スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

No.70/既に取り外していたパーツの搬出のみ


No.34までは原寸大ガンダム立像が完成するまでの状況観測日記 でした。
そしてNo.61で《GREEN TOKYOガンダムプロジェクト》は終了しました。
プロジェクト終了後も解体が終了するまで観察は続きます。

09/17 木曜
作業開始時間に合わせての観測
天候、晴天


前回(二日前)に引き続き、平日、出社前からの観測。
この日の観測も、途中から特派員に引き継いだ。

レインボーブリッジからは視認が困難になってきた。
フォト



一日来ない間に《腕》の解体が進んだようだ。
フォト



たった一日来なかっただけで目に見えて緑が増えている。
自然の力強さに感心してしまう。
フォト



《左腕》は肩を残すのみのようだ。
《右腕》も、肘から下は取り外されている。
フォト



オフィシャルショップ周辺は、重機から備品まで全て撤去され、元通りの公園に戻っている。
フォト



近場から《腕》の状況を確認してみる。
フォト



《左肩》からは、何かの配線が外装の隙間から覗いていたが、これが何の線なのかは不明。
フォト



《右肩》も変化無し。
フォト



作業員が《右腕》を確認していたので、腕の解体が始まるのかと思っていたが、ただの確認だけだったようだ。
フォト



前回の観測時に取り外した《膝関節》パーツは搬出されず残っていた。
奥には《左膝》の関節が確認できる。
フォト



《バックパック》上面パーツは、まだ残っていた。
フォト



この日は、《バックパック》上面パーツの搬出から始まるようだ。
フォト



続いて《膝関節》が搬出される。
フォト


フォト


フォト


フォト



観測を行っていない昨日取り外された《肘関節》も搬出されていく。
フォト


フォト



出ていったトラックは2台。
フォト



続いて乗用車も出ていった。
フォト


フォト



作業現場の様子がいつもと違うので、関係者に確認を取ることにした。
問い合わせたところ、直ぐに状況が分かった。

予定より速いペースで作業が進んでいるらしく、まだ10:30だが、この日の作業は終了らしい。

翌日は平日だが解体作業は行わず、各部の保護作業のみ行うらしい。

土日は公園を訪れる人の数が多いため、そもそも車両の出入りをともなう作業は行わないことになっているとのことだ。

気になる5連休は解体作業は休みとなり、残っている《腕》の中でも《肩》は特殊な作業員でなくては解体が出来ないらしく、解体作業の再開は翌週の木曜。


この日も正午になると、たくさんの子供がレジャーシートを広げていた。
潮風公園の普段というものは、こんな感じだったのだろうか。
フォト



柵の内側に残っていたパーツも、この日の内に運び出されスッキリとしていた。
フォト



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。