スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

No.48/コラボイベント〈green bird お台場潮風公園そうじ〉


No.34までは原寸大ガンダム立像が完成するまでの状況観測日記 でしたが、完成後もプロジェクトの観察は続きます。
   
08/16 日曜
10:00から観察
天候、晴天

公開終了まで15日

日本各地で清掃活動をするNPO団体『グリーンバード』と『GREEN TOKYOガンダムプロジェクト』のコラボレーションイベント
GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト×green bird お台場潮風公園そうじ
に参加してきた。

このイベントは、グリーンバードの活動趣旨に共感したGREEN TOKYOガンダムプロジェクト事務局がコラボレーションイベントを希望し、それにグリーンバード側が応じるかたちで実現したものだ。

8/2、8/16、8/31の3回開催される。

フォト


もちろんボランティア。
足繁く潮風公園に通っている私としては、この様な活動に参加しガンダム周辺の美化に携わることが出来るという事は大変嬉しく思える。

たくさん楽しませてもらっているガンダムへの恩返しとなれれば幸いだ。


10:00に太陽の広場「green bird 特設テント」前に集合となっているので9:30には公園入りする事とした。

この日は台場を頻繁に移動する予定なので、早々に売りきれとなってしまったゆりかもめ一日乗車券を使用した。

船の科学館駅のホームから「オリンピック招致バージョン」を撮る初めてだ。
天気予報は微妙なものだったが快晴になって良かった。
フォト


船の科学館駅を下りると、この様な掲示物があった。
フォト


8/31までは、ゆりかもめの1日乗車券が有れば展望台が半額で利用できるらしい。

この時間で潮風公園の駐車場は南北共に満車。
車列を撮影していると、車の整理に当たっていた警備員も「撮るかい?」と言って気さくにプレートを向けてくれた。
警備員も撮影にすっかり慣れたといった感じだろうか。
フォト



太陽の広場は、まだそれ程の来客数ではなかった。
フォト



駐車場側には、来客の出入りを規制する看板が設営され始めていた。
強制力はないが動線の整理には効果を発揮しているようだ。
フォト



広場の至るところに、週末のイベントのための規制内容が貼り出されていた。
フォト



グリーンバードの受付はオフィシャルショップ側に設営されていた。
フォト


この活動の趣旨も掲示されている。
フォト


ユニフォーム、トング、軍手、ゴミ袋(可燃・不燃の二種)と共に、この様なステッカーが渡される。
フォト


このステッカーは布製で伸縮し、粘着力が強い割には糊面がベタつかず貼り直しも容易にできる。
この様なステッカーが用意されているということが、コラボイベントだと言うことを強く感じさせてくれる。ガンダムファンとしてはとても嬉しい演出だ。

これを貼ることで「ガンダムの周辺を清掃している」という気持ちが高まっていく。
フォト


あまり時間に縛られることもなく、人数が適度に揃ったところで事前説明が始まった。
フォト


グリーンバードと、GREEN TOKYOガンダムプロジェクト側の双方から挨拶があった。
その際の話では、8月15日の段階で260万人の来場者数となったらしい。
目標の150万人を遙かに超えている。
そういう場で有ると言うことを考えると、この掃除イベントも大変意義のあるものだと思える。
フォト


二つのグループに分かれ清掃開始。
フォト


GREEN TOKYOガンダムプロジェクトのスタッフもスタッフTシャツを着たまま多数参加している。
やはりと言うか、ガンダムの眺めの良い場所や、日陰になっているような場所は人が集まりやすくてゴミも溜まりやすい。
フォト


ウッカリ落としてしまったようなゴミもあれば、意図的に捨てていったようなゴミも多数有った。(タバコの吸い殻が非常に多い)
フォト


そして不燃物の方が量が多いし、かさばっている。
フォト


私は参加者の後方でゴミを拾っていたため、目立つものは少なかったが、その代わりタバコの吸い殻や花火といった小物をたくさん拾うことが出来た。
そんな小さなものだけでも、この写真程の量になってしまうのだから考えさせられてしまう。
フォト


しかし、260万人も来客があって、これだけのゴミで済んだと考えれば少ない方だとの評価も出来るのだろうか。

11:30頃には受付へ戻りゴミの分別を始めた。
分別が必要なモノは不燃物。
フォト


画面右側が可燃物だが、まとめて袋を縛るだけなので早々にゴミの集積は終了した。
フォト


フォト


軍手にはサポーター企業のロゴと、グリーンバードのロゴがプリントされている。
フォト


最後に、各団体の代表から挨拶があり、集合写真を撮影して終了した。
フォト


2時間という短い時間だったが、非常に有意義な時間が過ごせ、参加して良かった。
フォト


必要なモノは全て貸してくれるので気軽に参加できる。
事前の申し込みも受け付けてはいるが、人数に余裕が有れば飛び入り参加も歓迎されるし、スタッフは親切で活動中もお互いに会話をしながら和気藹々とした雰囲気で進められたので、是非多くの方に気軽に参加してみてもらいたい。

フォト



参加後には、この様な記念品が頂けた。
フォト

 
 
 
 
