スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

趣味の時間〈HGUCシナンジュ チタニウムフィニッシュ Ver.〉


HGUCシナンジュ チタニウムフィニッシュ Ver.
フォト


いつも通り「限定品の成形色や処理を活かすため」の無塗装ですが、今回は通常商品とは別に表面処理のされた別仕様の市販品です。

サザビー同様にシルバーメッキの上にクリアレッドで着色されています。
サザビーは「メタリックコーティング Ver.」と呼び方は違いますが、このシナンジュの表面処理も、ほぼ同じでメッキの上にクリアレッドの着色がされ、マットな半艶消しとなっています。
フォト


サザビーとの違いは、エングレービングがあると言うこと。

そして専用のデカールが市販されているという点も大きな利点です。
別売りの専用デカールのおかげでMGと同一のマーキングを再現できました。
しかし、別売りデカールには貼り位置の指示がないため、MGの説明書を参考に貼っていくしか無く、番号の付いていないデカールシートから、該当するマーキングを探すのは大変でした。


単に赤いメタリック処理だったサザビーは比較的、楽な作業でした。
それに対し、シナンジュは凹凸のある金色の模様が作業を格段に困難なモノにしています。
フォト
フォト



フォト



難関であるエングレービングを綺麗にまとめれば、従来のガンプラには無かった優美な装飾にもなり得ます。
フォト


このエングレービングは、小説ら始まったアニメを意識しないデザインだから生まれた「ガンダムUC」ならではの装飾です。

エングレービング部分には、ハセガワのミラーフィニッシュ(シール状になった薄いフイルム)を貼り込み、凹凸のある金色の装飾を再現しました。

フォト



まず、各部位の接写から。

襟や胸部のエングレービングが大きな難関で、曲面追従性のあるミラーフィニッシュでも作業は困難でした。
フォト


複雑な凹凸を繰り返すエングレービングは、いくら曲名追従のミラーフィニッシュと言えども楽な作業ではありません。

姿勢制御用のスラスターなどは金色の成形色になっているのですが、エングレービングと統一するため、同じくミラーフィニッシュを貼り込みました。
フォト



爪先など、グロスインジェクション仕様のキットで使用されている硬質なプラスチックが使用されているので、赤いパーツに引けを取らない綺麗な光沢感があります。
フォト



局面へのデカールはマークソフターなどの、デカールを柔らかくする溶剤を使って馴染ませています。
フォト



脚部のブースターが稼働して露出する場所にもデカールは忘れてはいけません。
フォト



ライフルはABSなので、デカールも剥がれやすくて困ります。
(マークソフターが大活躍)
フォト



袖付きの象徴である袖のエングレービングは、細かく折り返す曲面が多く、貼り込みも非常に困難でした。
フォト



バックパックは、内部の黒いパーツが寂しくなりがちなので、うるさくならない程度にガンダムマーカーでシルバー塗装。
フォト



ポーズを付けての撮影が楽しくて仕方ありません。

フォト



ビームサーベルのランナーを銃口に差し込みもビームっぽく再現。
(発光して見えるように画像を加工しています)
フォト



ダグザさんを葬ったヤツです。
フォト



最近のビームサーベルは、ただ真っ直ぐな棒ではなく、ビーム粒子の束が波打っている状態を再現していて、もはやエフェクトパーツの域です。
(発光して見えるように画像を加工しています)
フォト



全身を収まるよう撮影すると、詰め込んだ情報量が見えなくなってしまって残念。
フォト



なのでズームして撮影。
専用デカールは本当に助かります。シナンジュのデカールを流用したサザビーでは、ここまでシックリとは行きませんでした。
フォト



長刀は本体よりも長いので迫力が有ります。
フォト



本体以外の箇所を画像加工してみました。
フォト



シナンジュ初登場のシーンを再現。

見せてもらおうか。
フォト


新しいガンダムの
フォト


性能とやらを!!

フォト



以上、HGUC シナンジュ チタニウムフィニッシュ Ver.でした。
前作のサザビーは、このシナンジュのための練習台でした。
フォト



以下は、エングレービングの貼り込み作業の様子です。

凹凸部分は爪楊枝で優しく押して馴染ませたり、綿棒を使ったりします。
フォト



貼り込んでは、余分な部分を切り落としての繰り返しです。
フォト



全体を覆うように引っ張りながら曲面に馴染ませていきます。
引っ張った伸びに比例して粘着力が弱くなり、素材が元に戻ろうとする力も大きく働くようになるので、必要以上に引っ張らないように注意。
フォト



不要な部分はデザインナイフで優しく切り離します。
フォト



デザイン上でシルバーなパーツは、表面の赤いコーティングだけを破がしてメッキの光沢を利用。
フォト



以下は、デカールを貼る前の写真。
フォト



フォト



フォト



以下は、全て自動で撮影した状態です。
少しだけ明るさを抑えめの設定にしています。
フォト



マットな光沢感は写らず、ハイライトかベタ赤かのどちらかにしか見えなくなってしまいます。
金の部分も、ただの黄色に見えてしまっていますね。
フォト



以上です。



スポンサーサイト
38:Re: 表面の赤いコーティングだけを破がす

> 圧倒的な仕上がりに感動し、数年ぶりにガンプラを作る決意をしました。
> 読まして頂いたところ、表面の赤いコーティングだけを破がすとありますが、どのようにしたらよいのでしょうか?
> 溶剤?コンパウンド?
> 教えて頂ければ幸いです。

そのようなコメントありがとうございます。
この時は簡単作業がテーマでしたので、ガンダムマーカーの「消しペン」でしたが、模型用の溶剤でも良いかと思います。メッキも溶剤の影響を受けるので、擦らずに乗せた溶剤を綿棒などで押さえ取る方が安全かと思います。
作業はメッキに影響しないよう少ない手数で終わらせるよう、弱すぎず強すぎずの溶剤を選ぶ事をお勧めします。まずは「消しペン」も含めて手持ちの溶剤をランナー部分のメッキで試してみてください。

2017.01.14 21:45 よっくん #- URL[EDIT]
37:表面の赤いコーティングだけを破がす

圧倒的な仕上がりに感動し、数年ぶりにガンプラを作る決意をしました。
読まして頂いたところ、表面の赤いコーティングだけを破がすとありますが、どのようにしたらよいのでしょうか?
溶剤?コンパウンド?
教えて頂ければ幸いです。

2017.01.14 11:13 にやおき #- URL[EDIT]
27:承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.01.03 03:48 # [EDIT]
25:ありがとうございます!

> この仕上がりは圧倒的ですね。
> 感服&参考にさせて頂きます!

いつも、キットの持ち味を活かした仕上げを心がけて制作しています。
リビングの片隅でも出来るようなツールしか使っておりませんので、是非、試してみて下さいませ。

2014.12.25 09:16 よっくん #- URL[EDIT]
24:

この仕上がりは圧倒的ですね。
感服&参考にさせて頂きます!

2014.12.25 00:36 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。