スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

GUNDAM Cafe/ダブルオーフェア開催


9月8日で夏メニューは終了。

昨日からは『ガンダムダブルオーキャンペーン』です。

はやる気持ちを抑えきれず、定時に会社を上がりカフェに急行!!

意外と列は出来ていません。
そして、公式サイトにも「外のライトアップがダブルオーカラーに」と書いてあったのですが、いつも通り赤く光っているだけでした。
フォト


先発して入店していた仲間のおかげで、並ぶこともなく入店(合流)

さっそく注文カウンターへ向かいます。

さっそくダブルオーメニューを注文。
このメニューは各テーブルにはおかれておらず、注文カウンターのみです。
フォト



それぞれのメニューに付いてくるB4サイズのランチョンマット(紙製)は、料理と一緒に持ってきてくれるのではなく、ここで受け取る事になっているようです。
フォト



ドリンクメニューは、17:00から注文可能です。
今回のダブルオーメニューにはノンアルコールカクテルも用意されています。

子供からお酒の苦手な人まで、幅広く楽しめるように配慮がされています。
一緒にいた友人の見解では「ダブルオーには未成年のファンも多いからでは?」と読んでいましたが、なるほど、私も同様に思いました。

そのノンアルコールカクテルの中から・・・
「ハロ オレンジ」
フォト


これは、一緒にいたアルコールNGな友人が飲むとして・・・


私は最初の一杯に「刹那」を選びました。
やっぱり主役を最初に飲まなくては!!
フォト



アルコールの高さは「蒼い巨星」と同じぐらい。
キャラモノではありますが、普通に美味しいカクテルです。
フォト



フードメニューの最初もやはり主役から。
「刹那×グラハム」
チーズメインのベーシックな構成ですが、カマンベールもちりばめられていて十分に美味しいピッツァです。
カップで付属していたモノは、ハムのグラタン。
フォト



ゆで卵が二つ乗っています。
これはツインドライブですね。
放射線状に伸びたグリーンアスパラは、GN粒子の放出をイメージしているように見えます。
フォト



スライスされていて、このように自分で敷き詰めて食べる・・・と言うのは、カフェ側が想定したかどうかは分かりませんが、六等分したらちょうど良い割り振りになりました。
フォト



次のカクテルは「ティエリア」
上品な紫が美しいカクテルです。
フォト


撮影に時間をかけていたので、氷も多いことだし少しはとけてしまっているかも・・・

そう思って、最初のひとくちは溶けた氷の上澄みを飲むつもりで口を付けたのですが、ひとくち目からグッと強いアルコールと、ほのかなリキュールの香りありました。

これもまた、美味しくて飲みやすい。
量は少ないけれど、これぐらい強いお酒の方が私は好きです。
フォト



そして、ダブルオーのフードメニューの中で唯一のパスタ
「ティエリア×リボンズ」
上にかけられた紫芋のパウダーは香り付け程度に留まっています。
フォト


小皿のロマネスコは、カフェ仲間のいうとおりグロテスクな形状で取っつきにくいのですが、コーンのドレッシングが甘く、カリッとした口当たりも気持ちが良く、クリームパスタの付け添えとしては良い相性でした。


気がつけば、そろそろ19時。

TRANS-AM TIMEです。

13:00~14:00 19:00~20:00

この2時間だけ店内はトランザム状態になります。
ダブルオーメニューに限り、通常使用されている緑パウダーから赤パウダーに変わります。

バータイムなのに、ランチタイムの様に店内は赤い照明で彩られます。
フォト



注文カウンターでも変化がありました。
フォト



背後の大型画面にトランザムのロゴが浮かび上がっています。
フォト




このトランザム状態で、次の注文をしました。

「ロックオン」
フォト



チビッとひとくち飲んで「おほっ♪」と声を上げてしまいました。
微炭酸のうえミントの香りが気持ちの良い爽やかなカクテルです。
甘さは他のカクテルよりも控え目で、まさに最年長のロックオン・ストラトスを彷彿とさせる味と香りでした。
フォト



