スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

展示/ガンダムワールド2009 in 那須ハイランドパーク


那須ハイランドパークで7月18日から11月23日まで開催されていた
ガンダムワールド2009 in 那須ハイランドパーク
に駆け込みで11月21日に行ってきました。

2年ごとに同場所で開催されているイベント。
娯楽施設内での展示のため、ガンダムEXPOのような新製品の発表会的要素はなく、ガンダムをテーマとした企画展という意味合いが濃い。

このイベントのために用意した展示物というものは無く、他のイベント等で展示されたり使用されたモノを転用しているため借り物を寄せ集めた展示内容となっている。

しかし、前回の展示ではGacktがPVで使用したMSの操縦席に座って撮影が出来るといった付加価値を加えると言った演出がされており、ファンとしては一見の価値はあるイベントではないかと思う。

今回も「ガンダム30周年」を意識した工夫がされている。


まずは大きな立て看板が出迎えてくれる。
このイラストは毎年使用しているモノで、随時、その時々の新しいガンダムが追加されている。
フォト


内部は薄暗く、入口の向かい側にはRX-78-2の歴代プラモが並べられている。
右側には「機動戦士ガンダム00」のキャラクターがあしらわれたパネルで演出がされている。
この秋にセカンドシーズンまで放映されているのに、なぜかどのキャラクターもファーストシーズンのモノだった。
フォト


入口の左側には、ガンダムの映像作品の年表が貼られている。
これは、7/25~10/18まで「石ノ森章太郎ふるさと記念館」で開催されていた第31回特別企画展「機動戦士ガンダム展」でも貼られていた物だが、開催期間が、このガンダムワールドと重複しているため複数存在する(その都度プリントしている?)ものなのだろう。
フォト


中央には定価35万円の「HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAM」が置かれている。
この展示の仕様もどこかで見たが・・・失念してしまった。
フォト


上には大きく30周年のロゴを掲げているので、おそらく「30年でこれだけの…」という見せ方をしたいのだと思うのだが、その割には、全てのRX-78-2が揃っているわけではない。
普通の市販されているモノばかりで入手も容易なので、どうせなら全てを揃えて並べてあれば、それなりに壮観なのだが、いささか残念だ。
フォト


入ってすぐの右側には、昨年のガンダムEXPO 2008で初披露された「機動戦士ガンダム00」の等身大ガンダムが並んでいた。
これもファストシーズンのガンダムのみの展示だ。
(なぜ、ファーストシーズンの物ばかりなのだろうか)
GUNDAM EXPO 2008では、ガンダムが放出するGN粒子のイメージに合わせてグリーンのネオン管が使用されていて雰囲気ある演出がされていたのだが、この展示では何故かブルーのネオン管に変えられていた。(これではカタロンになってしまう)
フォト


こうやって撮影していても、すれ違った客はほんのわずかだった。
最高気温が5度という寒い時期だからなのか、それともアクセスしづらい場所だからなのか、理由は分からないが、三連休だというのに他の客を気にすることなく撮影が出来る良い状況だった。

昨年撮影した内容だが、せっかくの無人状態なので、じっくりと撮影をしてみた。

ガンダムヴァーチェ
フォト


フォト



ガンダムデュナメス
フォト


フォト



ガンダムエクシア
フォト


フォト



ガンダムキュリオス

フォト


フォト



その4体のガンダムの向かい側(順路の左側)には「機動戦士ガンダム00」のガンダムマイスター(パイロット)のパネルに、それぞれの搭乗機となるガンダムのプラモ(1/144)が揃えて展示されていた。
フォト


入口側にはファーストシーズンのガンダムマイスターと各ガンダムが5機。
フォト


順路の進行方向には、セカンドシーズンのガンダムマイスターとガンダムが5機。
しかし・・・女装したティエリアがセラフィムガンダムと一緒にあしらわれているパネルは意味が分からない。
フォト


左側にはマイスターのパネル、右側には等身大ガンダムとう配置の順路はここで突き当たり左へ曲がる。
その突き当たりには「機動戦士ガンダム00」のFGのパッケージ繋げたイラストが大きくプリントされ貼られていた。
フォト


