スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

趣味の時間〈ガンダム Ver.G30th GREEN TOKYO GUNDAM PROJECT〉


昨年の潮風公園で購入した
HG RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th
GREEN TOKYO GUNDAM PROJECT


フォト


フォト


通常のVer.G30thとの違いは武装の代わりに台座が付いていると言うこと。

今回もテーマはいつもと同じ
 『塗装をしないで、いかに綺麗に組み上げるか』

 ちなみに、箱を空けて何もせずに組み上げるとこの様な仕上がりになります。

とかく、邪魔者扱いされてしまいがちな台座ですが《GREEN TOKYOガンダムプロジェクト》では、ガンダムと同じぐらいにプロジェクトを支えていた重要なアイテムです。

これが市販のキットに含まれているのだから、私としては嬉しいアイテムです。
フォト


ガンダムと同じぐらいに綺麗に仕上げてみたいところだが、このキットには台座は付属しているのだが「手摺り」がない・・・

しかし、手摺りが無くては台座のカタチをしていても台座ではない。
そこでプラ棒(丸2mm)透明塩ビ板白い粘着シートを使用して手摺りを作って見た。

(1)透明塩ビ板に白いシートを貼りカッターで等間隔に切り込みを入れていく。
(2)不要な部分の白いシートを剥がし残った部分を手摺りのパイプに見立てる。
(3)手摺りの、やや太めの外枠パイプとしてプラ棒を使用。
フォト


これはガンダム後方の下り階段の手摺り。
フォト


これらの手摺りパーツを一片ずつ作り、繋ぎ合わせていく。
フォト


台座そのモノも、周辺だけ缶スプレーで着色。
フォト


手摺りパーツを台座に接着。
フォト


忘れるところだったけど、上り階段の手摺りとオマケも作成。
フォト


ガンダムを乗せて完成です。
フォト


潮風公園で見慣れたアングルで撮影してみた。
密度の濃い全身のマーキングは「1/144 ユニコーンガンダム」を中心として複数の市販デカールを組み合わせて使用し可能な限り再現してみた。
フォト


基本は素組なので、関節など実物と違っている部分を大きく変える事はではないので、カラーリングで実物に近づけてみた。
フォト


潮風公園で、肘や膝関節に見えていたブロンズ色のパーツは、ユニコーンヘッドでも使用した「ハセガワ カッパーミラーフィニッシュ」を使用してアクセントを付けてみた。
フォト


同じく関節のシルバーのパーツはガンダムマーカーのメッキシルバー(絶版)
フォト


特にマーキングが密集していた足下は、一番作業量の多かった部位です。
この赤いはユニコーンガンダムのデカールを流用。(文字は、また別のデカールから流用)
フォト


膝の航法灯は省略されてしまっているのだけれど、グリーンのマーカーでちょんちょんと色だけ付けてみた。
フォト


ALSOK 綜合警備保障のロゴとGREEN TOKYOガンダムプロジェクトのマークは、潮風公園で撮影した画像を加工してプリンターで出力。
フォト


右肩の「EFSF」マークは市販のデカールで丁度良いモノがあったので、それを使用。
左肩の「WB」マークは、どうしても市販で良いモノが見つからなかったのでK-TRADINGのミラクルデカールを使用して自作してみた。
フォト


大幅な改修はしなくても、けっこう実物大ガンダムに近づけられたんじゃないだろうか・・・と自画自賛。
フォト


各関節の塗り分けと両肩のマーキングで、全体が引き締まったのではないだろうか。
フォト


胸部からマーキングを付けはじめ・・・最初はうるさいような気がしていたんだけれど、全身にまんべんなく貼っていくと、違和感が無くなっていた。
地味で時間のかかる作業だったけれど、かなり効果的な表現になった気がする。
ちなみに、このデカールはあい(特務隊員(笑))からの誕生日プレゼント。
フォト


フォト


フォト


最近のプラモは、ほぼ塗装ナシの改修もナシでここまで再現できるのだから良くできている。

特に、このVer.G30thは今までの「RX-78-2」のどのスケールの中でも群を抜く出来の良さではないだろうか。

今まではどのガンプラも、アニメの設定から算出した仮の縮小模型だったが、このVer.G30thはガンプラ史上初めての「実物の縮小模型」だ。
そう言う側面からこのVer.G30thを見ているコメントを今まで見聞きしたことがないけれど、なにげに凄い事ではないだろうか・・・と私は思う。


DVDのパッケージやディスクと比べてもそれ程大きくはありません。
フォト

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。