ロックオンのランチョンマットはこれ。
刹那やティエリアと同じく、印象的なセリフが書かれています。
フォト



「ロックオン×アニュー」
オイルサーディンがトッピングされたピッツァ。
魚とバジルの香りがテーブル中に広がり、口にする前から既に美味しそうです。
〈TRANS-AM TIME〉なので、赤いパウダーがかけられています。
フォト


付け添えは頭脳明晰にアニューにあやかるように・・・なのか、ゴマが鏤められた紫芋のタルトです。

「セサミンを摂って頭良くなれよ」って事でしょうか。


 ~~~ 1時間が経過 ~~~


〈TRANS-AM TIME〉は終了し、店内は通常のブルーに戻りました。

店内で「何か変化はないか」と見渡してみると・・・


《変化1》禁煙席奥のトイレ側のディスプレイが劇場版ダブルオーのプラモに変わっていました。
フォト


ラファエルとハルート。
フォト



《変化2》こちらのディスプレイも・・・
フォト


クアンタとサバーニャ。
フォト



《変化3》注文カウンター向かい側のカウンター席の後ろのイラストも・・・
フォト


劇場版のマリナと刹那のイラストに変わっていました。
フォト



《変化4》シャア専用席のイラストも変わっていたのですが~
撮影し忘れてしまいました。
また後日・・・


そして最も大きな変化はカフェの外観です。
昨日予想したとおり、やはり照明がグリーンに点灯していました。
フォト



本来は、『ガンダムダブルオーキャンペーン』の期間中は最初からグリーンの照明らしいのですが、何らかの不調がったらしく、この日はバータイム中盤からグリーンの照明に変わりました。
フォト



写真では分かりづらいのですが、ただグリーンに変わっただけではなく・・・
上段=グリーン
中段=エメラルドグリーン
下段=ブルーと・・・
青系のグラデーションになっています。
フォト



このグリーンの照明は店内からも楽しむことが出来ます。
バータイムのブルーな照明と相まって、とてもクールな印象を受けます。
フォト



ショップでは、期間限定&数量限定の「ガンダムカフェ00コースター」が販売開始です。
フォト



箸など、他のアイテムも順次発売されるようです。
フォト



しばらく、仲間とガンダムトークで盛り上がっていると、背後に気配を感じました。

ハロです。

売り切れていたはずの「ぷるぷるハロ」が補充されたようで、店員さんが大量に運んでいました。

「復活のハロ!! とでも言っておこうか」

シャアなら、きっとそう言うはず。

もちろん注文カウンターへトランザムで直行です。

そして、ぷるぷるハロと初対面。
目は「チョコベビー」を使っているようです。
フォト



可哀想なので、つい後ろから食べてしまいます。

オレンジのババロアで包まれた中にはスポンジがあり、その上にオレンジの果肉がいくつか入っていました。
フォト




最後はノンアルコールカクテルのピンクハロです。
味は・・・イチゴミルクです。
フォト


お酒の飲めない仲間のおかげで、ノンアルコールカクテルも早々にコンプリートできました。
(グリーンハロは写真載せ忘れたので、後程、追記します)



《店内の様子》

注文カウンターではティエリアのランチョンマットを確認している人・・・
どれを注文すればどのコースターが付いてくるのかを確認している人・・・
多数いましたが、みなさん女性でした。

向こう隣の席では池袋スタンプラリーのグッズを見せ合っている人など居ましたが、やはり女性です。

近年の非宇宙世紀モノらしく、ファンの女性層の盛り上がりと人気は凄いですね。

きっと、表立っては見えていないけれど、この日はダブルオーファンが多かったんじゃないでしょうか。



そしてこの日・・・
待ち合わせたわけでもないのにカフェ仲間が集合していました。

自然発生的にオフ会状態です。

禁煙席を三角状に包囲した位置関係で席こそ離れてはいますが、チラチラと視線は飛び交っています。

こういう集いも、またガンダムカフェの楽しさのひとつですね。



今月で「大佐・少佐カード」も終わりです。
いつもの仲間と共に、自主的な『大佐ナイト』を計画していました。

今月最後の日・・・

何かしたいですね~
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。