スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/秋葉原歩行者天国再開


今日から秋葉原の歩行者天国が再開されます。

そのすぐ近くにあるGUNDAM Cafeにも、何かしらの影響があるのではないかと思い、10時半ころから行ってきました。

混み合う日は、この時間でも列が出来ているときもあります。
しかし、本日は即入店可能。
フォト



前日から販売開始の「クリアファイル」と「タンブラー」は、まだ売り切れが出ていません。
フォト



ハロラテを飲みつつ、ランチタイム(11時)になるのを待ちます。
フォト



11時になりました。

前日は11時になると同時に喫煙室まで伸びる列が出来ていましたが・・・
今日の注文カウンターは、まったく混んでいません。

前日と同様に、あえて00メニュー意外の「ハモンのおごり」で昼食。
フォト



あれ?
ジオンのマークがふたつも付いてる。
フォト


歩行者天国が13時からなので、14時ぐらいまでGUNDAM Cafeで時間を潰します。

周りでは楽しそうにガンダムトークをしている人々が・・・

彼女にガンダムを勧めている彼氏。
もうひと押しでガンダムに興味を持って貰えそうだ。
ガンバレ!!

3歳ぐらいの男の子を連れた5人家族。
子供は画面を見ながらユニコーンだゼータだと正解を連発。
ガンダムの英才教育ガンバレ!!

一人で来ても、周りの雰囲気だけで楽しめるGUNDAM Cafeです。


14時になったので、いったんGUNDAM Cafeを出ました。
外では、ランチタイムとしては標準的な列が出来ていました。
フォト



そして歩行者天国へ・・・いろんな意味でとにかく凄い。
フォト


各局のインタビュワーが選んでる取材対象に、作為的な物を感じつつ1時間ほど様子を見て歩き周りました。


その後、GUNDAM Cafeに戻ってみると・・・

15時頃ですが、昼食時よりも列が長くなっていました。

普段の土日や祝日なら入店待ちの列はひとまず落ち着く時間帯ですが、今日は違うようです。
フォト


歩行者天国に来ていた人がそれぞれの目的を済ませ、その後でGUNDAM Cafeにやってきているのではないでしょうか。

列に並んでいる人数も普段より多い気がしますが、カフェ前に集まってくる人々の数も、今までよりも多くなっている気がします。
フォト


簡単に言えば通行人が多いんじゃないでしょうか。

その通行人の中には、「偶然通りがかって、ガンプラ焼きを買って行く人」が含まれています。
フォト


この調子で歩行者天国が活発化していけば、その往来で通りがかる人達が新たなガンプラ焼きファンになってくれるんじゃないでしょうか。


限定00タンブラーも補充されていますが、常に売れ続けているようです。
完売する日も遠くはないんじゃないでしょうか。
フォト



小腹が空いたのでガンプラ焼き(お気に入りの焼きイモ味)を購入。

良いペースで売れているので、常に焼きつつけているような気がして「羽根付き」が可能かどうかお聞きしたところ、少し待てば焼き上がると言うので、待たせて頂くことにしました。

すると、こんな番号表を渡されました。
今更ですが、こんな番号表があるとは知りませんでした。
フォト


5分ほどして番号が呼ばれました。

そして頂いたのが、この特大の羽根付きです。
確実に過去最高の大きさです。
フォト


この羽根がなんとも美味しいのです。

クチに入れた瞬間にしょっぱさを感じつつ、噛んでいると甘さも感じます。
しかし、パリパリとした食感は冷めても変わりません。
(この羽根だけでも買いたいものです)
ガンプラ焼きの生地本来の美味しさですが、普段は中身の味があるので意識しない魅力です。

捨ててしまうのも勿体ない・・・
冷めてもパリパリという特長を活かして、お持ち帰りのお客さんにだけ、小袋に入れてお渡ししたりしてはどうだろうか・・・と、路上でガンプラ焼きを食べつつ考えていました。

ガンプラ焼きは持ち帰って冷めてしまうと、どう工夫しても焼きたての食感を感じることは出来なくなってしまうけれど、この羽根なら、持ち帰った後からもガンプラ焼き本来の魅力を感じられるような気がします。

小袋に「本来の食感をお楽しみ下さい」とか書いてたら、なんだか気が利く老舗のお店って感じじゃないでしょうか。

足下にまでL型に曲がった羽根が付いていて、大満足のガンプラ焼きでした。
フォト



カフェ前は順調に賑わっています。
フォト


では、また明日。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。