「機動戦士ガンダム00」関連の展示はここまでで終了。

突き当たりを左に曲がると、ガンダムとジオングの巨大ジオラマが展示されており、その後ろではアムロとシャアのやり取りかスクリーンに映し出されている。
フォト

このジオラマは、多くのイベントで使用されており見慣れている人も多いのではないだろうか。

そろそろ、このジオングに足でも付けてパーフェクトジオングとして再利用してみてはどうだろうかと思う。


なんとなく、このジオラマに違和感を感じたのだが、その原因はそれぞれの目線にある気がする。
フォト

ガンダムはジオングの方を向いておらず、このままではジオングの頭上を素通りしてしまう軌道にある。
また、このガンダムは本来ライフルを構えジオングに迫る姿勢のはずなのだが、その視線の先にジオングがいないため、むしろ無防備な姿を敵に晒しているという間の抜けた構図となってしまっている。
(昨年のガンダムEXPOの展示が正しいのでは無いだろうか)


ジオングの視線も、眼前に迫り来るガンダムをまったく見ていないうえに、腕も下がり気味で攻撃の気配がない。
本来の設置位置なら、ジオングの腕がこのままのイチでも、それだけガンダムも下方に位置しているため、十分攻撃圏内になっている。
フォト



このガンダムとジオングのジオラマを起点に順路は折り返す。

進行方向左側の壁面には、歴代ガンダム映像作品の放送(放映)時に使用されたポスターと、その主役機ガンダムのプラモが展示してあった。
これは、前回のガンダムワールドと同じだ。
フォト


ただ、展示されているプラモが最新のVer.2.0になっていたりと、更新はされている様子。
フォト


このポスターとプラモの展示は順路を突き当たっても続いており、L字状に壁に沿って陳列されていた。
順路の角を曲がっても展示は続いている・・・と言う並び方だ。
フォト


角を曲がるとすぐに目に入るのが、フィギュア(プラモではない)を使用したジオラマだ。
ただ、Gガンダムのジオラマなので興味が無く撮影はあまりしなかった。
フォト

順路右側(写真奥)にはファーストガンダムに限定した内容で劇場版DVD・小説・プラモ・ゲームのパネルが並んでいた。
これも、いろんなイベントで目にしているモノだった。

入口から続いていた順路はここで一旦、狭くなる。

順路の半分が壁で塞がれ、その壁面にガンダムユニコーンの展示が少しだけされていた。
ただ、モニターに流れている作品はユニコーンのモノではなく、各ガンダムのダイジェスト版と言った内容だった。
フォト


展示されていたユニコーンガンダムは、新商品のHGUCではなくMGだった。
フォト


そして、狭くなった順路を抜けると巨大なガンダムが見えてくる。
その手前(ガンダムの右側面)には、松戸のバンダイミュージアムで使用されていたガンダムの構造図パネルが有った。
フォト


ユニコーンガンダムが展示されていた裏側にも、松戸にあったパネルが展示されていた。
フォト

その内容から古さを感じてしまったが、それは、ここ数年単位で見てみてもガンダムを取り巻く環境が著しく進歩している証拠なのだろう。

振り返れば、ガンダムの背面が視界に入る。
フォト


今回のガンダムワールド2009のメインイベントは、この原寸大ガンダム。
実物大ガンダムの肩にのって記念撮影!

ガンダムファンの夢がついに実現!
高さ約5mの頭部から肩までの実物大ガンダムの肩にのって記念写真を撮ることができます。
那須ハイでしか体験できない世界で唯一の写真を撮ろう!

