スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

展示/魂フェスティバル2011


年に何度か開催されているバンダイコレクターズ事業部の商品展示会。

 2009年〈秋〉:魂ネイション2009 Autumn

 2010年〈冬〉:魂フューチャーズ Vol.1

 2010年〈夏〉:魂フェスティバル ~夏の新商品祭り~

 2010年〈秋〉:TAMASHII NATION 2010

 2011年〈冬〉:魂フューチャーズ Vol.2


そして今回の〈魂フェスティバル〉です。
テーマは『超合金の夏 ロボットの夏』


会場は最近定番のベルサール秋葉原。
フォト


前回の無い無いずくしだった〈魂フェスティバル〉と違い、今回は盛りだくさんです。
 何かカードがもらえるらしいけどガンダムじゃないのでパス
 ROBOT魂 G-3ガンダム(メタリックコート仕様)発売
 メルマガ会員入会特典「魂STAGE ACT.超合金」プレゼント
 展示物にガンダム関連がいっぱい

最近、ガンダムイベントに枯渇していた私には嬉しいイベント内容です。


過去にROBOT魂 ターンX〈クリア〉を300名限定でプレゼントしたような狭い枠でのイベントが無いので、油断して始発で出発しませんでした。
到着は 5:30 です。
フォト



思っていた以上に列が長くできていました。
この時点で整理券のことをすっかり忘れていました。
フォト



そして 6:00 になり整理券(リストバンド)配布開始。
整理券の番号で集合時間が区分けされるのです。
そのことをすっかり忘れていました。
フォト


3番目のグループになってしまいました。
それだけでも時間の無駄なので、やはり今回も始発で出ておくべきでした。

このリストバンド型の整理券でも分かるように、魂ネイションのイベントは回を増す毎に着実に人員整理が上手くなっています。

リストバンドに書かれた集合時間 8:40 に戻ってくると、爆発的に人数か増えていました。

並ぶ列は3種類。
 限定品購入列
 メルマガ登録特典をもらって入場する列
 入場だけの列

指定された集合場所に行くと、その時間帯グループの 1~50 と 51~100 のグループに大きく分けられます。
   ↓
その集団で建物の裏へ誘導し、炎天下で並びます。
   ↓
整理用のロープが張られ、等間隔に1~50の札が貼られているので、自分の番号のところに移動。
   ↓
地下の販売会場へ誘導されます。(エアコンが効いていて快適です)
フォト

   ↓
この様なシートを配布され、自分の買いたい限定品にチェックをします。
どれも2個までしか買えません。
フォト

   ↓
スタッフのチェックで印が押され、これ以降は変更が出来なくなります。
押印が終わったモノからリストバンドをカットしてもらいます。
フォト

   ↓
その後、列に沿って進み限定品購入が完了です。
フォト



帰宅後に撮影してみました。
フォト



メタリックコート仕様という感じは少ないですが、G3の色分けが綺麗です。
フォト



この限定品に限った話ではありませんが、よく動きます。
フォト



限定品購入者は、そのまま入場し展示を見ることが出来ません。
何かしらの入場列に並ぶ必要があります。


時間を浪費してしまいましたが、わりと早く限定品購入出来たので、続いてはメルマガ登録者特典の列に並び尚します。
フォト

   ↓
並んでいる間に登録を済ませ、登録画面を用意して待ちます。
ここに表示されている「スタッフ確認ボタン」をスタッフの目の前で押して、手続き完了です。(事前に押してしまうと無効になります)
フォト

   ↓
入場時に、特典の「魂STAGE ACT.超合金」を受け取り、そのまま入場です。
フォト



これは、フィギュアなどを固定するためのスタンドですが、台座の部分が市販品のプラスチックではなく、金属製に変更されています。
フォト


事前情報が無く、ただのカラーバリエーション程度のモノだと思っていましたが、まさか金属製とは思いませんでした。

表面の輝きは市販のプラ製「魂STAGE」では得られない美しい物です。


思い金属がシッカリと支えてくれているので、これぐらい極端な使い方をしても倒れることがありません。
フォト



「魂STAGE ACT.超合金」をもらった後、別のガンダムイベントに行かなくてはならなかったので、展示物を楽しむのは翌日に回しました。
フォト




いざ、六本木へ!!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。