スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

展示/ガンダムワールド2011 in 那須ハイランドパーク

7月16日から開催されている《ガンダムワールド2011 in 那須ハイランドパーク》

さっそく7月26日(火)に行ってきました。


長野・札幌・大阪と、日本各地を転々と開催しているイベントです、現在も大阪の〈ひらかたパーク〉(で同時開催されています。9月4日まで)

那須では2年毎の開催が恒例となっています。
フォト


前回はガンダム30周年と重なり台場の実物大ガンダムが注目されていた2009年です。

夏休みシーズンなので少々混み合うことも覚悟していましたが、平日だったからなのか空いていました。
フォト



園内の、少々分かりづらい場所にありますが、大きな看板が目立っています。
フォト



展示内容を見る前にショップを確認しておきます。
フォト



壁側の棚には市販のプラモが並んでいます。
フォト



毎回、イベントのメインイラストをパッケージに使用したクッキーが定番です。
フォト



市販品と、このイベント限定の品が混在していますが、ロゴの有る無しで判別できる様になっています。
フォト



今回、始めてクリアモデルなどの限定プラモが販売されています。
フォト



しかし、どれも過去に別のイベントで販売された物なので真新しさはありません。
フォト



クリアファイルやバッチ。
フォト



ポストカードが、このイベントだけのアイテムのようです。
ただ、ひらかたパークと共通かもしれません。
フォト


写真を撮り忘れましたが、静岡とガンダムカフェだけの限定販売(後にプレミアムバンダイでも取り扱い)のはずの食玩『ガンダム大地に建つ』が、この那須でこっそりと売られていました。

最近では、作りすぎてしまっているのか「○○限定」と言いつつ、別の場所でも販売することが慣例となっているようです。
とは言え、次の販売があると保障されているわけではないので限定品には変わりないのですが、きっと「なんだよ」って思う人もいそうな気がします。



ショップも一通り撮影したので、入口へ向かいます。
フォト


基本的に〈ガンダムワールド〉と名の付くイベントは、既に過去にどこかで使用されたモノの再展示なので真新しい物は無く、ましてや最新情報の発信などもありません。


入口には、放映年代順に並べられた年表があります。
フォト


いろんなイベントで目にする年表で〈杉並アニメミュージアム ~ガンダム30周年 ガンダム展~〉でも展示されていたモノです。

定番の展示物ですが、ただの使い回しではないところが有りモノの再展示でも手を抜かないガンダムワールドの真面目さを表しています。
フォト



劇場版ガンダム00やガンダムUC、そしてこれから放映されるガンダムAGEまでも年表に追加されています。
フォト



その年表の向かい側壁面には〈杉並アニメミュージアム〉で見たモノと全く同じパネルがありました。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト




作品年表の並びには〈コロニー〉に関しての解説パネルがあります。
元々は松戸のバンダイミュージアムで使われていたモノで、その後もガンダムEXPOなどで何度か使われたモノです。
フォト



フォト



フォト



フォト



これらパネルの隣には巨大なコロニーのモデルが展示されています。
これも他のイベントでも見かける作品ですが、最近購入したマクロレンズで細部の撮影をしてみました。
フォト



表面の細部・・・は、他のレンズでもなんとか撮れます。
(この画像はマクロレンズで撮影)
フォト



今回、内部の陸地部分も撮影できました。
さすがマクロレンズです。
フォト



そしてコロニーの〈港〉部分。
フォト



巨大なコロニーの展示ボックスに並んで、ザクの実弾(実物大)があります。
フォト



これも松戸で展示されていたモノですが、他のイベントではあまり登場していないかと思います。
フォト



フォト



今回の那須ではザクに焦点を当てている(?)展示内容らしく、奥の壁面にはザクの系譜が並んでいます。
フォト



その手前に1/400 ムサイ
これも松戸での展示物です。
フォト



フォト



古い展示物なので、ブリッジ横のアンテナが欠損していたりと、細かいダメージが気になりました。
フォト



そして〈歴代ザクシリーズとパイロット〉と銘打った展示です。
フォト



市販品のプラモと、代表的なパイロットのパネルが合わせて展示されています。
ライトユーザーなら、この展示でも喜んでもらえるのではないでしょうか。
フォト



HGとMGが混在し、スケールが揃っていないのが少々気持ちの悪いところではあります。
フォト



ギラズール(アンジェロ機)まで展示され、一応最新まで揃えてあります。
こういう細かな展示物のアップデートがあるから、寄せ集めの展示だけれども安心して見ていられます。
フォト



