スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

No.31/ミストの状況を再度観察/事務所ができていた


原寸大ガンダム立像が完成するまでの状況観測日記です。
 
 
07/03 金曜
仕事を早めに終わらせての観測
天候、曇り時々雨


前回の観測で「金曜か月曜に再度チェックを…」という話を関係者間でされていたので、仕事を早めに終わらせて、駆け付けてみた。

ガンダムは既に完成し調整の段階のため進展はないものの、周辺のイベント用の設備は順調に進行していた。
フォト


広場は、益々ぬかるんだ土壌の範囲が広くなっていた。
転倒の危険があり、これは運営側が対策を検討した方が良いのではないかと心配になる。
せっかくの楽しいイベントが、帰っていくときは泥まみれのつまらない思い出に変わって欲しくないと、私は非常に危惧している。


協賛社・東京都関連出展ゾーンの背後には、植え込みを保護するように柵が設けられていた。
この場所は、植え込みの手前の段差に腰が掛けやすく、そのため飲食ゴミなどが放置されることが多い場所だ。
また植え込みへの侵入で植物が痛んでしまわないようにも、この柵で侵入を防止するのは非常に有効に対策だと思った。
フォト


テントの中は、やっと床が作られた段階で、まだ何もない状態だ。
フォト



反対側の飲食サービスに設営されたコンテナも黄色い着色がされていた。
この中で調理し、窓越しに販売するという形を取るのだろうか。

現段階では、炭火焼き肉トラジ(台場にはヴィーナスフォートに店舗がある)の焼き肉弁当や、五浦ハムによるハム焼き、富士宮焼きそば(バンダイ縁の地、静岡の名物だ)などが出店する予定になっている。
フォト


遠くから見ると、この様に並んでいる。
フォト


コンテナは6棟並んでいるので、あと3店舗ほど出店するのだろう。
今のところ、甘い物が無いのが気になる。
潮風公園の売店でソフトクリームなどは販売しているので、そことの競合がないような飲食店が入るのではないだろうか。


そして、ガンダムの左横には、今まで一般に公開されている資料にはない建物が出来上がっていた。
こちらは緑色での着色だ。
この中には《ガンダム》を初めとしたイベントを取り仕切る事務所が入るのではないだろうか。
どうせなら緑の着色だけではなく、植物などで覆い隠して完全に背景に同化して欲しかった。
フォト


二階建てで中もかなり広い。
本プロジェクトのロゴもプリントされ、いかにも「本部」といった感じだ。
フォト



ガンダムの側では、乃村工藝社やサンライズを中心としたメンバーで打ち合わせが行われていた。
本日は富野監督は来ないようだ。
フォト



何度かの点灯とミスト噴射を繰り返して議論は続いていた。
富野監督が来られるときとは会話の雰囲気が違っていた。
やはり関係者と言えど富野監督という存在は緊張するのだろうか。
フォト


そして、通しでのテストが始まった。

前回の富野監督の指示にあったとおり、航法灯などの照明の明滅のタイミング・スピード・順番が変わったようだ。


その後、関係者間の会話はハッキリ聞き取れなかったが、ガンダムの足下に話題は集まっているようだった。
フォト


何かを待っているような、のんびりとした雰囲気だった。
プログラムの調整作業を待ち、待機していたのだろうか。
フォト


そして、ミストの噴霧テストが始まった。
ミストの中に人が入り、その水浸し加減を体感しているようだった。
これは確認作業と言うよりは私的な興味からのテストだろう。

《胸部》は、脚部・背面に次いでミスト排出量の多い部位だ。
フォト


ミスト噴霧中にも、大量の水が大粒のしずくとなって滴っていた。
これは、真下にいたら大変なことになるだろう。
フォト


《肩先》からのミストは量が少ないようで、水滴が滴るほどではない。
フォト


《胸部》同様にルーバーが多いため、ミストが水滴となりやい場所だ。
ここもωのように水が滴っていた。
フォト


ひと一人がスッポリと隠れてしまうほどのミスト量だ。
《くるぶし》のイルミネーションが効果的に栄えている。
フォト


《つま先》からは地面に勢いよくミストが吹き付けられ、周囲をあっと言う間に水たまりへと変えていた。
これ程に大量の排水が行われるわけだから、この台座の水色の塗装は防水としても何かを考慮してのものなのだろうか。
フォト


台座の手摺りも水滴が大量についていた。
フォト


ガンダムに近づくときは、びしょぬれを覚悟しておいた方が良いだろう。

BGMはホワイトベース内で鳴り響いていた警報音から始まるが、その音をもっと激しく響かせ「濡れたくない人は対比せよ」というアピールとして強調してはどうかと思った。

このBGMはガンダム内部に仕込まれたスピーカーから聞こえてくるのだが(音声はモノラル)、照明同様に音声も内部と外部を使い分け広がりを持たせれば、もっと広がりが持てたのではないだろうか。


次は月曜(7/6)に富野監督による最終チェックが行われる。
ビデオカメラも修理から帰ってきたことだし、是非、映像として押さえておきたいところだ。



(以下は、特に意味はないけど綺麗に撮れたのでアップ)

フォト


フォト


フォト




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。