スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

No.49/募金箱の横にツリーの演出


No.34までは原寸大ガンダム立像が完成するまでの状況観測日記 でしたが、完成後もプロジェクトの観察は続きます。

公開終了まで14日

08/17 月曜
仕事を終えてからの観察
天候、晴れ


少し陽の入りが早くなってきた気がする。
客足はというと、いつも通りの盛況ぶりだ。
フォト



レストハウスでは常に三脚を持ち込んだ撮影目的の来場者で賑わっている。
もうすっかり見慣れた光景だ。
フォト



広場では、小さめの足場が組まれていた。
すでに用事は済んだようで、片付けが始まっていた。
週末の「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト Presents Light×Music Nights」で使用する設備かと思ったが違うようだ。
フォト



ガンダムの左側にある広場入口付近には、新しくテントが設営されていた。
このテントを初めて見かけたのは観測No.47(12日)の時だったが、その時テントの中は空だった。
フォト


このテントでは、オフィシャルブック、ポストカード、週末のライブチケットを販売している。
フォト


13日から営業を開始したらしい。
フォト


こういった手軽な物だけを個別に買える場所があれば、それだけのためにオフィシャルショップの列で何十分も並ぶことも避けられ助かる。
フォト



広場後方では、今まで置き場所を転々としていた募金箱が小さなイベントの中心となっていた。
フォト


「募金をして、未来への東京へのメッセージをツリーに吊そう」という趣旨のようだ。
フォト


前日にこの様な展示は無かったので、本日が初日の様だ。
フォト



フォトスタジオの横でもオフィシャルブック、ポストカード、週末のライブチケットを販売するテントが新たに設営されていた。
オフィシャルショップの横にも、限定プラモ販売の為だけのテントも以前から出来ていたし、この様な細分化された需要に応えたショップの展開はありがたい。
フォト


そのフォトスタジオの前には、いつの間にかオリンピック開催地決定までのカウントダウン計が置かれていた。
以前から「あれはどこに行ったのだろう」と疑問に思っていたのだが、今度は一体いつからコレがここに有ったのか、新たな疑問が湧いてきた。
フォト



そして、この日の主目的である夜の演出が始まった。
この日は右真横からの撮影。
フォト


フォト


フォト


演出終了後には、今でも歓声と拍手が沸き起こっている。
一般公開が始まって既に一ヶ月以上が経っているのに、観客の反応は当初と変わらないどころか、益々歓声が大きくなっているような気がする。
これが連邦のMSの性能というものなのだろう。
フォト



そして、ガンダム右側には、用途不明のテントが新しく作られていた。
中身は空のようだ。
フォト


GREEN TOKYOガンダムプロジェクトは、常に姿を変えている。
それだけに目が離せない。


この日の食事は、ハズレのないトラジ
フォト


「つくね(300円)」
少々こぶりだが噛み締めれば濃厚な肉の味だ。
そして少しスパイシー。
フォト


同じくトラジの「つけ麺(700円)」
フォト


麺は熱々、濃いめの塩味で麺も良く絡む。
フォト



食後は20:00の演出まで撮影をして時間を潰し、この日の目的は終了。
フォト


フォト


フォト


フォト



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。