スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

展示/魂フェスティバル ~夏の新商品祭り~


恒例となっているバンダイ〈コレクターズ事業部〉のブランドイベント。
『魂フェスティバル ~夏の新商品祭り~』行ってきました。

開催日時は、8月7日 9:00

一週間前の日記となってしまいましたが、結果から書くと、たいしたことはないイベントだったので「これぐらいの扱いで良いのかも」と思っています。



〈コレクターズ事業部〉とは、完成品を扱っている部署なので、私の興味の範疇の外ではありますが、ガンダムと名が付く品物が扱われるのならチェックは必要です。


なぜ、始発で向かう必要があるかと言うと・・・

『組み立て体験』と言う名目で、非売品の無料配布があるからです。
過去には、ROBOT魂のターンX(クリア仕様)が合計300体配布されました。
世界中に300体しか無いのですから「完成品には興味がない」と切り捨てられません。

その他、聖闘士星矢のフィギュアの素体も、同じくクリア仕様で無料配布(組み立て体験を経て)されました。

限定仕様で無かったとしても、購入すれば数千円はする品物なので、どうせ見に来るつもりがあるのなら始発で並んでいても損はありません。



始発をウッカリ逃してしまい、次発(?)で秋葉原へ向かいました。

既に200人を越える待機列が出来ていました。
全ての人が始発出来たとも思えず、徹夜組もそうとう居るのではないでしょうか。
フォト



うっかり忘れていました。


前回、このイベントではかなり嫌な思いをさせられたことを・・・

案の定、トラブル発生。

この列は全て物販の為の待機列だと言うのです。
それは良い。
自発的に発生したのだから整理されていなくて当然。

しかし、では、私のように物販に並ばず(今回はガンダム物の限定品がない)入場したいだけの者はどうすればいいかと尋ねると・・・

「その辺に居てください」

なんとも・・・な回答に閉口。

お金を落としていく者だけがキレイに整理されていきます。
フォト


そして整理券を早々に配り自由の身になっていきます。
フォト



その傍らには、純粋に入場のための列が作られてはいますが、ここを使用するのは開場30分前になってからだそうです。
フォト


それでも人は集まってきます。
フォト


私のように無料体験のために早々と出掛けてきた者もいるでしょう。
無料のトークイベント目的で来た方もいるでしょう。

スタッフが定期的に巡回をしては・・・
「並ばないで下さい」
「座らないで下さい」
「立ち止まらないで下さい」
「敷地外で出て下さい」
と言います。

これだけのイベントを仕掛けて並ぶな、集まるなとは一帯どういう了見か!?
敷地外へと言うが、UDXの敷地は視界に入っている床面全てであり、敷地外へ出ると言うことは、この二階部分から降り車道へ出ろと言うこと。
敷地の境界線も知らずに「敷地外へ出ろ」とは・・・

30分前から列を作り整理するとスタッフは言うが、それは待機列ではなくただ入場の準備をしているだけ。

敷地外へ出ろと言われる筋合いはないので、私有地の不法占拠と言われないよう、ゆっくりと足踏みをし、体を揺らすように動き数時間を過ごした。

仮に、これで注意されるようならスタッフと全面的に争うつもりでいた。
「仏の顔も三度まで」と言うが、私は仏様ほど立派な者では無いので前回と合わせても二度が限界。

私の中で〈コレクターズ事業部〉の印象はかなり悪い。
イベントを仕切る能力がないのなら、イベントを開かなければいいのに。

内部では「魂フェスティバル」と銘打つだけあって祭りのように飾り付けがされていた。
本来ならワクワク感が高まっていくところなのだろうが、すっかり興が削がれてしまった。
フォト


無事、一番目に入場し、整理券を確保。
一番早い回だ。
フォト


金魚すくいの要領で『魂STAGE ACT5』を頂きました。
フォト


限定品や非売品ではないけれど、1300円の品物なので無料でもらえたことは大変有り難い。

肝心の展示内容は、ガンダムモノが極めて少なく、新情報も予想していた範囲内だったため、翌日の「一般への撮影開放」にも行かなかった。

後日、GUNDAM.infoに写真が掲載されたので、それで良いだろう。


展示内容はスカスカ感がいなめなく、どう頑張っても30分滞在すれば十分だったので、早々に退散。

外では、物販の購入列と・・・
フォト


展示コーナーを見るための列が長蛇を作っていた。
フォト



この磨り減った心を癒すべく、目と鼻の先にあるガンダムカフェに向かいました。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。