースがその他です。
中央の画面にはガンダムの映像作品の紹介が次々と流れています。
フォト



アニメフェアらくし、ガンダムのBlu-rayが並んでいます。
フォト



UC episode5 のチラシが置かれています。
ガンダムカフェにもありましたが、この日からチラシ解禁でしょうか。
フォト



フォト



フォト



フォト



UC episode5 のPVが繰り返し流れています。
フォト



展示物を見ていきます。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



この段には、試作段階のラピッドモデルが並んでいます。
フォト



フォト



フォト



フォト



下段は、スペースが余ってしまったのでしょうか。
今更過ぎるROBOT魂のユニコーンとシナンジュ。
フォト



では、隣のショーケースへ。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



こじんまりと、バンダイファッションネットの紹介。
フォト



フォト




残りふたつのショーケースは左が完成品トイ、右がAGE尽くしです。
フォト



1段目はROBOT魂
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



2段目は食玩とガシャポン。
MSフロンティア
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



ガシャポン戦士NEXT
フォト



フォト



フォト



ゆるるんスイング
フォト



3段目は完成品トイ。
フォト



ジョイントアクション
フォト



フォト



フォト



FW ガンダム スタンダードとコンバージ
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



一番下の段はゲイジングビルダー。
フォト



フォト



そして、右隣のAGE尽くしケースです。


1段目は複数のブランドが詰め込まれています。
フォト



メガサイズAGE-1とMG
フォト



フォト



こちらもメガサイズのAGE-2と、BB戦士。
フォト



フォト



2段目は比較的新製品のHG。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



いろんな意味で注目を集めているAGE-3 ノーマル
フォト



初めて実物を見ましたが、なんでこうなったのかと・・・
フォト



ZZの様な変形をします。
フォト



下から撮影。
フォト



あっという間にキャラの寿命を消費されてしまったAGE-1たち。
フォト



フォト



無理やり悲劇を背負わさせられた機体、ファルシア。
フォト



4段目はお手軽価格のAGシリーズ。
フォト



フォト



バンダイブースの裏手には、パネルが多数、貼られていました。
フォト



GUNDAM WAR NEX-A
以前もイベントで展示されていたサイン色紙が展示されていました。
フォト



フォト



私的に一番注目のガンダムフロント東京のパネル展示です。
フォト



ガンプラボックスアート展とは違ったパネルです。
フォト



フォト



フォト



そして、このイベントでのもうひとつの注目、チャリティーオークション。

多くの著名人からの貴重なサインが寄せられていましたが、その中でもガンダム創世のお三方のサインが出品されていました。
フォト


最初「三人のサインがオークションに出るらしい」と聞いて、1枚の色紙にサインをされているのかと思ったのですが、実際は、それぞれ別のサインでした。

フォト



フォト



フォト


以上、駆け足でしたが、東京国際アニメフェア2012の内容でした。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。