スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

趣味の時間〈HG ガンダムUC NT-Dパールクリア〉


HGUCユニコーンガンダム デストロイモード
劇場限定 NT-DパールクリアVer.

フォト



ガンダムUC episode2 のプレミア上映がされていた劇場で、数量限定で販売されていたモノです。
フォト



GUNDAM Cafe日記や、静岡日記を書いている合間にコツコツと作りました。

いつも通り「限定品の成形色や処理を活かすため」の無塗装です。


こちらはGUNDAM Cafeに展示してあった素組み。
〈白パーツ = ホワイトパール〉
〈グレーパーツ = スモーククリア〉
〈青パーツ = クリアブルー〉
フォト


全てが透明な「クリアモデル」なら、そう言うモノだとして綺麗なのですが、このユニコーンは白は不透明なのに、他は透けていて不思議な違和感がある…と思うのです。


なので・・・
パールホワイトのパーツだけを使用して、他のパーツは「市販品」から流用しました。
フォト



いわゆるミキシング・・・になるのかな?

加工を丁寧に仕上げ、デカールで密度を濃くしていくのがいつもの方法なのですが「HGUCのユニコーンガンダム」用のデカールは、ヤフオクで高値で取引されているぐらい希少な品なので入手出来ず、なんとか市販のデカールでソレっぽく貼り込んでみました。
フォト



溶けたペレット(樹脂)が、金型に流れて込んだ軌跡がそのまま模様になったようなパール調になっています。(写真だと分かりづらい…)

成形色が特殊な限定品の良いところです。
フォト



全身のスミ入れは赤で入れています。
デストロイモードでのサイコフレームの発光を考えての赤。
フォト
フォト



赤いスミ入れのせいで全体的にピンクっぽく見えてしまいます。
デストロイモード時の発光を考えると、この「ピンクっぽく見える」が正解だったのか・・・
フォト



フォト
フォト



シールドは面が間延びするのでスミ入れとデカールでだいぶ印象が変わりますね。
フォト



Vアンテナは、ハセガワのミラーフィニッシュを貼り込んでいます。
フォト



MGには及びませんが、可動範囲は良好です。
(00シリーズは可動範囲広すぎなので別格です)
フォト



ユニコーンのビームライフルは、他と比べても構成が複雑です。
ここには限定品のパーツはなにひとつ使われていないので、ありきたりかな。
フォト



フォト



フォト


このキットはふたつ買ってあるので、今度は切り貼りしてパールホワイトの成形色のユニコーンモードを作って見ようかなと思ってます。




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。