スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

展示/魂ネイション2009 Autumn


今年の3月の魂ネイションに続いて2回目でした。

今回は、イベントのタイトルが「セイヤ! セイヤ!」と言うことで聖闘士星矢が中心。

ガンダムの展示はほんの少しだけ。
撮影も不可なので、記録にも残せないので少々残念だったけれど、せっかく近くで開催されるイベントだからと言うことで行ってきました。

せっかくだから始発で・・・

前回は始発で行けば列の先頭になるぐらいだったが、今回は始発で行くと既に列が出来ていた。
次回、もしガンダムが中心の展示が行われるようだったら、前夜から並んでいなくてはと良い参考になった。


参加できるイベントは三つ。
「聖闘士聖衣神話 組立体験コーナー」
「キミが星矢だ ! 1/1ペガサスクロスボックス撮影会」
「聖闘士聖衣神話 トークショー&ライブステージ」

チケット購入時に整理券がもらえ、どれかひとつに参加できる。
重複しては整理券をもらえないが列に並び直し、その時にまだ整理券が残っていれば重複しての整理券をもらうことも出来る。

しかし、この整理券をもらうと会場内に誘導される。
受付を済ませて並び直そうとすると、また別のスタッフに止められ、順路を一通り回ってから並び直すように言われる。
しかし、支持どおりに順路を回って並び直してみると、入口からそのまま出て並び直している人が多数・・・

え・・・
あのまま並びなおしてもよかったんじゃん・・・



トークショー&ライブステージの後では星矢の声優をしている古谷徹さん(ガンダムのアムロ)のサイン会がある。
本を購入した上でと言う条件付きだが、スタッフの方から「本以外でも古谷さんがOKしてくれたら良いですよ」と言ってくれたので、この日の予定を変更し、昼過ぎを予定していたいつつもの台場での観測を11時に行い、一度家に帰宅した。
古谷さんにサインして欲しい物を取りに帰るために。

そして、展示物をまったく見ていなかったため、参加予定の「組み立て体験」よりもかなり早い時間に秋葉原へ向かった。
(展示内容は再入場の際にじっくり見るつもりだった)
フォト



しかし、再入場しようとするとスタッフに「整理券のイベントまで時間があるので再入場できませ」と言われてしまった。
フォト


そんな時間の制限があるなんて聞いてないぞ~!!

だったら最初に言ってくれよ・・・
予定が狂うじゃないか。

真剣に困ってしまった。
組み立て体験の後にはトークショー&ライブステージがある。

このままではイベントは参加できても展示物はまったく見れないまま時間が終了してしまうではないか。

困った・・・

どこにも時間制限のことなど掲示されていないので、いろんなスタッフを捕まえては聞いてみた。

「30分前になったら」と言うスタッフも居れば「5分前」と言うスタッフもいる・・・

30分前になり再入場専用入り口に行くと「10分前になれば入れます」と言われる。

この統一性の無さは何なんだ・・・
 
 
 
結局、組み立て体験の10分前になり再入場が出来た。
 
 
そして組み立て体験の時間ギリギリまで展示物を入念に見て回った。

組み立て体験自体は前回同様に楽しく、勉強にもなった。
今回はバンダイから販売されている聖闘士星矢のフィギュア「聖闘士聖衣神話」の素体を組み立て、持ち帰ることが出来た。
これにいろんなパーツを装着して、それぞれのキャラクターになる。
もちろん市販品は透明ではなく、今回の組み立て体験だけの特別仕様。
3日間を通して210個だけの限定品の上、無料でもらえるので、聖闘士星矢に深い思い入れが無くても、是非もらっておきたい一品だった。
これが頂けただけでも、とっても嬉しいイベントでした。
フォト


あくまでも、構造を分かりやすくするための「透明仕様」であり、目的は組み立てを体験ということで主催者の意向で無料提供して頂ける。
これをヤフオクに出品している者もいるが、主催者の想いを裏切るわけにはいかないので転売することは私には出来ない。
ちなみにヤフオクでの価格はおそらく1万を超えるだろう。

これは、前回の魂ネイションで頂いた「ロボット魂のターンX」
フォト




そして、幸いにも組み立て体験が早く終わりトークショー&ライブステージまでの間に、残りの展示物も何とか見ることが出来た。


トークショー&ライブステージの時間が近づき、整理券に記載してあった展示コーナー入口付近に言ったところ、何の案内もなかったため、入口のスタッフに「集合場所はどこですか?」と聞いたところ、入口の外に案内され「このあたりで整理を始めるのでお待ち下さい」と言われたので、チケット売り場前でしばらく待っていた。
フォト


しばらくする事が無く、身を寄せる場所もなく立ち尽くしていると・・・

離れた場所に人が集まっていたので気になっていってみた。
すると、そこに入場待ちの列が出来ていた。

全然言ってるコトと違うじゃん・・・

仕方ないので並び直す・・・

結局は整理券順に整理してもらえたので良かったのだが、整理が始まるまでの時間は、列に遅れて並ぶことになってしまったことを残念に思ってしまっていた。
 
 
 
トークショー&ライブステージでは、聖闘士星矢のオープニング曲を歌っていたNoBさんによる生歌が披露された。
公式サイトにも明記されていなかったコトなので驚くやら大感激やら!!

聖闘士星矢は子供の頃好きで、今はファンというわけではないけれど、心の中には強く残っている作品。

子供の頃の興奮が蘇るようだった。
これは、ファンというよりは好き止まりの私がこれ程嬉しいのだからファンにとっては大興奮だろう。
 
 
そしてステージは全て終了し、いよいよサイン会。

私としては聖矢ではなくアムロのサイン。

古谷さんの前に行き「よろしければこちらにサインを…」と持参した物を出そうとしたら「ごめんね、本だけってコトになってるんだ」と優しく断られてしまった。

なんだよ!!
本だけって事になってるなら言えよ~!!


もちろん、古谷さんに対してではなく、スタッフにそう思う。
古谷さんは何も悪くないし、確認していなくて、いい加減なことを言ったスタッフが悪い。

もし、後で変わったことだったとしても、サイン会までの間にアナウンスしてくれたらいいじゃないか・・・


いつもサイン会では本の中ではなく表紙にサインをしてもらうんだけど、古谷さんとそんなやり取りをしている間に本の中へとサインをしてもらうこととなってしまった。
古谷さんは言葉を交わしながらもササッと書いてしまった。

確かにサイン本では有るけれど・・・
私にとってのサイン本とは表紙へのサイン。

古谷さんには申し訳ないけれど・・・あまり嬉しくはない。


本来はダメだとなっていることを古谷さんにお願いしてしまったこと・・・
古谷さんに「ごめんね」と言わせてしまったこと・・・

すっごく深く後悔として心に残っています。
帰宅中もスッキリとせず、とてもイベントの帰りのような楽しい心境にはなれなかった。


スタッフよ・・・

どれもこれも、何度も確認したじゃないか・・・

念を押したじゃないか・・・

良いんですね

大丈夫なんですね

確認したじゃないか・・・


結局は、運営側のグダグダのおかげで嫌な思いをたくさんして、辛い一日だったという思いが強く残ってしまった。

激しく罵倒したいところだけど・・・
それは自粛じしゅく・・・

う~~む・・・・

こんちくしょう・・・
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。