MSVのザクは、完成している市販品〈ジオノグラフィー〉での展示になっています。
フォト



この展示方法は2008年のガンダムEXPOで展示手法と同じです。
フォト



フォト



フォト



フォト



別の壁面には〈ザクの生産ラインジオラマ〉が置かれていました。
松戸の展示品であり、名古屋でのガンダム生誕30周年祭でも展示されていたモノです。
フォト



そして、それらの展示中央には実物大のザクヘッドが置かれています。
松戸での展示品ですが、今年の静岡ホビーショーでも見かけた品です。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



ザクに焦点を絞った展示はここまでです。
フォト



等身大の各ガンダムが通路脇に展示されています。
フォト


混同されやすいのでしつこく書きます・・・
 〔等身大=人の身長と等しいこと〕
 〔実物大=実際の大きさ〕

台場や静岡の報道では、間違った表現をする各メディアが多々あり、アナウンサーまでもが「等身大ガンダムが…」と言っているシーンを見かける度に気になっていました。

ここで展示されている150cm程の展示物が等身大です。
フォト



ガンダムは過去の展示用に作られたモノですが、シャアザクは市販の〈HY2M 1/12〉です。
フォト



フォト



フォト



ガンダムとシャアザクによる巨大ジオラマの向かい側には、ストフリ、ウイング、エクシアと、非宇宙世紀の等身大ガンダムが並んでいます。
フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



フォト



今回のガンダムワールド限定の品が紹介されています。
(順路的には、全てを見終わった後に物販へと繋がっています)
フォト



フォト



フォト



奥のイベント展示スペースには、先程の巨大ジオラマとは別に作られた等身大ガンダムがたたずんでいます。
フォト



フォト



そして展示エリアも終盤となり、今回のイチオシ展示(那須ハイランド的に)です。
ガンダムやザクのパネルの前で写真が撮れます。
フォト



大人が余裕では入れるボックスが用意されています。
フォト



この中に、手持ち出来るサイズの武器がワイヤーで吊されています。
フォト


このワイヤー、「盗難防止か?」と思っていたのですが、持って分かりました。
私でも片手で保持し続けることが困難なぐらいに重いのです。

子どもでは、重すぎてとても持てません。


このように自分でポーズを付けて撮影の小道具にします。
フォト



左隣のガンダムに斬りかかろうとしましたが、ワイヤーがありこれ以上は接近できませんでした。
フォト



右隣にはガンダムの撮影ボックスがあります。
フォト



ワイヤーで2点固定されています。
フォト



ライフル片手にこの姿勢は1分と続けられません。
フォト



さらに隣は量産型ザク。
フォト



これら3点全て、事前のネット情報で見ているときは「1/12の付属品だろう」と思っていましたが、実際は全てがこの為に作られた1点モノだったのです。
フォト



バズーカサイズになると、重さもかなりのモノです。
フォト



トリガーは・・・
フォト



カタカタと可動します。
フォト



向かい側のガンダムを狙ってみました。
フォト


大人も子どもも楽しめる体感型の展示で、けっこう楽しめました。


そのとなりはMIAを使用したジオラマです。
ROBOT魂が主流となった今ではMIAは少々見劣りしてしまいます。
フォト



フォト



出口付近・・・
フォト



パネルのテイストは少々古い感じですが、その内容は新しくTHE ORIGIN完結について触れられていました。
フォト



その横に並んでいるイラストは複製原画などではなく、普通のコピーでした。
フォト


そして最後はVガンダムのアドラステア級戦艦のジオラマで、こちらもMIAを使用しています。
フォト


フォト



毎回、定番となっているガンダムクイズもありました。
フォト



11月27日まで展示です。

9月4日に〈ひらかたパーク〉でのガンダムワールドが終了した後、那須の展示内容の増強が行われるのではないかと思っています。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。