※那須ハイランドパークに設置されるガンダムは全身ではなく、頭部から肩までを実物大で制作されたものです。

フォト

実際にガンダムの肩に乗れるわけではなく、肩の上に設けられたタラップに登ることが出来るようになっている。

スケール的には原寸大であり、そういう意味では潮風公園に建てられたガンダムと同等の大きさとなる。
もちろん造形面で考えると、潮風公園のガンダムとは到底比較できるモノではない。
フォト


造形は可動よりアニメのイメージを優先した造りになっており、塗装も陰影を塗装で再現したりと、全体を通してプラモ制作の延長で作られている。
潮風公園のガンダムのように、本物のガンダムの再現ではなく、どちらかというと原寸大のプラモと言った感じだ。
フォト



「原寸大=実物大」スケールのガンダムは4体存在する。

 ◆おもちゃのまちバンダイミュージアム=松戸に有った物を移設

 ◆富士急ハイランド ガンダムクライシス=アトラクション内に横たわって展示

 ◆GREEN TOKYOガンダムプロジェクト=現時点で行き先不明

 ◆そして、このガンダムワールド2009。

このガンダムワールドに展示されている原寸大ガンダムは、もともとラゾーナ川崎オープン時に展示されていた「ガンダム頭部像」らしい。
それを利用して、今回のイベントのために首から下の部分(胸部と肩)を新造
した。
そのためか、頭部と胸部のクオリティに差がある。

取りあえず、肩の上に乗って写真を撮ってみた。
何枚か撮ったが、やや下から仰ぎ見て撮った方がスケール感が出ていた。
フォト


さらに、頭部に寄った撮影をすれば、造りの荒い胸部は気にならない。
フォト


今回は、前回(2年前)よりも、はるかに展示物は少なかった。
通路が広く取られているうえ、原寸大のガンダムまで展示されており場所を取っている。
しかも、今までは那須ハイランド内の売店で行われていたグッズ販売まで、今回は、この展示スペース内に特設されていた。
フォト


昨年のガンダムEXPOで使われていたエクシアのラインナップ比較が、原寸大ガンダムの向かい側に展示されていた。
「なぜコレがここに??」
「しかもダブルオーじゃなくてエクシア」
と言う不思議な展示だったが、これも場所を埋めるための苦肉の策なのだろうか。
フォト


やはり、今年はガンダム30周年のイベントが各地で開催されていたため、イベントに使える展示物を集めることが出来なかったのだろう。

ガンダム30周年の冊子がここでも販売されていた。
やはり、潮風公園でスタッフが言っていたように、これだけは大量に余っているのだろう。
フォト


いろいろと気になるところはあったが、来てみて良かった。


那須に遠征したばかりだが、今度は12月19日から7日間、大阪でガンダムEXPOが開催されると、急遽発表があった。

今年は前半に広島で「ガンダムEXPO」が開催され、夏には「GUNDAM BIG EXPO」まで開催されたのに、さらに12月に大阪でEXPOというのはどういう事なのだろうか。
今まで「東京の池袋で恒例のEXPO」さらに「地方都市で小規模なEXPO」というカタチで年2回のEXPO開催が通例だったので、珍しいことではないのだが、師走に突然の発表だったので少々驚いてしまった。


さて・・・

大阪にはどうやって行こうか考えなくては。
 




以下は・・・
ガンダムワールド2007
  in 那須ハイランドパーク
の内容

写真は撮っていましたが、今のように整理した日記にはしていませんでした。
なので、2009年の内容に追記しました。(2011年7月末)

1
フォト


2
フォト


3
フォト


4
フォト

フォト


6
フォト


7
フォト


8
フォト


9
フォト


10
フォト

フォト


12
フォト


13
フォト


14
フォト


15
フォト


16
フォト


17
フォト


18
フォト


19
フォト


20
フォト


21
フォト


22
フォト


23
フォト


24
フォト


25
フォト


26
フォト


27
フォト


28
フォト


29
フォト


30
フォト


31
フォト


32
フォト


33
フォト


34
フォト

フォト


36
フォト

フォト


38
フォト


39
フォト


40
フォト


41
フォト


42
フォト


43
フォト


44
フォト


45
フォト


46
フォト


47
フォト


48
フォト


49
フォト


50
フォト


51
フォト


52
フォト


53
フォト


54
フォト


55
フォト


56
フォト


57
フォト


58
フォト


59
フォト


60
フォト


61
フォト


62
フォト


63
フォト


64
フォト


65
フォト


66
フォト


67
フォト


68
フォト


69
フォト


70
フォト

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。