ここからは、通常通りの観測活動だ。

No.45で潮風公園外の施設展望台からの撮影を行ったが、その際に撮影できていなかった場所からの撮影を行った。

1. テレコムセンター
2. パレットタウン観覧車

フォト



ゆりかもめでテレコムセンターへ。
フォト


展望台からの眺望はこの様なもの。
フォト


フォト


台場の主要な施設が一望でき展望台の窓も大変広い。(撮影がしやすい)
その眺望の良さの割には、展望台は無人に近いぐらいに人が居なかった。

ズームをするとかなり遠くにガンダムが見えるが、これが手持ちのレンズでの限界だ。
間の東京国際交流館があるため、膝から上しか見えない。
フォト


せっかくなのでミストの演出時間を待ち撮影した。
フォト


この展望台はガンダムに対しての真っ正面であるため、首が上下する一瞬だけガンダムと目線が合う。
フォト


フォト


フォト


フォト



続いては、テレコムセンターの隣駅に移動しパレットタウンの観覧車に向かった。
フォト


この観覧車には、非常に透明度の高いシースルーゴンドラが4台有り、それを指定して乗ることが出来る。
フォト


観覧車に乗り、上昇し始めるとすぐにガンダムが見え始める。
フォト


かなり前に地図上で確認したときは、恐らく見えないと思っていたため、実際に確認してみると、予想に反してかなり良好にガンダムが見えたので驚いた。
フォト


観覧車が頂点に達すると、この様な眺望が得られる。
オフィシャルショップとしおかぜカフェの屋根が少しだけ見える。
そして、敷地の地面が見えないほどに多くの来客が詰めかけていることが観覧車からでも見て取れる。
フォト


そして、観覧車が回転しガンダムからも遠くなってしまい、ガンダムはグランパシフィックホテルに隠れるようにして見えなくなってしまった。
フォト

 
 
 
遠方からの望遠撮影が予定通りに終了してからは、引き続き「日中しか撮れない動画」の撮影のため潮風公園に戻った。
フォト


15:30、ガンダムは日射しを背負うような状態になる。
フォト

 
 
特定の時間以外は時間に余裕があるため、久しぶりにオフィシャルショップに並んでみた。
やはり、60分待ちと言いながらも実際は30分ぐらいの待ち時間だった。
フォト


オフィシャルショップに並ぶ列には見慣れない設備が新たに用意されていた。
フォト


大きな扇風機だが、タンクに溜めた水をミスト状にして吹き出しているために、とても涼しくなる。
とても嬉しい新設備だ。
ただ、現段階ではショップ付近に2台しか設置されていないのが少々残念。
フォト


オフィシャルショップには、新しいグッズが増えていた。

この名言クッキーは、名古屋のイベントで販売されていたものと同じものにパッケージだけ台場仕様に変更した物のようだ。
使い回しと言えばそれまでだが、貴重な記念クッキーであることには変わりなく、黒糖まんじゅうなどと比べれば中身にまでガンダムがプリントされているのだから、ありがたい追加グッズではないだろうか。
フォト


「機動戦士ガンダムI/機動戦士ガンダムII 哀・戦士編/機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編(各3000円)」も販売が開始されていた。
フォト


それに付属する専用の限定エコパックは思っていたより小さかった。
フォト


これはフジテレビとのコラボ商品。
ペンライトらしい。
この週末に開催されるライブイベント「Presents Light×Music Nights」に向けての商品だろうか。
パッケージにはフジテレビのキャラクターがプリントされているが、ペンライトはビームサーベルを模してありフジテレビのキャラクターもプリントされていないので、開封してしまえば、純粋にガンダム関連グッズとして楽しむことも出来るのではないだろうか。
フォト


このストラップは、フジテレビのキャラクターがそのまま商品化されている。
フォト


結局、購入した物は名言クッキーと、ポストカード(第二弾として新しい絵柄が販売されていた)数枚だけだった。


そして、夕日に映えるガンダムを撮影し・・・
フォト


フォト


フォト


フォト



再び、テレコムセンターの展望台に戻った。
日中、受付の方に説明をしておいたので、再入場というかたちで入ることが出来た。
フォト


テレコムセンター展望台に到着した頃は、まだ夕焼けだったが
フォト


数分もしないうちに景色は夜景へと変わっていった。
フォト


ライトアップされたガンダムは、遠くから見ていても一際目立つ。
フォト


ただでさえピントが合わせづらく撮影が困難な距離の上、暗闇の中で光るガンダムは非常に撮りづらい。
フォト


この展望台へ戻ってきた理由は夜(19時)の演出を見るためだ。
フォト


フォト


フォト


この展望台からは、船の科学館、東京タワー、フジテレビ、レインボーブリッジ、観覧車、そしてガンダムが一望できるのだが、それらを全て写真に収めると、ガンダムが識別できなくなってしまう。
せっかくの絶景なだけに残念だ。
フォト


一通りの演出もカメラとビデオで撮影し、本日最終となる20:00を潮風公園で撮影するために、三度、ゆりかもめで潮風公園に戻った。

船の科学館駅から夜のガンダムを撮るのも意外なことに今回が初めてだった。
フォト


無事20:00の演出も撮影することが出来、本日の予定は全て終了した。



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。